ぐーぐる まっぷ。 シンプル地図

Googleマップを画像として保存するにはどうしたら良いのでしょうか?...

ぐーぐる まっぷ

今回のブログの見出しはコチラです!• そもそもGoogleマップとは? 今や分厚い地図帳で地図を探すようなことはなく、住所や店名などを入力するだけでどこの地図でも探せて 地形や道路まで見れてしまう、そんな便利なGoogleマップ。 あんなこともできるの?こんなこともできるの? Googleマップって、すごい!!と感動してしまうのが、Googleマップです。 地図も手作りで作ることはできますが、よりわかりやすく手間のかからないGoogleマップを利用するのも一つの方法です。 まず、ブラウザでGoogleマップを開きます。 例:検索窓に「インクループ」と入力します。 例:インクループの地図が表示されました。 地図を表示することができたら、ブラウザを閉じずにそのままにしておきましょう。 ツールメニューの「挿入」をクリックします。 「スクリーンショット」をクリックします。 「画面の領域」をクリックします。 すると、先ほどのGoogleマップを表示していたブラウザに自動的に移動します。 「+」マークが出るので、下記の画像のように「+」マークをドラッグして地図の範囲を選択します。 選択出来たら自動的にその範囲がWordに貼り付けられます。

次の

『Google マップ』アプリの使い方。基本からストリートビュー、タイムラインまで

ぐーぐる まっぷ

Googleマップは、非常に便利な地図サービスアプリケーションです。 あなたが行きたいところをほとんど見つけてもらえます。 また、移動手段としての車、自転車、バスもしくは徒歩に適応するそれぞれの路線が表示されるので、目的地までの一番いい方法が分かるのでしょう。 どころで、ある活動の場所、自分の所在地などを友達にはっきり伝えて導きたいことが時々ありますよね。 また、オフラインでもルートを知りたいこともありますね。 そういうニーズを実現する最良の方法は、マップのスクリーンショットを取るということです。 この記事では、 グーグルマップ画像保存し、Windows、Macの、iOSとAndroidの上の地図を編集し、注釈を付けるためにいくつかの効率的な方法を紹介します。 通常な方法は以下のように。 Windowsなら、print screenボタン 2. また、マップの画像を保存したら、相手が一目瞭然のために、マップに注釈などを追加したいことがありますか。 そこから見れば、マップ画像のキャプチャと注釈付けの機能を一体化にするツールがあったらいいですね。 なぜかというと、ワンステップでスクリーンショットと編集が出来るからです。 Windowsでグーグルマップ画像保存 Windowsでスクリーンショットを撮るなら、は最もいい選択かもしれません。 それは専門的にスクリーンショットを作るためのWebベースのアプリケーションです。 フルスクリーン、特定の領域およびアクティブウィンドウを取り込むことができる。 また、このツールは、画像編集機能も付属していますから、Googleマップの画像に線、矢印やテキストを追加することもできます。 以下はGoogleマップのスナップショットを作成する手順。 無料画面キャプチャツールのページへエクセスし、「スクリーンショットを撮る」ボタンをクリックしてこのアプリを立ち上げします。 保存したいGoogleマップをスクリーンに表示し、続いてアプリのインターフェースへ移動してカメラアイコンをクリックします。 そして、直ちに画像の編集機能で注釈などを追加しましょう。 ディスクボタンをクリックして簡単にマップ画像の保存が行えます。 また、開発者が提供するフリースペースにアップロードすることができます。 縦ツールバーの共有ボタンをクリックすることでFacebookやtweeterなどの社交アプリに編集したグーグルマップスクリーンショットを共有にもできます。 このアプリのデスクトップバージョンもありますので、ダウンロードしてPCに落としたら毎回ご用がある時、サイトにアクセスせずにも使えます。 プレビューでは、画像ファイルを表示および編集し、注釈を付け、完成したら共有することができます。 また、スクリーンショットキャプチャの機能も備えます。 プレビューでスクリーンキャプチャを撮影するには「ファイル」メニューより「グラブ」を選択し、撮影範囲をマウスでドラッグして指定する場合は「選択部分」、特定のウインドウのみを撮影する場合は「ウインドウ」を選択してスクリーンショットを撮影します。 撮影した後は自動的にデスクトップ上にスクリーンショットの画像ファイルが現れます。 また、プレビューで自動的に開かれますので、注釈ツールを使用してマップに線、円、矢印やテキストなどを注釈を入れることもできます。 最後に「ファイル」メニューより「保存」をクリックしてローカルディスクにGoogleマップ画像保存をします。 ここでIOSデバイスでの具体的な手順を例にとして説明します。 画面下のスワイプメニューから、地図を選択します。 自分がいる場所の近くを検索するには近辺をタップし、指定した住所を表示するには住所をタップします。 ページをスワイプして、取り込みたい場所を見つけます。 スナップをタップして、画面上に表示された領域を撮影します。 撮影したら、注釈などの追加が可能です。 最後に、カメラロールに保存します。

次の

Googleマップを画像として保存するにはどうしたら良いのでしょうか?...

ぐーぐる まっぷ

Googleマップの基本的な使い方 今いる現在地を表示 今いる現在地を知りたい場合は右下の赤丸のアイコンをタップします。 目的地までの経路の検索 目的地までの経路の表示方法です。 目的地までの経路の表示 目的地までの経路のリストが表示されますので選択します。 周辺のグルメスポットなど表示 周辺のお店の検索 目的地周辺の グルメスポットや ATMやガソリンスタンドなどの施設を表示させることが出来ます。 周辺のお店の表示 目的地周辺のお店が表示されます。 左にスワイプすると各店の情報が表示されます。 お店の場所がピンで表示されます。 「続きを読む」をタップするとお店の 「営業時間」や 「レビュー」などを見ることが出来ます。 目的地を保存する「マイプレイス」 マイプレイスの保存 予定や行きたい場所がある時、地図を マイプレイスに保存しておくと便利です。 目的地を表示して 「保存」をタップします。 新しいリストも作ることも出来ます。 今回は「買い物」リストをつくりました マイプレイスの表示 保存した地図を表示するには、画面左上の 「3本線」マークから 「マイプレイス」を選択して 「保存済み」タブをタップします。 リストをタップすると保存した地図が表示されます。 他にもこの画面から 「リストの編集」や 「リストの追加」が出来ます。 目的地を保存しておくことで検索せずに素早く地図を表示出来ます。 まとめ Googleマップの基本的な操作と便利な機能をご紹介しました。 経路の検索では電車の時刻表も表示されるので便利です。 マイプレイスは目的地を保存しておいて素早く目的地を表示出来ます。 Google製だけあって検索がパワフルなので複数のワードで検索して該当する地図を表示してくれるのは便利ですね。 例:「品川駅 駐車場」や「渋谷駅 トイレ」など Googleマップはまだ便利な機能がありますが次のブログで紹介したいと思います。

次の