エクセル 消費税の計算。 Excelで消費税を切り捨てで計算する

[EXCEL]消費税増税でエクセル計算式を修正するラクな方法|EXCEL屋(エクセルや)

エクセル 消費税の計算

【Excel】エクセルで税抜き・税込みの計算する方法【税抜き価格・税込価格】 消費税は個人であっても、企業であっても同様にかかります。 例えば、当サイトでのメインテーマであるリチウムイオン電池の製造メーカーであったら、活物質などの材料や部品を購入する際に、税込価格、税抜価格などの表記をとります。 そのため、税抜き、税込み価格や、税金のみの価格などの税金に関する差引きについて理解しておくといいです。 ここでは、エクセルで税抜、税込価格に関する内容について解説していきます。 ・エクセルで税込みの価格を税抜きにする方法 ・エクセルで税抜きの料金を税込みにする方法 ・エクセルで税抜きの金額にかかる税金のみを表示する方法 というテーマで解説していきます。 エクセルで税込みの価格を税抜きにする方法 それでは、実際のデータ(仮)を元に税込価格から税抜価格への変換を行っておきましょう。 すると、税込みと税抜の金額には以下のような計算式が成り立つのです。 以下のような、税込価格(円)が表示されているとします。 08と数式を打ち込みましょう。 すると、税込から税抜への換算ができました。 あとは、計算された税抜価格をもとにを使用して、一括して税抜きの金額を算出していきましょう。 エクセルですと、一括して税抜価格を計算できるため、きちんと理解しておきましょう。 関連記事 エクセルで税抜きの料金を税込みにする方法 次では、エクセルで税抜き料金を税込に換算してみましょう。 基本的には上述と逆の操作をすれば問題ないです。 08 = 税込価格という計算をエクセル上で行いましょう。 Enterを押して税込の金額を求めていきましょう。 後は、オートフィル機能を利用して一気に計算していきましょう。 このようにして税込価格の計算が一括してできました。 関連記事 エクセルで税抜きの金額にかかる税金のみを表示する方法 最後に税抜価格かた、消費税の税金のみを求める方法について考えていきましょう。 こちらも、税金の定義をそのままエクセル上で表現するだけといえます。 08をするだけでいいのです。 以下の通りです。 こちらでも、基準となるセルを計算した後にオートフィル機能で連続して計算するだけでいいのです。 関連記事.

次の

消費税の税込み価格、税抜き価格の計算方法は?

エクセル 消費税の計算

この記事に書いてある内容は... エクセルで消費税を計算すると合計が合わない理由 消費税を求める式は以下の通りです。 税抜価格+消費税=税込価格 この計算式をエクセルで表現すれば消費税が計算することができます。 しかし、ときに店頭で表示されている税込価格とエクセルで計算した税込価格が合わないことがあります。 以下の表を見てください。 商品の税抜価格とエクセルで計算した消費税・税込価格、そして店頭表示税込価格の一覧です。 1円の違いですが商品AとCで価格がずれていることが分かります。 消費税を正しく計算するには小数点以下を切り捨てる設定が必要 このような誤差は小数点以下の消費税が原因で起こります。 消費税と税込価格のセルについて上の画像では小数点以下が表示されていません。 しかし、「セルの書式設定」から小数点以下を表示させるように設定を変えると、以下のようになります。 小数点以下が自動的に四捨五入されており、計算が合わなくなっていたのです。 小数点以下の消費税をどのように計算すべきかは事業者の判断に任されています。 発生した小数点以下の端数を四捨五入や切り上げすれば、事業者側としては数円の儲けになることもあります。 しかし消費者に対して他より高い店という印象を与えるのはよくありません。 そこでエクセルにて消費税の小数点以下の部分を「切り捨て」するための方法を考えていきましょう。 消費税の端数を切り捨てるための設定方法 小数点以下の端数を切り捨てるための関数にはINTとROUNDDOWNの2つがあります。 1)をINT関数で囲うだけです。 C2セルでは小数点以下を切り捨てて表示しているのが分かります。 あとは、オートフィルでC4まで式をコピーするだけでOKです。 123456,3) とすると、結果は1. 123と表示されます。 ROUNDDOWN関数で小数点以下の消費税を切り捨てたい場合は =ROUNDDOWN(消費税,0) と第2引数を0にすればOKです。 それでは先ほどの表で試してみましょう。 こちらの場合もINT関数同様に小数点以下の数字を切り捨てることができています。 INT関数とROUNDDOWN関数の違い Int関数とROUNDDOWN関数、どちらでも小数点以下の消費税を切り捨てることができます。 ただROUNDDOWN関数の場合、第2引数で切り捨てる桁数を指定しなければなりません。 この操作がない分INT関数の方が便利と言えます。 マイナスの値を扱うときINT関数がより小さい整数を返すのに対し、ROUNDDOWN関数は指定桁数以下を単純に切り捨てます。 例 INT(-100. 税込価格から税抜価格と消費税を計算する それでは今度は税込価格のみ分かっているところから、税抜価格や消費税を求めてみましょう。 1で割れば税抜価格を求めることができます。 1で税抜価格が計算できます。 これに0. 1をかければ消費税を計算することができます。 食料品とその他の商品を扱っているお店で税込価格を計算したい場合、税率が混在しているので厄介です。 こんな時は税率の部分をIF関数で表しましょう。 例えば以下の商品表では*をつけることで軽減税率商品を表しています。 商品Aの消費税を求めるため、まずD2に以下のように入力します。 08,0. 1 IF関数の文法はこうです。 08,0. 1 」と表現することで、「軽減税率商品の行に*が入力されている場合は0. 消費税の計算は小数点以下の端数が絡むため、非常に厄介なものです。 しかしエクセルの関数を使えば軽減税率の計算を一気に行うことができます。 面倒な税込価格・消費税の計算はエクセルに任せてしまいましょう。

次の

Excelで消費税を切り捨てで計算する

エクセル 消費税の計算

対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007 消費税計算に関連して、ということ、、それとは逆のをご紹介してきました。 「エクセル 消費税 関数」 といった検索を行っている方の中には、端数処理について知りたいという方も少なくありません。 税抜価格に消費税率を掛け算して消費税額を計算したり、税抜価格に消費税率に1を加算した「1. この端数処理をどう行えばいいのかということを調べたいという方が 「エクセル 消費税 関数」 という検索を行っている方の中には含まれています。 まず、端数処理について、法律上はどう定められているかを確認しておきましょう。 法律上は端数を、四捨五入するのか、切り捨てにするのか、切り上げにするのか、どれが正しいのでしょうか。 平成16年2月19日に出された「」の中に、総額表示に関連した端数処理についての記述があります。 「2(総額表示の具体的な表示方法)」の、なお書きの部分です。 「なお、総額表示の義務付けに伴い税込価格の設定を行う場合において、 1円未満の端数が生じるときは、当該端数を四捨五入、切捨て又は切上げのいずれの方法により処理しても差し支えなく、」 という記述があります。 つまり、総額表示の税込み価格を計算する際の端数処理を、四捨五入するのか、切り捨てにするのか、切り上げにするのかは、総額表示を行う法人・個人が決めればOKということです。 なお、ROUND・ROUNDDOWN・ROUNDUP関数は、消費税の端数処理に限っって使う関数ではなく、数値の丸め処理全般に使える関数です。 05」でもOKです。 サンプルファイルには、「消費税額」「消費税額 税率外出し」「税込価格」「税込価格 税率外出し」というシートを作成してあります。 「消費税額」「消費税額 税率外出し」シートには消費税額を計算する例、「税込価格」「税込価格 税率外出し」シートには税込価格を計算する例を作成してあります。 また、「消費税額」「税込価格」シートには消費税率を数式内に直接記入した数式、「消費税額 税率外出し」「税込価格 税率外出し」シートには、消費税率を外に出してB1セルを参照するような数式を入力してあります。 各シートの、A3:A23セルに「100」から「120」までの整数を入力し、B3:B23セルには端数処理をしていない状態、C2:C23セルには端数を切り捨てる数式、D2:D23セルには端数を四捨五入する数式、E3:E23セルには端数を切り上げする数式を入力して、端数の状態を確認するために小数点以下第2位まで表示させてあります。 どのような値が計算されているのか等をご確認ください。

次の