賢者 カイム。 カイム(グラブル) (かいむ)とは【ピクシブ百科事典】

『グラブル』カイム(賢者)性能 逆位置(サブ効果)が強力!アビリティコピーや少しややこしい仕様

賢者 カイム

2アビは回復や全体ポンバとして使うもよし、3アビのトリガーとして使うもよし。 3アビは発動条件がやや厳しめなので、高い効果が期待できそう。 【3アビ発動方法例】 ・単体大ダメージ特殊行動を受けて瀕死になったキャラに対して2アビを使う ・全体大ダメージ特殊行動を受けた後に使用 割合ダメや強制瀕死技には特攻 ・ヴェインの3アビでヴェインを瀕死にしてから2アビをヴェインに使用 戦闘スタイルとしては、サポアビ「女帝の定位置」で削りつつ、 2アビ3アビで火力アップや立て直しを図る…といった感じでしょうか。 渾身との相性も良いですし、かなり使いやすくて強いキャラだと思います。 「月狂の涙」は、月の満ち欠けに応じて攻撃性能がUPする効果となり、ハーゼリーラ自身の奥義や召喚石「ザ・ムーン」により付与される「三日月」「上弦」「望」効果によって効果内容が変化します。 (左から「三日月」「上弦」「望」) 最も月が満ちた状態である「望」の時にこの効果も最大になり、ダブルアタック確率、水属性追撃効果、ダメージ上限UPが発生します。 また、「月が満ちる」ことによって残りターンに応じて効果量が上昇していく「三日月」「上弦」の効果時間を1ターン減少させて、より早く効果量が高い状態に持っていくことができます。 今だとアルバハHLソロで大活躍できそう! 奥義効果とサポアビも全て強力なので、 マリアと同様にこちらも非常に使いやすいキャラといえるでしょう。 属性バフまけるので、エウロペとの相性も良し。 短期ならマリア、長期ならハーゼリーラといった感じですかね? とはいえ、どちらも短期・長期問わず活躍できるキャラだと思います。 命中率が非常に高く、現状存在している敵すべてに対して無効化されることのない強力な効果となります。 後述するサポートアビリティによって「剛毅果断」効果が付与されている場合は、さらに「紅い悪夢」効果を付与しつつ、敵の強化効果を無効化します。 「紅い悪夢」効果は、敵の被ダメージが上昇する状態となり、防御力が高い敵に対しても有効打を与えることができます。 難点は、デビル+フラウより、サン+アラナンのほうが石・キャラ共にパンチが効いている点でしょうか。 キャラだけ見ると長期ならフラウ、短期ならアラナンといった感じですが、 古戦場ではアナランのほうが貢献度稼ぎには向いていそうですね。 なお、「烈日の楽園」は「フレア」といった敵と全ての参戦者に効果が発揮されるフィールド効果とは異なり、発動したプレイヤーとその敵のみに効果が発揮される新たなフィールド効果となります。 さらにバトルの背景を、あらゆる悪因を浄化する、美しくも退廃的な花園に塗り替えてしまいます。 その分性能は一級品っぽいので、超短期決戦キャラでしょうかね。 デメリットとしては、模倣元は被ってもいいアビリティ限定 ダメージアビや自己バフ等 なのと、 アビリティ使用順序を考えてポチる必要があるので、3アビの切り替えも含めて 戦闘がちょっとめんどくさくなる点でしょうか。 あとアビリティリキャストが全体的にちょっと長いかな・・・? とはいえ、スペック的に今後キャラが増えた場合も腐りにくいのは良いと思います。 あとサポアビ「刑死者の逆位置」も面白い効果ですよね。 グラブルが同一武器不可だったらどうなっていたか・・・をキャラで実装してくるとはw 条件は厳しいですが、それ相応の性能ならやる価値はありそう。 欠点は、毎ターン1アビポチるのが必須でめんどい点かな。 反面、1アビ効果中は奥義が撃てなくなってしまうので、 奥義を主体とするPTの場合はカッツェリーラは不向き。 とはいえ奥義硬直を考慮すると、バフ効果次第では奥義なしで殴ってたほうがDPSは出るかもしれませんね。 ただしHP割合で発動する特殊行動は除く。 取り分け通常連撃や全体特殊を多様してくる相手には良さげ。 とりあえずサポアビ3はシルヴァの交代でOKとしても 実際にOKなのかわからないけど 、 3アビ維持のためだけに編成組むというのも本末転倒なので、 他も強キャラで固めつつ維持も可能となると結構大変そうですねぇ・・・。 なお、「死ト愛ノ世界」は「フレア」といった敵と全ての参戦者に効果が発揮されるフィールド効果とは異なり、発動したプレイヤーとその敵のみに効果が発揮される新たなフィールド効果となります。 さらにバトルの背景が変化し、暗く冷たい死の世界へと誘います。 できればサブメンバーから出したいところなので、デス召喚で誰か犠牲にするか、 光シルヴァやクロエ等の交代持ちをフロントに入れておくと良いでしょう。 気になるのは、入手も容易では無い上に手間をかけて運用する程の戦力があるのかどうか・・・。 1アビと奥義性能アップ効果次第ってところでしょうかね。 あとは普通に召喚石目当てで取ったついでにその対応した十賢者や、 メイン運用ではなくサブ運用目当てってのも有りかもしれません。 現状は十天衆+限定や恒常の強キャラで大体は問題ありませんしね。 サブに置きっぱなしを想定するなら、使いやすそうなのは水のハーゼリーラ、 風のカッツェリーラ、火のフラウとアラナン、土のロベリアあたりでしょうか。 このへんは置いとくだけでもまず損はないでしょう。 普通に運用する場合は、マリア、ハーゼ、フラウ、アラナン、ロベリアあたりが特にクセもなく使いやすそうですね。 反面、光と闇の二人は性能をフルに発揮させようとした場合、 周りの環境も整えてあげる必要性が出てくるので、やや使いづらいかもしれません。 そんなわけで、自分は水パを使うことが一番多いので、 ハーゼリーラとマリアを目指していこうかなと思います。 石はまだノータッチなので、どちらを先に取るのかはまだ考え中ですが、 アルバハHLソロ用 と石的 にハーゼかなー。 ガリレオサイト最終きたらソロやろうと思ってたんですが、ハーゼ仲間にしたらいっちょやってみっか! 【関連記事】.

次の

土賢者カイム君の使い方!!自分の操作次第で超便利&つよつよキャラへ変貌するぞ!

賢者 カイム

そしてそれ故に何よりも孤独なるは愚者。 しかし、業も罪も忘却の彼方へと打ち捨てられた。 それは苦難か幸福か。 逆さの笑顔が見つめる幼子の瞳は無垢に濁り、蒼い空を映してきらめく。 総評 アビリティの再発動、コピー、仲間の使用アビリティによって自身のアビリティが変化など、特徴的なアビリティ群を備えたアーカルムの賢者。 できることが多く、一見すると難解で癖の強いキャラクターである印象を受けるかもしれないが、実用してみると比較的シンプルな運用ができる。 フロントでの起用時には、バトルメンバーが使用したアビリティによって変化する3アビを使用して、ゲージ加速や回復で支援しつつ、自己強化を累積していく。 そしてタイミングを見計らって2アビの強化効果で一気に畳みかけるのがシンプルながら強力。 3アビの各効果はどれも実用的な性能であり、攻撃UPや追撃効果を永続で得られるのでカイム本人は2アビのバフに頼らずとも高火力を出せる。 また、1アビによるアビリティの即使用や、模倣アビリティによって編成全体の動きに変化を付けることもできる。 本領発揮のためにはどうしてもアビリティを押す必要があるため、1秒を争うようなマルチバトルの貢献度レースのような戦闘にはやや不向き。 サブメンバーでの起用時には、特殊な武器編成によって強化効果を得られる。 詳細は後述のサポートアビリティ関係にて。 総じて、文面の印象から受けるほど難解な要素は少なく、様々な場面であらゆる味方と組んで起用することが可能なキャラとなっている。 フロント起用・サブ起用共に土属性の採用できる戦術に大きな影響を与える可能性を秘めているといえるだろう。 1度アビリティを発動すると【ダブルディール】は消去される。 ダブルディールはあくまで「 アビリティを使用した後のリキャストを0にする」効果なので、既に使用済みのアビリティはリキャスト終了まで使用できない。 発動に若干のターン制限があり、戦闘中1度きりしか使えないものの、多くのキャラクターの立ち回りに変化をもたらす可能性を秘めているユニークなアビリティ。 ただし、十天衆の4アビのように再使用不可のアビリティならびに使用間隔0ターンのものは復活できず、その場合【ダブルディール】は消費されない。 カイム自身は、後述の2アビを連続使用することで早期に【エンド・オブ・ジョーカー】を発動することができるようになる大きな利点がある。 また、類似の効果を召喚石「黒麒麟」が持っているが、こちらは「味方全体のアビリティ全て」を即使用可にするというもの。 単純に適用対象となるアビリティの数は黒麒麟に軍配があがるが、カイムのダブルディールはキャラ毎に使うタイミングをある程度選べるのが特徴。 コピー可能なアビリティはを参照。 エンド・オブ・ジョーカーと使用間隔を共有しており、使うごとに効果が入れ替わる。 土パでのコピーの代表的な使用方法としては、のグラウンドゼロによるクエストの高速周回や、ファランクスや2アビによる高難度クエストでの耐久など。 基本的にはエンド・オブ・ジョーカーのスイッチが主目的になるだろう。 ちなみに全て召喚枠。 非常に強力なバフだが、先述のとおりビギニング・オブ・ジョーカーと使用間隔を共有しているため、実質的には使用可能7ターン後、使用間隔14ターンのアビリティ。 よほどの長期戦でなければ1戦闘で1回しか使えないと考えた方がいい。 なお、ダブルディールを使用すれば最短4ターン目から発動することができる。 ブランクフェイス バトルメンバーが最初に使用したアビリティの種類に応じてアビリティ内容が変化 使用間隔:5ターン この表記のままでは使用することができない特殊なアビリティ。 このアビリティが「ブランクフェイス」表記の状態で、カイム自身を含めたバトルメンバーが最初に使用したアビリティによってアビリティが変化する。 変化時に僅かだが演出が入る。 変化の選択肢は4種類あり、編成や戦闘画面に表示されるアビリティアイコンの色で識別が可能となっている。 変化したアビリティはどれもオーソドックスで使いやすいものが揃っており、カイム自身に永続・消去不可の強化効果を併せて付与する。 また、奥義を打つ度にブランクフェイスに戻り再使用可能になるため、奥義回転が早い編成の場合3ターン程度で再度使用することも可能。 1アビ、2アビの発動に制限が設けられているカイムだが、このアビリティによる支援や自己強化でオールマイティな活躍が期待できる。 各種トリックに変化させると、奥義を撃つまではアビリティは変化したままになる。 なので、黒麒麟やダブルディールを使っても1ターンに2種類のトリックを使うことはできない。 通常攻撃後にランクが上昇する。 シンプルなダメージ源。 自身の奥義ゲージ調達にも。 連撃UPや追撃を付与できればより効果的。 これらにより、相手を問わず高いダメージを出せる。 回復上限は2000。 発動時にランクAなら3000回復できる。 吸収効果は通常攻撃でダメージを与えた際に、ダメージに応じて自身のHPを回復する効果。 回復上限は500。 回復性能UPの影響を受けるためランクJで550、ランクAで750回復できる。 オクトーが居る土パのゲージ加速の恩恵はかなり大きい。 ランクAで被ダメがおよそ半分になる。 変転効果は敵からのダメージを水属性に変換する効果。 防御UPも合わさって無属性相手にも堅牢な形で臨むことが可能となる。 一人だけ受けるダメージが水属性になるため、属性ダメカ石の選択には注意。 追撃効果だけを目当てにするならば、正位置スタートするか初手にミストなどを使えばよいだけなので簡単。 これによって3アビの強化効果を累積させやすくなる。 このサポートアビリティによって、カイムは他のどのキャラクターと組む際にも、武器編成の側面においては障害がないアドバンテージを持つ。 他賢者同様、フロントに出てきた場合や戦闘不能になった場合は効果を失う。 フロントでの癖がありつつもオーソドックスな性能と裏腹に、極めて特殊なサポートアビリティとなっている。 装備している武器をすべて異なるものにする必要があるため、特定スキルの武器を複数積むことで火力を増す昨今の環境とは完全に逆行する。 逆位置編成を組む場合、同条件で発動しダメージ上限を更に伸ばせるは事実上の必須武器となる。 マグナ編成は渾身と方陣技巧の仕様による確定クリティカルという大きな強みがあるため、これらを捨ててリターンを得られるかは怪しいところ。 一応柔らかい敵に対してなら上限UPの部分で差が出てくる。 反面、ティターン編成では白虎咆拳・邪や宝剣アンダリスのような上限突破系の武器を無理なく積める利点がある。 同じガチャ産武器を複数集めるよりは編成ハードルも低いと言えるだろう。 高防御値の敵が増えてきた最近はスキルがバラバラの武器編成でダメージ上限付近を叩くのが厳しい場面も多々あるので注意 特にマグナ。 3アビによって得られる強化効果を、ランクはランダムながら4種類全て得た状態で参戦できる。 加入時 「僕はカイム。 この大きな艇でどこまで行けるのか……すごく楽しみなんだ!」 マイページ 「ハングドマンは、ずっと逆さまで頭に血が昇らないのかな……?僕だったらどれくらい出来るかな? 一日……は、無理だよね、きっと」 「シェロは元気かなぁ。 シェロも団長たちと仲良しなのに、どうして一緒に旅をしないの?」 「僕、わからないことが沢山あるんだ……小さいときのこととか……それを考えると、頭が痛くなってね。 すごく、怖い」 誕生日限定(ネタバレのため反転) 「誕生日おめでとう!」 誕生日限定(ネタバレのため反転) 「今日はパーティだよね? にぎやかですっごく楽しそう!」 編成時 「うん!わかった!」 「ハングドマンも、一緒でいい?」 「うん!一緒に行く!」 覚醒時 「分からないことが沢山あるのは怖いけど……団長やハングドマンが色々教えてくれるから平気だよ!」 LBクラスアップ時 「これからも僕、いっぱい頑張るね!団長の役に立てるように!」 LB強化時 「僕、頑張るね!ハングドマンと一緒に!」 「やったね!」 「えへへっ僕、強くなったよね!」 図鑑台詞 「僕はカイム。 この大きな艇でどこまで行けるのか……すごく楽しみなんだ!」 「ときどきね、すごく怖い夢を見るんだ。 よく覚えてないんだけど、夢の中の僕はひとりぼっちで、それでも笑ってるの」 「ハングドマンは優しいんだけど、時々、少し怖いんだ。 でも僕、ハングドマンのこと好きだよ! いつも一緒にいてくれて、楽しいし!」 誕生日限定 1(ネタバレのため反転) 「今日、(団長)の誕生日なんだね。 おめでとう!」 「誕生日かぁ……そういえば、僕の誕生日っていつなんだろう……」 「……変だよね? 覚えてないの……」 「でも、そういうこと考えると頭が痛くなるんだ。 だからやめた方がいいって、ハングドマンが……」 「(団長)もそう思う?」 「……うん、わかった。 考えるのやめる。 ありがとう(団長)。 「ギヴィン」の火力が異常に上がっており、グリームニルのバリアの上からでも全体が簡単に倒されてしまう。 そのためカット必須。 シールドワイアでスロウも使えるスパルタが推奨される。 チョークチェイサーや昏睡が有効なのは変わっていない。 デバフ消去対策としてユリウスを編成すると事故率をほぼ払拭できる。 一応天秤入れてM攻刃2・EX攻刃2の形にしました。 ルナールのページからファクシミリのコピー可否のページいけるからそれでいいと思う。 四属性のリミ武器は火に大きく離され3つしかない理由はカイムに配慮している説マジ? -- [1k5CAenMwzc] 2020-05-03 日 20:18:58• 運営に聞けばいいんじゃない? -- [9IH5h0g0ul6] 2020-05-07 木 02:22:26• バブさん攻略にフロント起用してる人いる? -- [KDldStNIkJo] 2020-05-28 木 01:22:54• 1T目にルナとアンチラ落としてカイム とロベリア 出してるけどド安定だよ。 青3は言わずもがなで、カオルのディレイコピー・裏2アビの火力貢献・カルマ受けても1アビ切って水ブロの1アビ再使用、と死ぬ要素全く無い -- [JluB2nqHUXE] 2020-06-02 火 13:14:15• 最近仲間にしてかなり強くて助かってるけど、性格は初期のギスギスカイムくんの方が良かったな。 なんかコナンの猫被りをずっと聴いてるみたいでちょっと… -- [Zd1slxFd. コメント投稿を行う前に をお読みください。 誹謗・中傷・煽り・乱暴な言葉遣い・過度に卑猥・公序良俗に反する等、閲覧者が不快になるコメント、レスは控えていただきますようお願いいたします。 キャラDis、愚痴、不満についての投稿は、でお願いします。 わずかな愚痴が含まれていただけで、頭ごなしにに誘導するのはおやめください。 また、明らかに板違いの愚痴に対して、返答・誘導する場合は、言葉遣いに配慮し、板が荒れないよう気を配っていただけますようお願いいたします。 ルールを守っていただけない場合、 アクセス規制の対象とさせていただくことがございますので、ご留意ください。

次の

十賢者カイムレビュー!!

賢者 カイム

誰かを生贄にさ下げる必要あり。 召喚効果も微妙なダメアビのみ。 召喚石一枠を占領するにはかなり心許ない性能。 賢者取得用として割り切るしかない。 運用 フロント運用するには正位置発動が必須。 闇以外は賢者を出すのに一手間必要。 この格差もさっさと解消してほしい。 正位置で出すと魔術刻印が10たまっているので早速3アビを使ってバトル開始。 各キャラがアビを使うたびに約40万の追加ダメージが発生する。 必然DPTは上昇するがDPSは低下する。 追加ダメージは上限をupするとその分強化され、対有利では普通に100万を超えていく。 それ以降はコツコツ1アビで刻印を貯めながら、適度に2アビで他キャラのアビRCを短縮していく。 最近のコンテンツで相性が良いのはバフHLに対する水着ゴブロの1アビ。 RC短縮自体は非常に有能であり、今後土キャラのアビ次第で夢が広がリングな賢者である。 カイム・ロベリア込みで今後の土キャラ性能実装されないことを祈るのみ まとめ ん~~~~ マルチでの競争には全く向かないので、実際のところ、そこまで優先するべき賢者ではないと思います。 対象コンテンツとしては高難易度でDPTが要求されるようなコンテンツですが、あまりそのようなコンテンツは多くありません。 使い道があまり多くないので、アラナンニーアカイムといった石・性能も強く、用途が幅広い賢者には劣りますが 本体性能自体は非常にユニークなので、今後の実装キャラ次第でどんどん価値が上がっていく一方のキャラです。 でも、今の時点で必須とか人権とかは言い過ぎだと思います。

次の