グラス トラッカー ビッグ ボーイ 違い。 スズキ グラストラッカー 一週間試乗インプレッション [SUZUKI(スズキ バイク)] All About

スズキ グラストラッカー 一週間試乗インプレッション [SUZUKI(スズキ バイク)] All About

グラス トラッカー ビッグ ボーイ 違い

もちろんエンジンからフレーム、足廻りに至るまでボルティーと一緒。 正に七変化。 ただグラストラッカーはセルに付け加えてキックも付いてる。 これは車名となっているグラストラッカーが1970年代にアメリカで流行った草レースの事でキックが付いたのはそのため。 (万が一用) グラストラッカーもボルティーほど安くは無かったんだけど出ると同時にブームの波に乗って人気が出るというスズキとしては珍しくスタートダッシュが決まったバイク。 そして一年遅れで今も続く派生モデルのビッグボーイが発売。 これはフロントフォークとスイングアームを延長してワンサイズ大きいタイヤを履いたモデル。 ファッショナブルな無印に比べて未舗装路での走行性を向上させたモデル。 だからBIGBOYの方がよりグラストラッカー(オフ寄り)と言えなくもない。 7L 交換時1. 3L フィルター1.

次の

スズキ グラストラッカービッグボーイの買取相場を知って売る

グラス トラッカー ビッグ ボーイ 違い

何れも、貴方のバイクに求める方向性がハッキリと感じられる要素を持ち合わせたバイクですね。 グラストラッカーにも、グラストラッカーとグラストラッカービッグボーイがあり、事実上4種類の中からの選択かな?違いはタイヤサイズとそれに寄って発生するシート高や全長、軸間の長さ等ですね。 【FTR】 【TW】 さて、問題点としてはTWについては新車が手に入らない可能性が高く、絶版車であることを考え、さらに改造され乗り回せれた個体が多いので、TWを選択した場合には、メーカー保証のある「認定中古車」からの選択が必須になるかと思います。 FTRは、お洒落な色合いのモノが多いですね。 オプションも豊富です。 【HONDAドリーム認定保証中古車】 バイクに乗る・・・ということは、イコール「整備・点検・保守・故障修理」との付き合いも始まります。 それを見越して、「お店を選ぶ」ということも、バイクを選ぶのと同じく重傷な要件です。 このサイトでも「買ったらすぐ故障した」「店にクレームを言っても受け付けて貰えない」「修理に3ヶ月掛かると言われた」・・・等々、バイクそのものの悩みと同じくらい、ショップに対する悩みの相談が、毎日後から後から出てきます。 ですから、仮に新車を選ぶ場合は「ホンダドリーム店」「カワサキ正規代理店(カワサキオンリーの店)」「YSP」「スズキバイクサービスショップ」等の「メーカー認定整備士の居るお店」での購入をお勧めします。 また、認定中古車は、保証もサービスも新車と殆ど変わりません。 安心して乗れます。 最終的にかかるコストも、結局は安上がりです。 それもまた楽しみの一つです。 TWが200ではなく225なら、その3台の性能はどれも大差ないです。 このクラスのシングルは4mini同様、カスタムして遊ぶことがメインのバイクだと思っています。 自分はビッグボーイに乗っていますが、FTRとTWは候補にはなかったです。 ビッグボーイ以外の候補はカワサキの250TRとHondaのGB250クラブマンでした。 では、なぜTWとFTRが選択肢になかったのかというと、その理由は「モノサス」だからです。 バイクのサスペンションとしてはモノサスの方が好きですが、自分がしたいカスタムスタイルは2本サスの方が相応しかったからです。 市販のパーツでチューニングすることを考えるとグラストラッカーになります。 初代グラストラッカーに限りますが、過去にワンメイクレースが行われていたため今でもチューニングパーツやバックステップキットなどが残っています。 FTRも武川からボアアップキットがあります(たぶん今でも…)が、10ccしかアップしないのでグラストラッカーほどの最高速アップは望めません。 ちなみに、250ccクラスのストリート系で1番化けるのは、BEET JAPANから354ccボアアップキットが出ている250TRです。

次の

グラストラッカーとST250Eタイプの違いを比較

グラス トラッカー ビッグ ボーイ 違い

2000年4月24日にスズキ グラストラッカーが新登場。 型式は、BA-NJ47A グラストラッカーは、オンロード走行をメインにしつつオフロード走行も意識したデュアルパーパスモデル。 ロードモデルのボルティーから、エンジン、フレーム、フォーク、ホイール、キャブレターなどを流用。 250ccクラスの車種の中では小柄で乾燥重量が123kgと軽く、シート高も745mmと足つきが良い。 2001年11月にスズキ グラストラッカーをマイナーチェンジして発売。 主な変更点は、キック始動が廃止されセル始動のみに変更。 マフラーの簡素化した。 ハンドルバランサを廃止。 パッシングライトスイッチを廃止。 ヘルメットホルダ形状を変更。 ステアリングベアリングを変更。 スイングアームピボット構造を変更。 ブレーキレバー形状を変更。 グリップエンドキャップを追加。 グラストラッカービッグボーイとの住み分けのために本体価格を384,000円から339,000円へ値下げしてコストダウンした。 2002年11月にスズキ グラストラッカーの2003年モデルを発売。 2003年5月にスズキ グラストラッカーの2003年モデルを追加発売。 2004年4月にスズキ グラストラッカーをマイナーチェンジして発売。 型式は、BA-NJ4BA 主な変更点は、ST250 2003年12月発売 用の軽量で放熱性の高い高速メッキシリンダーを採用した空冷4スト単気筒SOHC2バルブエンジンを搭載。 これまでの4バルブによる高回転域での効率的な高出力は失ったが、2バルブ化により低回転寄りのセッティングに変わり低回転域でのトルクが向上。 ローターを変更。 マフラーをシンプル化。 エキゾーストパイプを2本から1本へ変更。 メインステップの形状を変更。 バッテリーを開放型からメンテナンスフリータイプ(密閉型)に変更。 タンデムステップが取り外し式に。 車両重量が123kgから120kgに。 2008年9月22日にスズキ グラストラッカーをマイナーチェンジして発売。 型式は、JBK-NJ4DA 主な変更点は、2007年自動車排出ガス規制の適合のため、燃料供給装置をキャブレター方式からインジェクション方式に変更。 燃料供給装置は、「ST250 Etype」と共通のもの。 エンジン出力は19psに下がり、実用トルクが若干上がり、始動性の向上・燃焼効率の改善・低排出ガス化を実現。 マフラーを触媒レスマフラーから触媒付マフラーに変更。 シートが厚くなった。 燃料タンクが6Lから8. 4Lとなった。 ツールボックスの位置変更。 燃料残量警告灯が装備された。 車両重量表記が乾燥重量120kgから装備重量136kgへ改めた。 2013年8月23日にスズキ グラストラッカーをカラーチェンジして発売。 2014年8月28日にスズキ グラストラッカーの2014年モデルを発売。 主な変更点は、タンクのSエンブレムが変更。 2017年9月に平成28年自動車排出ガス規制によりグラストラッカーの生産終了を発表。 スズキ グラストラッカービッグボーイの歴史 2001年3月30日にスズキ グラストラッカービッグボーイが新登場。 型式は、BA-NJ47A 2002年3月にスズキ グラストラッカービッグボーイをマイナーチェンジして発売。 主な変更点は、グラストラッカーは、キック始動が廃止されセル始動のみに変更されたが、グラストラッカービッグボーイは、キック付きエンジンはそのまま。 マフラーの簡素化。 ステアリングベアリングを変更。 ブレーキレバー形状を変更。 スイングアームピボット構造を変更。 ハンドルバランサを廃止。 パッシングライトスイッチを廃止。 ヘルメットホルダ形状を変更。 グリップエンドキャップを追加。 本体価格が394,000円から374,000円へ引き下げられた。 2002年11月にスズキ グラストラッカービッグボーイをカラーチェンジして発売。 2003年5月にスズキ グラストラッカービッグボーイをマイナーチェンジして発売。 主な変更点は、ホイールリムを従来の黒色からクロームメッキ仕上げに変更。 フロントのフォークブーツを取った。 メーターは、従来のクロームメッキ仕上げから黒色に。 2004年4月にスズキ グラストラッカービッグボーイをマイナーチェンジして発売。 型式は、BA-NJ4BA 主な変更点は、ST250 E typeと共通の軽く放熱性の高い高速メッキシリンダー SCEM を採用した249cc空冷単気筒4サイクル・SOHC2バルブ(J438型)の新設計エンジンを採用。 セル始動に加えてキック始動を併用したものを採用。 ローターを変更。 マフラーをシンプル化。 エキゾーストパイプを2本から1本へ変更。 メインステップの形状を変更。 タンデムステップが取り外し式に。 バッテリーを開放型から密閉型のメンテナンスフリータイプに変更。 2006年4月にスズキ グラストラッカービッグボーイの2006年モデルを発売。 2008年9月にスズキ グラストラッカービッグボーイをマイナーチェンジして発売。 型式は、JBK-NJ4DA 主な変更点は、排ガス規制のため、燃料供給装置をキャブレター方式からインジェクション方式に変更。 燃料供給装置は、「ST250 Etype」と共通。 始動方式がグラストラッカーと共通のものが採用され、キック始動を廃止してセル始動のみとなった。 エンジン出力は19psに下がり、実用トルクは少し上がり、始動性の向上・燃焼効率の改善・低排出ガス化を実現。 マフラーを触媒レスマフラーから触媒付マフラーに変更。 燃料タンクが6Lから8. 4Lに。 シートが厚くなった。 燃料残量警告灯が装備された。 ツールボックスの位置変更。 フロントフォークブーツを標準装備。 2009年12月24日にスズキ グラストラッカービッグボーイ10周年記念モデルを発売。 2010年2月にスズキ グラストラッカービッグボーイをカラーチェンジして発売。 2013年8月にスズキ グラストラッカービッグボーイをカラーチェンジして発売。 2014年7月8日にスズキ グラストラッカービッグボーイをカラーチェンジして発売。 Sエンブレムが変更。 2017年9月にグラストラッカーとグラストラッカービッグボーイの生産終了が発表された。 ここでは、 2014年8月28日発売のスズキ グラストラッカー JBK-NJ4DA と 2014年7月8日発売のスズキ グラストラッカービッグボーイ JBK-NJ4DA の違いを比較しました。 2 61. 2 圧縮比(:1) 9. 2 9. 2 最高出力(kW) 14 14 最高出力(PS) 19 19 最高出力回転数(rpm) 7500 7500 最大トルク(N・m) 21 21 最大トルク(kgf・m) 2. 1 2. 1 最大トルク回転数(rpm) 5500 5500 燃料タンク容量 L 8. 4 8. 7 1. 7 クラッチ形式 湿式・多板 湿式・多板 変速機形式 リターン式・5段変速 リターン式・5段変速 1次減速比 3. 238 3. 238 2次減速比 2. 733 2. 866 変速比 1速 2. 8180 1速 2. 85 2. 15 ホイールリム幅(後) 2. 5 3 メーカー小売価格 430920円 463320円 グラストラッカーとビッグボーイの主な違い 2000年4月24日のグラストラッカーとビッグボーイ新登場の時の違い• グラストラッカービッグボーイは、グラストラッカーがベース。 フレームが共通で外装パーツもほぼ同じ、スイングアームとフロントフォークを延長して前後のタイヤ径を拡大し、グラストラッカーを一回り大きくしたラージスケールモデル。 グラストラッカービッグボーイに初期型のグラストラッカーに採用されたセル始動とキック始動付きのエンジンを採用。 グラストラッカービッグボーイは、グラストラッカーよりハンドルの高さを30mm低く、ハンドル幅を20mm広くした。 グラストラッカービッグボーイは、グラストラッカーよりフロントフォークを延長しフロントアクスル位置を20mm前に移動。 スイングアームも55mm延長し、リアサスペンションを延長。 グラストラッカーのタイヤは、ダンロップのTT100GP(ロードタイヤ)。 ビッグボーイのタイヤは、ダンロップのK180(ロード・ダート兼用ブロックタイヤ)。 グラストラッカービッグボーイは、グラストラッカーより1インチタイヤ径を拡大の前輪19インチ、後輪18インチを採用。 グラストラッカービッグボーイは、フラットなリアフェンダーとリアコンビネーションランプ。 他は、どちらもほぼ共通。 2002年10月時点での グラストラッカーとグラストラッカービッグボーイの違いを書いとく。 がビッグボーイの数字。 2002年3月のマイナーチェンジでグラストラッカーは、キックが無くなったね。 あとタンクの色も変更された。 ちなみに俺の2000年式のビッグボーイにはキックある。

次の