ミドハト 憲法。 日露戦争の勝利は、日本と世界をどう変えたか

イラクの歴史まとめ

ミドハト 憲法

代ミドハトに遅れて、が制定された。 このころ、ヨーロッパはアフリカ分割にいそしんでいた。 そのころ、は、70年代のの敗北により、衰退方向に向かっていた。 前回の復習 の3B政策 80年代のヨーロッパ で失ったもの、残ったもの アブデュル=ハミト2世の 70年代、ミドハトがミドハトを制定。 への移行を試みた。 しかし、アブデュル=ハミト2世はを停止。 スルタンのが行われた。 しかし、西洋化政策は引き続き行われた。 この時期の西洋化政策の特徴は、後述のである。 これは、19世紀前半のイギリスとフランスを比較して、イギリス型の政治スタイルをとろうとしたためである。 を選択したイギリスは、革命の影響は大きくなくこの時代、大帝国になった。 一方、フランスは、19世紀前半に革命が頻発。 多くの血を流した。 これは、19世後半から20世紀初頭の日本とトルコの関係につながる。 へ移行できなかったトルコは、革命、と革命が頻発。 ついにはは滅亡し、へとなった。 一方で日本は、80年代にを制定。 無理をしてを維持した。 その結果、、第一次世界単線に勝利。 ではとなる国へと変貌した。 この結果は、どこから来たのだろうか。 制定への時間の掛け方かもしれない。 ミドハトは、70年代に制定された。 一方、は10年もの時間をかけて80年代に制定された。 日本は、この期間にミドハトの停止も見ている。 このことも配慮してを制定している。 が開通 この時代、フランスのパリとの()をが開通した。 はフランスのパリとのを6日間で結んだ。 を作成しました。 この頃の日本は このころのヨーロッパは sekaishiotaku.

次の

ミドハト憲法(みどはとけんぽう)とは

ミドハト 憲法

生涯 [編集 ] オスマン帝国の首都で(法官)の子として生まれ、はじめ名をアフメト・シェフィクといった。 に書記官僚の見習としてに入り、名をミドハトと改める。 に18歳で正規の書記として官界に進み、地方勤務を重ねながら順調に昇進、若くして有力な官僚となった。 30代の頃には大宰相の勧めで、へと視察旅行に派遣され、には地方統治法を編纂した後、同法に基づく地方行政改革のモデルとして地域に新設されたドナウ州の初代州知事に就任して地方行政制度改革に大きな功績をあげた。 には帝国議会の前身となる諮問会議機関、国家評議会の議長として教育・財政関連の法制度改革に尽力、さらにには州知事に転じて州政治の改革を進めるなど、要職を歴任しつつ改革政治を進めた。 にはにより政府首班である大宰相に任ぜられたが、自由主義的な政治傾向から宮廷と対立して3ヶ月で辞任。 翌には州知事に任ぜられて中央から遠ざけられ、不遇の雌伏時代を送った。 ミドハト憲法 相次ぐ戦争との諸改革はからの多額のを必要とし、貿易拡大によってオスマン経済そのものが西欧諸国へ従属化を深めることとなり、には西欧発生のと農産物の不作の影響を受けた帝国は外債の利子支払い不能を宣言して、事実上破産した。 タンジマートは財政や経済の面では抜本的な改革をおこなうことができず、むしろ挫折に終わったことが露呈した。 よりスルタンの位置にあったの浪費と専制に対し、「新オスマン人」と呼ばれる若い知識人を中心に反専制運動が起こり、頃からは、部では保守的な神学生までアブデュルアズィズ退位を求めるに参加するほどであった。 アブデュルアズィズは、1876年、改革派の支持を背景にしたの結果、憲政樹立をめざすミドハト・パシャらによって廃位された。 かわってのが即位したが、精神を病んだためこれを廃位、のちに幽閉した。 アブデュルアズィズは6月に自殺し、、新しいスルタンとして弟のが即位した。 ミドハト・パシャはムラト5世即位と同時に国家評議会議長に返り咲き、アブデュルハミト2世即位後は新帝の勅令に基づいて設立された制憲委員会の委員長に就任した。 こうして制憲委員会が起草したオスマン帝国憲法の草案は、心中では専制君主になりたいと考えていたアブデュルハミトの手による修正を組み入れて同年に公布され、に大宰相に就任していたミドハト・パシャは第一次立憲制最初の大宰相となった。 オスマン帝国第一議会(1877) イラストレイテッド・ロンドン・ニュース しかし、アブデュルハミト2世が加筆を望み、ミドハト・パシャも憲法公布を急ぐあまり呑んだ君主大権条項「皇帝は国家にとっての危険人物を追放できる」が彼自身の首を絞めることとなった。 すなわち、憲法制定を巡る経過においてミドハト・パシャが国内の改革派や外国からの支持を集めて政治家としての地歩を固めたことに反感をもった反対派の政治家たちが専制復活を望むアブデュルハミト2世と結託して巻き返しをはかり、憲法公布から間もない翌にミドハト・パシャは憲法に定められた危険人物と断定され、大宰相を解任されて国外退去を命ぜられた。 翌1878年には同じく憲法の定めた君主大権によって、の最中であることを口実に非常事態宣言に基づく憲法の停止が命ぜられ、ミドハト・パシャの樹立した第一次立憲制はわずか1年2ヶ月で終焉させられた。 (通称,ミドハト憲法)はオスマン帝国が西欧型のであることを宣言し、帝国議会の設置、ムスリムと非ムスリムのオスマン臣民としての完全な平等を定めた。 この憲法は、の、の憲法に倣い、イギリスの憲法も参照して制定された的な憲法であり、他のアジア諸国にさきがけて国会開設を定めるなど画期的な内容をもつものであった。 しかし、議会が政府高官の汚職や特権的金融業者とスルタンとの癒着などを糾弾しはじめると、アブデュルハミト2世は憲法を停止して議会の閉鎖を命じた。 その後、ミドハト・パシャは追放を解除されて知事、知事などに任ぜられた。 しかし、かれは憲政の復活をはかり、外国と連携して改革の継続を進めようとしたため、ここに至って、アブデュルハミト2世はミドハト・パシャを逮捕し、廃帝アブデュルアズィズ殺害の罪で死刑を宣告。 3年後の1884年に流刑先のので扼殺された。 アブデュルハミト2世による専制政治は憲法停止から30年続き、憲法とそれにもとづく政治は、のおよび第二次立憲制を待たなければならなかった。 脚注 [編集 ] [].

次の

オスマン帝国憲法

ミドハト 憲法

そして、1829年、 ギリシア人がオスマン帝国からの独立を求めて蜂起します。 ロマン主義を背景として、ヨーロッパではギリシア人を救援すべきだという声が高まりました。 同じギリシア正教徒の ロシア軍がオスマン帝国軍に勝利し、ギリシアの独立が達成されます。 ちなみに、上のドラクロアの「 キオス島の虐殺」と言う絵ですが、トルコ軍がギリシアの独立運動を鎮圧するためにキオス島で虐殺行為をします。 そこで世論が一気にギリシア独立に向かい、 ギリシア独立が承認されます。 物事を強圧的に押し進めてもうまく行かない例ですね。 オスマン帝国の近代化 ミドハト=パシャ:より) エジプトの半独立やギリシアの独立などで勢力が弱まったオスマン帝国は2つの近代化改革を行いました。 一つ目が19世紀前半に実施された タンジマートです。 しかし、イスラム保守派の反対によりタンジマートは 失敗します。 結果、欧米諸国に対する借金が増えてしまいました。 二つ目は19世紀後半に制定された ミドハト憲法です。 議会の開設や責任内閣制などを定めます。 憲法に基づいて招集された議会はたった 2回開かれただけで解散させられます。 近代化の改革はいずれも失敗に終わり、専制政治に戻ってしまいました。 青年トルコ革命 (青年トルコ革命:より) 1908年、 日露戦争の勝利などに刺激を受けたオスマン帝国の青年将校たちは「 青年トルコ」を結成し、改革を実行しようとしました。 1908年、青年トルコ軍がサロニカで挙兵します。 青年トルコは 日露戦争での日本の勝利から、ロシアの脅威を跳ね返すためには日本の明治維新ように古い体制を壊して 立憲国家を作るべきだと考えたのです。 やはり、極東の一小国がロシアという大国と対等に渡り合い勝利したというのは世界の衝撃が大きかったのでしょう。 しかし、青年トルコ革命の混乱は列強諸国に付け入るスキを与えてしまいました。 ロシアを後ろ盾とする ブルガリアは独立を宣言しました。 青年トルコの政権は国内の保守派と対立を深めたため、オスマン帝国は改革どころか更に衰退してしまいました。 北アフリカを失ってしまいました。 日露戦争に敗北し東アジアで勢力拡大できなくなったロシアは バルカン半島で南下しようとします。 ブルガリアは独立を宣言します。 スラヴ系のセルビア人は大セルビア主義をかかげ、オーストリアと激しく対立するようになります。 バルカン半島での争いは、そこに住む諸民族だけではなく列強を後ろ盾としていたため、大戦争に発展する危険がありました。 そのため、バルカン半島は「 ヨーロッパの火薬庫」とよばれます。 第1次バルカン戦争と第2次バルカン戦争 (ブルガリア軍:より) 1912年、ギリシア北方にある アルバニアがオスマン帝国に反旗を翻したことをきっかけに セルビア、モンテネグロ、ブルガリア、ギリシアが バルカン同盟を結成 します。 オスマン帝国に宣戦布告しました。 この 第1次バルカン戦争では、オーストリアはオスマン帝国を、ロシアはバルカン同盟を応援します。 戦いの結果は バルカン同盟の勝利します。 オスマン帝国はアルバニアの独立を認め、ヨーロッパ側での領土の大半を失いました。 しかし、領土の配分をめぐってバルカン同盟内での対立が激化。 第2次バルカン戦争が起きました。 この時、オーストリアはブルガリアを、ロシアはセルビア、モンテネグロなどを応援します。 ブルガリアは他のバルカン同盟諸国と敵対関係になり孤立した戦いを強いられます。 その結果、ブルガリアは敗北します。 領土が大きく縮小しました。 オスマン帝国と共にドイツ・オーストリアと接近しました。 第2次バルカン戦争後も領土をめぐる不満があり、第一次世界大戦のきっかけとなる サラエヴォ事件を引き起こすことになりました。 次回、いよいよ第一次世界大戦について述べます。 次回の第一次世界大戦の記事は (生徒による私の似顔絵…似てない…) こんにちは。 emitaと言います。 現役の某私立高校で教員をしております。 現役中高生のみならず学び直しをしたい大人の方々のために教育系ブログをはじめました。 このブログを通じてみなさんの学力が上がれば嬉しいです。 疑問・質問は。 詳しいプロフィールは• 教師になった経緯は• 好きな言葉:継続は力なり• 趣味:読書、問題研究、ランニング カテゴリー• 記事の更新日.

次の