自転車置き場の議論。 【ケーススタディ】(仮設)自転車置き場トラブル

プロジェクトを遅延させるパーキンソンの凡俗法則とは何か?その対処法を紹介

自転車置き場の議論

グラフ読み込み中... 満足されている方は「雨風の影響を受けない」という理由が最も高く、次いで「平置きで出し入れがしやすい」「家族分のスペースが確保されている」といった点を評価しているようです。 一方不満を感じている方は、「自分のスペースが狭く出し入れしにくい」「二段式のため出し入れしにくい」といった、自転車の出し入れについて大きな不満を感じていることがわかりました。 このことから、 駐輪場の満足度には「出し入れのしやすさ」が大きく影響しているといえるでしょう。 こんな風に改善してほしい!マンション住民の声 では、リサーチ会員の方は、具体的にはどのような改善を希望しているのでしょうか。 いただいた回答の中から一部をご紹介します。 現在マンションにある駐輪場について、改善したいことがあれば教えてください。 2段式の駐輪場に電動自転車を駐められているので、自転車の出し入れがとても辛い。 電動式自転車は倒して故障してしまう恐れもある為、平置きタイプの場所にまとめる等、検討して欲しい。 トモさん 一部平置きの駐輪場にしてほしい。 あと、ヘルパーさんに来てもらうときも、事業所から自転車でくるので、来客駐輪スペースもあるととてもよいのにと思います。 (現在は建物の端の方にとめているようです。 ) CHAIさん 赤ちゃん用のシートのある自転車が重すぎて、隣の自分のスペースにもたれかかって自転車が一人で出せない。 いずれは子供の自転車を置きたいのに、絶対に一人では出せない!!用途や頻度別に分ければお互いの気持ちがわかるのでいいのではないか。 おっちゃんさん 上段の駐輪が非常に力を必要としてやりにくい。 年を取ったら使えないだろうと思う。 また下段は26インチの大きな自転車や、後部に買い物かごがついた自転車が置けない為、使えない。 この辺りを改善してほしい。 ひろちゃんさん 二段式の上段しか空きがなかったため上段を使っているが、自転車を上げるのに苦労している。 買い物をした荷物があるときには、自転車を駐輪場に停めた状態で、部屋に荷物を置きに行き、その後駐輪場に戻り自転車を上げている。 自分のエコバック等を直に床に置きたくないので、荷物置き場があると嬉しい。 みっちゃんさん 自転車同士の間隔が狭いので出し入れに不便なので改善して欲しいです。 また、防犯設備の改善。 家族の自転車が盗まれた時に防犯カメラの映像を確認してもらいましたが、駐輪していた場所はカメラに写らない場所だったので確認できませんでした。 セキュリティを信用して現在のマンションを購入したのでガッカリしました。 まゆさん 入居時に抽選で場所が決まったのですが、その後、空いた場所があったら何時でも誰でも分かるように提示して欲しい。 また、希望が通ったら何時でも場所替えができるシステムにして欲しい。 寄せられた改善事例の一部をご紹介しましょう。 お住まいのマンションで、駐輪場のスペースや設備などを改善されたことがあれば、できるだけ詳しくお書きください。 電動機自転車がレールに入りづらかったため、専用の別スペースが準備された。 なっけいさん 電動アシスト自転車は既存の駐輪場に停められないのでミニバイク用駐輪場を使えるようになった。 883noteさん 駐輪場は下段がすぐ埋まり上段は使いにくいため、空いているバイク置き場に自転車複数台停めることができるよう総会に諮って可決してもらった。 かずさん 使用してない駐輪スペースを管理組合に期間限定で返却し、他の住民に貸与する運用を開始した。 サミットさん 電動自転車等、二段式上部への格納が不可能な住民のために、配置換えを行った。 とどさんさん 一世帯二台の駐輪スペースが割り当てられていますが、二台分では不足の世帯も多いため、使用していない駐輪スペースがある世帯が足りない世帯にスペースを譲る制度ができました。 いったん譲った場合でも、必要になればいつでもスペースを返してもらうことができます。 hirokoさん 駐輪場が狭く上と下の段があるため、年に一度の場所決めの抽選の時にはお年寄り・子供は下の段になる様、配慮している。 ノンビリコさん 新築マンションの分譲時から、駐輪場は初めからあったが、オートバイ専用がなかったため、数年後、駐輪場の一部をオートバイ専用に作りかえた。 ぱんちねろさん 年に1回自転車の登録を更新する。 その際に廃車を有料で受け付けて業者に処分してもらう。 一市井人さん まとめ さまざまな自転車の仕様にあった駐輪場スペースの確保と運用が大切 駐輪場に関するアンケートの結果はいかがでしたでしょうか。 不満をお持ちの方の多くが、自転車の出し入れに難があるとの意見でした。 フリーアンサーを拝見していると、 ・電動自転車やお子様を乗せるシートのついた自転車など、特殊な自転車の駐輪がしにくい ・二段式の場合は、女性や高齢者の方、あるいは上記の特殊な自転車の出し入れが困難 といった点に駐輪場の改善を求める声が多いように思いました。 一部のマンションでは、住民の希望を把握して抽選制にしたり融通したりしながら対応されているようなので、そのようなマンションの事例を参考にしながら、工夫して駐輪場を運用することも検討すべきなのかもしれません。 次回の記事では、本アンケートから見えてきたマンションの駐輪場問題の解決のポイントを駐輪場の専門会社に伺ってみました。

次の

パーキンソンの法則とは

自転車置き場の議論

パーキンソンの法則とは、端的に言うと 「ムダは起こるべくして起こる」 ということです。 パーキンソンの法則とは 「パーキンソンの法則:進歩の追求(シリルノースコートパーキンソン著)」によって提唱されたパーキンソンの法則の原型は 第一法則 「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」 第二法則 「支出の額は、収入の額に達するまで膨張する」 の2つの法則で、パーキンソン博士は1950年代当時のイギリスにおける官僚制に対する批判的考察としてこれを提唱しました。 官僚制……今で言えば 「公務員の数」 の問題ですね。 当時のイギリスは戦後の軍備縮小や植民地政策の転換などが目下の課題でした。 つまりパーキンソンの法則は、不必要に拡大を続ける官僚機構とその人員、予算の膨張に警鐘を鳴らすものだったわけです。 パーキンソンの第一法則 第一法則は 「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」 というものですが、おそらくだれもが感覚的にも理解できるものと思います。 典型的な例として、ひとつには 「夏休みの宿題」 のような場合が考えられます。 振り返ってみればあなたもそうだったかもしれません……多くの子供たちは、夏休みの宿題を 「最後の一週間」 くらいでやっつけて間に合わせるのです。 中には、たいていクラスに一人くらい……最終日、一日だけで全部やったという強者もいたでしょう。 学校の先生からするとそれは決してほめられたことではないでしょうが、子供たちはたいてい 「これ以上着手を遅延させると、締め切りに間に合わなくなる」 と感じるギリギリのところまでモラトリアムします。 しかし、このことは、逆に考えると夏休みの宿題を終わらせるのに 夏休み期間の全部が必要なわけではない……ということを表しているとも言えますよね。 「締め切り」効果 一般に、締め切りを明確に設けることで、それに間に合わせようとする心理が働くので効率的になり、作業時間が短縮できると言われます。 いわゆる「締め切り効果」です。 パーキンソンの第一法則は、いわばこれを逆の面から言っているものと考えることができます。 締め切りが(必要以上に十分な長さで)設定されているとき、 人はその締め切りに合わせて着手を遅らせるのです。 同じ内容と量の作業でも、期限が3日後と指示されたら3日で終わらせます。 しかし、 「来週まででいいよ」 と言われれば丸々一週間かかってしまうことになるわけです。 本人はまったく怠けているわけではなく、むしろ精いっぱい真剣に取り組もうとしているときでさえ、第一法則が働いてしまうのです。 それは基本的な方針として、今しなければならない作業について、本人が 「自分にでき得る限りの最高のクオリティ(品質)を提供しよう」 という意思、 つまりむしろ善意から起こるのです。 要するに、むしろある程度「ちゃっちゃと」やっつけで作業してしまうなら時間はかからないのです。 しかし、自分なりにその作業の細かい点まで配慮して、たとえば資料作成などの書類を提出するにしても 「より分かりやすく明確な構成にできないか?」 「テキストの表現は最良か?」 「図表をさらに加える必要はないか?」 「データのミス、誤字脱字はもうないか?」 「だれかに、他人の目からチェックしてもらう必要はないか?」 ……というふうに、こだわり始めればより多くの改善点や、より良いアイディアがいくらでも出てくる可能性があります。 つまり 「より時間をかければ、より良い、より完成度の高いものができ得る」 という単純な公式が成り立ちます。 この側面から言えば……必然的に 「完成のために与えられた時間をすべて満たすまで、その仕事に費やしたほうが良い」 ことになります。 これはむしろ、この側面から言えば正しい判断ということにもなるわけです。 「自転車置き場の議論」 ただし、上記のことはたとえば業務の効率化や生産性の向上、あるいは全体最適化や目標達成といった側面から見るとデメリットに見えます。 これに関連して 「自転車置き場の議論」 という示唆的なエピソードがあります。 たとえば、あなたが住んでいるマンションかアパートかの、自転車置き場が雨ざらしなので屋根を建てようという話になったとします。 それに関して、住人たちの管理理事会が開かれました。 すると、理事会に出席した住人たちは口々に 屋根の素材はどんなものがいいか? どのメーカーのものが最適か? 屋根の色はどうするか? 形は? 鍵は必要か? 費用は利用者のみが負担するべきか? とりまとめはだれが行うか? 工事業者の手配と進捗管理はだれがするのか? ……などなど、延々と議論が出てくることになるでしょう。 「今回はまとまらなかったので、また次回……」 となる可能性もけっこうあります。 ところが……ここで、もちろん上の議題についてはそれなりに重要だと思う意見も出るかもしれませんが、たとえば 「屋根の色を何色にするのがいい?」 という点について多くの時間をかけて議論する意味はあるでしょうか? 一方で、そもそも 「本当に屋根を付けたほうがいいのか?」 については話し合われたでしょうか? ……このように、 本題から考えるとあまり重要性が高くない点のほうにむしろ議論が集中してしまい、そちらに多くの時間やコストがとられてしまう現象のことを 「自転車置き場の議論」 「自転車置き場の色問題」 などと呼びます。 この例は、実はシリルノースコートパーキンソン自身によって(上記の本とは別のよりカジュアルな風刺本の中で)語られた、いわばパーキンソンの法則の派生形で、 「パーキンソンの凡俗法則」 と呼ばれることもあります。 パーキンソンはこの例との比較として 「原子炉の建設計画」 の場合について述べています。 これだけ問題が表面化している現代ではこの例は適切とは言えなくなっている面もあるのですが、基本的な考え方としては、こういう、費用が莫大で判断責任の大きい問題については、多くの人は自分の意見を言いたがらないという点では的を射ています。 だってよく分からないし、自分の意見や判断がもし間違っていたら、重大な責任を問われるかもしれないから。 その結果、一部の権威者や専門家の意見がそのまま通りやすくなり、結果としてその審議に必要な時間は短縮されます。 誰も大した意見を言わない、いや、言えないのですから。 パーキンソンの凡俗法則 「会議の長さは、議題となる計画の予算規模に反比例する」 あるいは 「組織は些細な物事に対して、不釣り合いなほど重点を置く」 そして、この凡俗法則から当然の帰結として、もともとの 第一法則 「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」 ことの意味も問われることになります。 パーキンソンの第二法則 さて、第二法則は 「支出の額は、収入の額に達するまで膨張する」 ですが、たとえば官僚制における公務員の数で言えば、パーキンソンの第一法則が働くことによって現場の人員、そしてその管理に要する人員についても、それはいつも 「手いっぱい」 の状態になります。 第一法則によって、各自が使える時間がすべて使われてしまうのですから当然ですよね。 すると、公務員の数というのは、その内部からの声に従えば結局、 国家予算が許す限り膨れ上がるのが自然ということになるわけです。 仕事はいくらでも出てくるものです。 時間はいくらあっても足りないのです。 そしてこれは……本当は民間企業でも、また、あなたという個人の範囲だけで考えても同様に働く法則と言えます。 一方で生産性とかコスト削減という要請が強制力を発揮しなければ、人間は常に時間も費用もすべて 「必要なものとして」 ある意味適切に(?)使い切ってしまうのです。 成功法則、成功哲学といったものを知り、そして実際に成功できる人は 「ごく一握りの人」 である。 この本は、あなたがそのごく一握りの人になる可能性を得るためのもの。 あくまで「可能性を得る」……だけである。 逆に言うと、あなたがもし、以前の私と同じように 「いつか、必ず」 と思い続けていながら、現実にはずっと変わらない毎日を過ごしているとしたら。 あなたが、以前の私と同じような思考にハマっているとすれば……あなたが今後、自分の望むような成功を手に入れる可能性は、まったくない。 「0%」だ。 ずいぶん極端な言い方をするようだけれど……申し訳ない、おそらくそう思っておいたほうが妥当なので、はっきり言う。 私は今、読んで気分が良くなり、一時的に前向きになれるような自己啓発本を書こうとしているのではなくて、あなたが成功法則を有効に用いて実際に成功する方法を説明しようとしている。 だから、あまり面白くないかもしれないけど、少し我慢して聞いてほしい。 そして一刻も早く、その一歩目を踏み出していただきたい。

次の

パーキンソンの法則とは

自転車置き場の議論

こんにちは。 中小企業診断士の多田と申します。 今回は、会議の際に陥りがちな 「自転車置き場の議論」というお話を紹介したいと思います。 あまり聞いたことのない言葉かもしれませんが、内容を聞けば「あ、それ、うちの会社でもある! 」と思っていただけるのではないかと思います。 「自転車置き場の議論」とは この「自転車置き場の議論」は、1958年に 「シリル・ノースコート・パーキンソン」というイギリスの政治学者が発表したという本に書かれている理論で、 「原子力発電所の建設の会議において、なぜかその発電所に付随する自転車置き場の屋根をどうするかの話で盛り上がってしまう」 という事象について述べられています。 例によって、Wikipedia パーキンソンの凡俗法則 - Wikipedia にわかりやすくまとめられているので、引用してみましょう。 ちなみに、「凡俗」は「ぼんぞく」と読みます。 「ありふれていて、とりえのないこと」という意味だそうです。 原子炉の建設計画は、あまりにも巨大な費用が必要で、あまりにも複雑であるため一般人には理解できない。 このため一般人は、話し合っている人々は理解しているのだろうと思いこみ口を挟まない。 強固な意見を持っている人が、情報が不十分だと思われないように一般人を押さえ込むことすらある。 このため審議は「粛々と」進むことになる。 この一方で、自転車置き場について話し合うときは、屋根の素材をアルミ製にするかアスベスト製にするかトタン製にするかなどの些細な話題の議論が中心となり、そもそも自転車置き場を作ること自体が良いアイデアなのかといった本質的な議論は起こらない。 次に委員会の議題がコーヒーの購入といったより身近なものになった場合は、その議論はさらに白熱し、時間を最も無駄に消費する。 自転車置き場については誰もが理解している(もしくは理解していると考えている)ため、自転車置き場の設置については終わりのない議論が生じることになる。 関係者の誰もが自分のアイデアを加えることによって自分の存在を誇示したがるのである。 要するに、 「本来議論すべき話題は、その内容が難しくて参加者が理解できないためスルーされてしまいがちである。 一方、どうでもいい話題に関しては自分たちにも理解できるレベルだったりするので、割と議論が白熱しがち。 」 という状況のこと。 これ、われわれの会社での会議でも見られる「あるある」な話のように思います。 会議に参加する人は皆、ある程度のプライドを持っており、「変なことを言って恥ずかしい思いをしたくない」という気持ちがあると思います。 そのため、自分の理解を超えた議題に関しては、どうしても「わかったふり」をしてしまい、発言が少なくなってしまいます。 結果、重要な議題にもかかわらずその場の雰囲気でなんとなく承認されてしまう。 一方、自分にも参加できる難易度の議題であれば、自分も何かしら発言をすることで仕事した気分になることができます。 こういう会議では、話が枝葉末節に発散してしまい、なかなか実のある議論をすることができません。 ちなみに、最近だと、こうした「参加者のレベルにぎりぎりマッチした議論が最も白熱する」という現象はSNSの世界でも起きていて、例えば、twitter で定期的に「かけ算の順序問題」がバズるのも、ちょうど参加者がぎりぎり議論に参加できる難易度だからなのではないかと思っています。 「自転車置き場の議論」にしないために - プロセスの改善 こうした議論にならないようにするために、すぐに効果を出せるのはプロセス面からの改善です。 会議を行う際、以下のような事前の準備を行っておくだけでかなりの効果が期待できます。 場合によっては、単なるレポートの送付だけで十分で、会議すら必要ないかもしれません。 予め議論すべき内容を、より下位レベルの課題や、最初に取り組むべきステップに分けるなどして、議論する対象を参加者に理解できるレベルまで小さくしておくことが重要です。 「自転車置き場の議論」にしないために - 組織の改善 プロセスの改善が済んだら、次に取り組みたいのは組織面からの改善です。 基本的に、実のある議論が進まない組織においては、 「権限・責任・情報の一致」 という組織の前提が守られていないことが多いです。 これら三要素が一致しているかどうかをチェックし、ズレがある場合には組織を変えていく必要があります。 「自転車置き場の議論」にしないために - 人の改善 最も時間がかかり、かつ難しいのが、人そのものを変える取り組みです。 特に、現場上がりのマネージャさんだと、自分の専門分野には詳しいけれどそれ以外のことを知らないという事がどうしても起こりがちです。 立場が変わったら、その分視野も広げないといけません。 自分の知識が足りないことを意識し、学びの機会を増やすとともに、わからないことはわかる人に任せるという権限委譲の姿勢も重要だと思います。 場合によっては、 コンサルタントのような外部の目でその旨を指摘してあげることも必要ではないかと思います。 まとめ。 1 「自転車置き場の議論」とは、本来議論すべき本質的な議題 原子炉の建設計画 に関しては議論がスルーされてしまうのに、原子力発電所に付随する自転車置き場の設置などの、本質では無い瑣末なことに関して議論が白熱する状況のことをいいます。 2 この「自転車置き場の議論」は「パーキンソンの凡俗 ぼんぞく 法則」と呼ばれており、日常の色々なところにみられます。 皆さんの職場における会議でも日常的に起きているのではないでしょうか。 3 「自転車置き場の議論」を避けるには、プロセス、組織、人、をそれぞれ改善していく必要があります。 ---------- ここに書かれている内容はいずれも筆者の経験に基づくものではありますが、特定の会社・組織・個人を指しているものではありません。

次の