アイスボーン 武器使用率。 モンハンワールド アイスボーン(MHWI) 人気武器ランキング投票|みんなのおすすめ最強武器は?

【MHWアイスボーン】新防具で大剣装備が更新!達人芸・抜刀・火力の新環境装備が完成

アイスボーン 武器使用率

モンスターハンターワールドでよく使用されている武器の種類の人気ランキングについてです。 調査方法 モンスターハンターワールドで、ある程度やりこんだプレイヤーを対象ということで、HR70以上のハンターから、武器の使用率を調査しました。 2018年11月の調査結果 前回の調査(2018年7月)から、歴戦王モンスターの数種類追加、ベヒーモス追加などがあったため、再度使用率の調査を行いました。 近接武器の中では太刀と大剣が人気で逆に操虫棍は不人気で、片手剣、狩猟笛、ランスの使用率が低いのは国内と共通しています。 2018年7月の調査結果 前回の調査(2018年4月)から、マム・タロト、ナナ・テスカトリの追加、歴戦王2種類(キリン、ヴァルハザク 、コラボ武具の数種類の追加があったので、再度使用率の調査を行いました。 そして、双剣とライトボウガンが大きく使用率を上げて使用率上位に入っていました。 要因としては、ナナ素材の武器や、マムタロトで入手できる武器の性能の高さが要因になっていると思います。 前回の1位人気だった太刀は使用率がだいぶ下がりました。 その他では、ガンランスの使用率が前回の調査に比べるとアップしました。 片手剣、狩猟笛、操虫棍、ハンマーなどは前回の調査に引き続き不人気でした。 まず弓は相変わらず人気が高く最も使用率が高い結果となりました。 太刀は使用率は高めですあ、前回の調査と比べるとだいぶ下がった結果となりました。 それ以外では海外勢の間でもライトボウガンの使用率が上がっています。 操虫棍の使用率は前回と比べるとアップしました。 片手剣、狩猟笛の不人気さは国内と共通しています。 弓は相変わらず人気は高いですが、海外ではやや使用率の減少をみせています。 共通してチャージアックスの使用率がやや減少しているのは榴弾ビンが弱体化されたことにより妥当な推移といえます。 それ以外では双剣は弱体化はされていませんが、あまり変化がないためか?使用率の減少を見せていて、ランスの使用率がやや上昇しています。 本作での不人気武器である片手剣や操虫棍、狩猟笛の使用率に関しては相変わらず低くあまり改善はされていないようです。 なお、今回の調査では、国内のプレイヤーと海外のプレイヤーのそれぞれで調査を行いました。 近接では太刀が、遠隔武器では弓を使用しているプレイヤーが全体で見ると最も多いと言ってよいでしょう。 それ以外では、共通して人気な武器種類として双剣、チャージアックス、大剣が近接武器の中では人気武器となっています。 逆に共通で使用率が低い武器としては、狩猟笛、片手剣、ヘビィボウガンなどが挙げられます。 本作で過去作と比較するとかなり使われるようになっている武器は「弓」と言えるでしょう。 近接武器では「チャージアックス」の人気がかなり高くなってよく使われるようになっています。 逆に使われなくなった武器はというと、操虫棍の人気は下がっているのが印象的です。 乗り攻防に時間がかかったり、環境を利用してモンスターの動きを封じたり乗りの重要性が薄れているから?などが原因としてあるのではないかと思われます。 ベータテストで人気があった武器の種類ランキング 発売前のベータテストの段階で、モンスターハンターワールドの公式Twitterで、ベータテスト後に行われたWEBアンケートで「どの武器を使用しましたか?」という質問の回答率が公表されていて、結果は以下の通りとなっていました。 順位 武器の種類 1 太刀 2 大剣 3 双剣 4 弓 5 チャージアックス、ヘビィボウガン 7 操虫棍 8 スラッシュアックス 9 ハンマー 10 ガンランス 11 ライトボウガン 12 片手剣 13 ランス 14 狩猟笛 考察 考察としては、まずはこのアンケートの対象が初心者から上級者まで幅広く取られたアンケートであるため、上級者に人気がある武器ということとは違います。 また、あくまでベータテストの内容なので、製品版とは異なりますのでその上での考察となります。 まず全体での人気の1位は「太刀」という結果になりました。 最近の作品では、初心者も含めた全体では、総合的に見ると「大剣」が1位のパターンが多かったのですが、大剣よりも太刀が人気なのは最近の作品では珍しいです。 とはいえ、2位には大剣、3位には双剣がランクインしていて、このあたりの近接武器は人気の常連になっています。 注目すべきは、4位が弓、ヘビィボウガンが5位に入っていることで、遠隔武器の人気は(特に初心者の間では)低い事が多いのですが、モンスターハンターワールドでは大幅に順位が上がっていて、特にヘビィボウガンは順位が上がっています。 ヘビィボウガン人気に対してライトボウガンは低めです。 ネットでの感想を見ていても、「遠隔武器が楽しい」という感想が多く見られたので、本作では遠隔武器の人気が上がっているようです。 その他の武器では、チャージアックス、ハンマーの人気が最近の作品と比べると高めとなっています。 特にチャージアックスは操虫棍よりも使用率が高くなっています。 片手剣は使用率が低めでしたが、片手剣はもともと麻痺などのサポート目的で使用されることが多く、ベータテストでは毒片手剣だったのも理由になっているかもしれません。 不人気武器としては、ランスと狩猟笛が使用率が低いのは最近の作品とあまり変化がありません。 あくまでベータテストの結果なのですが、どの武器の種類を使うか迷っている方に参考になれば幸いです。

次の

【MHW】アイスボーンの武器使用率について考える【狩猟笛がついに人気に・MHWI】

アイスボーン 武器使用率

アルバ登場から3日経ち、野良マルチがどんな状況なのか見てきました。 簡潔にいうと、初日の野良マルチのクリア率はかなり良かったんだなという状況。 初日は救難出すと、揃う属性がバラバラで手探り状態だったけど、エスカトンジャッジメントの弱体化できるし、ネコの保険飯が無駄になるほどクリア率がよかった。 それからさらに時間が経った3日後は、アルバの攻略情報が出回って、クリアが当たり前くらいになっているかと思って、救難を出すと失敗連続。 エスカトンジャッジメントは問題無く、アルバの通常攻撃で倒れるハンターさんが多い状態でした。 粉塵だけでは足りず、広域装備を準備する必要があるのではと思うほどの状態でした。 初日は足並み揃えるハンターさんが当たり前だったのに、今だと単身エリアに突っ込んでいくハンターさんが多い。 キャンプで待って、だいたい同時にエリア入りしていた初日が懐かしい… キャンプでハジケ結晶を取らずに単身突っ込むハンターさんが、一番早くキャンプに戻ってしまう現象はよく見られたので、どうやら特別任務を運良く突破してしまったハンターさんが多いように感じた。 なので、アルバの仕様もまだよく理解していないようで、爆破武器や属性強化無しのライトボウガンが多かった。 特にライトボウガンの死亡率はかなり高い印象でした。 属性強化を積まずに、回避性能など生存特化のスキル構成していたライトボウガンをよく見かけたので、普段ライトボウガンを使用しない層が多かったのかな? 萎え落ちするハンターさんもいたので、アルバを楽しんでいるわけではないと思うと少し残念です。 アイスボーンでは珍しく、楽しいモンスターなのに… 野良アルバを30回ほどクリアしてみて分かったことは• ハジケ結晶、石ころを取らずに先行する人がいると、失敗率が割高。 救難参加者にライトボウガンが多い• アルバの薙ぎ払いブレス、突進爆発、列ごとに順番に落ちてくる落雷で亡くなるガンナーが多い• 相性が良い双剣をあまり見かけない(悲しい)• エスカトンジャッジメントで、アルバから離れるハンターさんが多い• エスカトンジャッジメントで、癒しの円筒を置くと寄ってきて同じように置いてくれる率が高い(なんだか嬉しい)• アルバの行ったり来たりする突進を連続でされたときに、なんだかムッとする。 爆破武器使用者の「がんばろう」発言になんだかムッとする。 アルバ初日より時間が経った今のほうが、野良マルチの難易度は高い• サークルで見たヘビィボウガンを野良では見た事がない。

次の

MHW 武器使用率2018年2月~19年8月全期間まとめ 古代竜人調べ アイスボーン

アイスボーン 武器使用率

アイスボーンの武器使用率について考える "画像はより引用" こんにちは、しえるです。 モンスターハンターシリーズでは、いつも太刀を使っています。 モンスターハンターワールド(以降MHW)では、スラッシュアックスとランスも使ってみました。 MHWでは1%のまま微動だにしなかった狩猟笛。 しかも、1%といっても繰り上げで1%になっているだけであり、本当は小数点以下だったことも考えられます。 旋律によって味方にバフをかける。 という性質上、どうしても難しい立ち回りが要求される狩猟笛。 更に、ソロプレイしかしない人が選ぶ事は少ないと思うと、どうしても不人気になってしまうのでしょう。 ちなみに武器使用率は、古代竜人に話すことで教えてくれます。 古代竜人がどのくらいの期間で判断しているのか気になりますね。 狩猟笛の響音攻撃が強い、マルチでも活躍 "画像はより引用" アイスボーンになって、爆発的な改良を加えられた狩猟笛。 そのなかでも、「響音攻撃」は特に狩猟笛使いの増加に一役かったと思われます。 笛から出る衝撃波をモンスターの頭に当てることができた時は、「決まった!」感が大きいです。 個人的に、いままでは狩猟笛を使う度に、 「なんだか、これならハンマーでいいかも」 なんて思っていました。 それはソロプレイ中心だったこともあります。 しかしクラッチクローの追加や、2人用のモンスターのHPの追加など、アイスボーンはMHWにくらべて多人数でやる方が向いていると感じます。 そうなると俄然、狩猟笛を使ってみたくもなります。 その時に完全な裏方サポートではなく、響音攻撃でガッツリ攻撃できる要素が1つ増えたのは大きいです。 その他の武器と太刀について ちなみに、1番武器使用率の高い武器は太刀です。 太刀(18%)• 弓(11%)• 大剣(10%)• チャージアックス(9%)• 双剣(8%)• 操虫棍(8%)• ライトボウガン(8%)• ヘビィボウガン(6%)• ハンマー(5%)• スラッシュアックス(5%)• ガンランス(4%)• 片手剣(3%)• ランス(3%)• 狩猟笛(2%) 圧倒的に太刀が1強なのが見て取れます。 2位の弓にすら7%の差をつけており、約5~6人に1人は太刀使いということです。 この結果、太刀を使っている身としては 「やっぱりそうだよね」という感想です。 太刀は使っていて明らかにDPS(1秒あたりのダメージ)の高さを感じます。 弓もDPSが非常に高いのですが、遠距離武器ということもあって2位なのでしょう。 双剣が一時期3位になったのを見たことがあるのですが、MHWと同じくらいまで転落してしまいました。 クラッチクローの登場など、より前作にまして 「進撃の巨人のリヴァイ兵長」感が出るので人気になるのかなと思ったのですが… ちなみに、太刀の1位で18%は前作MHWのときと同じ水準です。 アイスボーンになり、狩猟笛のように各武器に新要素が加えられました。 弱かった武器や使われてなかった武器も使われるようになれば良かったのですが、1位は変わらなかったですね。 ランス・ガンランスに救いの手を 今でこそ太刀を使っている僕ですが、MHWでランスを使い始めた時とても楽しかった思い出があります。 ガードができる事、そしてローリングではなくステップで動く事。 違う武器に触れてみる良さを体感しました。 では、なぜアイスボーンでまた太刀なのか。 それはやはりダメージ量の違い。 DPSです。 今度もし手が加えられることがあるのなら、ぜひランス系に爆発的なダメージが叩き出せる武器にしてほしいなと個人的に思います。 11位と13位というランス系に救いの手を! ガンランスの起爆竜杭をもっと強くしたような、太刀や弓に負けず劣らずのDPSを出してほしい! 以上、狩猟笛の躍進と、アイスボーンでの武器使用率についての感想でした。 ご覧いただきありがとうございました。 inociel.

次の