お盆きゅうり。 お盆で見かける「なす」と「きゅうり」の飾り物はなに?

2020年のお盆の期間はいつ?お供えや飾りから由来まで徹底紹介

お盆きゅうり

浜松市の初盆 初盆はいつやるの?時期は? ご先祖様や故人の霊をお迎えする夏の行事「お盆」。 浜松市、遠州地方のお盆時期は、地域によって7月13日~15日 新盆 または8月13日~15日 旧盆 に分かれます。 大きく分けると浜松市中心部から磐田市にかけては7月13日~15日に新盆を、浜松市北・西・南部が8月13日~15日に旧盆を行います。 盆義理は7月13日または8月13日の夕刻から始まります。 時期について不明な場合は、7月の初盆なのか、8月の初盆なのか、地区やお寺様に確認する事をお勧めします。 また盆義理の出向く際にも、事前に確認をしてからお参りに伺いましょう。 異なる場合も多々ございます。 必ずしもこの時期に執り行わないといけない訳ではございません。 四十九日の忌明け前の場合、初盆は翌年になります。 地域や宗派などでも異なりますが、遠州地方では初盆専用の華やかな祭壇を飾り、盛大にお迎えする独自の風習があります。 初盆の家庭では親戚や知人を招いて、お盆の前に仏壇や仏具を清め、盆棚や精霊棚を作ってお供え物を飾り、僧侶による読経で供養する「家 内 施餓鬼」を行います。 お供え物のキュウリやナスの牛馬。 これらは「お精霊様 おしょろさま 」と呼ばれ、先祖の霊が「キュウリの馬」に乗って一刻も早くこの世に帰り、 「ナスの牛」に乗ってゆっくりあの世に戻って行くようにとの願いを込められています。 お盆当日 13日 は、盆提灯を玄関にかけ、夕方には故人の霊が迷わず帰ってこられるよう迎え火を焚きます。 故人と親しかった友人や会社関係の方、近所の方が初盆宅へ訪ねる「盆義理(ぼんぎり)」は、遠州地方独特の習わしです。 また、静岡県無形文化財に指定されている「遠州大念仏」が行われる地域もあります。 お寺で読経してもらう「寺施餓鬼」やお墓参りなどで故人を供養し、最終日 15日 には、送り火 松たき で焚いて故人をお見送りします。 なすと白瓜(またはきゅうり)で牛と馬を作ります。 これらは仏様が一刻も早く帰れるように馬で迎え、牛に荷物を背負わせて送り出すという言い伝えによるものです。 初盆では盆供養の前に行う内施餓鬼の際に親族が用意します。 初盆以外の家は牛だけ作り、仏壇に供えます。 足はオガラ(麻の茎)、目は小豆、耳は南天の葉、鞍にはいんげんを使います。 エサにはそうめんを盛ったものと、ハスや里芋の葉になすを刻んだものと米を混ぜたもの盛ります。 盆義理(ぼんぎり)ってなに? 初盆(お盆)は先祖を迎えて供養するものですが、遠州地方は盆行事を重視する土地柄で、葬儀に参列した人の大半が初盆にもお参りに訪れます。 このようにお盆の夕方、初盆のお宅に伺うことを「盆義理(ぼんぎり)」といい、浜松市近辺でおこなわれています。 盆義理という風習は全国的にも珍しく、おそらく遠州地方独特ではないでしょうか? 三方原合戦で戦死した武士の霊を弔うため徳川家康が三河の念仏僧を招き、犀ヶ崖(浜松市中区鹿谷町)で盛大な踊りを交えた大念仏で供養したのが始まりといわれています。 笛や太鼓、鐘の音を響かせる「遠州大念仏」はその後、遠州各地で盛んに行われるようになり、それぞれの村の初盆の家を巡る行事へと変化していきました。 多くの人が初盆の家を訪れる風習は、これをもとに根付いたということです。 「盆義理」は故人をしのび、多くの人がお参りに行くという義理人情を重んじた風習。 これからも末永く継承し続けたいものです。 盆義理の不祝儀袋とは? お盆の時期になると、盆供と書かれたのし袋がホームセンターやコンビニエンスストアなどでも販売されます。 当日はたくさんの人が訪れるため、初盆の家族との長話などは控えるようにしたほうがよいでしょう。 「ご初盆でお懐かしゅう(お寂しゅう)ございます」 「せっかく(十分に気を付けての意)おまつりくださいませ」 といったあいさつと焼香にとどめるのが礼儀です。

次の

お盆にきゅうりとなすで作る「精霊馬」の意味・作らない地域はどこ?

お盆きゅうり

由来 [ ] の「」の省略形として「盆」(一般に「お盆」)と呼ばれる。 盆とは文字どおり、本来は霊に対するを置く容器を意味するため、供物を供え祀られるの呼称となり、盂蘭盆と混同されて習合したともいう説もある。 現在でも精霊を「ボンサマ」と呼ぶ地域がある。 中華文化ではを中心としての七月を「鬼月」とするがある。 旧暦の七月朔日にの蓋が開き、七月十五日の節には地獄の蓋が閉じるという考え方は道教の影響を受けていると考えられる。 や、を中心に現在でも中元節は先祖崇拝の行事として盛大に祝われている。 盆の明確な起源は分かっていない。 1年に2度、とのの日に祖先の霊が子孫のもとを訪れて交流する行事があった(1年が前半年と後半年の2年になっていた名残との説がある)が、初春のものがのとしてを強調されてのとなり、初秋のものが盂蘭盆と習合して、仏教の行事として行なわれるようになったと言われている。 日本では頃には、夏に祖先を行う風習が確立されたと考えられている。 年間 に、が編纂した『』には、「bon 盆 」と「vrabon 盂蘭盆 」という項目がある。 それらによると盆は、仏教徒 の立場からみれば「異教徒」 が、陰暦7月の14日・15日頃に、死者の為に行う祭りであると、説明されている。 地方や、仏教のにより行事の形態は異なる。 また、お盆時期の菩薩のは「」と呼ばれ、すなわちのお盆は「大日盆」と言われる。 お盆は成句()として、と組み合わされて使われることも多い。 「盆暮れ(ぼんくれ)」などと時季を指す言葉としてや、「盆とが一緒に来たよう」という"とても忙しいこと"または"喜ばしいことが重なること"のたとえ()が代表的である。 時期 [ ] 伝統的には旧暦7月15日にあたる節の日に祝われていた。 ので新暦7月15日に盆を行うことを原則としたが、従来、日本の多くの年中行事は旧暦を基にしていたため、年中行事によっては新暦の採用によって季節が合わなくなるものを生じた。 特に新暦の7月15日が農繁期にあたる地域では著しく支障があったため地方によってお盆の時期に違いがみられるようになり、新暦をお盆(月遅れ盆)としている地域が多い。 全国的には以下のいずれかにお盆を行うことが多い。 (旧盆) ・地方など。 旧暦によるとお盆の日程は毎年変わり、時には9月にずれ込む。 新暦(もしくは前後の) 東京などの大都市部や東北・北陸地方の一部など農繁期と重ならない地域では新暦7月15日となっている。 東京盆と呼ぶこともある。 、東北地方の一部 、下町・中心部・旧市街地、旧市街地、の一部(旧市街地、、高松地区)など 新暦(盆) ほぼ全国的に多くの地域。 このほかの日取り(など)の地域もある。 8月1日開催の地域として、東京都の一部(の旧域 ・ ・・・の域 ・ など)や、の旧および旧 が知られる。 これはかつてが盛んだった地域で、8月1日前後が養蚕の農閑期にあたっていた名残である。 なお、旧暦での盆を旧盆と言うが、一部の地方 を除いて通常、新暦での盆は新盆とは言わない。 (しんぼん、にいぼん、あらぼん)は別の意味となる。 名称 [ ] ぼに [ ] 名称に「ぼに」がある。 『』上巻二年に「十五、六日になりぬれば、ぼになどするほどになりにけり」とあり 、指定「の」 は、津田の盆(ぼに)踊りとされ や 、 、 など各方言にある。 また、『』11巻初秋(内侍督)に「御ぼにどもは例の数候ふや」とあるようにお盆の・物のこともさす。 全国的風習 [ ] 盆の概念は日本全国に広まっているため、その行事の内容や風習は地方それぞれに様々な様式がある。 必ずしも定まったものでないが、全国に比較的広まっている風習として以下の様なものがある。 別節で説明するのは、故郷を離れて暮らすことが一般化した昭和の後半から全国的に見られるようになったが、悼むべき故人にで亡くなった親類縁者を共に加えて行うことも少なくない。 では新年などに行われることが一般的なももともとはの法会を起源として供養に繋がる(を参照)ことから地方ではこの帰省の時期に併せてよく開催されている。 お盆のお供え(ナス、きゅうり、米を混ぜたもの)() 釜蓋朔日 [ ] 1日を釜蓋朔日(かまぶたついたち)と言い、地獄の釜の蓋が開く日であり、一般的に1日からお盆である。 この日を境に墓参などして、ご先祖様等をお迎えし始める。 地域によっては山や川から里へ通じる道の草刈りをする。 これは故人の霊が山や川に居るという信仰に則り、そのから家に帰る故人が通りやすいように行う。 また、地域によっては言い伝えで「地獄の釜の開く時期は、池や川、海などへ無暗に近づいたり、入ったりしてはならない」というものもある。 七夕、棚幡 [ ] 7日はであり、そもそも七夕は「棚幡」(たなばた)とも書き、故人を迎えるとその棚に安置する(ばん)を拵える日であった。 その行為を7日の夕方から勤めたために棚幡がいつしか七夕に転じたともいう。 7日の夕刻から精霊棚や笹、幡などを安置する。 なお、お盆期間中、にしてもらい報恩することを 棚経(たなぎょう)参りと言う。 これは精霊棚で読むが転じて 棚経というようになった。 迎え火 [ ] 13日夕刻の野火を(むかえび)と呼ぶ。 以後、精霊棚の故人へ色々なお供え物をする。 地方によっては、「留守参り」をするところもある。 留守参りとは、故人がいない墓に行って掃除などをすることをいう。 など大がかりな迎え火も行われる。 送り火 [ ] 16日の野火を(おくりび)と呼ぶ。 京都のが有名である。 15日に送り火を行うところも多い(奈良高円山大文字など)。 また、川へ送る風習もありが行われる。 山や川へ送る点は、釜蓋朔日で記したとおり故人が居るとされるのが文化的に山や川でありそのようになる。 なお、故人を送る期間であるが、16日から24日までであり、お迎え同様に墓参などをして勤める。 仏教では広くとった場合、お盆は1日から24日を指す。 これは、地獄の王とされるの対あるいはとされるのがであり、24日の地蔵菩薩のまでがお盆なのである。 「」も参照。 ちなみに、すなわちの「大日盆」は、そのに則って28日である。 盆踊り [ ] 東京都足立区にあった盆踊り 2014年 15日の盆の翌日、16日の晩に、寺社のなどに老若男女が集まって踊るのをという。 これは地獄での受苦を免れたたちが、喜んで踊る状態を模したといわれる。 夏祭りのクライマックスである。 旧暦7月15日は、翌16日は(いざよい)すなわち、どちらかの日に月は望(望月=)になる。 したがって、晴れていれば16日の晩は月明かりで明るく、夜通し踊ることができた。 近年では、場所は「寺社の境内」とは限らなくなっており、また宗教性を帯びない行事として執り行われることも多い。 典型的なのは、駅前広場などの人が多く集まれる広場に櫓(やぐら)を組み、などを招いて、地域の親睦などを主たる目的として行われるものである。 盆の時期に帰郷するひとも多くいることから、それぞれの場所の出身者が久しぶりに顔をあわせる機会としても機能している。 なお、新しく行われるようになった盆踊りは、他の盆踊りとの競合を避けるために、時期を多少ずらして行われることも多い。 これは、新興住宅地などでは、「盆の最中は帰郷しており、参加できない者が多数いる」などの事情も関係しているものと思われる。 また、宗教性を避けて「盆踊り」とは呼ばないこともある。 しかしそれらが「盆踊り」の系譜に連なるものであることは否定しがたい。 また、同様のものとしての時期に行なわれるものを「彼岸踊り」と呼称する地域(関東 - 近畿一の一部)も存在する。 初盆・新盆 [ ] 精霊船(盆船)(千葉県)(で作った船にお盆中に供えた供物を載せ川に流す 以下は、日本全国にあまねく広がっているとはいえないがある程度の地域では一般的な風習である。 常識とされる地方もある反面、そういった風習が全くなかったり、時代とともに変容していった地方もある。 また、供えた供物を載せ川に流す風習のある地域において、近年は川を汚さないように流さなくなった地区もある。 地方や宗派によっては、お盆の期間中には、故人の霊魂がこの世とあの世を行き来するための乗り物として、「 精霊馬」(しょうりょううま)と呼ばれるやで作る動物を用意することがある。 4本の麻幹あるいは棒、折った割り箸などを足に見立てて差し込み、、として仏壇まわりやに供物とともに配する。 きゅうりは足の速い馬に見立てられ、あの世から早く家に戻ってくるように、また、ナスは歩みの遅い牛に見立てられ、この世からあの世に帰るのが少しでも遅くなるように、また、供物を牛に乗せてあの世へ持ち帰ってもらうとの願いがそれぞれ込められている。 地方によっては「 」( きこん または せがき)と呼ばれ、に陥った亡者を救ったり、餓鬼棚と呼ばれる棚を作って道ばたに倒れた人の霊を慰めたりするといったもこの頃に行われる。 また、と呼ばれる特別な提灯をの前に飾ったり、木組にを貼り付けた灯篭を流すや、提灯を小船に乗せたようなものを川などに流すを行う場合がある。 特にの精霊船を曳き、市内を練り歩くのが有名。 特殊な例としてでは供物を乗せた数メートル程度の小舟に火をつけて流す「」が行われる。 お供え物も地方によって違いがあり、やでは仏前に、(北部)ではをお供えする風習がある。 やの一部地域では、送り火、迎え火の時に独特の歌を口ずさむ習慣があるなど、受け継がれた地方独自の風習が見受けられる。 などの一部地域では法界折(ほかいおり)と呼ばれる精進料理の折詰を墓前に供える風習がある。 墓所を清めるために「あられ」と呼ばれる米とさいの目に刻んだ大根を混ぜたものを墓所に撒く風習もある。 では、盆の墓参りや精霊流しの際に手持ちやを撃つ風習がある。 今では廃れた・の風習である「清道」(元は盆とに行われていたが、現在では正月すなわちのみ)が元になっていると言われる。 特にではその風習により、シーズンになると花火問屋等花火を扱う商店ではその需要の多さから沢山の花火を求める客で賑わう。 では、旧暦でお盆が行われる。 13日をウンケー(お迎え。 ではンカイ 、ではシキルヒー、ンカイピー)、14日をナカビもしくはナカヌヒ、15日をウークイ(お送り。 宮古ではウフーユー、八重山ではウクルピー)と称し、この間先祖の霊を歓待する。 また独特の風習や行事が伝えられる。 代表的なものに、のやのがある。 また、ウークイでは先祖の霊がにて金銭面で苦労しないようにするために(打紙)と呼ばれるを燃やす風習もある。 八重山では旧盆のことをソーロンと呼ぶ。 お盆の行事 [ ] 北海道 [ ]• 三笠北海盆踊り() - 『北海盆唄』発祥地• 風連ふるさとまつり(風連地区)• 祭り() 東北 [ ]• 黒石よされ()• (、)• 三大盆踊り• () - - 、• () - - 、県無形民俗文化財• () - - 、国重要無形民俗文化財• 盆踊り() - 盆踊り櫓の造形が独特 関東 [ ]• 百八灯流し()• 川施餓鬼()• の盆踊り()• 「み霊祭り」と盆踊り() 中部 [ ]• (八尾地域) - - 、かつては8月中旬に行われていたとされる• (、栢野)• (猪野口)• かんば焼き - 乾燥したの皮(かんば)を門口で焼き、迎え火・送り火とし、の魂が迷わないようにする• (下伊那郡阿南町新野) - 8月14日 - 17日、国重要無形民俗文化財• 乗本万灯(乗本) - 8月15日、万灯と呼ばれる小麦稈に火をつけ頭上で振り回す。 県無形民俗文化財• 振り万灯(石野地区) - 8月15日、子どもの無病息災を願い万灯を振るお盆の行事• () 近畿 [ ]• 京都嵐山灯篭流し• 丹波大文字()()• 宮津灯篭流し花火大会• 大念仏() 中国 [ ]• (鳥取県東部) 四国 [ ]• () 九州・沖縄 [ ]• チャンココ踊り()• (県内各地、、の一部でも行われる)• お墓で夕方から(やでも行われる)• (いずれも旧暦で行う)• (県内各地)• () お盆休み [ ] ( 葉月) 各月 8 ( 長月) 各月 9 お盆休みはには既に定着していたで、以降も(明治5年)まではからまで3連休となっていた。 ところが、(明治6年)第2号「休暇日ヲ定ム」によって、からまで()、からまで()、からまで()が連休とされ、お盆が除外された。 同年以降、旧暦・ ・のいずれの場合においても、お盆が法定のとなったことはない。 なお、「休暇日ヲ定ム」の3つの3連休のうち、夏越の大祓の3連休は同年太政官布告第221号「第二号布吿中六月二十八日ヨリ三十日迄ノ休暇取消」によって取り消されたため、残った年越の大祓・正月三が日の連続する2つの3連休、いわゆるの6連休が以降定着することになる。 この法令は(22年)を限りに失効しているが、その後も慣例となり、(昭和63年)法律第91号「行政機関の休日に関する法律」によって、行政機関限定ではあるものの12月29日から1月3日まで6連休となっている。 年末年始の連休が充実している反面、行政機関()にお盆休みがないのはこのような経緯による。 一方、民間では新暦前後はであっても休業する会社や、休暇を取得する人が目立つ。 の児童・生徒・学生の1~2カ月にわたるの重なる形で、一部の企業も夏休み(盆休み)となる場合がある。 祖先の霊を祭る行事だけではなく、国民的な休暇や・旅行シーズンとしての「お盆」という側面がある。 特に、仏教的生活習慣を意識していないらにとっては、お盆(旧盆)は単なる夏休みになっている。 帰省して来た孫や甥姪らに対して、のような「お盆玉」を渡す高齢者も近年は見られる。 この時期は、・と並んで、や公共交通機関(や、航空機)が大変混雑するため、と呼ばれるが、上では(からに当たる日は)あくまでも通常の「」扱いであり、(祝日法)に基づく「」とはみなされないため、、、などは通常通りの業務を行っており、一般企業でも「平日」という建前から、出勤する部門・従業員も見られる。 帰省・を担う交通機関や、買い物・行楽客が訪れる物販・飲食店や・にとっては、お盆はむしろ書き入れ時となる。 こうした職場では7月から9月にかけて交代で夏休みを取り、混雑や料金が最ピークの旧盆時期を避けて旅行などをしたりすることも多い。 の特急回数券などのが利用不可能になる時期(繁忙期)は、4月27日 - 5月6日、 8月11日 - 20日、12月28日 - 1月6日が設定されている。 (ただし、向けのと一部の特別企画乗車券は利用可能。 お盆期間中の平日は、やの大手私鉄・地下鉄などのでは平日ダイヤで運行され、土休日回数券なども利用できない。 ただし、一部の・・などではまたは、あるいは旧盆(休校)期間専用ので運行される路線があり、平日ダイヤで運行される路線でも、朝の時間帯は通常の平日より列車編成を短くして運転する路線もある。 土曜・休日ダイヤで運行される路線では、にを増発する場合がある。 なお同一事業者でも、路線系統により適用するダイヤが異なる場合もあり 、また休日用の一日乗車券が利用できる場合もある。 この他に、積雪寒冷地で・・・等の工事を請け負う業者では、冬は積雪・寒さで屋外作業ができないことが多いため(も参照)、晩秋までに工事を間に合わせなければならない。 こうした事情から、お盆休みが1~2日だけの業者が多い。 災害復旧などでお盆休みを返上する場合もある。 日本を除く東アジアのお盆 [ ] 韓国 [ ] ではという「」から「」までののお盆がある。 これはにおける習俗においてのにやを始めとするが行われるである。 詳細は「」を参照。 とは別々である。 中国と台湾 [ ] とでは、「」というに伝統行事のお盆がある。 お盆に関連した作品 [ ] 日本文学 [ ]• 『』() 歌 [ ]• 『』()• 『ボン・デ・フェスタ』() 8月15日の他の行事 [ ] 世界 [ ]• 諸国 - 各国・地域 [ ]• - 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 旧暦7月15日は新暦8月8日から9月7日の範囲になる。 1991年 - 2030年の40年間では、2006年が8月8日、2025年が9月6日となる。 また、に行事を繰り返すことはないため、閏7月15日(閏7月があった2006年では9月7日)は旧盆ではない。 一般的に7月13日に墓参りを行う。 なお6年に旧暦7月から新暦7月に変更された。 ただ、2003年のの改正でが7月20日固定から7月第3月曜日に変更されたため、それ以降は新暦お盆に相当する7月15日が祝日となる年もある。 2017年においては、例えばではは平日ダイヤ、は土休日ダイヤ 、ではは土休日ダイヤ、は平日ダイヤ。 出典 [ ]• 2014年4月8日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年7月15日閲覧。 - 大田市場花き部仲卸組合 青年部• - 西東京市役所 2011年7月28日• - 真言宗豊山派 小金井金蔵院• 調布市役所. 2018年9月4日閲覧。 小平ふるさと村. 2020年5月1日閲覧。 2016年8月12日, at the. - 株式会社 大田花き• 「新盆入りした13日、金沢市内の墓地や寺院などでは、家族連れやお年寄りが墓前で静かに手を合わせた。 2017年7月14日. 2017年7月18日閲覧。 徳島市. 2016年3月4日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年4月26日閲覧。 徳島新聞. 2011年9月9日. の2016年3月6日時点におけるアーカイブ。 2012年4月26日閲覧。 徳島新聞. 2011年9月10日. の2016年3月6日時点におけるアーカイブ。 2012年4月26日閲覧。 四国放送. 2015年11月27日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年4月26日閲覧。 によると、「NHKが昭和53年()に農林水産通信員を対象に行った「ことばの地域差」調査によりますと、「初盆(はつぼん)」が全国的に最も優勢でした。 しかし、やでは「初盆」とは言わず、「にいぼん」「あらぼん」「しんぼん」が重なり合って分布していました。 ただ、調査時点から20年以上たっているので、この分布も変化しているかもしれません。 」という。 NHK放送文化研究所「放送現場の疑問・視聴者の疑問」 2001年5月1日• 52 2019年6月13日閲覧• 宮古毎日新聞. 2018年8月25日. 2018年8月25日閲覧。 八重山毎日新聞. 2018年8月25日. 越中八尾観光協会. 富山市. 2009年8月2日時点の [ ]よりアーカイブ。 2008年2月23日閲覧。 『日本経済新聞』ニュースサイト(2018年8月15日)2018年8月20日閲覧。 『日本経済新聞』電子版(2018年8月10日)2018年8月20日閲覧。 2017年8月17日時点のよりアーカイブ。 2017年8月16日閲覧。 京阪電気鉄道. 2017年8月14日時点のよりアーカイブ。 2017年8月14日閲覧。 西日本鉄道. 2017年8月14日時点のよりアーカイブ。 2017年8月14日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - が利用しやすいお盆前後のと年末に行われる。 外部リンク [ ]•

次の

お盆になすときゅうりを飾る意味って何?精霊馬の作り方は?

お盆きゅうり

迎え盆と送り盆を行う意味 お盆ではご先祖様の霊、その他様々な霊も含めあの世からやってくると考えられています。 迎え盆はそのご先祖様の霊を家のお仏壇にご案内し、送り盆はご先祖様の霊をあの世までお見送りするために行います。 迎え盆と送り盆で行うことは地域によって違いますし、日にちも違います。 またお盆とは何の行事なのかという概念から違う考えを持つ宗派もあったりします。 そもそもお盆の起源も仏教の うらぼんえ が起源とも言われますが、仏教以外の日本の祖霊信仰や中国の道教の影響があるなど、はっきりとしたものではありません。 ここでご紹介するのは伝統行事などを解説する本に載っているような、一般的な迎え盆や送り盆や有名な方法中心です。 そのため家の方法が違う場合もあるので、ご心配なさらないようにお願いします。 まずは迎え盆について詳しくご紹介します。 迎え盆とは 2019年8月13日が主流 迎え盆は、一般的なお盆休みと被る8月13日に当たるのが一般的です。 ご先祖様の霊は13日の夕刻に帰ってこられると言われていますので、この日もしくはこの日までにご先祖様の霊をお呼びするための精霊棚を準備し、お墓参りをして、その後迎え火などでご先祖様の霊をお呼びします。 地域等によって変わる 一般的に迎え盆は8月13日と書きましたが、地域によっておのところ、それ以外の地域などもあり、迎え盆がいつになるかはご家族や地域の伝統に合わせてください。 ちなみに、8月のお盆は実は古来のお盆のあった日ではなく、月遅れ盆や新のお盆などとも言われ、比較的新しく導入された日にちです。 一方7月のお盆は旧のお盆などともこちらが本来のお盆の日にちとなっていました。 お盆が7月の地域は、東京を中心に全国で3割ほどあるという調査もありますが、そういった話について詳しくこちらでまとめていますのでご覧ください。 またお盆の期間についてはこちらでも解説しております。 迎え盆の迎え火等行うこと 迎え盆では迎え火を始め、精霊棚の準備などを行います。 一般的な迎え盆 もしくはそれまでに行うもの に行うことは以下の通りです。 お盆飾りの準備 お仏壇の掃除、精霊棚 盆棚 、盆提灯等• お墓参り お墓の掃除、ご先祖様の霊をお呼びする• 迎え火 ご先祖様の霊が迷わないように火を灯す ざっとこのような流れです。 簡単にそれぞれ何を行うかを解説いたします。 迎え盆に向け盆提灯やお花等お供え物を準備 お盆飾りとまとめてご紹介しましたが、ご先祖様の霊をお呼びするために、様々な飾り付けを行います。 ここに挙げたものを飾らない、また挙げたもの以外を飾る地域もあるかもしれません。 盆棚 精霊棚 盆棚はお仏壇の前に設置ます。 真菰 まこも という植物で編んだゴザ、もしくは白い布を机の上に敷きます。 その上に、• お花 毒のある花など一部不適当なものを除いて特に決まりはない• 野菜や果物• 水の子• みそはぎの花• お盆団子 等々を置きます。 そして盆棚の横、上記のイラストのように盆提灯を一対 二対の場合も を飾ります。 伝統的で正式な方法ですと、四隅に青竹を立てて、盆棚の上を通るように縄を張ります。 この縄に• ホオズキ• そうめん• 昆布 などを吊るしますが、略式でこれらを盆棚の上に置くという方法も一般的になっています。 お盆のお供えについてはこちらで詳しく解説しています。 迎え盆のお墓参りでご先祖様をお迎え お盆にはお墓参りをするものですが、そのお墓参りをする理由にはご先祖様の霊をお呼びするという考えなどがあります。 これは地域によって違うものですので、迎え盆にお墓参りをしても、ご先祖様の霊をお迎えするという意図が無い場合もあります。 いずれにしても、をした際は、お供えし手を合わせ、掃除をする必要がある霊園やお寺などでは掃除を行います。 迎え火について 迎え火はお盆の13日の夕刻にご先祖様の霊が帰ってくると言いますので、その時間に行うのが一般的です。 お墓参りをして、ご先祖様の霊をお迎えするという場合、お墓の前で、盆提灯に火を灯して、それを家まで持って帰り、飾ります。 お墓が遠いところにある場合など、こういったことができませんので、仏壇の前に飾った盆提灯を点灯するという略式もあります。 ちなみに正式な迎え火の方法は、 玄関先などで、炮烙 ほうらく と呼ばれる素焼きの皿の上で、麻幹 おがら と呼ばれる麻の茎を乾燥させたを井の字に組んで燃やすとされます。 炮烙 ほうらく や麻幹 おがら という、聞きなれないものがありますが、仏具屋さんやスーパーで売っているので、今年してみようと思う方はぜひ購入してみてください。 ちなみに、この迎え火の上をまたぐことは厄除けのご利益に預かれるとする地域もあります。 迎え盆の時間帯について 迎え盆は、送り火を行う夕刻以外は特に時間は決まっていません。 ですので、13日の夕刻までに盆棚等のお盆飾りを飾り付けるのでも良いですし、12日にお盆飾りを飾り始めても問題ありません。 送り盆とは 2019年8月16日が主流 送り盆とは、お盆の間滞在頂いたご先祖様の霊をお送りする一連の行事です。 13日に迎え盆を行った地域では、15日や16日に送り盆があります。 8月16日と言えば、京都の「五山送り火」でも有名ですが、送り火でご先祖様の霊をお送りします。 他にも精霊流し しょうりょうながし 、精霊送りとも言われる、川や海にお盆飾りなどを流して、ご先祖様の霊も一緒に帰っていただくという送り盆の行事もあります。 送り盆に行うことについても簡単にご紹介いたします。 送り盆の送り火 送り盆に行う代表的なご先祖様の霊のお送り方法は、送り火です。 15日の夕方か16日の早朝に、迎え火と同じ方法、同じ場所で送り火を焚きます。 送り火と迎え火はいずれもご先祖様の道を照らすご案内になるものと考えられています。 送り盆の精霊流し 地域によって、送り火に代わり、海や川にお供え物を持って行きそれらを流しあの世にご先祖様の霊をお送りするという風習があります。 私は送り盆には送り火ではなく精霊流しを行う地域に育ちましたので、精霊流しを行っています。 精霊流しは、昔は川や海にお供え物を各家庭でそのまま流していたそうですが、今では環境のこともあり自治体、もしくはどこかの団体がお供え物を流すという活動をしてくださっています。 地域のそれらのルールに従って精霊流しをしましょう。 ちなみに、この精霊流しは地域によって火を灯した灯篭 灯籠 を流す行事である灯篭流し とうろうながし と言われることもあります。 長崎の灯籠流しなどは有名ですね。 送り盆の時間帯について 送り盆に行う送り火や精霊流しは大体15日の夕刻に行われていると思います。 7月も8月も もしくは16日の午前中が伝統的に行われています。 ただ、京都の五山の送り火など16日の夕刻~夜に行う地域もあります。 迎え盆~送り盆の期間について 地域によって迎え盆や送り盆がバラバラだとご紹介したので、今一度期間についてまとめます。 お盆は江戸時代までは全国共通で旧暦の7月15日に行われていました。 明治になって一カ月ほど月のずれが出たため、新暦で7月15日に・8月15日にお盆を行うようになります。 15日とその前日の14日を中日とし、 15日の2日前の13日が迎え盆 15日の1日後の16日が送り盆となり7月8月いずれもこの日程で行われます。 と言って、沖縄等で旧暦の7月15日に合わせてお盆を行う地域や、少しお盆がずれた地域で行うところでは、中日の2日前と1日後が迎え盆と送り盆になります。 また、お盆の中日が15日というのは一般的に言われるもので、15日に送り盆がやってきて、15日に送り火などをする地域もあります。 旧盆についてはこちらで詳しく解説しています。 迎え盆と送り盆の仕方と違い 迎え火の方法、送り火と精霊流しなど、迎え盆と送り盆に行うことは地域によって大きく違うとご紹介しましたが、実は地域だけではなく、宗派でも考え方が変わります。 浄土真宗の迎え盆と送り盆 その最たる例が浄土真宗です。 浄土真宗では、開祖の親鸞の教えから、ご先祖様の霊が帰ってくると考えないので、一般的に知られるお盆を行わないとされます。 これは家庭によりますので、浄土真宗の信徒に多いというくらいです。 一般的には、ご先祖様の霊に速く家に帰ってきてもらうために足の速い馬 きゅうり でお迎えし、 ご先祖様の霊が帰るときはゆっくりと帰っていただくために足の遅い牛 なす でお送りすると考えます。 しかし、逆に考える地域や牛はお供え物を持って帰っていただくためだとか様々な解釈が存在します。 詳しくはこちらで解説しておりますので、ご覧ください。 初盆では、服装も略式の喪服、もしくは黒系のスーツやワンピースを着ます。 そして、普段のお盆に僧侶を呼び棚経を上げてもらわない家庭でも、僧侶を呼びお経をあげていただきます。 初盆の時にお呼びした時のお布施をお納めします。 金額や水引は一般的な相場より少し多めにすると言うのが慣習となっています。 ちなみに、迎え盆と送り盆に行うことは、普段のお盆に比べお供え物を豪勢にしたり、特に故人が好きだったものをお供えするということ以外は大きく変わりません。 ちなみに、親戚として初盆を迎える家に向かう場合、白い提灯を送るのが伝統的な習わしとされます。 亡くなってから49日立たない場合は、亡くなって初めてのお盆とは言っても、初盆にはならず来年が初盆になりますのでご注意ください。 送り盆に行われる大きなお祭 送り盆では、各地で様々なお祭りが行われますが、それらは送り盆に関わるお祭りも多くあります。 お祭り等の送り火の独特なやり方 お盆という行事は家族の祖先の霊に向けたものと、今では一般に知られますが、本来は餓鬼道に堕ちてつらい思いをしている衆生を救うための行事の盂蘭盆会 うらぼんえ 、サンスクリット語のウランバナが由来となっています。 そのため、お寺によってはお盆の時期に施餓鬼会と言う法要を行っているところもあります。 この先祖に限らず、多くの霊 餓鬼となった霊や 、広く故人を追悼する意を込めた独特な送り火が各地の人気行事となっているのです。 盂蘭盆・盂蘭盆会についてはこちらで詳しく解説しています。 京都の大文字焼き 京都の大文字焼き 五山の送り火 は期限がはっきりしません。 空海が始めたという説や、足利将軍が始めたなど様々な説がありますが、お盆休みを締めくくる一大行事として、夏の京都の風物詩となっています。 大文字焼きという名で知られ、「大」の字の送り火が知られますが、他にも、「妙、法、船形、鳥居形」などがあります。 鳥居の形などは、神道的なものであり、お盆という行事が仏教に縛られたものではないことを感じさせる部分ですね。 参考: 「送り盆まつり」横手市 長崎の灯籠流しでは、お祭りではなくあくまで、故人とう亡くなった方への追悼の灯籠流しをしていますが、群馬県の横手市ではお祭と称し、屋形船がでて、盆踊りをし、花火まである送り盆のイベントがあります。 参考:横手市観光協会.

次の