僕らの人生 歌詞 ボカロ。 【涙腺大爆発!】2019年版!感動ボカロ曲15選!オススメの歌い手とともに紹介

ボーカロイドの歌詞置場 人生リセットボタン

僕らの人生 歌詞 ボカロ

切ないような苦しいような楽曲に胸を打たれます。 Ayaseさんからの言葉でも"疲れた人生の最後"を意味した曲だということがわかります。 イラストの少女の笑顔は 全てに絶望して諦めた笑顔なのかもしれません。 英語の辞典ではラストリゾートいう言葉の意味を A final course of action, used only when all else has failed. 「全ての望みが潰えた後の、仕方なくとらざるを得ない行動」 そう表現されています。 その 最後の手段が「自ら命を断つ」ことなのかもしれません。 「ラストリゾート」歌詞解釈 14時に起きた最終日 主人公の少女は昼過ぎの14時に起きます。 「嗚呼 またやって来た今日」と言っていることから 少女にとって生きることがとても辛いことだと ひしひしと伝わってきます。 「僕の最終演目」 今日が彼女にとっての人生の最後の公演です。 「42度は人間が死ぬ温度」 人は体温が42度以上になると生きられません。 彼女にとっての死が表現されていると解釈できます。 リンスが切れる、洗濯物がたまる それは人の生きるために必要なものですが、乱雑になっています。 どこが他人のように自分のことを評価している様子が描かれています。 もうすでに生にこだわっていないことがわかります。 そんな彼女は自分のことを「ゴミ溜め」と言っています。 最後の自由 「逃げ場の無い世界で逃避行」 逃げることができない世界ではリタイアするしか逃れることができません。 少女の最終日。 どこに行こうか、どこまでも笑っていよう。 それで疲れたところで終わりにしようとしています。 彼女はある意味最後は自由なのかもしれません。 絶望の理由は? 少女は自分自身と対話を繰り返します。 もう全てに諦めてしまった少女自身は 「こんなもんさ」と言っています。 "こんなもん"そう諦めて興味のないような言い方には 微塵も希望が感じられません。 彼女にとって何がそこまで絶望に落とさせたのでしょうか。 置き去りの僕。 「行き場の無い世界に花束を」 これは少女自身の姿を比喩した言葉なのかもしれません。 花束にされる花は全て切り花です。 だからどんな華麗な花でも徐々に萎んで醜く枯れていきます。 生きづらい世界に枯れていった自分自身なのではないでしょうか。 また花束には渡す人への想いが込められています。 少女から世界に渡される花には「さよなら」 そんな選別の言葉が添えられているのかもしれません。 もう散々。 誰もいない。 散々だってもう何回目だって嘆いても憂いても誰にもその声は届きません。 少女は自分の抱えた感情を誰にも吐き出せなかったのだと解釈できます。 だから、助けは誰も来なかったのかもしれません。 そんな少女は虚しさも感じつつも最後へ向かっていきます。 これでいいの 「これでよかったんだって何度も唱えて」 その歌詞には少女が 「これでいいんだ」と自分に言い聞かせている意味合いが含まれているように感じます。 ユートピアは理想郷を意味します。 少女は理想郷に行くことはできず、この世から去っていきます。 「あの時... 」 この言葉が最後に引っかかります。 少女はどこかで生き方を間違えてしまったけど、 もうそれは引き返せない、遅かったと言っています。 少女が過去に犯した何かがあったと考えられます。 命を立ちたくなることの出来事とは... 「愛する人の死」なのではないでしょうか。 最後に ラストリゾートの歌詞には死に関する少女の想いが綴られていました。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 今回はラストリゾートの歌詞解釈をさせていただきました。

次の

「ウミユリ海底譚」が歌う、ウミユリで比喩する「僕の人生」を歌詞から紐解く

僕らの人生 歌詞 ボカロ

もしもボクが神様だったら 人生とかいう名の分が悪い博打 疾うに とっくに廃止して 燃えるゴミの日にまとめてぽいっだ 同じ阿呆でも踊らにゃ損損 顔窺っているばっかで徒然 呼応して 怨嗟 連鎖 で道も狭に 誰にもなれない 誰でもないまま きっと一生シット 嫉妬して また隣の芝 在り来りも良く言えば大衆性 右倣って小猫が鳴いた 「翼が無けりゃ、空を降らしてくれりゃいい。 」 世界中 誰も神頼みで 未来も何も見いだせない 荒縄で吊れるような 命に答えはない この世に手早くお別れして 電波に乗って夢の夢 ボクは生まれ変わる 輪廻転生 あの世ってやつは居心地いいようだ 誰もここには帰らないもんな 彼の言葉を借りるならこうだ どんな笑顔でボクを手招いているんだい 過食症 不登校 自傷癖 子供の頃の夢 売女 ヒス パラノイアはII-V 処刑台 殺人の正当性 もう何もかも耳を塞いでしまいたいな 教えておくれ 今日日の世の神様の作りかたを 教えておくれ 人は人を裁いていいのだろう? どれだけ泥が泥を捏ねたって 泥以外作れやしない 君も生まれ変われ 輪廻転生 排他 掃いた明後日の斎場 擦った揉んだで愛の欠乏症 この未来に答えも正解も そんなもんは望んじゃいないってんだ ああ もうやめた 全て失くしてしまえばいい 世界中 誰も神頼みで 未来も何も見いだせない 等しい幸せなど ゆめゆめ願いやしない この世に終わりをつけておいて 終えるななんて何様だ 全て生まれ変われ 輪廻転生 解釈 同じ境遇に生まれても行動しなければ損なんて言って、 顔を伺って世渡りなんて退屈だ。 恨みだけが連鎖して結局何も成し遂げられないんだ。 怨嗟(えんさ)とは恨み嘆くことを言います。 よく、人生の先人たちから「グダグダしてないで行動しなきゃ損だぞ!」とか、「行動を起こさなくては成功しない」と言われることがありますよね。 しかし多くの「生まれ」があまり良くなかった人たちにとって、行動といっても、すぐできることなんて顔色を伺って社会に溶け込む努力をするくらいになってしまいます。 そんな風に顔色ばっか伺ってしまうから、ストレスを溜めてしまって、人生に恨みが溜まって何も成し遂げられないんでしょうね。 きっと一生シット 嫉妬して また隣の芝 在り来りも良く言えば大衆性 右倣って小猫が鳴いた 「翼が無けりゃ、空を降らしてくれりゃいい。 」 解釈 きっとこのまま嫉妬し続けて、隣の芝が青く見えるんだ。 ありきたりな人生も良く言えば普通の人生だ。 みんな右に習えの中、小猫が「生まれが悪いなら、生まれがよかったやつらを落としてくれればいい。 」と鳴いた 隣の芝が青いとは自分のものより、他人のもののほうが良く見えるということを意味する表現のことです。 たとえ自分の方が境遇に恵まれていても、他人の方が良く見えてしまうのが人間の厄介なところですよね。 「生まれ」があまり良くなかった人たちにとって多くの人たちが目指す人生というのが「ありきたりな人生」というものです。 世界中 誰も神頼みで 未来も何も見いだせない 荒縄で吊れるような 命に答えはない この世に手早くお別れして 電波に乗って夢の夢 ボクは生まれ変わる 輪廻転生 解釈 世界中の誰も彼もが神頼みで生きていて、未来の希望も本当は見いだせていない。 奴隷のような人生を生きる命になんて、未来の希望なんてないのかもしれないな。 こんな人生さっさと辞めて、恵まれた「生まれ」になってしまいたい。 さあ、生まれ変わろうか。 輪廻転生。 一般庶民の人生を悪く言えば、権力者や資産家のための奴隷の人生と表現できなくもありません。 一般庶民を精一杯働かせて、わずかながらの幸福と、不健康だけれどそこそこ美味しい食事を与えて、反乱されないギリギリで調整しています。 権力者や資産家はその調整の対価として多くの資産を手に入れています。 そんな世の中ですから、誰も彼もが神頼みで生きていて、未来の希望も本当は見いだせていないのでしょうね。 こうやって改めてこの世の中を客観的に見て見ると転生輪廻できるならして見てもいいと思えてしまいますね。 解釈 世界中の誰も彼もが神頼みで生きていて、未来の希望も本当は見いだせていない。 みんな等しい幸せなんて無理だから願いなんかしない。 自分から僕の人生を終わらせておいて死ぬななんて何様だ? みんなみんな生まれ変われ。 死のうとしている人に「死ぬな」と止める人の多くは現状に満足している人や裕福な人が大半でしょう。 そういう裕福な人がいるから自分が相対的に負け組になっていると感じているので、主人公は「死ぬななんて何様だ?」と歌っているのでしょう。 筆者から最後に伝えたいことがあります。 もしこの記事を読んでいただいてる人に、人生に、この世界に絶望して自ら死を選ぼうかなと思っている方がいらっしゃったら少し待ってください。 死ぬのはもう少し先延ばしにしてもいいのではないでしょうか?死ぬのを先延ばしにして.

次の

【まふまふ/輪廻転生】の歌詞の意味を徹底解釈

僕らの人生 歌詞 ボカロ

Contents• innovation 元気が出ると言えばこの歌です。 友達が挫折したときにこの曲を聴いて元気が出たと言っていました。 同時に教えられるまで知らなかった自分を後悔しました。 名曲=再生数というわけではありません。 その人にはその人にあった元気ソングがあります。 ふとした時に思い出して聴きたくなるような、 そんな曲がその人の元気ソングです。 誰もが自由に伝えた気持ちをみんなに共有できるからみんなが笑顔になれる、 ボーカロイドの可能性と夢が詰まっています。 「明日へ行くぞ!」 前を向いていきましょう。 セツナトリップ テンションを上げて、 嫌な事なんて忘れてしまいましょう。 1度きりの人生楽しんだもの勝ちです。 後悔したって後戻りはできません。 自分の持っている手札をどう使うかは自分次第です。 開き直ることも時には大切です。 自分の選んで進んできた人生、 覚悟を決めて進むだけです。 どうしようもない気持ちはこの歌で吹き飛ばしましょう。 「そろそろおはようの時間だろう?」 むかしむかしのきょうのぼく ちょっと後ろ向きな僕が少しだけ前向きになれる歌です。 あの日あの時の僕は何を思い何を目指して生きていたでしょうか。 後ろを向かずに前を向いていきましょう。 これはあの日の自分からの応援歌です。 歌詞の一つ一つが心に響いてきます。 「だからバイバイ むかしむかしのきょうのぼく」 小ネタ満載の動画にも注目です。 オツキミリサイタル 信じていればいつか絶対叶う、 諦めないことの大切さを教えてくれる曲です。 カゲロウプロジェクトの1曲で、 モモとヒビヤのお話です。 挫けて諦めてしまいそうなヒビヤの心にモモのまっすぐな思いが光を灯します。 そしてそれはヒビヤだけでなく、 この曲を聴く皆さんの心にも希望の光を指してくれることでしょう。 ハッピーシンセサイザー みんなが踊れて楽しくなれる曲です。 僕はただいま練習中です。 笑 この曲を聴くたびに 音楽の力ってすごいなって思います。 心を救う音楽、 皆さんにとってそれはどんな曲ですか。 この曲の振り付けをした めろちんさんに敬意を表して、 この動画を紹介します。 みんなの愛を感じてください。 ホーリーフラッグ CHiCO with HonnyWorksさんのRPGゲーム風の楽曲です。 冒険心をくすぐられる心躍る楽曲です。 現代のボカロ人気にあやかりアニメ化してほしい作品です。 今をかける少女 40mPさんの楽曲で、 鹿乃さんのファーストアルバムにも収録されています。 ボーカロイドのすごいところはこのような名曲・神曲を無料で世界中の人が楽しめるところですね。 才能ある人がボーカロイドという分身によって自分の思いを世界に配信する・・・ なんとも素敵な事ではないでしょうか。 鹿乃さんのライブ行きたかったです。 人気が出れば有料になるのは当たり前ですが、 鹿乃さんのアルバムも借りてみてください。 このふざけた素晴らしき世界は、僕の為にある ボーカロイドの神曲には2種類あると思います。 聴いた瞬間体に電流が走るような名曲と、 最初は訳が分からなかったり、 微妙だと思ったけど、 また聴きたくなり、 何度か聴くうちにその魅力に気付く曲です。 この曲はまさに後者ではないでしょうか。 皆さんもご一緒にどうぞ。 「やんややんややーいーやー」 39みゅーじっく! マジカルミライ2016の公式テーマソングです。 例年のかっこいい系とは極を成すような楽しい楽曲です。 チャンネルを39に合わせたら、 さあ盛り上がっていきましょう。 みんなで名前を呼びましょう。 「初音ミク! 」 Tell Your World 音楽は世界を繋ぐ、 世界を救う音楽がここにあります。 「いくつもの線は円になって全て繋げてく どこにだって」 この歌詞にすべての思いが詰まっていると思います。 目がチカチカします。

次の