人 は パン のみ に て 生きる に あら ず。 「人はパンのみにて生きるにあらず」の言葉の意味

「人はパンのみにて生きるにあらず」の意味

人 は パン のみ に て 生きる に あら ず

小学生のころ、とある漫画でこの言葉が出てきて、主人公の子が「そうだよね。 ご飯もおかずも食べなきゃね。 」と言ってる場面がありました。 もう50年ほど昔のことで、細かいことは忘れましたが、なにか子供向けの新聞か雑誌に連載されてた漫画だったと思います。 強烈な印象を受けたのか、未だによく思い出します。 もちろん、作者はジョークでこう書いたことは子供心にもわかりました。 ただ、真の意味はよくわからず、もやもやしてました。 最近までは「人間は、食べ物を食べなければ死ぬから当然食べることは基本。 しかし、それだけでは、真に生きてるとは言えない。 それでは、他の動物と変わりない。 物事をよく考え、正しい行動を取り、生を全うすることが大切だよ」というニュアンスで理解してました。 しかしネットで調べてみると、もともとこの言葉はイエスキリストが言った言葉で、パンは食べ物に限らず生活に必要なもの全てを象徴しているようです。 それの必要性は認めたうえで、さらに神の言葉に従い生きることが大事だよと言ってると、私には思えました。 もともとの私の理解でも、それほど的外れではない気がするのですが、ただキリスト教の概念に造詣が深くありませんので自信はありません。 どう考えたらいいのか、詳しい方にお教えいただけるとうれしいです。 おっしゃるとおり、これは聖書の一文です。 ただ聖書というやつは、いかようにでも解釈ができそうな言葉の使い方になっているのですね。 それはわざとそうしている部分もあって、「回答と解釈は自分でできるように」となっているのです。 つまり聖書というのは「正解がある問題集」ではなく、「参考書」と考えたほうがいいのです。 さて、「人はパンのみにて生きるにあらず」ですが、これは前後の部分を含めたその場面全体から読み取る必要があります。 前後の話の流れを無視してある一言だけをとりあげるのは誤解のもとでございましょ? 場面は、イエス・キリストが悪魔に試されるシーンです。 悪魔は「お前が神の子ならば命じてこの石をパンに変えてみろよ。 そうすれば、この全世界をお前に与えてやる」といいました。 それに対するイエスの答えが「人はパンのみにて生きるにあらず」だったのです。 この話のキモは、「石をパンに変える」ということにあるのです。 石というのは何の役にも立ちませんよね。 つまり石とは「役に立たないものの象徴」です。 一方、パンはこの場合日本人のいうところの「ごはん」に近いニュアンスで腹を満たしてくれるもの、つまり「役に立つものの象徴」です。 もうひとつ肝心なことがあります。 それはこの場面だけではなく、キリスト教の教えの根幹のひとつですが、イエスは世界で初めて「愛」ということを唱えた人でした。 イエスも彼が生きていた当時は「ユダヤ教のラビ(教師と訳されることが多いです)」でした。 それまでユダヤ教というのは「神はお怒りになられている」と教えてきたのです。 その象徴が死海の底に沈むといわれるソドムとゴモラの町で、この町に住む人々は余りに淫らで放蕩な生活をしていたので神の怒りをかって破壊されてしまいました。 ユダヤ教のお坊さんたちはみな口々に「悔い改めて神の意志にそう生活をしないと神の怒りに触れて恐ろしい目に遭うぞ」と警告してきたのです。 まあだいたいユダヤ教の歴史ってのがそういうものでした。 ところがイエスは「愛だぜ、愛。 神様はお前たちを愛してやまないんだ。 だから許そう、与えよう。 神様が僕らを愛してくれるように」とラブ&ピースを訴えたのです。 これはもうユダヤ教の教えにおいては180度の転換もいいところなんです。 さて、これを説明の上で悪魔の場面に戻ります。 悪魔がいう「石」とはつまり「愛」を指します。 悪魔はいうのです、「愛ってさ、それは石みたいなもので何の役にも立たないだろ。 愛じゃ生きていけないんだよ。 愛で腹がふくれるか?生きてくためにはごはんを食べていかなければならないんだよ」と痛いところを突いてきたのです。 そして悪魔ですから、「石をパンに変えたら全世界を与えるぜ」とアメの提案も忘れません。 つまり、「『愛を呼ぶブレスレット』とか売ると大儲けできるぜ」と囁いたのです。 さすが悪魔ですね。 私なら大喜びでサインしてしまいそうです。 それに対するイエスの返事が「人はパンのみにて生きるにあらず」なのです。 「人は腹がふくれれば、金儲けができれば満たされるわけではない。 それが人生のすべてじゃない」と返したのです。 なるほど、話の全体を理解しなければ、本当の意味はわかりませんね。 キリストが悪魔に試される場面で出てきた言葉だったとは知りませんでした。 ユダヤ教では愛という概念がなく、神は怒っている、悔い改めよ。 というだけだった。 そこへ、キリストが現れ、「神は人間を愛している。 だから、我々も愛に生き、お互いを許し平和に暮らそう。 」と説いたんですね。 (ジョンレノンのイマジンを思い出します)。 キリストが捕まり、十字架にかけられたのも確かユダヤ教の坊さん連中が、画策した結果でしたね。 自分たちと全く違う教義を説き、支持を集めてきた新しい教えを脅威と感じた結果でしょうがずいぶん心が狭いし、宗教者にあるまじき行為だと思います。 (もっとも、現在も宗教の争いは絶えませんが) 石(役に立たないもの。 悪魔の考えでは愛など精神的なものもこれに入る)をパン(役に立つもの。 物質的な欲望を満たすもの)に変えたら全世界を与えるとイエスをそそのかした 悪魔に対する答えということですね。 仏教などにもいえますが、創始者の純粋な教えが死後、信者の増加と共に様々な宗派に別れて中には元の教えを曲解し、とんでもない教えと化してるところもあります。 しかし、キリストのもともとの思想は現代の儲け優先、自己中心、物質主義とは相容れないものと思います。 私は共感しますね。 #5です。 イエスを磔刑にかけたのは、ユダヤ教の坊さん連中じゃなくて、大衆なんです。 なんというか、大衆心理の恐ろしさってやつですね。 イエスが生きていた時期というのは、イスラエルの地はローマ帝国の属領だったのです。 んで、ここから「なぜユダヤ人は嫌われるのか」って話になっていくのですが、ユダヤ人というのはちょっと異民族からすると引くくらい排他的な民族なんです。 ローマ帝国というのは異民族に対して大変寛大な帝国で、皇帝に反抗しないなら信教の自由というのは認められていたのです。 ローマ人の感覚だと「こいつらは変な神様を拝んでるなあ。 でもまあ別にいいか(当時のローマは多神教なので)」なんです。 しかし、一方のユダヤ人はそれは気に入らない。 何が気に入らないって、自分たちに与えられたイスラエルの地に異邦人(外国人)がうろちょろしてるってことが気に入らないのです。 だから、当時のイスラエルはローマ帝国の属州にしちゃ珍しく反ローマ運動が盛んだったのです。 熱心党(ゼロテ)という反ローマテロリストグループもありました。 だから民衆は「我々を率いてローマ帝国を排除してくれるリーダーが出現してくれること」を熱望していたのです。 これが時代背景として重要です。 そんな中、イエスという人が現れました。 彼は各地で奇跡伝説なんかを引っさげてエルサレムにやってきたので、大衆は「彼こそが我々を率いてローマ帝国を追い出してくれるだろう」と期待してエルサレム中が大フィーバーになったのです。 だけど、イエスの教えは「ラブ&ピース」なんです。 「憎しみあうな、愛し合おう」と言い出したのです。 今、日中関係や日韓関係が戦後最悪のような状態ですよね。 ネット右翼なんかが活発に活動しています。 この時期に「中国の人とも、韓国の人とも愛し合おうぜ」なんて言い出したらまーどんだけ炎上するかってことですよね。 大衆の「裏切られた感」はハンパなかったわけです。 しかし当時はメディアがない時代でしたから、「水の上を歩いた」とか「死人を甦らせた」なんて噂の人がやってくるとなったらやっぱり期待しちゃいますよね。 あの裏切り者の代名詞となった(イスカリオテの)ユダの手引きで、イエスはユダヤ教の警吏によって逮捕されました。 当初はエルサレム中がイエスブームに沸いていたので手が出せなかったのですが、イエスが「俺は反ローマ活動はしない」と断ったのでブームはまさに反動したのです。 しかし捕まえてみたらはたと気づいた。 処刑する名目がない。 そこで最初はローマ総督のところに「こいつは反政府活動をしましたぜ」といってローマ皇帝の名の下に処刑してもらおうとしました。 しかし総督のピラトは「こいつは反ローマ活動はしてねえじゃん」と突っ返します。 名目上の王だったヘロデ王のところを含めて文字通りのたらい回しにされた揚句、ピラト総督は「んじゃさ、こいつに恩赦を与えるってことでよくね?」と政治家らしい妥協案を提案しました。 しかし大衆は「うっさい!イエスを磔刑に!」と求めました。 ピラト総督は困って「もしコイツ(イエス)が無実の罪だったとしたらその責任は誰が負うんだよ?」と大衆に問いかけたら、大衆の答えが「我々が負う!」と返したのでイエスの処刑が決まり、そしてユダヤ人がキリスト教徒によって迫害されることも決定しました。 「ねえねえ、でもイエスって元々ユダヤ人なんじゃないの?」とか「少なくともお母さんのマリア様はユダヤ人だよね?」なんてことをツッコんではいけません。 イエスが磔刑にかけられてから半世紀後くらいについにイスラエルで大規模なユダヤ人の反乱が起きました。 これでローマ帝国は「人が寛大な態度をとっていたら調子に乗りやがって」と大激怒して、反乱を鎮圧するとイスラエルの地からユダヤ人を追放しました。 これが「ディアスポラ」で、この後現在のイスラエルが建国されるまでユダヤ人は世界中に散らばってさまようこととなりました。 このときにエルサレムにあるユダヤ教の神殿も徹底的に破壊され、その神殿の一部が遺跡になっているのが「嘆きの壁」と呼ばれる場所です。 ユダヤ人がここでお祈りをしていますが、そのお祈りの内容は「神様、またあの栄光の時代が訪れますように」なんですが、その栄光の時代とはイエスの時代どころかソロモン王とかそんな時代でございまして、遡ること今から約3000年前です。 3000年前の栄光よもう一度ってどんだけなのよと異教徒としては思ってしまうところですが。 そしてこのときに同時に失われたのがあの十戒を書いた石板が収められていたといわれる入れ物である「聖櫃(アーク)」です。 この「失われた聖櫃(アーク)」については映画「インディ・ジョーンズ」でお馴染みですね。 しかしネットで調べてみると、もともとこの言葉はイエスキリストが言った言葉で、パンは食べ物に限らず生活に必要なもの全てを象徴しているようです。 おっしゃる通りです。 それの必要性は認めたうえで、さらに神の言葉に従い生きることが大事だよと言ってると、私には思えました。 これも言わばキリスト教の広報用語句ですから、おっしゃるとおりです。 もともとの私の理解でも、それほど的外れではない気がするのですが、ただキリスト教の概念に造詣が深くありませんので自信はありません。 これは「彼は、人はパンだけでなく神の口から出るすべてのことばで生きる、と言った」という「マタイ伝4章4節」や「イエス答えて曰く、人はパンだけでなく神の言葉全部で生きると書いてある」という「ルカ伝4章4節」に出る言葉です。 こう言う「ことば」は理解しようで千人千様あるわけで、もともと一宗教の宣伝文句ですから、「専門家」にきけば 言うことは決まっています。 誤用の3をご覧下さい。 デゥディンツェフが1956年に書いた小説の題ですが、共産党の官僚主義を風刺したこれなどもこの文句の使い方の一例です。

次の

【人はパンのみにて生くるものに非ず】の意味と使い方の例文(語源由来・英語訳)

人 は パン のみ に て 生きる に あら ず

「人はパンのみにて生きるにあらず」という言葉は 『新約聖書』-マタイによる福音書(マタイ伝)に 見られるイエス・キリストの言です。 しかし、この恩詔には、この文句が口から出た経緯と、 続きの言葉があります。 そして四十日間、昼夜断食したので、ひどく空腹だった。 誘惑者 悪魔 が彼のもとに来て言った。 「あなたは神様の子ではないですか。 これらの石がパンになるように お命じになったらどうです」 イエスは答えていった。 「聖書にこう書いてある『人はパンのみにて生きるにあらず。 つまり、 人間は物質的な満足だけで生きてはいけないものだ。 何よりも必要なのは精神的な満足なのである。 惜しい、ジャムを邪武(仇武、アダム)と漢字に変えれば正解です。 邪(蛇=腹の虫の蝮=真無視=666思=シック、ス=病手=おつむにオムツ=悪漢妄=荊冠=鼠=根墨=ユダヤの商人根性)の横思魔の水氣では腐る、腹の虫、邪蛇馬(薔薇場=英米の物品幸福論)を治める精神の刀を振るえば「辺=辻、迫、道」の帆掛け舟となって彼岸に渡り、ウマイ(旨い、上手い、美味い、甘い、午い)者として迎えられる ジャムパン=ジャパン=蛇をパンと打つ=素戔鳴命は頭に雲のかかった大蛇を打って、尾から草薙剱(天叢雲剱=八俣=父=破歯、母と戦う神器=回る炎の剣)の剱を得た。 餡子=焔か、陥落か?=案=安い木の木偶の坊で終わるか、安を法(ノ=日)に変えて禾(意根)とする、東とするか?が考えどころ(神に帰る=天意の愛の手に明るい=アイデア)である 殻田に天意を迎える=出エジプトの萌押せ(JAPAN=喪開羅開枝)の教え=エッジプットのギザ(枠、殻田作りの産業革命、場美論の偽座)を去って、儀風で日玉となって高山(崇屋間=天国=日の神の本=日本)に飛騨(飛翔)する 12-40、イスラエルの人々がエジプトにすんでいたのは四百三十年であった=思死(殻田)が飛躍して王(三位+天意、I、愛)となる 14-21、東風によって海を退かせた=一位の日の光が西を酉(鳥に(木+日=東=憂未を渡る)変えた 16-13~、宿営に降りた霜は主が賜るパンである、これをマナと呼んだ=天の姿を知ってやりとりする羽運(鳩=ビジョン)で、真名(人の名を上げる)であると知った、 16-33、アロンはマナのパン種を子孫のために壺に蓄え、証の箱の前にこれを置いた=、阿露運=あめんは救いの杖として亜細亜の腹の前の心、竜、天地を結ぶ臍の緒の秋津島、大和、日本として地理された。 16-34、イスラエル(意主羅選る=信仰者)の人々は人(真運)の住む地(日の本)に着くまで四十年間、即ちカナン(果成運)の境に至るまでこれを食べた=殻田作りから実魂作りに入る夏から秋への変わり目(911テロ)まで礼節(マナー)を忘れることはなかった。 17-16、主は世々アマレクと戦われる=阿魔裂区、アマ=女=エバ、穢場=甘い考え=悪魔、を開く間の具とする アロンとホルがモーゼの戦いを支える=あんの48音と火瑠が喪汚贋の腐敗を復活させる。 伊勢神宮の外宮の御神体にマナを入れたとされるマンナの壺があります。 「神の子なら、これらの石がパンになるように命じたらどうだ。 「『人はパンだけで生きるものではない。 神の口から出る一つ一つの言葉で生きる』/と書いてある。 」 以下略 --------- パンを食べなくても、神の口から出る一つ一つの言葉を知らなくても、それぞれ生きています。 と解釈するのが正解でしょう。 世の中、クリスチャンばかりではない。

次の

人はパンのみに生きるにあらず

人 は パン のみ に て 生きる に あら ず

「人はパンのみにて生きるにあらず」という言葉は 『新約聖書』-マタイによる福音書(マタイ伝)に 見られるイエス・キリストの言です。 しかし、この恩詔には、この文句が口から出た経緯と、 続きの言葉があります。 そして四十日間、昼夜断食したので、ひどく空腹だった。 誘惑者 悪魔 が彼のもとに来て言った。 「あなたは神様の子ではないですか。 これらの石がパンになるように お命じになったらどうです」 イエスは答えていった。 「聖書にこう書いてある『人はパンのみにて生きるにあらず。 つまり、 人間は物質的な満足だけで生きてはいけないものだ。 何よりも必要なのは精神的な満足なのである。 惜しい、ジャムを邪武(仇武、アダム)と漢字に変えれば正解です。 邪(蛇=腹の虫の蝮=真無視=666思=シック、ス=病手=おつむにオムツ=悪漢妄=荊冠=鼠=根墨=ユダヤの商人根性)の横思魔の水氣では腐る、腹の虫、邪蛇馬(薔薇場=英米の物品幸福論)を治める精神の刀を振るえば「辺=辻、迫、道」の帆掛け舟となって彼岸に渡り、ウマイ(旨い、上手い、美味い、甘い、午い)者として迎えられる ジャムパン=ジャパン=蛇をパンと打つ=素戔鳴命は頭に雲のかかった大蛇を打って、尾から草薙剱(天叢雲剱=八俣=父=破歯、母と戦う神器=回る炎の剣)の剱を得た。 餡子=焔か、陥落か?=案=安い木の木偶の坊で終わるか、安を法(ノ=日)に変えて禾(意根)とする、東とするか?が考えどころ(神に帰る=天意の愛の手に明るい=アイデア)である 殻田に天意を迎える=出エジプトの萌押せ(JAPAN=喪開羅開枝)の教え=エッジプットのギザ(枠、殻田作りの産業革命、場美論の偽座)を去って、儀風で日玉となって高山(崇屋間=天国=日の神の本=日本)に飛騨(飛翔)する 12-40、イスラエルの人々がエジプトにすんでいたのは四百三十年であった=思死(殻田)が飛躍して王(三位+天意、I、愛)となる 14-21、東風によって海を退かせた=一位の日の光が西を酉(鳥に(木+日=東=憂未を渡る)変えた 16-13~、宿営に降りた霜は主が賜るパンである、これをマナと呼んだ=天の姿を知ってやりとりする羽運(鳩=ビジョン)で、真名(人の名を上げる)であると知った、 16-33、アロンはマナのパン種を子孫のために壺に蓄え、証の箱の前にこれを置いた=、阿露運=あめんは救いの杖として亜細亜の腹の前の心、竜、天地を結ぶ臍の緒の秋津島、大和、日本として地理された。 16-34、イスラエル(意主羅選る=信仰者)の人々は人(真運)の住む地(日の本)に着くまで四十年間、即ちカナン(果成運)の境に至るまでこれを食べた=殻田作りから実魂作りに入る夏から秋への変わり目(911テロ)まで礼節(マナー)を忘れることはなかった。 17-16、主は世々アマレクと戦われる=阿魔裂区、アマ=女=エバ、穢場=甘い考え=悪魔、を開く間の具とする アロンとホルがモーゼの戦いを支える=あんの48音と火瑠が喪汚贋の腐敗を復活させる。 伊勢神宮の外宮の御神体にマナを入れたとされるマンナの壺があります。 「神の子なら、これらの石がパンになるように命じたらどうだ。 「『人はパンだけで生きるものではない。 神の口から出る一つ一つの言葉で生きる』/と書いてある。 」 以下略 --------- パンを食べなくても、神の口から出る一つ一つの言葉を知らなくても、それぞれ生きています。 と解釈するのが正解でしょう。 世の中、クリスチャンばかりではない。

次の