ニッセイ 確定拠出年金。 日本生命ニッセイ確定拠出年金おすすめ銘柄(設定解説もあり)企業型DC編

企業型確定拠出年金の商品選び、ベスト4はコレだ。

ニッセイ 確定拠出年金

老齢給付金 「老齢給付金」は60歳以降に受け取るもので、確定拠出年金の受け取り方としては、もっとも基本的なものです。 原則60歳以降に給付請求を行うことで、年金資金(個人別管理資金)を老齢給付金として受け取れます。 老齢給付金の受け取り方法(年金と一時金) 老齢給付金の受け取り方法は、5年以上20年以下の期間で「年金」として受け取るか、または「一時金」として一括で受け取るかを選択できるほか、年金と一時金を組み合わせて受け取ることも可能です。 また、受取方法にかかわらず、一定金額について税制優遇が適用されます。 50歳以上で加入すると、60歳から受け取れない場合があります 確定拠出年金の加入期間のことを、「通算加入者等期間」といいます。 満60歳時点で通算加入者等期間が10年に満たない場合は、受取開始年齢が最大65歳まで繰り下がります。 5万円 1000万円以上 195. 5万円 195. 【退職所得控除】 退職一時金に係る税金は、勤続年数に応じた退職所得控除額が設けられています。 退職所得控除額の計算式は、• 退職所得に2分の1をかけた金額に対して、所得税、住民税がかかります。 確定拠出年金を一時金で受け取る場合、この退職所得控除が適用になります。

次の

ニッセイ【確定拠出年金でおすすめの商品とは?】

ニッセイ 確定拠出年金

ご投資にあたっての留意点 当資料は、ファンドに関連する情報および運用状況等についてお伝えすることを目的として、ニッセイアセットマネジメントが作成したものです。 金融商品取引法等に基づく開示資料ではありません。 また、特定の有価証券等の勧誘を目的とするものではありません。 【投資信託に関する留意点】• 投資信託はリスクを含む商品です。 運用実績は市場環境等により変動し、運用成果(損益)はすべて投資家の皆様のものとなります。 元本および利回りが保証された商品ではありません。 投資信託は値動きのある有価証券等に投資します(また、外国証券に投資するファンドには為替変動リスクもあります。 )ので基準価額は変動し、投資元本を割り込むことがあります。 投資信託は保険契約や金融機関の預金と異なり、保険契約者保護機構、預金保険の対象となりません。 証券会社以外の金融機関で購入された投資信託は、投資者保護基金の支払い対象にはなりません。 ご購入の際には必ず投資信託説明書(交付目論見書)をお受け取りになり、内容をご確認の上ご自身でご判断ください。 【当資料に関する留意点】• 当資料は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性を保証するものではありません。 当資料のグラフ・数値等はあくまでも過去の実績であり、将来の投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。 また税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。 当資料のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。 表示桁未満の数値がある場合、四捨五入で処理しています。

次の

確定拠出年金(401k)で、為替ヘッジ「なし」と「あり」のどち...

ニッセイ 確定拠出年金

確定拠出年金(DC・401k)は、運用も手続きも自己責任なので要注意! 確定拠出年金は、転職や退職をした時に、その人の年金運用を次の転職先などにスムーズに移行することができるものです。 このDC制度のいいところですよね。 会社が変わっても、自分自身の年金運用は継続できるので、安心して長期運用を考えることができます。 ところが、転職や退職をする時に、移行の手続きを忘れていては大変なことになります。 今回は、転職や退職時に必要となる DCの手続きなどをご紹介しましょう。 <目次>• 個人で運用を決める、確定拠出年金とは? まずは、少し確定拠出年金(DC)のおさらいをしておきましょう。 DCは公的年金に上乗せされる部分の年金です。 加入者自らが掛金を個人ごとに運用し、その結果をもとに年金給付額が決められるというものです。 従来の公的年金の上乗せ部分といえば、厚生年金基金や適格退職年金などの企業年金制度でした。 これらの企業年金は、中小企業や自営業者に利用する機会が少なく、転職などをすると資産の持ち運びが難しいという点がありました。 これらを受けて、個人でも加入でき企業に依存をしない「DC」が導入されたということです。 企業型DCと個人型DC(iDeCo) 確定拠出年金には、企業型年金と個人型年金(愛称:iDeCo)の2種類があります。 企業型確定拠出年金は、この年金を導入している企業が実施するもの。 その企業に勤務する従業員が加入できます。 個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入できるのは、以下の通り。 自営業者等(国民年金第1号被保険者)• 厚生年金保険の被保険者(国民年金第2号被保険者、企業型年金に加入している人は一部加入不可• 専業主婦(夫)等(国民年金第3号被保険者) 平成29年1月より、個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入者の範囲が拡大し、公務員や専業主婦なども加入できることになりました。 確定拠出年金(DC)の加入者と運用指図者 確定拠出年金(DC)には、掛金を拠出している「加入者」と、掛金を拠出せずに年金資産を運用指図するだけの「運用指図者」がいます。 この運用指図者は、新たに掛金を積み立てることなく、その時の資産だけを運用することです。 企業を退職した人や、個人型DCに加入していたが積み立てをやめた人など、です。 このように確定拠出年金(DC)は、転職や退職をしても年金資産の持ち運びが容易に行えるということでしたが、具体的にどのような手続きをすればいいのでしょうか? 転職先がDCを導入しているか、がポイント DCの加入者は、転職や退職のタイミングで資産の移換先を探す必要がある 企業型確定拠出年金に加入している人が転職する時には、資産を移換する必要があります。 転職先で手続きをしましょう。 新たに、個人型確定拠出年金(iDeCo)に掛金を拠出するかどうかも選べます。 今後も積み立てを続けるなら加入者として、今までの資産を運用するのみなら運用指図者として、移換しましょう。 個人型確定拠出年金(iDeCo)への手続きは金融機関へ 個人型確定拠出年金(iDeCo)は、各金融機関で取り扱われています。 都市銀行、信用金庫、証券会社、ゆうちょ銀行(郵便局)、JA、保険会社などで扱われています。 まずは、移換先の金融機関を選びましょう。 手数料や取り扱い商品数などをチェックして選ぶといいですね。 移換する金融機関が決まれば、その金融機関で手続きを行うことができます。 起業の場合は個人型確定拠出年金(iDeCo)に 起業をするなど自営業となる場合は、国民年金第1号被保険となります。 この時は、個人型確定拠出年金(iDeCo)に移換することになります。 新たに、個人型確定拠出年金(iDeCo)に掛金を拠出するかどうかも選べます。 今後も積み立てを続けるなら加入者として、今までの資産を運用するのみだと運用指図者として移換しましょう。 専業主婦・公務員は確定拠出年金(iDeCo)に加入が可能 国民年金弟3号被保険者(夫の扶養に入っている専業主婦など)や公務員は、平成29年1月から個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入することができるようになりました。 積み立ててきた資産は、個人型確定拠出年金(iDeCo)に移換することになります。 新たに、個人型確定拠出年金(iDeCo)に掛金を拠出するかどうかも選べます。 今後も積み立てを続けるなら加入者として、今までの資産を運用するのみだと運用指図者として移換しましょう。 確定拠出年金の退職後手続きは、半年以内に! これらの手続きですが、全て退職後半年以内にするようにしてください。 半年を過ぎてしまうと、「国民年金基金連合会」に自動移換されてしまいます。 移換されると、運用されずに現金で保管され、手数料もとられてしまいます。 運用益もなく手数料をとられるということになってしまいますのでご注意を。 自動移換された後は、DCの加入期間にもカウントされません。 年金の受取り可能時期が遅くなる場合もありますし、そもそもそのままでは給付を受けることができません(給付を受けるには個人型確定拠出年金に資産を移換することが必要)。 メリットが何もないこの自動移換。 退職後の半年なんてあっという間に過ぎてしまうものです。 大切な年金資産を目減りさせないためにも、忘れずに手続きをしましょう。

次の