ホット ギミック。 ホットギミック結末ネタバレ感想!原作漫画ラストの相手は亮輝か凌かどっち?

ホットギミック ガールミーツボーイ|東映[映画]

ホット ギミック

S・ギンズブルグが『動画映画論』で「モンタージュによるリズミカルな構成は、疑いもなく映画を音楽に近づける」と書いている。 映像の編集は、場所の連続性とか視点の整合性とかいろいろな要素を考える必要があるだ、リズム感もとても重要だ。 本作は編集のリズム感が抜群に良い。 映画全体が音楽的な一定のリズムを持って小気味よく進んでいく。 山戸結希監督はこれまでの作品でも音楽的な映像つくりを志向していたと思う。 『5つ数えれば君の夢』や『あの娘が海辺で踊ってる』も非常に独特のリズム感を持っていたし、ナレーションをまるで音楽を聞かせるように使う。 役者も、背景も、小道具に至るまで、楽器を奏でるように彼女は映像を組みたてているんじゃないか。 駅のホームで言い合う男女2人のシーンで、抜群のタイミングでやってくる電車、抜群のタイミングで開閉するドア。 マンションの非常階段を乗降するリズミカルな音。 動作音にすらメロディあるように聞こえてくるから不思議だ。 ロケ地を工事中の場所が多かった豊洲あたりを選んだのも良いセンスだ。 工事現場は刻一刻と風景が変わる。 青春時代も若い時の一瞬にしか存在しない、日々刻々と変わるその景色が青春の儚さと重なり合っていた。 堀未央奈さん目当てで観た私としては、正直もったいないと感じた。 彼女ほどの魅力と表現力をもってして、この作品でいいのか、と。 実際は、予想以上に衝撃なシーンがありファンとして悲しくなったのが本当のところ…。 作品としては印象的なシーンもあれば、頭抱えたくなるシーンもある。 カット割りが非常に多く、斬新だとは思ったけど、好印象ではなかった。 カノンの使い方も美しくはあるけど、ベタだし良いとは言えない。 良い作品なのだろうけど、これに主演すべきはアイドルだったのかな。 たしかに今の堀未央奈を映像に残すことは重要なことなのだろうけど、こういう作品である必要はあったのかなと考えちゃう。 自分がティーンだったころのアイドルって、ホラー映画とかもっと幼稚なラブコメとかにしか出てるイメージしかなかったからなあ。 こういう作品に驚いたのもあるけど、青春映画にしろもっと『ハルフウェイ』的な爽やかさの残る映画にでているところが観たいなあ。 とおもったけど、キャラ的に合わないのでやっぱりホラーかな。 ネタバレ! クリックして本文を読む 初恋の映画だったんですね(笑)。 「テンプレな"かわいい女の子"が自己を獲得するお話」だと思って見ていました。 少女漫画にありがち(偏見)な「内気でドジでナイーブなヒロイン」を、内側から骨と血肉を付け足したような主人公は新鮮でした。 主人公・初(はつみ)は、内気で流動的な女子高生。 いわゆる「かよわい」女の子で、乃木坂46のメンバー堀未央奈さんにぴったりの役どころだなぁと思いました。 近年注目されている「強い女」とは対極の、"可憐で無知でかわいい少女"。 このような主人公が、綺麗とも言ってられない現実を目の前にして何を考えるか、どんな行動を取るかに私はとても注目していました。 最初は周囲に流されがちで、自分の意志も自分で分からない有様だったのですが、最終的にはちゃんと自分から相手を選びとるまでに心が成長しました。 そこはとても感動しましたね。 初に恋をした男性陣たちにも、自分の恋心にまっすぐ向き合うまでの葛藤が描かれていてよかったですね〜。 最初はどいつにも「うわーきもちわりー」なんて感じてたのに(笑) 特に、亮輝(りょうき)はよかったですね〜清水くんはああいう影がある男の子を演じさせたら右に出るものはいないですね!!! 少女漫画が原作になっているためか、登場人物のキャラクター設定自体はありふれているんですよね。 内気美少女、おませな妹、シスコン兄貴、超秀才の俺様幼なじみ、遊び人なモデル……。 でも、そのようなテンプレっぽいキャラクターにしっかり命を与えているところがとても私好みでした。 ああいう、テンプレキャラクターの人間らしさを見せられると弱いです(笑)。 ただ、設定がほんと自分と無縁な場所のお話で共感できるところほぼなかったんで、終始おとぎ話を読んでいるような感覚でしたけど(笑)。 自分は恋愛にキョーミ無しな人間なので、あの手の話は「内輪でやってろ!!」なんて考えがどうしても浮かんでしまって……(笑)。 それでも、登場人物それぞれが心を大きく動かされる出来事を経験し自己を獲得していく過程を見るのが青春映画の醍醐味というもの。 また、青春キラキラフィルターが多用されることなく、登場人物の痛み苦しみを演出併せて描き切っている点はどんどん注目されてほしいなと思います。 キラふわなイチャイチャだけが青春じゃねぇんだよと(僻み)。 全体的にあんまりハマりませんでしたが、「こういう描かれ方もっと増えて!」と叫びたくなりました〜。 ネタバレ! クリックして本文を読む 3人の男を同時に好きな高校生の話、その裏には彼女の過剰な優柔不断さがあるのだということが一瞬で分かるファーストシーンが見事。 それにしても、ハツミのセルフポルノは流出しない、ハツミの父親の過去の不倫を巡る因縁は誤解だった事など、設定が生ぬるい。 だからトラウマや過去が開示されていっても主人公の心情に乗っていけない。 そもそもこれはウォーターフロントのタワマンでの人間関係なわけで、結局は弱者も因縁も存在しない世界の出来事だとどうしても醒めた目で見てしまう自分がいた。 もっと言えばこれ、『5つ数えれば君の夢』のモチーフの焼き直しに見えてしまう。 違う何かを自分の映画に呼び込まないと、過去の傑作を超える事はないんじゃないかと思う。 「WAVES ウェイブス」 C 2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved. 「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」 C 2019 Gravier Productions, Inc. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

ホットギミック ガールミーツボーイ|東映[映画]

ホット ギミック

C 相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会 人気少女コミックを原作に、本作が映画初主演となる、乃木坂46の堀未央奈をヒロインに迎えて実写化した『ホットギミック ガールミーツボーイ』が6月28日から全国公開された。 実はネットのレビューや感想でも、その評価が絶賛か、全否定かで完全に分かれてしまっている本作。 確かに予告編からは青春ラブストーリーの印象が強かっただけに、かなりの不安を抱きながらも、山戸結希監督作品への期待と共に鑑賞に臨んだのだが、果たしてその内容と出来はどうだったのか? ストーリー 都内のマンションに住む女子高生・成田初(堀未央奈)は、ある日、妹の茜(桜田ひより)に頼まれて親に内緒で購入した妊娠検査キットを、同じマンションに住む橘亮輝(清水尋也)に知られてしまう。 そんな時、今や人気モデルとして活躍する、小学校時代の幼馴染の小田切梓(板垣瑞生)がマンションに帰ってくる。 昔と変わらない梓の姿に初は心惹かれ、二人は遂に付き合うことに。 だが、梓の本当の目的を知って深く傷ついた初を支えてくれたのは、実の兄の凌(間宮祥太朗)だった。 3人の男性との恋に揺れ動きながら、最後に彼女が見出した本当の気持ちとは? 予告編 理由1:OPタイトル登場までの10分間が既に凄い! 人気コミックの実写化ながら、決して原作に登場するキャラクターのイメージに囚われることなく、独自の映像美や様々な手法により、更に濃密な人間ドラマが描かれる本作。 それだけに、過去にあった様な少女コミックの実写化作品のつもりで観に行くと、かなり好き嫌いが分かれる内容になっている点は否定できない。 事実、冒頭でも触れた通り、本作への観客の評価は、見事に真っ二つに割れているからだ。 2016年に公開された監督作『溺れるナイフ』でも、非常にその評価が分かれた山戸結希監督だが、彼女の才能が溢れんばかりに盛り込まれた本作こそ、正に彼女が本当に描きたかった世界と言えるだろう。 C 相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会 中でも印象的だったのが、映画のOPからタイトルが出るまでの長い間、全く映画の流れが止まらないという点! 実はBGMや登場人物の動きはもちろん、映画全体が流れる様に動き続けながら、その中で主要な登場人物の紹介と人間関係の説明が展開するのを観た時点で、既に傑作の予感しかしなかった本作。 絶賛か、それとも全否定か? その判定は、是非ご自分の目で確かめて頂ければと思う。 理由2:実は重いテーマと際どい描写が満載! 人気少女コミックの実写化作品と聞いて、過去の類似作品の印象から劇場での鑑賞をスルーしようと考えている方も多いかもしれないが、是非劇場に足を運ぶことを強くオススメする。 確かに原作が12巻に及ぶ長編のため、映画では亮輝の家庭教師や、初たち3人の小学校時代のエピソードが登場しないなど、人物関係やエピソードがかなり整理されている本作。 その他にも細かい設定に変更はあるが、ほぼ原作コミックに忠実に展開する中で、初の妹(中学生)の妊娠騒ぎや、暴行未遂に不倫など、少女コミックとしては非常に攻めた内容の原作の設定から決して逃げず、むしろより際どく現実的に描こうとした山戸監督の選択は、今回見事に成功している。 C 相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会 確かに、予告編や原作コミックのキャラクターのイメージを期待した観客には、少なからず違和感を与え、必ずしもメインの観客層向けの内容では無かったかもしれない本作。 ただ、過去に公開された人気コミックの実写化作品に少なからず感じた、生身の人間が原作コミックのキャラクターに外見や演技を寄せることへの違和感や拒否反応に対して、今回の演出やキャスティングへのこだわりは、一つの回答を示したと言えるだろう。 登場キャラクターの絵柄によって、原作コミックではかなりマイルドに感じられた内容を、映画独自のキャスティングにより、現実的な生身の高校生たちの物語へと変貌させた点は、絶対に評価すべき! 高校生の恋愛を描く青春ラブストーリーと見せて、実はかなり際どい描写と独特の映像美が登場する、その衝撃的な内容は是非劇場で! C 相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会 理由3:出演キャスト陣が魅力的! 今回の出演キャスト陣の演技に対しても、実は観た人によって完全に意見が分かれてしまっている本作。 否定評については敢えて書かないが、彼らの演技に対する絶賛評の中でも目立ったのが、「間宮祥太朗がヤバい!」という意見だった。 確かに、実の妹である初への秘めた想いを抱きつつ、一線を越えるか越えないか、ギリギリの危うい関係のままで漂う様なその存在感は、内に秘めた衝動を無理やり抑え込んでいることが観客にも伝わってくる、素晴らしいものとなっている。 C 相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会 だが本作で特筆すべきなのは、やはりヒロインの初を演じる堀未央奈の遠くを見る様な眼差しと、その透明感溢れる佇まいだろう。 確かに独特のセリフ回しや複雑な人間関係が、作品世界に入り込むためのノイズとなることも充分理解できる本作。 とはいえ、原作コミックと映画版とは本来別物であり、観た人の評価が大きく分かれる作品ほど、実は傑作だったりするのも事実なのだ。 記事のタイトルにも書いた通り、個人的には今年の邦画ベスト1だった本作。 果たしてあなたは、どのような感想を持たれるだろうか? 最後に いや、これは久々に面白かった! 全12巻にわたる原作コミックのストーリーに沿いながら、独自の映像美と実験的手法を用いて、山戸監督が最後まで全力で突っ走ったかの様なその内容が、文字通り観客をねじ伏せる程の力強さに満ちていたからだ。 C 相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会 ただその反面、独特なセリフ回しや登場人物たちの距離感、そして単なる優柔不断と感じる方も多いかもしれないヒロインの性格や行動など、確かに観客の好みによっては、かなりの拒否反応を起こすのも充分理解できる本作。 だが、原作コミックの絵柄でかなり中和されていた、その重く際どい内容を、更に現実的で生々しいものとして描きながら最終的に青春ラブストーリーへと着地させるその展開に、完全に圧倒されてしまったのも事実。 「バカになりたい、バカでいいんだ!」 ヒロインのセリフに象徴される、単純だが確実に人生の真理を突いたその結論に対し、果たして観客が納得・共感できるかどうか? 本作の評価はそこにかかっていると言えるだろう。 昨年公開された『リバーズ・エッジ』、更に今年公開されて現在も続映中の『愛がなんだ』の世界にハマった方にこそ、全力でオススメします! (文:滝口アキラ) 関連記事 ・ ・ ・ ・ ・.

次の

ホットギミック(映画)感想|堀未央奈のキスシーンより気になったアレ

ホット ギミック

このたび、弊社配給の新作映画『ホットギミック』(2019年公開/監督・脚本:山戸結希 原作・相原実貴)の製作が決定いたしました!ただの甘いラブストーリーではなく、十代の揺さぶられる心とヒリヒリした肌感覚を描く本作。 2019年、映画界期待の新鋭・山戸結希が青春映画の新たなスタンダードを生み出します! すべては「若者の胸に鮮烈に刺さる、新しい時代の青春映画を作りたい」という情熱から。 全ての発端は、山戸結希監督の前作『溺れるナイフ』 16 のかなり前に遡り、2014年冬。 当時東映㈱の若手社員であった現プロデューサーの高橋・山尾が、テアトル新宿で上映されていた山戸監督作品『おとぎ話みたい』 14 を鑑賞し、その濃密な世界観に衝撃を受け、ラブコールを送ったことに始まります。 山戸監督は、新世代の映画監督の中でも、ひときわ異彩を放つ存在。 2015年、日本映画プロフェッショナル大賞新人監督賞を受賞。 メジャーデビュー作となった『溺れるナイフ』では、驚異の口コミ力で興行収入7億円強の大ヒットを記録し、一躍その名を世間に轟かせました。 さらに、企画・プロデュースを務める映画『21世紀の女の子』は、本年度の東京国際映画祭に正式招待されています。 原作である「ホットギミック」は、販売部数累計450万部を超える大人気少女漫画。 主人公の初 はつみ と、同じ社宅に住む幼馴染の亮輝 りょうき 、梓 あずさ 、そして兄の凌 しのぐ。 制作陣は「今作が、原作の「ホットギミック」のように、既成の少女漫画映画の文脈に回収されない全く新しいテキストとして確立されるような、 若者の目にも鮮烈な印象を追求していきたい思い。 現実逃避のためのファンタジーに過ぎない少女漫画映画ではなく、傷つくことも含めて現代のリアルな恋愛なのだということを、印象的に描いていきたい。 現代少女漫画の流れの原点である「ホットギミック」を原作にすることで、 熱量を伴う「少年少女の青春」が、より鮮烈に若者の胸に突き刺さると確信しています。 」と熱く語っている。 メガホンを執る山戸は、今回は自ら脚本も手掛け、 年齢的に過渡期にある出演者たちの今しか切り取れない一瞬を物語に乗せて、描きます。 堀未央奈(乃木坂46)が映画初出演にして初主演!主人公・初(はつみ)役に挑む! 3人の男性との恋に揺れ動く主人公・成田 初(なりたはつみ)を演じるのは、国民的アイドルグループ乃木坂46の次世代エース・堀未央奈。 歌やダンス未経験ながらも7thシングル「バレッタ」にて初選抜入りし、同時に2期生で誰よりも早く正規メンバーへ昇格。 さらに、初選抜にも関わらずいきなりのセンターに抜擢された実力の持ち主。 2017年には人気女性ファッション誌「ar」のレギュラーモデルに抜擢され、発売した1stソロ写真集「君らしさ」は発行部数が10万部を突破。 いま、その勢いはまさにとどまる所を知りません。 山戸監督が14thシングル 「ハルジオンが咲く頃」のMVを手掛けた際に、そのみずみずしい存在感が印象に残ったため、今回は映画初出演にも関わらずいきなりの主演に抜擢されました!キャスティングに至る経緯について、制作側は「ずっと見ていたくなるようなフレッシュでみずみずしいヒロイン像を探す中で、堀未央奈さんの存在が浮上しました。 映画界ではまだ無名だが、だからこそ 未知数な可能性を秘めたヒロインを新たに作り出せるはず。 映画界ではニューカマーとなる堀が、山戸監督作品の中でどんな女優として輝くのか、期待が高まります!」と語っています。 2014年、デビュー2年目にして映画『渇き。 』の演技で注目を浴びると、『ソロモンの偽証』(15)『ちはやふる』(16)と、立て続けに話題のシリーズ映画に出演。 もう一人の幼馴染・小田切 梓(おだぎりあずさ)を演じるのは、板垣瑞生。 2015年公開の映画『ソロモンの偽証』で、約1年に渡る邦画史上最大規模のオーディションを経て1万人の参加者の中から準主役・神原和彦役に選ばれたことを皮切りに、その後も、大河ファンタジー「精霊の守り人」(18年NHK)や、現在公開中の映画『響-HIBIKI-』にも出演するなど、俳優としての才能も発揮。 その一方で、人気ヴォーカルダンスユニット「M! LK」のメンバーとしても活動する等、ティーンに絶大な人気を誇る現役高校生の板垣。 今作では、 人気モデルとして華やかな世界で活躍するも、過去のとある出来事から心に暗い影を潜め、どこかミステリアスな雰囲気を持つ梓を熱演します。 初の兄・成田 凌(なりたしのぐ)を演じるのは、間宮祥太朗。 TVドラマ「スクラップ・ティーチャー〜教師再生~」(08年NTV)で俳優デビュー。 『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』(16)『帝一の國』(17)では強烈なキャラクターを見事に演じきり、その後『全員死刑』(17)で映画初主演。 現在放送中の連続テレビ小説「半分、青い。 」(NHK)や「ゼロ 一攫千金ゲーム」(NTV)にも出演し、正反対の役柄を同時にこなすその演技力の高さに注目が集まっています。 いま世間に大注目されている間宮が、誰にも言えない気持ちを胸に秘め、葛藤しながら生きてきた凌を演じる姿は必見です! 若い才能が結集し生み出される、次世代青春映画。 日本中の若者の胸に突き刺さる、鮮烈でポップな恋のエンターテイメントの誕生に、ご期待ください! コメント 原作・相原実貴先生コメント 映画館で、私が造ったキャラクターたちが動く世界を観せて貰える機会に感謝しつつ、漫画とはまた別の実写版ギミックを読者の皆さんと一緒に楽しみにしたいと思います。 監督・脚本 山戸結希コメント たったひとりの女の子のために、漫画を描き続けてきた相原先生の心の美しさに、せめてこの作品を作っている間だけは、どうか共鳴しながら、心から美しいと感じるキャストの皆さんを、その感覚そのままに、スクリーンに映し出せることを祈っています。 なにも良いことがないと地獄のような日々を生きている、たったひとりの十代の女の子が、近所のショッピングセンターの中にあるシネコンに、ふらりと劇場に迷い込んだときに、たった一回出会えるような作品にしたいと願っています。 たったひとりの十代の女の子へと、お手紙を書くように、この映画を撮りたいとずっと思っていました。 成田初 なりた・はつみ 役 堀 未央奈 コメント 私自身、映画は初主演と言う事で不安な気持ちはありますが、クランクインして、監督の演出、共演の皆さんとのお芝居、その1つ1つの撮影が本当に楽しいです。 実は人見知りなので、最初は現場に溶け込めるか不安でしたが、共演のみんなも年が近く話しかけてくれるので、ほっとしています。 元々、山戸監督とは、乃木坂46のMVでご一緒したことがありましたし、作品も拝見していました。 ずっと、もっと一緒にお話ししてみたいなと思っていたのですが、今回、撮影が始まる前に2人でじっくり話せる機会がありました。 この映画にかける思いを本気で話すことができ、カメラの前に私がいる時の気持ちも、汲み取ってくれているんじゃないかな?と、思っています。 原作は、凄く面白い作品。 誰かと付き合っていたとしても、ほかの誰かに気持ちが迷ってしまう事、誰にでも起こりうることじゃないかなと思っています。 そんな初のリアルな心情、心の揺れを新鮮にリアクションしていきたいです。 橘亮輝 たちばな・りょうき 役 清水尋也コメント 山戸監督と作品を作れる事への喜びと、良い物にしなければ、というプレッシャーを共に感じました。 とても難しい役所ではありますが、決して妥協せず、皆様の心に残る橘亮輝を演じ、そして生きたいと思います。 小田切梓 おだぎり・あずさ 役 板垣瑞生コメント 山戸さんの作品は前から観ていたのもあって、自分が出られるだなんて思っていなかったのですが、出演させていただける以上は全力をぶつけてみたいと思います。 それに、清水 尋也 君とも前に共演したので、また一緒に作品に出られることが楽しみで仕方がないです。 一緒にいい作品にしたいです。 梓の闇の部分も、すごくキラキラとした部分もどっちもたくさんの方に魅力的に伝わるように楽しめればと思っています。 成田凌 なりた・しのぐ 役 間宮祥太朗コメント 山戸監督と初めてご一緒するので、一刻も早く山戸組の撮影リズムに入り込みたいと思っています。 凌はとても切ないキャラクターです。 山戸監督とも、それをしっかり表現できたらいいね、という話をしていたので、しっかりキャラクターを作っていきたいですね。 僕はどうも、年下の女優さんから「怖い」と思われてしまうことがあるのですが 笑 、堀さんとは兄と妹の役ですから、そう思われないように関係を作っていかなくちゃいけないなと思っています。 映画『ホットギミック』 2019年全国ロードショー!!•

次の