レスリー チャン。 4月1日はレスリー・チャンの命日、個人的おすすめ作品も紹介

レスリー・チャンとは

レスリー チャン

1日は張国栄(レスリー・チャン)が香港のマンダリンオリエンタルホテルの屋上から飛び降り自殺してから10周年を迎える日だ。 ファンの中には、張国栄が「月は我が心」(中国名:月亮代表我的心)の歌を借りて、同性の恋人であった唐氏に告白したことや、焼豚飯に塩卵半個を載せて食べるのが大好きだったというエピソードを知っている人はいるかもしれない。 香港メディアは、このほど張国栄の88個の知られざるささやかな事実についてまとめ、スーパースターだった張国栄の平凡な素顔を浮き彫りにしている。 例えば、「もしあなたが女性なら、すべての男性があなたを自分のものにしたいと思うはず」。 ここでは張国栄にまつわる秘め事88個のうち50個を紹介する。 1.「兄さん」 張国栄と林青霞(ブリジット・リン)が「白髪魔女傳」(90)を撮影しているとき、衣装決めの際に張国栄が林青霞に「姉さん、すごくきれい!」と言ったのに対し、林青霞が「兄さん、あなたこそすごくきれいよ!」と返した。 これが張国栄が兄さんと呼ばれるようになった由来だ。 2.英語名 張国栄の英語名がレスリー(Leslie)であることは皆知っていること。 しかし、張国栄は時にボビー(Bobbie)とも名乗っていた。 アイドル 張国栄はなぜレスリーと名乗っていたのか?なぜならイギリス俳優のレスリー・ハワード(Leslie Howard)のファンだったから。 4.試験の成績2位 張国栄は幼稚園の受験を2位の成績で合格した。 父親は褒美として数香港ドルを張国栄に与えたが、張国栄はそのお金を玩具やお菓子に使うのではなく、それでレコードを購入したのだという。 5.ベッドから落ちる 張国栄は幼い頃、2段ベッドの下で寝ていた。 ある日、いたずらで上のベッドで寝ていたところ、7番目の兄がベッドの板を足で持ち上げたため、張国栄は上段ベッドから床に落ちてしまったという。 6.ビー玉遊び 幼い頃、屋上でビー玉弾きが大好きで、膝が擦りむけるのもお構いなしでビー玉弾きに熱中した。 また、竹串やメンコ遊びにも熱中したという。 どれも60、70年代生まれに共通する幼少期の思い出だ。 7.溺死寸前に 6歳の頃、水遊びをしていると、大きな波がやって来て、頭から水中に沈んでしまった。 なんとか必死で水面に浮かび上がったが、すでにたくさんの海水を飲んでしまった後だった。

次の

HOME

レスリー チャン

父はスターなどを顧客に持つ有名で紡績工場の経営者。 、13歳になるとで単位を落とし、東部のに留学。 その後に入学しを専攻するが、父が病に倒れ学業半ばで香港に帰国。 の学力を心配した母の勧めで中学5年クラスに編入。 その後しばらく父のコネで入った弁護士事務所や、自分で見つけた販売員の職などを転々とし、家族とは離れて暮らす。 、友人と共にテレビ局主催の歌謡コンテストに出場し『American Pie』を歌い準優勝。 翌から歌手として芸能活動を開始するが、しばらくは下積み生活に甘んじる。 また、このころ親しくしていた女性の裏切りにより生活は荒み、金銭的にも精神的にも苦難の日々が続く。 に『風継続吹』(『』のカバー)がヒット。 には『Monica』(『』のカバー)が大ヒット。 一躍トップアイドルに踊り出て、以前からトップアイドルだったとライバル関係に。 ファン同士の仲の悪さも有名で、アランのファンから執拗な嫌がらせを受けた。 その影響もあり、に歌手引退宣言。 へ移住する。 しかし半年後に帰国、芸能界に俳優として復帰。 国際的俳優への道 [ソースを編集 ] 俳優としては、にパトリック・タム監督の『レスリー・チャン 嵐の青春』に出演し、後のらニューウェーブに影響を与える。 その後はいわゆる「アイドル映画」に出演。 そして、に『』、には『』など、数々の大ヒット作に出演。 香港映画界の金字塔を打ち立てる。 、ウォン・カーウァイ監督の『』で主演男優賞受賞。 には中国の監督の『』に出演、パルムドールを受賞。 のウォン・カーウァイ監督『』は、日本の単館上映記録を塗り替える大ヒットとなる。 また、、監督の『』出演を切っ掛けに楽壇復帰。 に開催されたコンサート『PASSION』は、衣装設計をに依頼。 そのファッション性や斬新で圧倒的なパフォーマンスで大成功する。 日本でも・・・・・で開催され、成功を収めた。 この年の音楽賞レースでは若手アイドル歌手を蹴散らし6曲同時に新曲がノミネートされるなど、レスリーは歌手として第2の頂点を極める。 そして念願だった映画監督になるべく、多くのミュージッククリップやTVドラマ、短編フィルムなどを撮影した。 監督デビューは『』での劇中ポルノ映画『色情男女』。 自殺 [ソースを編集 ] 、香港の最高級「」より。 46歳没。 レスリー・チャンの命日に集うファン(2006年4月1日撮影)。 自殺の原因については、一年ほど前からを患っていたとされている。 遺書が残されており、長年姉と慕った沈殿霞(リディア・サム)への感謝とお詫びが記されていた。 自殺の現場になった「マンダリン・オリエンタル香港」の門前にはファンによって多数の花束と死を悼むメッセージカードがささげられ、同ホテルの門前は黒山の人だかりになった。 葬儀には香港の芸能関係者のほとんどとファンが参列、香港のみならず社会が悲嘆にくれたという。 2005年11月8日には記念切手「香港流行歌星 Hong Kong Pop Singers」を発行した。 00切手に登場した。 2007年12月にに熱心なファン120人の賛同により「レスリー・チャンの思い出ベンチ」が設置された。 ベンチのメッセージには、賛同者120人からのレスリーへ今も続く思いが込められている。 『Leslie Cheung 1956,9,12 私達を魅了し続ける 愛すべき張國榮の 音楽と映画、人生のすべてに 感謝を込めて Leslie Cheung Fans 有志120人』 主な出演作品 [ソースを編集 ] ビデオ [ソースを編集 ]• ティーンエイジャーズ• 死の绊• 十字路• アイランド ストーリー• 歳月河山 テレビドラマ [ソースを編集 ]• 鰐魚淚 Crocodile tears(1978年)• 浣花洗劍錄 The Spirit of the Sword(1979年)・・・方宝兒 役• 大内群英續集 Dynasty II(1980年)・・・ 役• 浮生六劫 Gone with the wind(1980年)・・・車穗生 役• 小小心願 Make a Wish(1980年)• 珠海梟雄(1981年)• 遊俠張三豐 Tai Chi Master II(1981年)・・・懿文太子朱標 役• 對對糊 Pairing(1981年)• レスリー・チャン 青春の季節(1981年)• レスリー・チャン 凹凸私立探偵社(1982年)• フォーエバー・ラヴァーズ(1984年)• (1985年) 映画 [ソースを編集 ]• 君に逢いたくて 紅樓春上春(1978年)【香】監督:カム・シン• 狗咬狗骨(1978年)【香】監督:シッ・ガーイン• 喝彩 Encore(1980年)【香】 監督:クリフォード・サイ• 失業生(1981年)【香】• レスリー・チャン 青春の光と影(1981年)【香】• レスリー・チャン 嵐の青春(1982年)【香】監督:パトリック・タム• レスリー・チャンの青春白書(1982年)【香】• (1982年)【香】• 衝激21 Energetic 21(1982年)【香】• レスリー・チャン 愛しのドラマー(1983年)【香】• 第一次 First Time(1983年)【香】• 君が好きだから(1984年)【香】• 三文治 Double Decker(1984年)【香】• メリー・クリスマス(1984年)【香】• 驚情(1985年)【香】• 求愛反鬥星 Crazy Romance(1985年)【香】• レスリー・チャン あの日にかえりたい(1985年)【香】• レスリー・チャン 君の瞳に恋してる(1985年)【香】• (1986年)【香】監督:• 偶然 Last Song In Paris (1986年)【香】• ルージュ(1987年)【香】監督:• (1987年)【香】監督:• (1987年)【香】監督:• 殺之戀(1988年)【香】監督:梁普智• 悪漢探偵5 最後のミッション(1989年)【香】• 日落巴黎(1989年)【香】• (1989年)【香】監督:• (1990年)【香】監督:• 豪門夜宴 The Banquet (1991年)【香】• 狼たちの絆(1991年)【香】• 藍江傳之反飛組風雲 Arrest the Restless (1992年)【香】• ハッピー・ブラザー(1992年)【香】• 恋はマジック(1993年)【香】• (1993年)【香】• (1993年)【中・香】監督:• キラーウルフ 白髪魔女伝(1993年)【香】• 白髮魔女伝2(1993年)【香】• 幸せはイブの夜に(1994年)【香】• (1994年)【香】監督:• (1994年)【香】監督:• レスリー・チャンの恋はあせらず(1994年)【香】• 記得香蕉成熟時II初戀情人 Over the Rainbow Under the Skirt (1994年)【香】• (1995年)【中・香】監督:• (1996年)【香】監督:• 恋する天使(1996年)【香】• (1996年)【香】• (1996年)【香】監督:• (1996年)【中・香】監督:• (1996年)【香】監督:• (1997年)【香】監督:• ラッキー・ファミリー(1997年)【香】• 歌って恋して(1998年)【香】• (1998年)【日・香】• 左右情緣 Left Right Love Destiny(1999年)【香】• 追憶の上海(1999年)【香】• 流星(1999年)【香】• (1999年)【香】• OKINAWA Rendez-vous(2000年)【香】• (2000年)【香】• アッシュズ トゥ アッシュズ(2000年)【香】• カルマ(2002年)【香】• (2008年)【香】……『楽園の瑕』の別編集バージョン 主なアルバム [ソースを編集 ]• DayDream(1977年)デビューアルバム。 英語曲中心。 風繼續吹(1983年)本文中にもある「さよならの向こう側」カバー収録アルバム。 張國榮Monica(1984年)『』カバー収録。 當年情(1986年)本人出演映画「男たちの挽歌」主題歌「當年情」収録。 SUMMER ROMANCE(1987年)1987年に香港で最も売れたアルバム。 Virgin Snow(1988年)本人主演映画「男たちの挽歌II」主題歌「奔向末來日子」収録。 SALUTE(1989年)香港の往年のヒット曲を自ら歌ったアルバム。 寵愛(1995年)本人が出演した映画の主題歌を自ら歌ったアルバム。 紅(1996年)歌手本格復帰アルバム。 Gift(1998年)収録曲マシュマロはの提供曲。 ボーカルプロデュースは。 大熱(2000年)と共演した映画「恋戦。 OKINAWA」主題歌とそのミュージック・ビデオを収録。 主なシングル [ソースを編集 ]• 終始会行運(1984年) 『』オープニングテーマ• Monica(1985年) 『』カバー 関連書籍 [ソースを編集 ]• 『レスリー - レスリー・チャンのすべて』(清永安雄著、、1999年) 脚注 [ソースを編集 ] [].

次の

レスリー・チャン逝去10周年 知られざる事実

レスリー チャン

父はスターなどを顧客に持つ有名で紡績工場の経営者。 、13歳になるとで単位を落とし、東部のに留学。 その後に入学しを専攻するが、父が病に倒れ学業半ばで香港に帰国。 の学力を心配した母の勧めで中学5年クラスに編入。 その後しばらく父のコネで入った弁護士事務所や、自分で見つけた販売員の職などを転々とし、家族とは離れて暮らす。 、友人と共にテレビ局主催の歌謡コンテストに出場し『American Pie』を歌い準優勝。 翌から歌手として芸能活動を開始するが、しばらくは下積み生活に甘んじる。 また、このころ親しくしていた女性の裏切りにより生活は荒み、金銭的にも精神的にも苦難の日々が続く。 に『風継続吹』(『』のカバー)がヒット。 には『Monica』(『』のカバー)が大ヒット。 一躍トップアイドルに踊り出て、以前からトップアイドルだったとライバル関係に。 ファン同士の仲の悪さも有名で、アランのファンから執拗な嫌がらせを受けた。 その影響もあり、に歌手引退宣言。 へ移住する。 しかし半年後に帰国、芸能界に俳優として復帰。 国際的俳優への道 [ソースを編集 ] 俳優としては、にパトリック・タム監督の『レスリー・チャン 嵐の青春』に出演し、後のらニューウェーブに影響を与える。 その後はいわゆる「アイドル映画」に出演。 そして、に『』、には『』など、数々の大ヒット作に出演。 香港映画界の金字塔を打ち立てる。 、ウォン・カーウァイ監督の『』で主演男優賞受賞。 には中国の監督の『』に出演、パルムドールを受賞。 のウォン・カーウァイ監督『』は、日本の単館上映記録を塗り替える大ヒットとなる。 また、、監督の『』出演を切っ掛けに楽壇復帰。 に開催されたコンサート『PASSION』は、衣装設計をに依頼。 そのファッション性や斬新で圧倒的なパフォーマンスで大成功する。 日本でも・・・・・で開催され、成功を収めた。 この年の音楽賞レースでは若手アイドル歌手を蹴散らし6曲同時に新曲がノミネートされるなど、レスリーは歌手として第2の頂点を極める。 そして念願だった映画監督になるべく、多くのミュージッククリップやTVドラマ、短編フィルムなどを撮影した。 監督デビューは『』での劇中ポルノ映画『色情男女』。 自殺 [ソースを編集 ] 、香港の最高級「」より。 46歳没。 レスリー・チャンの命日に集うファン(2006年4月1日撮影)。 自殺の原因については、一年ほど前からを患っていたとされている。 遺書が残されており、長年姉と慕った沈殿霞(リディア・サム)への感謝とお詫びが記されていた。 自殺の現場になった「マンダリン・オリエンタル香港」の門前にはファンによって多数の花束と死を悼むメッセージカードがささげられ、同ホテルの門前は黒山の人だかりになった。 葬儀には香港の芸能関係者のほとんどとファンが参列、香港のみならず社会が悲嘆にくれたという。 2005年11月8日には記念切手「香港流行歌星 Hong Kong Pop Singers」を発行した。 00切手に登場した。 2007年12月にに熱心なファン120人の賛同により「レスリー・チャンの思い出ベンチ」が設置された。 ベンチのメッセージには、賛同者120人からのレスリーへ今も続く思いが込められている。 『Leslie Cheung 1956,9,12 私達を魅了し続ける 愛すべき張國榮の 音楽と映画、人生のすべてに 感謝を込めて Leslie Cheung Fans 有志120人』 主な出演作品 [ソースを編集 ] ビデオ [ソースを編集 ]• ティーンエイジャーズ• 死の绊• 十字路• アイランド ストーリー• 歳月河山 テレビドラマ [ソースを編集 ]• 鰐魚淚 Crocodile tears(1978年)• 浣花洗劍錄 The Spirit of the Sword(1979年)・・・方宝兒 役• 大内群英續集 Dynasty II(1980年)・・・ 役• 浮生六劫 Gone with the wind(1980年)・・・車穗生 役• 小小心願 Make a Wish(1980年)• 珠海梟雄(1981年)• 遊俠張三豐 Tai Chi Master II(1981年)・・・懿文太子朱標 役• 對對糊 Pairing(1981年)• レスリー・チャン 青春の季節(1981年)• レスリー・チャン 凹凸私立探偵社(1982年)• フォーエバー・ラヴァーズ(1984年)• (1985年) 映画 [ソースを編集 ]• 君に逢いたくて 紅樓春上春(1978年)【香】監督:カム・シン• 狗咬狗骨(1978年)【香】監督:シッ・ガーイン• 喝彩 Encore(1980年)【香】 監督:クリフォード・サイ• 失業生(1981年)【香】• レスリー・チャン 青春の光と影(1981年)【香】• レスリー・チャン 嵐の青春(1982年)【香】監督:パトリック・タム• レスリー・チャンの青春白書(1982年)【香】• (1982年)【香】• 衝激21 Energetic 21(1982年)【香】• レスリー・チャン 愛しのドラマー(1983年)【香】• 第一次 First Time(1983年)【香】• 君が好きだから(1984年)【香】• 三文治 Double Decker(1984年)【香】• メリー・クリスマス(1984年)【香】• 驚情(1985年)【香】• 求愛反鬥星 Crazy Romance(1985年)【香】• レスリー・チャン あの日にかえりたい(1985年)【香】• レスリー・チャン 君の瞳に恋してる(1985年)【香】• (1986年)【香】監督:• 偶然 Last Song In Paris (1986年)【香】• ルージュ(1987年)【香】監督:• (1987年)【香】監督:• (1987年)【香】監督:• 殺之戀(1988年)【香】監督:梁普智• 悪漢探偵5 最後のミッション(1989年)【香】• 日落巴黎(1989年)【香】• (1989年)【香】監督:• (1990年)【香】監督:• 豪門夜宴 The Banquet (1991年)【香】• 狼たちの絆(1991年)【香】• 藍江傳之反飛組風雲 Arrest the Restless (1992年)【香】• ハッピー・ブラザー(1992年)【香】• 恋はマジック(1993年)【香】• (1993年)【香】• (1993年)【中・香】監督:• キラーウルフ 白髪魔女伝(1993年)【香】• 白髮魔女伝2(1993年)【香】• 幸せはイブの夜に(1994年)【香】• (1994年)【香】監督:• (1994年)【香】監督:• レスリー・チャンの恋はあせらず(1994年)【香】• 記得香蕉成熟時II初戀情人 Over the Rainbow Under the Skirt (1994年)【香】• (1995年)【中・香】監督:• (1996年)【香】監督:• 恋する天使(1996年)【香】• (1996年)【香】• (1996年)【香】監督:• (1996年)【中・香】監督:• (1996年)【香】監督:• (1997年)【香】監督:• ラッキー・ファミリー(1997年)【香】• 歌って恋して(1998年)【香】• (1998年)【日・香】• 左右情緣 Left Right Love Destiny(1999年)【香】• 追憶の上海(1999年)【香】• 流星(1999年)【香】• (1999年)【香】• OKINAWA Rendez-vous(2000年)【香】• (2000年)【香】• アッシュズ トゥ アッシュズ(2000年)【香】• カルマ(2002年)【香】• (2008年)【香】……『楽園の瑕』の別編集バージョン 主なアルバム [ソースを編集 ]• DayDream(1977年)デビューアルバム。 英語曲中心。 風繼續吹(1983年)本文中にもある「さよならの向こう側」カバー収録アルバム。 張國榮Monica(1984年)『』カバー収録。 當年情(1986年)本人出演映画「男たちの挽歌」主題歌「當年情」収録。 SUMMER ROMANCE(1987年)1987年に香港で最も売れたアルバム。 Virgin Snow(1988年)本人主演映画「男たちの挽歌II」主題歌「奔向末來日子」収録。 SALUTE(1989年)香港の往年のヒット曲を自ら歌ったアルバム。 寵愛(1995年)本人が出演した映画の主題歌を自ら歌ったアルバム。 紅(1996年)歌手本格復帰アルバム。 Gift(1998年)収録曲マシュマロはの提供曲。 ボーカルプロデュースは。 大熱(2000年)と共演した映画「恋戦。 OKINAWA」主題歌とそのミュージック・ビデオを収録。 主なシングル [ソースを編集 ]• 終始会行運(1984年) 『』オープニングテーマ• Monica(1985年) 『』カバー 関連書籍 [ソースを編集 ]• 『レスリー - レスリー・チャンのすべて』(清永安雄著、、1999年) 脚注 [ソースを編集 ] [].

次の