キャパ シティー 意味。 キャパオーバーとはどういう意味?よく使う用語を解説!

キャパオーバーとはどういう意味?よく使う用語を解説!

キャパ シティー 意味

A ベストアンサー No.1の方のおっしゃるとおり、二つとも日本語としてきちんと存在します。 「正しい言葉」という表現事態に違和感を感じますが、まあ「正しい言葉」です。 例文挙げればなんとなくお分かりいただけるとおもうのですが。 <気を使う> 「お正月でお義母さんのところにも挨拶に行くんだけど、あそこに行くと、いつも気を使っちゃって疲れるのよね。 」 みんなといたが、みんなが退出して恋人と2人きりになったとき 「気を使ってくれたのかな?」 この場合おそらく、気を利かせる、がより相応しいですが、気を使う、でもOKだと思います <気遣う> 見舞いのお礼 「お気遣いありがとうございます。 」 「気を使っていただいてありがとうございます」って言ったらイヤミです。 父親が子供に 「静かになさい。 お母さん疲れてるんだから、気遣ってあげなきゃ。 」 基本的に、『気を使う』は「使う」ので、意図的であり、あれこれ考えて行動します。 NO.2の方のおっしゃるとおり、疲れます。 笑 『気遣う』は、自発的・内在的にある優しさがベースの概念だと思います。 『気を使う』ときは何らかのフィードバックを期待する策略を巡らせている場合もありえますが、『気遣う』のは無償のいたわりです。 No.1の方のおっしゃるとおり、二つとも日本語としてきちんと存在します。 「正しい言葉」という表現事態に違和感を感じますが、まあ「正しい言葉」です。 例文挙げればなんとなくお分かりいただけるとおもうのですが。 <気を使う> 「お正月でお義母さんのところにも挨拶に行くんだけど、あそこに行くと、いつも気を使っちゃって疲れるのよね。 」 みんなといたが、みんなが退出して恋人と2人きりになったとき 「気を使ってくれたのかな?」 この場合おそらく、気を利かせる、がより相応しいで... A ベストアンサー 私の語感でお答えします。 私は、視点と観点の両方を用いますが、 視点の方は、「見る、目を向ける」という意味合いを 強く引っぱっているように思います。 一方、「観点をかえる」といった場合、視点と同じ意味合いを持ちつつも、単なる方向だけではなく、「考える次元や、そもそもの思考の基盤をかえる」という意味が加わると思います。 したがって、私の語感では、例えば、「哲学とは無関係に思われた事柄を、そもそもの前提を見直して、哲学の立場から考察すると」という場合、「哲学的観点に立てば…」とは言いますが、「哲学的視点に立てば…」はやや表現の適切さに欠けるように思われます。 ただし、「そもそもの前提を見直さないで、単に考えの方向を変えてみて」という意味でなら、「哲学的視点では」とも言えると思います。 という漢字本来の意味内容をかなり正確に引き継いでいるのではないかと感じます。 以上、私の語感でした。 私の語感でお答えします。 私は、視点と観点の両方を用いますが、 視点の方は、「見る、目を向ける」という意味合いを 強く引っぱっているように思います。

次の

キャパオーバーとはどういう意味?よく使う用語を解説!

キャパ シティー 意味

A ベストアンサー アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 CCはcarbon copyの意味で使われそのイニシャルをとって「略されて」使われていたのですが、今では立派な「動詞」として使われています。 CC(シーシー)ですね。 過去形・過去分詞形はCCedとかCC'dと言うような表現も定着してきています。 I will CC you his e-mail. といったり、He CC'd me your e-mail of yesterday so I know what you are talking about. と言う漢字で使われているわけですね。 これを踏まえると、Please CC your e-mails to Taro-san next timeと言う表現が出来るわけです。 次回だけでなく次回からと言うフィーリングであればfrom next timeと言う表現に変えればいいですね。 これで、~さんにも送ってください、と言う表現になりますが、「今度(次回と言う意味ですが)メールを送るときに同時に~さんにも贈ってください」と言う意味合いと、更に、CCにTaro-sanのメルアドを「入れる」ことで(これをCCと言うわけです)、「同時にコピーをTaro-sanに送ったということを私が分かるようにしてください」と言う意味合いも含まれていることも知っておいてください。 受け取ったメールにCCとしてTaro-sanのメルアドが無ければコピーを送ったとわからないと困る、とか、送ったとわかれば仕事もしやすい、と言うような理由でCCしてください、と言うお願いをするわけですから。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 CCはcarbon copyの意味で使われそのイニシャルをとって「略されて」使われていたのですが、今では立派な「動詞」として使われています。 CC(シーシー)ですね。 過去形・過去分詞形はCCedとかCC'dと言うような表現も定着してきています。 I will CC you his e-mail. といったり、He CC'd me your e-mail of yesterday so I know what you are talking about. と言う漢字で使われているわけですね。 これを踏まえると、Please CC your... A ベストアンサー アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 器械であれば一番無難な表現はUnitが良く使われます。 piecesはどうしても機械の単体の数と言うより貨物の数ととることがありますので、このUnitと言う単語を使うことをお勧めします。 Piecesは部品にも使いますね。 台の持つフィーリングが出ません。 (英語でも同じです) >1つの化粧箱の中に同じ物が10個入っている製品の場合、その化粧箱の数量が2のとき日本語では「2箱」と表しますが、 箱はCartonsと言う表現をします。 これでパッケージではなく箱だと言うことを示します。 Boxesも使えますね。 しかし、このCartonsを使うことで、「箱」自体ではない、と言うフィーリングを表すことが出来ます。 また、10個入りの箱、と言うような箱はMaster cartonsと言う表現をします。 この中に複数の商品が入っている、と言うフィーリングを出した表現なのです。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

次の

キャパ越え

キャパ シティー 意味

キャパシティの形容詞的意味• 建物や乗り物などの収容能力いっぱいの• 容量・容積などが最大限の• 仕事などの処理能力いっぱいの その他の具体的な事例として、金融関連での「キャパシティ」は「返済能力」、法律関連では「法的能力」がどのくらいあるのかということを言いたいときに用いられます。 日本語ではキャパと略されることが多い 日本語では、「キャパシティ」を縮めた「キャパ」がよく用いられています。 意味は英語の「capacity」と同じで、「このホールのキャパは200名だから、余裕で収容できる」といった場合は、会場の収容力にまだ余裕があることを指します。 「彼のキャパは未知数だ」「彼にとってこの案件はキャパオーバーだったようだ」というように、「キャパ」は、人の能力の限界や度合いについて言及したいときにも使われます。 ITでの「キャパシティ」は処理能力の最大値 IT関連業務において「キャパシティ」が使われる場合の意味合いは、システムやデバイスにおける処理能力の最大値を指すもので、機能や業務を行うための能力の大きさを表します。 コンピュータに関連して「キャパシティ」という場合はデータの保存容量を指すことが多く、「動画編集で必要なストレージ(HDDやSSD)のキャパシティは1TB」というように使います。 一方、処理速度が問われるCPUやメモリなどを指す場合には、「画像処理に必要なCPUのスペックはCorei7」というように「キャパシティ」ではなく、「スペック」がよく用いられています。 容積・容量の大小を言う場合には「大きい・小さい」という形容詞を用いることが正解で、「広い・狭い」は平方(㎡)、「高い・低い」は長さ(m)の大小を表すため、「キャパシティ」の形容には使いません。 なお、「キャパシティを広げる」という言い回しは、「広い」という意味ではなく「拡大する」という意味であるため、誤りではありません。 「キャパシティ」の類語とは? 「アビリティ」とは能力のこと 「キャパシティ」の類語として、「アビリティ」が挙げられます。 「アビリティ」は英語の「ability」をカタカナ表記した言葉で、可能な・有能なということを表す「able」に名詞を作る接尾辞の「-ity」がついてできました。 上手にできる能力・力量・手腕のことや、特定分野における才能・技量のことを指す「アビリティ」は、「キャパシティ」と同様に「できる」ということを指しています。 しかし、許容しうる量のことを形容している「キャパシティ」に対し、「アビリティ」は能力や才能そのものを指している点が異なります。 「スキル」とは技能のこと 「スキル」とは、訓練によって身に着けた能力・技能のことです。 英単語の「skill」の読みをカナカナ表記した言葉で、「能力」「技術」という意味があります。 先に挙げた「アビリティ」とは異なり、日本語での「スキル」では後天的なトレーニングによって会得したという意味合いが強調されます。 また、「キャパシティ」のような許容量という意味合いはありません。 「キャパシティオーバー」とは? 「キャパシティオーバー」は自分の許容量を超えてしまうこと 自分が抱えることができる仕事や問題の量を超えてしまうことを、キャパシティオーバー(キャパオーバー)といいます。 キャパシティオーバーになってしまうと疲労感や無力感が強くなることもあるため、早めの対応が必要です。 キャパシティオーバーと感じた場合には、今の自分のキャパシティを超えている部分を、ひとりで抱え込まずに、他の人に助力を求めてみてもよいでしょう。 「キャパシティ」を広げる努力も必要 「キャパシティ」はすぐに拡大できるものではなく、許容量にも限界がありますが、今の自分のキャパシティを少しずつでも大きくしていくために努力することは大切です。 キャパシティが大きくなれば、相対的に仕事や問題は小さく感じられます。 サクサクと仕事をこなすことができれば疲労を感じることは少なくなり、他の人に手を貸せるゆとりさえも生まれるでしょう。 まとめ 「キャパシティ」の意味や類語のほか、正しい形容詞の使い方や「キャパオーバー」の解決方法などについても解説しました。 「キャパシティ」は訓練によって広げることができるため、仮に今「キャパオーバー」で悩んでいたとしても、1年後には平気でクリアできるようになっているかもしれません。 適度に負荷を調整しながら「キャパシティ」を広げていくことは、ビジネスにおける重要なスキルの一つといえます。

次の