モンキー ターン 4 朝一。 モンキーターン4【設定示唆 判別 終了画面 メダル 直撃 超抜】

モンキーターン4 天井恩恵・スペック解析【スロット・パチスロ】

モンキー ターン 4 朝一

リミット到達時に時短で戻せば、再度10発確定ということですね。 潜伏確変の狙い目 潜伏確変の狙い目ですけど、スペックを見ると、電サポを得られるのは• 6で振分けは69%• 2で振分けは23% となっています。 これはつまり、電サポ非作動時に電サポ付きの当たりを得るために必要な回転数は、、• 通常時:96. 96回転• 潜伏時:96. 09回転 となります、、、 ので、潜伏中であろうが、通常確率であろうが、電サポ付きの2Rにたどりつく確率は似たようなものということですね、、 なら、潜伏中のほうが、チマチマ当たって出玉を得られるから、その玉だけ得なのでは。。 となりかけたわけですけど、モンキーターン4は、リミット10のどこで次回までの電サポインフィニティラッシュに入れるかがすべてのゲーム性ですよね。 確かに、ミリオンアーサーやヴァルヴレイヴ、天羅のように、電チューでの当たり待ちの機種でも潜伏狙いは有効ですけど、それは前提として 右打ち中も通常時も1Rの出玉が同じということが大きいです。 その点、モンキーターン4は電チューでの当たりは15個x10カウントの2R、ヘソでの当たりは10個x2カウントの2ラウンド。 15個x10カウントの2Rをいかに多く取るかがゲーム性の肝で、通常時潜伏時ともに電サポ獲得確率は同じ、、、 なので、とどのつまり リミットまでの回数が一番多い通常時が一番期待値は高いということになってしまいますね、、、 かといって、ボーダー程度の釘の台の通常時を狙っても、勝率激低&たいした値段にはならないでしょう。 いうことで、潜伏狙いはお手上げですね~ 残念。。。 10個x2カウントの2R。 甘トラックを彷彿とさせますよね~ しかしパカパカなら、発射のタイミングからしてシビアになりそうだな、、と思いつつ当たり。 左アタッカーの動きを見ていると、普通に開いていますね。 開いたのを確認して打ち出しても間に合う感じ、、、 で、強-強-弱の3発。。。 が、あっさり入る、、、 賞球10個とはいえ、1R18個が27個になったらエライことですからね~ トータルの出現率は、右と左とで半々くらいだろうから、これはどこまでボーダーを落とせるのか、、 と、一瞬テンションが上がりましたけど、冷静に計算すると、100%でオーバー入賞が決まったとしても、全然20も下回りませんね、、、潜伏の考えと同じで、右に玉が依存しているからですね。 左アタッカーは この通り釘もなく、西陣のゆるいハンドルでも、初見の今日あてずっぽうでひねっても7割くらい入ったから、惜しいですね~ ホントに惜しいです。 両方点灯:3回開放 M-M-M• 下が点灯:5回開放 SSSSS• 電チュー周りは 優秀ですね。。。 こんなのでも微減の時間帯があったりします。 まとめ そんな感じで、潜伏ダメ、介入はあるけど元スペックが辛すぎてダメ、と、ダメダメな評価となってしまいました。 西陣のモンキーは演出も微妙~ですよね~ 西陣&aaaは4作目にして冒険したんでしょうけど、変則としても66. 6-22. 2と中途半端だし、確変100%だからかゲーム性に深みは薄いし、どうも空回りした印象が強いですね。 実際、上の朝一ランプの画像の台は、前日の当たり回数が29回で、残り1回だったんですよ。 もちろん打ちませんでしたけど、夕方見たら、今日の当たりが20回ピッタリで捨てられていました。 20回で捨てた人は、朝一ランプの点灯を知らないから、リミットピッタリでヤメたつもりなんでしょうけど、66. 6を引いて残り9でヤメたことになるんですよね。 でも履歴を見ると、ずっと一粒の履歴になっていて、要はメリハリがないんですよね。 ということで、潜伏を抜きにしても期待が大きかっただけに、残念。 と言わざるを得ないですね~ 次に期待します。。。 c 河合克敏・小学館/モンキーターンプロジェクト, C NISHIJIN お疲れさまです。 モンキーターン使えない感じですかー。 タンクロウさんと違ってたいして思い入れはないものの残念ですねー。 MAXタイプの2で万発出たのと、連チャンタイプの3で5連しかしなかったというくらいですね。 しかも2連のノルマもあっさりクリアしてしまって、ハマった記憶も当たった記憶も曖昧という。 スロットの初代はものすごく流行ったと言うのは聞いた事だけはあります。 そしてヴヴヴで出た玉で分母稼いで終わりです。 まぁ、タンクロウさんと同じで日々の勝ち負けはあんまり気にしてないんですけど、昨日は演出の釣りが激しくてテンションが上下してしまいましたね……ヴヴヴ以外の台は激アツと呼ばれる演出全部外しました笑.

次の

【モンキーターン4】設定6確定台を実践!挙動や特徴、グラフ全て見せます

モンキー ターン 4 朝一

モードAは100の位偶数ゲームがチャンス• モードBは100の位奇数ゲームがチャンス• 引き戻しは300G以内の当選確定• 天国は100G以内の当選確定 という特徴があります。 6号機の中ではボーダーが高めなので打てる機会が少ないかもしれませんが、ゲーム数加算ゾーン「勝負駆けチャレンジ」のおかげで、実際のハマリG数よりもデータカウンタでは浅く表示されることが多いです。 なので、 狙う際は必ず液晶画面右下のゲーム数を参考にするようにしてください。 ヘルメットのロゴはメニュー画面から確認できます。 天国移行率が25%ということなので、毎回フォローするほどではないでしょう。 ただし、終了画面のヘルメットで次回モードを示唆していて、• ロゴあり…モードB示唆• ロゴ+キラキラ…引き戻し以上確定• Vありロゴ…天国確定 となるので、ロゴ+キラキラorVありロゴを確認できた場合は次回当選まで打ち切ったほうがいいですね。 また、終了画面(有利区間突入ゲーム)でレア役を引いた場合、• レア役成立…次回モードB以上確定• 強チェリーor強チャンス目成立…次回引き戻し以上確定 となるので、レア役成立の場合はボーダーを下げ、強レア役成立時は次回AT当選まで追いましょう。 その他即ヤメ厳禁のパターンがいくつかあるので、まとめると、 即ヤメ厳禁演出• 足合わせステージ 夜 移行…次回AT当選まで• セリフウインドウが緑…200G以上なら次回AT当選まで• セリフウインドウが赤…次回AT当選まで• ステチェンカットイン緑…200G以上なら次回AT当選まで• ステチェンカットイン黒…次回AT当選まで• ステージチェンジ時右サイドランプが赤発光…次回CZ当選まで• 勝負駆けチャレンジ中のセリフが赤文字なら次回AT当選まで• AT終了画面でレア役成立…100Gまで• AT終了画面で強チェリーor強チャンス目成立…次回AT当選まで• AT終了画面でロゴ+キラキラ…次回AT当選まで• モード示唆演出 ステージ ステージ 示唆 平和島 勝負駆けpt10pt以上確定 足合わせ 夕方 勝負駆けチャレンジ高確率 足合わせ 夜 ATまで残り64G以内確定 セリフウインドウ セリフ 示唆 青 基本パターン 緑 モードB以上確定 赤 天国確定 ステージチェンジのカットイン カットイン 示唆 青 基本パターン 緑 モードB以上確定 黒 発生から100G以内の当選確定 ステージチェンジ時の右サイドランプ発光 発光色 示唆 黄 7pt以上 緑 10pt以上 赤 15pt以上 ステージチェンジ時に右サイドランプが発光することがあり、その色で保持している勝負駆けポイント数を示唆しています。 勝負駆けポイント15pt獲得後のレア役成立でCZ確定となるので、少なくとも赤発光を確認できた場合は次回CZ当選まで追ったほうがいいですね。 勝負駆けチャレンジ中のセリフ 勝負駆けチャレンジ中のゲーム数加算時にPUSHボタンを押すとセリフが発生し、その色でAT当選までの残りゲーム数を示唆しています。 赤文字なら残り256G以内のAT確定となるので、失敗後もAT当選まで打ち切ったほうがいいですね。 ちなみに、金文字ならAT当選確定となります。 AT終了画面のヘルメット 【NEW】 終了画面 示唆 ロゴなし デフォルト ロゴあり モードB示唆 ロゴ+キラキラ 引き戻し以上確定 Vありロゴ 天国確定 ロゴなし ロゴあり ロゴ+キラキラ Vありロゴ モードA 62. 7 98. 8 99. 8 101. 2 104. 7 107. 4 110. ボートテンパイ時のみ中リールBARを目安にボートを狙えば、取りこぼし無し+フラグ判別可能となります。 」ナビ発生時は、左リールにBARを狙えばOKです。 ちなみに、本機はATのみで増やすタイプとなっているので、目押しが出来なくても遊技上は問題ありません。 設定変更・リセット 設定変更 電源ON・OFF 天井 リセット 引き継ぐ.

次の

モンキーターン4 Ⅳ:実戦データ、リセット挙動・天国狙い、狙い目、やめどき、モードB以上示唆演出一覧など

モンキー ターン 4 朝一

リミット到達時に時短で戻せば、再度10発確定ということですね。 潜伏確変の狙い目 潜伏確変の狙い目ですけど、スペックを見ると、電サポを得られるのは• 6で振分けは69%• 2で振分けは23% となっています。 これはつまり、電サポ非作動時に電サポ付きの当たりを得るために必要な回転数は、、• 通常時:96. 96回転• 潜伏時:96. 09回転 となります、、、 ので、潜伏中であろうが、通常確率であろうが、電サポ付きの2Rにたどりつく確率は似たようなものということですね、、 なら、潜伏中のほうが、チマチマ当たって出玉を得られるから、その玉だけ得なのでは。。 となりかけたわけですけど、モンキーターン4は、リミット10のどこで次回までの電サポインフィニティラッシュに入れるかがすべてのゲーム性ですよね。 確かに、ミリオンアーサーやヴァルヴレイヴ、天羅のように、電チューでの当たり待ちの機種でも潜伏狙いは有効ですけど、それは前提として 右打ち中も通常時も1Rの出玉が同じということが大きいです。 その点、モンキーターン4は電チューでの当たりは15個x10カウントの2R、ヘソでの当たりは10個x2カウントの2ラウンド。 15個x10カウントの2Rをいかに多く取るかがゲーム性の肝で、通常時潜伏時ともに電サポ獲得確率は同じ、、、 なので、とどのつまり リミットまでの回数が一番多い通常時が一番期待値は高いということになってしまいますね、、、 かといって、ボーダー程度の釘の台の通常時を狙っても、勝率激低&たいした値段にはならないでしょう。 いうことで、潜伏狙いはお手上げですね~ 残念。。。 10個x2カウントの2R。 甘トラックを彷彿とさせますよね~ しかしパカパカなら、発射のタイミングからしてシビアになりそうだな、、と思いつつ当たり。 左アタッカーの動きを見ていると、普通に開いていますね。 開いたのを確認して打ち出しても間に合う感じ、、、 で、強-強-弱の3発。。。 が、あっさり入る、、、 賞球10個とはいえ、1R18個が27個になったらエライことですからね~ トータルの出現率は、右と左とで半々くらいだろうから、これはどこまでボーダーを落とせるのか、、 と、一瞬テンションが上がりましたけど、冷静に計算すると、100%でオーバー入賞が決まったとしても、全然20も下回りませんね、、、潜伏の考えと同じで、右に玉が依存しているからですね。 左アタッカーは この通り釘もなく、西陣のゆるいハンドルでも、初見の今日あてずっぽうでひねっても7割くらい入ったから、惜しいですね~ ホントに惜しいです。 両方点灯:3回開放 M-M-M• 下が点灯:5回開放 SSSSS• 電チュー周りは 優秀ですね。。。 こんなのでも微減の時間帯があったりします。 まとめ そんな感じで、潜伏ダメ、介入はあるけど元スペックが辛すぎてダメ、と、ダメダメな評価となってしまいました。 西陣のモンキーは演出も微妙~ですよね~ 西陣&aaaは4作目にして冒険したんでしょうけど、変則としても66. 6-22. 2と中途半端だし、確変100%だからかゲーム性に深みは薄いし、どうも空回りした印象が強いですね。 実際、上の朝一ランプの画像の台は、前日の当たり回数が29回で、残り1回だったんですよ。 もちろん打ちませんでしたけど、夕方見たら、今日の当たりが20回ピッタリで捨てられていました。 20回で捨てた人は、朝一ランプの点灯を知らないから、リミットピッタリでヤメたつもりなんでしょうけど、66. 6を引いて残り9でヤメたことになるんですよね。 でも履歴を見ると、ずっと一粒の履歴になっていて、要はメリハリがないんですよね。 ということで、潜伏を抜きにしても期待が大きかっただけに、残念。 と言わざるを得ないですね~ 次に期待します。。。 c 河合克敏・小学館/モンキーターンプロジェクト, C NISHIJIN お疲れさまです。 モンキーターン使えない感じですかー。 タンクロウさんと違ってたいして思い入れはないものの残念ですねー。 MAXタイプの2で万発出たのと、連チャンタイプの3で5連しかしなかったというくらいですね。 しかも2連のノルマもあっさりクリアしてしまって、ハマった記憶も当たった記憶も曖昧という。 スロットの初代はものすごく流行ったと言うのは聞いた事だけはあります。 そしてヴヴヴで出た玉で分母稼いで終わりです。 まぁ、タンクロウさんと同じで日々の勝ち負けはあんまり気にしてないんですけど、昨日は演出の釣りが激しくてテンションが上下してしまいましたね……ヴヴヴ以外の台は激アツと呼ばれる演出全部外しました笑.

次の