ディズニー ピクサー 違い。 説明できる?「ディズニー」と「ピクサー」の違い

ピクサーとディズニーの関係とは?長編映画とショート・フィルム一覧

ディズニー ピクサー 違い

ピクサーはディズニーの子会社 出典: まずはピクサーとディズニーの関係からご説明いたします。 ウォルト・ディズニー・カンパニーの傘下には、下記4つの主要事業部があります。 例として、2019年に公開された6本のディズニー映画はそれぞれどの部門が制作したのか確認してみましょう。 日本の公開日 映画タイトル 部門 2019年3月29日 ダンボ(実写) ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ 2019年6月7日 アラジン(実写) ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ 2019年7月12日 トイ・ストーリー4 ピクサー・アニメーション・スタジオ 2019年8月9日 ライオン・キング(フルCG) ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ 2019年10月18日 マレフィセント2 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ 2019年11月22日 アナと雪の女王2 ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ これらの作品は、大きなくくりではすべてディズニー映画といえますが、制作しているのは「ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ」が4本、「ピクサー・アニメーション・スタジオ」が1本、「ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ」が1本という内訳になります。 「ピクサー・アニメーション・スタジオ」は1年に1~2作品ペースで新作を公開しており、2019年は『トイ・ストーリー4』を公開して大きな話題となりました。 スティーブ・ジョブズはピクサー創設者のひとり ピクサーの始まりは40年前にさかのぼります。 1979年、ジョージ・ルーカス監督の映画を制作する会社「ルーカスフィルム」はCGアニメーション部門を創設しました。 当初は高速で3D画像を処理できるCG制作専用のコンピュータ「ピクサー・イメージ・コンピュータ(PIC)」を開発したり、PICの性能を伝えるための短編アニメーション映画を制作することが中心でした。 この頃に制作された『アンドレとウォーリーB. の冒険』や『ルクソーJr. 』などの短編映画は、ピクサーアニメーションの原点といえます。 というのも、『ルクソーJr. 』の監督ジョン・ラセターは、のちに『トイ・ストーリー』や『カーズ』で監督を務めることになるのです。 』は電気スタンドの親子がボール遊びをするストーリー。 このキャラクターはピクサー作品のオープニングとエンディングのロゴにも登場しています。 出典: 1986年、業績が悪化していたルーカスフィルムのCGアニメーション部門をスティーブ・ジョブズらが1000万ドル(8. 5億円)で買収し、独立した制作会社を立ち上げました。 「ピクサー・アニメーション・スタジオ」が誕生した瞬間です。 スティーブ・ジョブズといえばApple社の創業者ですが、当時はApple社を追い出されて新会社NeXTを立ち上げたタイミングでした(後にApple社に復帰しています)。 しかし、PICの事業が思うようにいかず赤字続きとなっていたため、1990年にはPICを制作する部門を売却し、ピクサーはアニメーション制作がメインの会社となりました。 ディズニーが配給会社となり『トイ・ストーリー』が誕生 1991年、ピクサーはディズニーと契約を結び、世界初となるフルCG長編アニメーション映画の製作を始めます。 みなさんご存知の通り『トイ・ストーリー』は世界的に大ヒットし、監督のジョン・ラセターはアカデミー特別業績賞を受賞しました。 出典: 以降、ピクサーで制作された作品はすべてディズニーが配給しています。 2000年代に入ると契約内容(作品の著作権や配給料など)の問題で両社の関係が悪化し、ピクサーが「他の配給会社を探す」と発表する事態にまでなりましたが、この問題はディズニーの当時のCEOが退任したことで流れが変わります。 そして2006年、ディズニーがピクサーを買収して完全子会社となり、ピクサーのスタッフはディズニーの役員に就任することになりました。 この時スティーブ・ジョブズは「革新的な物語やキャラクター、映画を作って、世界何百万人もの人々を楽しませるという本来の目的に、ようやく集中できる」と語っています。 () 以降、ピクサーは『レミーのおいしいレストラン』『カールじいさんの空飛ぶ家』『インサイド・ヘッド』などの新作や、ヒット作の続編となる『トイ・ストーリー3』や『モンスターズ・ユニバーシティ』などを公開していきました。 ピクサー映画一覧 ここからは、今まで公開されたピクサー映画を振り返ってみましょう。 ピクサーが制作した長編映画は、1995年の『トイ・ストーリー』から2019年の『トイ・ストーリー4』まで 21作品が公開されてきました。 また、ピクサー映画といえばショート・フィルム(短編映画)と同時放映されることでお馴染みですよね。 ショート・フィルムは劇場公開された作品以外にもたくさん制作されており、その数は 70作品を超えているんですよ。 この項目では、そんなピクサー制作の長編映画とショート・フィルムを一覧でご紹介します。 2003 ファインディング・ニモ Finding Nemo 2004 Mr. 例えば『トイ・ストーリー』シリーズは1作目が公開されてから22年の間に3回も続編が作られていますが、公開されるたびに前作の興行収入を超えており、『トイ・ストーリー4』も前作の観客動員数を上回ったことがわかっています。 ショート・フィルム 初期作品 出典: 公開年 タイトル 解説 1984 アンドレとウォーリーB. の冒険 ピクサー創設前(ルーカスフィルム時代)の作品だが、ピクサー・ショート・フィルムの第1作に位置付けられている 1986 ルクソーJr. の冒険』にアニメーターとして参加しています。 初監督作品は『ルクソーJr. 』で、『レッズ・ドリーム』『ティン・トイ』でもラセターが監督を務めています。 アカデミー賞にノミネートされた作品もあり、2001年公開の『フォー・ザ・バース』と2016年公開の『ひな鳥の冒険』ではアカデミー短編アニメ賞を受賞しました。 『トイ・ストーリー』シリーズの短編作品 出典: 公開年 タイトル 解説 2011 ハワイアン・バケーション 『トイ・ストーリー』シリーズ初の短編作品 ニセものバズがやって来た 日本では2012年『メリダとおそろしの森』と同時上映 2012 レックスはお風呂の王様 2012年『ファインディング・ニモ 3D』と同時上映 2013 トイ・ストーリー・オブ・テラー! 『モンスターズ・インク』のスピンオフ作品 2005 ジャック・ジャック・アタック! 『Mr. インクレディブル』のスピンオフ作品 2007 ユア・フレンド・ザ・ラット 『レミーとおいしいレストラン』のスピンオフ作品 2008 バーニー 『ウォーリー』のスピンオフ作品 2009 ダグの特別な1日 『カールじいさんの空飛ぶ家』のスピンオフ作品 2012 モルデューの伝説 『メリダと恐ろしの森』のDVD・Blu-rayに特典映像として収録 2015 ライリーの初デート? 『インサイド・ヘッド』のスピンオフ作品 2018 ジャック・ジャックとエドナおばたん 『Mr. ゲストはバズ率いるスペースレンジャーの一員となり、アストロブラスター(光線銃)を使ってロボットや秘密兵器などのターゲットを狙います。 他にもリトル・グリーンメンや悪の帝王ザーグも登場しますよ。 こちらは ファストパス対応アトラクションです。 また、 2020年4月14日まではハッピー15エントリーにも対応しています。 アトラクションの外観やQラインは映画に登場する会社をモデルに作られているんですよ。 ラストシーンでは派遣部の責任者であるロズからゲストへのメッセージがあるので聞き逃さないでくださいね。 こちらのアトラクションも ファストパスに対応しています。 【3】イッツ・ア・スモールワールド 出典: 東京ディズニーランドの開園当初からある人気アトラクションです。 2018年にリニューアルされ、ディズニーキャラクターの人形が約40体加わりました。 ピクサー映画からは『ファインディング・ニモ』と『メリダとおそろしの森』のキャラクターが登場しているので探してみてくださいね。 東京ディズニーシー 【1】トイ・ストーリー・マニア! 出典: 東京ディズニーシーを代表する大人気アトラクションです。 『トイ・ストーリー』シリーズのキャラクター達と一緒にシューティングゲームを楽しめます。 アトラクションのオープンを機に、アメリカンウォーターフロントに「トイビル・トロリーパーク」というエリアも誕生しました。 こちらは ファストパス対応アトラクションです。 また、 ハッピー15エントリー対応アトラクションでもあります。 【2】タートル・トーク 出典: 『ファインディング・ニモ』『ファインディング・ドリー』に登場するウミガメのクラッシュとお話できる参加型アトラクションです。 シアターの前列はキッズエリアとなっているので、小さなお子様も楽しめますよ。 臨機応変におもしろい回答をしてくれるクラッシュにぜひ会いに行ってみてください。 【3】ニモ&フレンズ・シーライダー 出典: こちらも『ファインディング・ニモ』『ファインディング・ドリー』の世界観を楽しめるアトラクションです。 ゲストは魚サイズに縮む潜水艦「シーライダー」に乗り込み、ニモやドリー達と一緒に広い海を冒険します。 こちらのアトラクションはストーリーが複数のパターンで構成されているので、乗るたびに異なる展開が待っていますよ。 フロートのデザインや構成のリニューアルを繰り返しながら現在まで公演を続けています。 ピクサー映画からは『トイ・ストーリー』のキャラクターのみ登場します。 歌、ダンス、アクションなどが盛りだくさんの西部劇風のショーを楽しめます。 スペシャルプログラム(2018年~2020年) 東京ディズニーシーでは、2020年1月10日~3月19日まで「ピクサー・プレイタイム」というスペシャルプログラムが開催されました。 タイトル通りピクサー映画のキャラクターが主役のイベントで、開催期間中はパーク内がカラフルにデコレーションされ、ゲームコーナーや体験型フォトロケーションも登場しました。 また、ピクサー映画のキャラクターが出演するエンターテイメントプログラムも大好評でした。 エンターテイメントプログラム 出演キャラクター 映画タイトル キャラクター名 ピクサー・プレイタイム・パルズ 『トイ・ストーリー』シリーズ ウッディ、バズ・ライトイヤー、ジェシー、ブルズアイ 『モンスターズ・インク』 サリー、マイク 『Mr. インクレディブル』シリーズ Mr. インクレディブル、Mrs. まとめ もともとディズニーとは別会社だった「ピクサー・アニメーション・スタジオ」ですが、『トイ・ストーリー』の公開を皮切りにディズニーを代表する作品やキャラクターをたくさん生み出してきました。 2020年も新作の公開が控えています。 8月21日に『 2分の1の魔法(原題:Onward)』、12月11日に『 ソウルフル・ワールド(原題:Soul)』という作品の公開が予定されています。 もちろんパーク情報も見逃せません! 2021年には 『トイ・ストーリー』シリーズをテーマとした新しいディズニーホテルのオープンが決まっています。

次の

歴代ディズニー映画の歴史を一覧にして順番に振り返ります。【アニメ・ピクサー・ 実写】|MOV

ディズニー ピクサー 違い

Disney DELUXE(ディズニーデラックス)が提供するディズニー公式動画配信サービスです。 ディズニー、ピクサー、マーベル、スターウォーズのアニメや実写映画の新作・不朽の名作をはじめ、オリジナル番組などが見放題です。 テレビ、スマホ、タブレット、PCなどマルチデバイスで最大5台までご登録が可能です。 またダウンロード機能にも対応で、お気に入りの作品をダウンロードして、外出中も通信料を気にせずいつでもどこでも好きなときに楽しめます。 ) Disney THEATERがディズニープラスに? Disney THEATERも、 ディズニープラスも 動画配信サービスです。 つまりほぼ 同じサービスです。 そこで、2020年6月11日からDisney THEATERは ディズニープラスに統合(移行)されることになります。 ディズニープラスになることによって、オリジナル作品も今後期待できますね。 ディズニーデラックスはどうなるの? 2020年6月11日以降ディズニープラスに動画配信サービスが集約されることで、 ディズニーデラックスのサービスはどうなるのか気になるところです。 結論から言うと、 継続されます。 動画配信サービスがディズニープラスに集約されるものの、ディズニーデラックスはそのまま継続されます。 サービスの提供イメージとしては以下のような感じになるようです。 ディズニープラスの申込方法は? ディズニーデラックス会員の場合 ディズニーデラックス会員は 契約変更 など 不要でそのままディズニープラスを利用できるようになります。 ディズニープラスを新規申込の場合 ディズニープラスを新規で申込するユーザーは、より申込できます。 ディズニープラスを契約するうえで、ディズニーデラックス同様に、 ディズニーアカウントと ドコモのdアカウントの取得が必要となります。 とはいえ、ドコモスマホじゃないといけない、というわけではありません。 誰でも dアカウントを 無料で作れます。 ドコモユーザーでない場合 ドコモユーザーでない場合は、dアカウントを作成して申込ます。 既にdアカウントを取得している場合はdアカウントを入力して手続きを進めます。 ドコモユーザーの場合 ドコモユーザーはドコモの 携帯番号と ネットワーク暗証番号を入力して手続きを進めます。 ディズニープラスの配信作品は? ディズニーの公式アナウンスによれば、「 トイ・ストーリー4」や超実写版「 ライオン・キング」 ディズニープラスオリジナルコンテンツでディズニー名作アニメーションの実写化「 わんわん物語」や大人気シリーズ最新作「 ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル」 「トイ・ストーリー」シリーズの人気キャラクターの短編「 フォーキーのコレって何?」や「 ボー・ピープはどこに?」 「スター・ウォーズ」の大人気アニメーション・シリーズ最新作「 スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ/ファイナル・シーズン」を予定しているようです。 他にもピクサーやディズニーの 短編アニメーション群やディズニーのテーマパークや映画などの様々な 舞台裏を追うドキュメンタリー、ナショナルジオグラフィックからもSVOD初登場となる「フリーソロ」などのドキュメンタリーも多数登場し、随時新しいコンテンツが追加されていきます。 もちろんディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズの人気作品の数々も楽しめます。 20世紀スタジオ作品も 2019年にディズニー傘下に入った 20世紀スタジオ(旧20世紀フォックス)の「 アバター」、「 シザーハンズ」、「 ナイト ミュージアム2」、「 ザ・シンプソンズ MOVIE」、そして定額制動画配信サービス初登場となる「 ザ・シンプソンズ」のアニメーション・シリーズといった親子で楽しめる作品も配信予定されいるようです。 ) ディズニープラスのまとめ ディズニープラスは、ディズニー、ピクサー、マーベル、スターウォーズ、ナショナルジオグラフィックの映画、アニメなどが見放題の動画配信サービスです。 月額700円でディズニーの人気作品や、オリジナル作品楽しめるサービスですので、ディズニーファンのみならず、期待できるサービスといえますね。

次の

【比較】ディズニーランドとシーを9つの項目で比べてみた!違いは?どっちがおすすめ?

ディズニー ピクサー 違い

ファンタジアのミッキー まずは、ディズニーランド・シーのコンセプトを比較してみましょう。 ディズニーランドは映画がコンセプト ディズニーランドは、ファンタジー・夢・魔法の世界をテーマとしているパークです。 ディズニー映画がコンセプトとなり、ディズニーキャラクターを前面に出したアトラクションや、かわいらしい施設が多いといった特徴があります。 ディズニーランドパークは8つのエリアにわかれています。 各エリアでテーマやコンセプトが異なるので、建物の雰囲気や音楽だけでなく植えられている木や草花も異なるので注意して見てみてくださいね。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ディズニーシーは冒険やロマンスをイメージ 一方で、ディズニーシーは、名前のとおり海にまつわる物語や伝説などを題材にしたパークです。 冒険やロマンス、発見の楽しさにあふれた世界をイメージしています。 7つの海をテーマにとエリアがわかれているのが特徴です。 まるで海外にいるかのような異国情緒あふれるエリアや未来のテーマポートなど、それぞれ違った雰囲気を楽しめます。 ディズニーランドはシンデレラ城中心&平坦 ディズニーランドは、シンデレラ城を中心にぐるりと円を描くようにエリアがわかれています。 各エリアへの移動は歩いて10分ほどで、あまり苦にならず歩くことができますよ。 また、平坦な道が多く、坂道や階段などは少ないです。 なので、お子供が歩くのも特に心配がないと思います。 ディズニーシーはバーバー中心&坂道・階段多い ディズニーシーは、中心にハーバーがあり、パーク全体が水に囲まれたような造りが特徴です。 パーク内にハーバーがある分、エリア間の移動に少し時間がかかります。 さらに、ディズニーランドに比べると圧倒的に坂道や階段が多く、車イスやベビーカーでの移動は少し大変です。 階段がある場所にはスロープも設置されているますが、遠回りをする必要があります。 歩いての移動がちょっと大変なぶん、移動手段として ・ ・ などを使うと便利ですよ。 アトラクションも体験できて移動もできるなんて一石二鳥! ディズニーシーは、それぞれのエリアが遠いため無駄に移動して疲れないためにも計画的を立てて行動しましょう。 絶叫系が多いのはディズニーシー 東京ディズニーリゾート内で一番怖いと言われている「」をはじめとする絶叫系アトラクションが多いのはディズニーシーです。 タワー・オブ・テラー以外にも、 ・360度回転する「」 ・急降下がスリル満点「」 など、ディズニーランドに比べると、身長制限が高いアトラクションが多くあります。 なお、どちらのパークもアトラクションは、基本的に年齢制限はないので、身長制限さえ基準値を超えれば利用は可能ですよ。 キャラクターに会うならディズニーランド また、ディズニーキャラクターを身近に感じられるアトラクションはディズニーランドの方が多いと思います。 小さなお子さんは、ディズニーランドであればファンタジーランドやトゥーンタウン、ディズニーシーはマーメイドラグーンやアラビアンコーストがおすすめですよ。 ディズニーランドはパレード中心 ディズニーランドには、シンデレラ城を囲むように「パレードルート」というものが存在します。 お昼や夜のレギュラーのパレードや、スペシャルイベント中の期間限定パレードは、このパレードルートをとおります。 なお、パレードによってはシンデレラ城前がメインステージになる場合もあります。 ディズニーシーはショー中心 ディズニーシーは、パレードというよりも「」で行われるショーが中心です。 ショーの内容により異なりますが、ディズニーの人気キャラクターたちが船に乗って登場します。 そして、ピアッツァ・トポリーノ(通称ミッキー広場)やリドアイル、ザンビーニ前のステージに上陸してくれるものもありますよ。 ディズニーには、「グリーティング施設」という、並べば必ずディズニーのキャラクターたちと会えたり写真を撮ったりふれ合ったりする施設があります。 ショーやパレードではディズニーキャラクターたちとの距離が遠く感じてしまいますが、グリーティング施設では直接ふれ合えます。 ディズニーランドのグリーティング施設 ディズニーランドは、次の2つのグリーティング施設があります。 キャラクターや日にちによって会える時間が異なるので、スケジュールを確認してくださいね。 ただ、パークの指定された場所で行われる「整列グリーティング」というものもあります。 グリーティング施設と異なり、開催される時間が短いため、定員に達するとラインカット(列にならべなくなる)のおそれがあるので早めに並びましょう。 他にも、会えるキャラクターや時間、場所は決まっておらず突発的に行われる「フリーグリーティング」というものもありますよ。 ディズニーランドとディズニーシーどちらでも会えるキャラクターと、どちらかのパークでしか会えないキャラクターがいます。 アトラクションやグリーティング施設、ショーパレードに出演するキャラクター以外は、フリーグリーティングでの登場です。 ディズニーランドやシーに行ったからといって、必ずしもお目当てのキャラクターに会えるとは限らないのです。 なお、フリーグリーティングしか出てこないキャラクターに会えるかは運次第です。 ディズニーランドのみで会えるキャラクター ディズニーランドのみ会うことができるキャラクターは、ジャスミンやアリエル以外の主なディズニープリンセスです。 ・ ディズニーシーのみで会えるキャラクター ディズニーシーだけで会えるキャラクターは、ダッフィーやシェリーメイをはじめとする「ダッフィー&フレンズ」です。 ディズニーランドとシーのレストランの決定的な違いは、「アルコールの提供の有無」です。 ディズニーランドではお酒の提供はありませんが、ディズニーシーではお酒が提供されています。 どちらも、(事前予約)に対応しているレストランがいくつかあります。 食べ放題(ビュッフェ)のレストランは、ディズニーランドにのみ1店舗あります。 ディズニーランドのレストラン ディズニーランドにあるレストランおよびフードワゴンの数は、48店舗です(2020年4月現在)。 ディズニーランドには、「」というパーク内唯一のビュッフェレストランがあります。 ディズニーシーのレストラン ディズニーシーにあるレストランおよびフードワゴンの数は38店舗で、ディズニーランドより少なめです(2020年4月現在)。 お酒は、ディズニーシーの各レストランやワゴンで販売されています。 「」は雰囲気も良く、生ビールやカクテルなどお酒の種類も多いのでおすすめです。 ディズニーランド・シーともに、パーク名前が付いた東京ディズニーリゾート直営のホテルがあります。 ディズニーランドのホテル ディズニーランドにあるホテルは、エントランス正面に建てられた「東京ディズニーランドホテル」です。 ディズニーリゾート内を走るディズニーリゾートラインの東京ディズニーランド・ステーションを降りてすぐのところに位置していますよ。 ヴィクトリア朝様式と呼ばれる建築スタイルが取り入れられているホテルです。 ・ ディズニーシーのホテル ディズニーシーにあるホテルは、「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」です。 パーク内のホテルなので、チケットがなくても、一部のお部屋からはディズニーシーのハーバーショーを観ることができます。 ・ 開園前の早朝や閉園後は、新しいショーのリハーサルを行っていることもあるので観られたらラッキーですね。 ・ なお、「東京ディズニーランドホテル」「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」どちらのホテルも、一般のゲストよりも先にパーク内に入園できる「」をはじめとした、さまざまな宿泊特典が付いています。 ディズニーへ行くことは決めたものの、どちらのパークに行ったら良いのか悩んでしまうこともありますよね。 ディズニーランド・シーどっちのパークが良いかはもちろん個人の好み次第です。 でも、一緒に行く方や遊び方など、パターンに合わせてパークを選ぶ基準をご紹介します。 ディズニーキャラクターがたくさん登場するショー・パレードや、小さな子供向けのアトラクションが多くあるためです。 特に、「」は小さな子供連れのご家族に人気のエリアです。 また、ディズニーランドはディズニーシーに比べて坂道や狭い道がほとんどないため、ベビーカーの移動や車イスを使う場合も楽ですよ。 ディズニーシーではお酒も楽しめるので、大人のデートにピッタリですよ。 ・ 外国に来たかのような街並みを見て歩いたり、ロマンチックな気分を味わえる「」などは、ぜひディズニーデートで利用してもらいたいアトラクションです。 ディズニーランドよりも、ディズニーシーの方がグリーティング施設や整列グリーティングが多いためです。 ただし、女の子に大人気のディズニープリンセス(アリエルやジャスミンを除く)はディズニーランドにしか出てきませんので、注意してくださいね。 キャラクターとのグリーティングでは、そのエリアだけでしか会えないキャラクターや、かわいいコスチュームにも注目しましょう。 ディズニーランドは37個、ディズニーシーには29個のアトラクションがあり、多くのアトラクションを楽しめるからです。 ただし、絶叫系が好きな方は「」や「」などがある「ディズニーシー」をおすすめします。 絶対乗りたいアトラクションがあるパークを基準に選ぶと良いかもしれませんね。 ディズニーシーは、2012年の登場以来連日大行列の「」や、2017年に登場した「」、2019年オープンの「」を目当てに来園するゲストが多くいます。 一方で、ディズニーランドは2018年より「」がリニューアルオープンしています。 赤ちゃんを抱っこしたままでも利用できるアトラクションなので、どの年代でも楽しめるアトラクションですよ。 まとめ.

次の