安奈淳。 ANNAの部屋

安奈淳スタイル

安奈淳

安奈淳さんの病気とは? 安奈淳さんは、2000年に膠原病であることを発表し、 長期療養していました。 その時の状況は 「足先から心臓まで水がたまり、呼吸が苦しくなって救急車で運ばれた」 ということで、 時は「声が出ず、手がふるえ、歩けない状態」だったそうです。 むくみが残り、 目の白内障が進むなどの薬の副作用も出ていたと言います。 膠原病は、自己免疫疾患なので、 炎症を抑えるために、 ステロイド剤を使いますから、 その副作用だと思われます。 高校時代の友達に、なぜか二人も膠原病の人がいましたが、 二人とも、投薬時には、まんまるな顔をしていました。 安奈淳さんは2カ月間の入院の後、 投薬治療やリハビリを続け、 1年8カ月休養。 2002年3月に、芸能活動に復帰しました。 その後、 医師と相談しながら、舞台などの仕事に継続されていたのですが、 2013年6月に、膠原病の症状が再発し、 緊急入院しました。 6月中旬には、一度退院したものの、 再び体調を崩して再び入院しました。 そのため2013年11月に出演予定だった舞台 「ピグマリオン」を降板するなど、 舞台出演などの 決まっていた仕事をすべてキャンセルして、 治療に専念する、ということでした。 2014年7月現在は仕事に復帰していて、 11月の、尼崎市でのライブなどを予定しているそうです。 php on line 5.

次の

ANNAの部屋

安奈淳

出典:難病患者から見た良い病院・悪い病院と一般的見分け方 私は潰瘍性大腸炎という難病にかかってしまいましたが、この難病も全身性エリテマトーデスと同様、自己免疫疾患の一つとされています。 慢性リュウマチも同じような病気で、発生場所が違うだけです。 この難病で私は8年間も苦しみ、医者も改善は難しいと見放していました。 でも、たまたま1年前にアーシングという本に出会いました。 それで、海岸の砂浜を歩いたり、砂浴をしたり、アーシングマットの上で仕事をするようになりました。 そうしたら、この難病が急速に改善し、 寛解状態までこぎつけたのです。 私は実践する中でアーシングと砂浴に確信をもちました。 それで、今年は難病申請も止めました。 詳しくは、上の画像をクリックしてください。 安奈淳さんとは? 出典:NTT東日本 安奈淳さんを自殺まで追い込んだ病は、 「全身性エリテマトーデス」です。 全身性エリテマトーデスは厚生労働省が指定する 難病で、 膠原病の一種です。 全身のさまざまな場所に、多彩な症状を引き起こします。 皮膚に出来る発疹が、狼に噛まれた痕のような赤い紅斑であることから、lupus erythematosus(ループスはラテン語で狼の意味。 エリテマトーデスは紅斑症を意味)と名付けられました。 発熱、全身倦怠感などの炎症を思わせる症状と、関節、皮膚、内臓などのさまざまな症状が一度に、あるいは次々に起こってきます。 免疫の異常が病気の成り立ちに重要な役割を果たしています。 膠原病は外部からのウィルスを攻撃する免疫の仕組みが自分の体を攻撃してしまう病気です。 膠原病の一種全身性エリテマトーデスの原因は不明ですが、誰でも掛かる可能性があります。 近年、患者数が右肩上がりに増加していて、 女性に多く男性の約10倍もあります。 体のどこにどんな症状が表れるか分からない、完治が難しい病気です。 22Lの尿が体に溜まり命の危険に! 安奈淳さんの身体に異変が起きたのは、17年前50歳になったときのことでした。 そのまま原因がわからないまま仕事を続行しました。 だが、仕事にも深刻な影響が・・・。 しかし、不安に駆られながらも病院へ行くことはなかったのです。 怖かったのです。 呼吸困難を引き起こした原因は尿でした。 体は尿が充満し、心臓や肺などの臓器を圧迫していたのです。 その尿の量はなんと22L! 医師が告げた死の確率は95%でした。 自分の尿によって生命の危機にさらされたのです。 尿を抜き出す処置を開始し、22Lの尿を3日間かけて抜き出しました。 60kgあった体重は38kgに! しかし、さらなる苦しみが安奈淳を襲ったのです。 薬の副作用で重度のうつ病・・・自殺未遂! 出典:medicil. jp 重度のうつ病になると、「自殺願望を抱きやすい」という特徴があります。 安奈淳さんはステロイド剤などの投薬で一命を取り止めましたが、恐ろしい副作用に苦しみました。 出口が見えない地獄の日々が1年半も続き、タカラジェンヌだったことも、歌すら忘れかけていたのです。 そして、この苦しみから逃れたい一心で、包丁を喉元に突きつけてしまったのです。 しかし、喉に痛みを感じた瞬間、安奈淳さんの脳裏にある音楽が鳴り響いたのです。 それは自分が光輝いていた頃の思い出の曲、愛した歌宝塚だったのです。 そして今、 歌うことでうつ病を克服したのです。 安奈淳さんの現在は? 安奈淳さんは 完治が難しい難病、全身性エリテマトーデスの病と向き合い、凄絶な闘病生活に打ち克ち見ごとに舞台復帰を果たしました。 そして、膠原病と闘い生まれ変わったのです。 Chrismas an Eveningの公演はおわりましたが、来年度はNew Year Concertが開催されます。 新しい年の訪れを佳人たちとともに祝い、春の予感がする詩を歌い上げます。

次の

安奈淳自殺未遂の膠原病「全身性エリテマトーデス」もアーシングしていたら?

安奈淳

日本がアジア、いや世界に誇るグローバルエンタテインメントとして、類のない「タカラヅカ」。 その礎とも言うべき「ベルサイユのばら」で一世を風靡し、今も歌うことに命を捧げる歌手、安奈淳。 そのライブを観たあなたは、必ずやその凄さに震えるしかないだろう。 彼女が、その想いを綴った新刊書籍『安奈淳スタイル』は芸能生活 55年を記念して、A PEOPLEから発刊されることになりました! 本のコンセプトは以下の通りです。 いつも変わらない。 いまも変えない。 無駄なものをすべてそぎ落として…そこに「私」が生きている。 「私、安奈淳」、その日常から芸の真実までこの1冊に刻む。 2019年12月、ヤマハホールで開かれた、芸能生活55周年記念リサイタル。 宝塚時代の、そして、シャンソンの名曲の数々を熱唱し、ピアノの弾語りでも観客を圧倒的な感動に包み込んだ。 ミステリアスに輝く安奈淳の新章が始まった。 本書「安奈淳スタイル」は新章の開幕を告げる、 まだ誰も知らない「安奈淳の姿」 カバーはアーティスティックなデザインで、読み応えも十分。 ぜひ、ご注目ください! 「安奈淳スタイル」• 著者/安奈淳(表紙題字、絵も)• 2020年4月7日 一般発売 (書店・アマゾンにて注文受付)• ハードカバー(300P弱)• 発行/A PEOPLE株式会社• 発売/ライスプレス株式会社• 書籍ISBN/ISBN978-4-909792-11-2 本の内容• はじめに• 第一章 生きるということ• 第二章 時代をみつめて• 第三章 生命• 第四章 日常の中で• 第五章 幼少期のおはなし• 第六章 宝塚へ• 第七章 洋楽との出会い• 第八章 鴨川清作先生 その一• 第九章 鴨川清作先生 その二• 第十章 「ベルサイユのばら」• 第十一章 退団の日まで• 第十二章 振付師 パディ・ストーン• 第十三章 忘れ得ぬ振付の先生たち• 第十四章 モノクロのフランス映画• 第十五章 束の間の結婚生活• 第十六章 東宝の想い出• 第十七章 深緑夏代先生 その一• 第十八章 深緑夏代先生 その二• 第十九章 ジャック・ブレル様 その一• 第二十章 ジャック・ブレル様 その二• 第二十一章 映画「ベルサイユのばら」• 第二十二章 映画の話• 第二十三章 私の生活• 第二十四章 シルバーグレーヘアのこと• 第二十五章 五十五周年の記念コンサート…。 絵を描くということ• 宝塚時代 全出演舞台作品記録• 安奈淳リサイタル• 舞台…素晴らしき生き様 三國連太郎対談• さいごに 「安奈淳スタイル」発刊にあたり 音楽プロデューサー 高橋正人 著者略歴 安奈淳(あんな じゅん) 昭和22年7月29日大阪府箕面市に生まれる。 本名は富岡美樹。 愛称は「ミキちゃん」「オトミ」昭和40年に宝塚歌劇団に入団、 雪組を経て星組に移籍後、鳳蘭とのコンビが大いに注目された。 昭和50年花組の主演男役となり、「ベルサイユのばら」のオスカルを演じ日本中が熱狂、大ブームを巻き起こす。 昭和53年、「風と共に去りぬ」で退団。 その後は「南太平洋」「王様と私」 「サウンド・オブ・ミュージック」など大作に主演する。 2000年に膠原病に倒れるも、長い療養を経て奇跡のカムバックを果たす。 現在はシャンソン・ジャズなど日本のポピュラー音楽界になくてはならない歌手として活躍している。

次の