キクラゲ 栄養。 生キクラゲの食べ方!含まれる栄養は?

キクラゲ

キクラゲ 栄養

きくらげのカロリーは、100グラムあたり167kcal。 データは、乾燥きくらげのカロリー。 木耳(きくらげ)は、より若干カロリーが高い。 【きくらげ(乾燥)の栄養(100g)】 ・糖質(13. 7グラム) ・食物繊維(57. 4グラム) ・たんぱく質(7. 9グラム) 乾燥きくらげに多く含まれる栄養素はビタミンD。 プルンとした食感とコリコリとした歯応えが特徴の生食できる数少ないキノコのきくらげは、多くの中華料理レシピに使用される食材。 相性の良い卵を組み合わせるスープ・炒め物・サラダといったキクラゲ料理のレシピが定番人気。 乾燥キクラゲを水に浸し戻しはカサが増す。 エネルギーkcal、エネルギーkJ 暫定値.

次の

きくらげ

キクラゲ 栄養

きくらげのダイエットに役立つ健康効果とは? 中華料理によく使われているきくらげですが、人の耳に形が似ていることから『 木耳』とも書くきくらげ科のきのこです。 もともとは長寿の妙薬と呼ばれ、僧侶や寺の住職さんがよく食べていたといわれています。 『 みみなば』とも呼ばれ、なば=きのこ、耳の形をしたきのこ、という意味なんですね。 100gあたりのカロリーは12kcalしかないため、とてもヘルシーな食材の1つです。 一般的には乾物として売られているものがほとんどですが、乾物なので保存も効き、使いたいときに使える便利な食材ですよね。 便秘改善に また、独特の食感がおいしい食材ですが、ダイエット効果が期待できる食材です。 きくらげには不溶性食物繊維が豊富で、水分を吸収し大きく膨らむのが特徴です。 そのため便秘改善効果が期待できます。 血糖値を気にされている方にもいいですよね。 ビタミンDが豊富でゴースト血管改善に きくらげは食材の中でもビタミンDの量がトップクラスです。 ビタミンDは骨を強くする効果も期待できるので、骨粗しょう症を気にされている方にもおすすめです。 のサイトによると、食品100g当たりのビタミンDの含有量を調べたデータでは水分が40%未満の食品の中で断トツの1位の含有量となっています。 成人の1日の目安量が5. 名医のTHE太鼓判では1日6g、6枚分が目安として紹介されました。 きくらげは製造の家庭で乾物にする際、十分に天日干しにしているのでビタミンDが特に豊富なんですね。 また、『 ゴースト血管』と呼ばれる血液が末端の毛細血管まで行き届かなくなり幽霊のように見えなくなる症状があります。 このゴースト血管は放置すると認知症や骨粗鬆症、脳梗塞などを引き起こすこともあると言われています。 ですがこのビタミンDが改善に効果的ということが言われています。 ちなみにビタミンDは乾燥きくらげを日光に30分程度当てるだけでも量を増やすことができますよ。 意識して摂りたい方は使う前に日に当ててみてください。 食べる目安とやり方 目安は1日乾燥のものを5gです。 5gは水で戻すと約35g程度になります。 おすすめのやり方は、 ・メニューに入れることができるときは意識して取り入れる。 ・食事の一番初めに食べる。 という点です。 ごはんなどの炭水化物を先に食べてしまうと、血糖値の上昇を招き余った糖が脂肪に変わってしまうので血糖値の上昇を抑えるという意味でも食事の初めのほうに食べるようにするとダイエット効果がアップします。 きくらげは食感もよく、食べ応えもあるので満腹感もアップさせることもできますよ。 続いてマロンさんが考案されたおすすめの活用レシピをご紹介します。 乾燥きくらげの戻し方 まず初めに乾燥きくらげを使う場合がほとんどですよね。 戻し方にポイントがあり、熱湯で戻してしまうと細胞壁が壊れて栄養素が失われてしまうので、注意してください。 マロンさんが番組でお勧めされていた方法は『 冷水』で戻す方法ですが、もっとおすすめなのが『 氷水』で戻す方法です。 これだとうまみがしっかりと残り、栄養素も残るので美味しくプリプリに戻りますよ。 やり方はとっても簡単で、ボウルにきくらげと氷水をひたひたの量入れ、冷蔵庫に入れておくだけです。 戻し時間の目安 戻し時間は6時間が目安です。 前日の夜に冷蔵庫に入れておくか、朝仕込んでおけば使いたいときに戻っているかと思います。 ちなみに熱湯で戻しても、氷水で戻しても実は戻る時間がほとんど変わらないんですよ。 戻したものは冷凍すれば約1カ月保存が可能です。 多めに戻しておけば、使いたいときにすぐに使えるので便利ですよね。 お湯で早く戻す方法 ただこの方法だと6時間かかってしまうので、もっと早く戻したい!という場合はお湯を使うと30分程度で戻すことができます。 お湯を使う際にはポイントがあり、砂糖と炭酸水を使うと氷水と同じように栄養を逃さずプリプリに戻すことができますよ。 詳しいやり方はこちらにまとめています。 また戻し汁もはちみつとレモンを加えてお茶風に楽しむことができるので、捨てないでくださいね。 レシピはこの後ご紹介しています。 チーズトースト では、続いて戻したきくらげを美味しく活用できるレシピをご紹介していきたいと思います。 1つ目は朝食にもおすすめな『 チーズトースト』です。 意外にも乳製品との相性がかなりいいんですよね。 かなりたっぷりチーズを乗せると非常に美味しいです。 私は1人の時のお昼ごはんにもよく食べていますが簡単でいいですよ。 食べるふりかけ 2つ目は『 食べるきくらげふりかけ』のレシピです。 おにぎりやパスタにも使える万能ふりかけなのですが、子供たちにも大好評! 我が家ではすっかり定番のメニューです。 常備菜として、作り置きしておくと便利ですよ。 干しエビを入れるのですがそれがまた香ばしく、本当に美味しいので是非試してみてほしいレシピの1つです。 きくらげチップス 3つ目は電子レンジで簡単に出来る『 チップス』です。 一度戻したきくらげをキッチンペーパーに乗せ、電子レンジでチンするだけでパリパリさくさく!?食感の美味しいおつまみになります。 きのこ類が苦手な夫も美味しい!といって食べることができたレシピで、私もおやつによくつまんでいます。 ゆかりをかけると最高に美味しいですよ。 きくらげ茶 捨ててしまうともったいない、戻し汁の活用におすすめなのが『 きくらげ茶』にする食べ方です。 乾燥きくらげに産地ではお湯を注いでそのまま飲むそうですが、マロンさん流にはちみつとレモンを加えておしゃれに仕上げていました。 小腹がすいたときやデザートにもなるお茶ですね。 ホットでも、アイスでも美味しいですよ。 スイーツ 戻したきくらげにきなこと黒蜜をかけるだけでもスイーツとして楽しむことができます。 きなこにもダイエット効果があるので、いい組み合わせではないでしょうか。 その他のレシピ その他の活用レシピはこちらにまとめています。 2019年6月現在今回ご紹介したもの以外で13品ほどあるので、色々と試してみてくださいね。 効果は? 今回番組ではタレントのリリコさんが10日間、旦那様の純烈のメンバー小田井さんと一緒に挑戦され、このような結果になりました。 リリコさん 体重 63. 6キロ(-2. 5㎝(-3. 85%) 内臓脂肪 50. 73%) 小田井さん 体重 96. 6キロ(-3. 3キロ) 腹囲 100. 92%) 期間中特に特別に運動などはされていないということです。 また、ゴースト血管はリリコさんは改善は見られず継続が必要ではないかということでした。 今回は10日間と期間も短かったのでこのような結果となったようですが3カ月続けると効果が期待できるということでした。 きくらげが好きな方にはいい方法ではないでしょうか。 是非試してみてくださいね。 おすすめ関連記事 その他にもダイエットに役立つレシピやエクササイズをご紹介しています。 是非併せてご覧ください。 こちらもおすすめです。

次の

きくらげ(乾燥)の栄養と食べ方!

キクラゲ 栄養

まずは、キクラゲとは? キクラゲ(木耳)は、キクラゲ目キクラゲ科キクラゲ属のキノコです。 学名は、Auricularia auricula-judaeで属名はラテン語の「耳介」に由来します。 種小名は「ユダの耳」。 ユダが首を吊ったニワトコの木からこのキクラゲが生えたという 伝承に基づいているそうです。 そのため、ヨーロッパではキノコとして食べられることは好まれていないとか。 日本語では、漢名「木耳」(ムーアル)の熟字訓できくらげと読みます。 これは木に生えるクラゲ(水母)のような食感の食材という意味からきているそうです。 キクラゲの特徴としては、 ほぼ無味無臭です。 形は不規則で、円盤状、耳状など様々な形をしています。 背面の一部で枯木に付着し、子実体はゼリー質でやや半透明、 背面は粗毛で白く、表面は暗褐色で滑らかです。 乾燥すると小さく縮み、湿ると元に戻る特徴もあります。 生の状態では脆く破れやすいが、火を通すと名前の通りクラゲを思わせる歯ごたえに変化します。 主に中国、日本、台湾、韓国などの東アジアで食べられています。 実は、キクラゲには、黒いキクラゲと白いキクラゲがあります。 一般的な黒い物が「キクラゲ」で、白い物は「シロクキラゲ」という別品種ですが、 どちらのこともキクラゲと呼んでいるそうです。 主に乾燥品が流通していますが、近年は鹿児島県沖永良部島産の 生のものが市場に流通しており、 乾燥したキクラゲを水で戻したものにくらべて弾力が強いそうです。 原木栽培と菌床栽培で比較的簡単に栽培できます。 キクラゲの収穫時期は、地域により異なりますが、 春から秋にかけての4月頃から10月頃までです。 美味しくいただける旬の時期は、6月から9月の夏です。 キクラゲに含まれる栄養成分とは? 乾燥キクラゲ100g中に含まれる栄養成分は・・・ 栄養成分 含有量(乾燥キクラゲ100g中) 食物繊維 不溶性73. 1g、水溶性6. 3g ビタミンB2 0. 44mg ビタミンD 128. 4mg 亜鉛 0. 8mg エネルギー 171kcal *参照・・・日本食品標準成分表2015年版(七訂) キクラゲの健康効果・効能は? 食物繊維 食物繊維は「不溶性」と「水溶性」の2種あり、 食べることで腸内環境を整える整腸効果が期待できます。 水溶性は、水に溶ける食物繊維で、食物が胃腸内をゆっくり移動するため お腹が空きにくくなり、食べ過ぎを予防、 また糖質の吸収をゆるやかにして血糖値の急上昇を抑えるため、 糖尿病や肥満の予防にもつながるといわれています。 不溶性は、水に溶けにくい食物繊維で、食べ過ぎの予防に効果的ということ、 食べると水分を吸収して膨らむ性質があり、 腸を動かすことで便秘の改善を促すといわれています。 ビタミンD ビタミンDはカルシウム・リンの吸収を促し、 骨や歯を丈夫にしてくれる大切な栄養成分です。 きのこ類、魚介類、卵などに含まれており、 積極的に摂取して「骨粗しょう症」を予防します。 また、ビタミンDは、免疫力を高め、がん予防にも効果があるといわれています。 ミネラル カルシウムや鉄、亜鉛などの栄養成分をまとめてミネラルといいます。 体の調子を整える大切な栄養素で、 食事をすることでその不足を補わないといけません。 生のキクラゲの選び方、保存方法は? 生のキクラゲを選ぶポイントは・・・ 出来るだけ肉厚なもの 表面にしっとりした艶があるもの 色が濃い物 を選びましょう。 大きさや縮れ具合は、気にしなくても栄養には影響しません。 生のキクラゲを保存する方法は・・・ 水気がつかないように、キッチンペーパーで包み、 ジップロックなどの保存する袋にいれて冷蔵庫でほぞんしましょう。 また、ジップロックに直に入れて空気を抜き、冷凍しても大丈夫だそうです。 Sponsored Link 最後に いかがでしょうか。 キクラゲの生が売られていることを知らなかった私は、 日本産のものがあることに驚きました。 自分がいつも買っているキクラゲは乾燥の輸入物。 今回、キクラゲに豊富な食物繊維、ビタミンDやミネラルがあることを知り、 明日からの料理チョイ足しアイテムとして・・・積極的に使ってみようと思います。 もしよければ、皆さんも・・・生のキクラゲがスーパーにないか、 確認してみましょう!.

次の