キャタピラ ン クール ノット。 株式会社ツインズに対する勝訴判決のお知らせ|株式会社 COOLKNOT JAPANのプレスリリース

結ばない靴ひもキャタピラン

キャタピラ ン クール ノット

靴幅: E• メイン素材: ナイロン• 【クールノットについて】結ばなくてもいい、締め具合をコブで微調整できる、ゴムが入っていて伸びるから装着後のフィット感が良い、などの特徴からご好評をいただき2012年に特許を取得しました。 【使用用途】日常のスニーカーへの使用、軽いランニング、スポーツジムでの運動からフルマラソンなどハードな環境でも安心してご使用いただけます。 ノーマルの靴ひもからクールノットに換えて「超ストレスフリー」を体感ください。 【商品サイズ】M :子供向け・女性向けサイズ、L:一般向けサイズ 《注意》サイズをお選びいただく際の表記は「実際のサイズ・上限サイズ・靴幅」の順に表示されます」そのため、左端のサイズ「MまたはL」をご確認ください。 【サイズについて】・長すぎた場合:切らずに前方に絡め通すよう、オススメしております。 切ってもすぐに使い物にならなくなることはありませんが傷みがはやくなります。 また先端がなくなると再度付け直す際にかなり難しくなります。 ・長さが足りなかった場合:靴穴を一つ飛ばして装着するということも可能です。 【商品の仕様】材質:ナイロン・スパンデックス・アセテート、セット内容:靴紐ペア、素材:クールノットには8本のスパンデックスゴムが使用されております。 スパンデックスは耐久性に優れたゴムで医療用の衣類にも使われており、天然ゴムで起こるゴムアレルギーの心配などがありません。 「もう、結ばなくていい」ストレスフリーな日常をあなたに。 脱ぐ履くのストレスから解放されます。 また履いている途中に、ほどけた靴ひもを踏んで転倒してしまうリスクも軽減できます。 日常のスニーカーへの使用、軽いランニング、スポーツジムでの運動から、ハードな環境でも安 心してご使用いただけます。 ノーマルの靴ひもからクールノットに換えて 「超ストレスフリー」を体感ください。 【 商品の仕様】 材質:ナイロン、ゴム(スパンデックス) 本体重量:約19g、セット内容:靴紐ペア 素材:クールノットには8本のス パンデックスゴムが使用されております。 スパンデックスは耐久性に優れたゴムで医療用の衣類にも使われており、 天然ゴムで起こるゴムアレルギ ーの心配などがありません。

次の

結ばなくても良い靴ひも「クールノット」と「キャタピラン」を比較してみた!!

キャタピラ ン クール ノット

先日買った。 履き心地は上々です。 標準装備のゴム紐でも何の問題もありません。 シュッとしとるし。 が、やはりマ用としては普通の紐の方がいいような気も。 ゴム紐は爪先の方には通さないようになっていて、締められないし。 ところが、買ったときから気付いてはいたんですが、靴紐、ついてなかったんですよね。 お店で箱を捨ててもらったんですが、どうやら一緒に捨ててしまったようで。 どうしようかと考えたところ、思い出しました。 漫遊マでもらったキャタピランがあった! ということで、早速試してみました。 の穴が狭いのか、最初は苦労しましたが、どうにか入りました。 引っ張りながら通すと通しやすいですね。 ところがところが、いざ走ってみると、どうにもきつい。 30分ほどジョグっただけでかなりの圧迫感。 調べてみると、もらったキャタピランは60センチで、どうやら靴のサイズ28. 5センチの自分には短いことが判明。 75センチのがあるらしい。 ということで、早速昨日アマゾンでポチって今日届いたので、ジョグってきました。 プライム万歳。 因みに買ったのはキャタピランではなくクールノット 特許共同らしい のほう。 MとLがあったのでLを購入。 締め方は渦巻きのようにするとなにやらちょうどいい締め付けになるそうなので、それで締めました。 なかなかいい感じ、です。 のゴム紐もそうですが、靴を着脱するときに紐を締めたりほどいたりしなくていいのが地味に快適。 あと、私は左足甲が痛みやすく、どうしても緩くなりがちなんですが、これなら部分的に調整出来るし、一度調整したらそのままでいい、というのが素晴らしいですね。 まだまだ調整の余地はありそうですが。 もしよろしければクリックお願いします。 midtatsu.

次の

結ばない靴ひもキャタピラン

キャタピラ ン クール ノット

適度なクッション性を持ちつつ、安定性・足のホールド感も良好。 当然デイリーのトレーニングシューズはこのエアズームペガサス36。 レースで履くヴェイパーフライNEXT%にばかり世間の注目が集まっていますが、履いている累計時間では圧倒的にこのシューズが最長に。 先に結論を書いてしまうと、このシューズかなり良いです。 これまで、アディダス「アディゼロJAPAN」「アディゼロCS」・On「Cloud」などをデイリートレーナーとして履いてきましたが、それらに勝るとも劣らず。 さすが36代目まで続くだけあって癖も無ければ隙も無い作り。 筆者がトレーニングシューズに求める性能は• 毎日のトレーニングで距離を重ねても脚を保護してくれる適度なクッション性• 同じく怪我の原因となる「ブレ」を抑えるフィット感・安定性• レースシューズとのメーカー、足型、加速の仕組みの連続性 です。 上の写真の通りソール厚がかなりあり1のクッション性は十分。 それでいて沈み込むほどの柔らかさではないのでような不安定さは皆無。 特にヒール(上の親指部)にはかなりの硬度のカップ材が使われており踵のホールド性がとても良いです。 2のフィット感・安定性も良好です。 3のレース・シューズとの連続性についても、スピード・トレーニングで使っているズームフライ3へとスムーズに移行出来ます。 ヴェイパーフライネクスト%はまだ所持していないのですが、巷で言われているフォアフット着地を導く(或いは接地後速やかに前足部荷重へ導く)ためのソール形態はデイリー・トレーナーのこのシューズにもしっかりと組み込まれている模様。 反発力については、噂のカーボンプレートも入ってなければズームXフォームも入っていないため、特に特別な性能を感じず。 ただクッションの沈みこみを感じないほどよいクッション性のため、この靴でインターバル・トレーニングを行ってもそこそこのタイムで走れます。 シューズの重量は? 上の写真の通り「サイズ27. 5cm+」で282gの仕上がり。 同じキャタピラン込みの重量で、以前レビューした・と比べるとかなり重いと言わざるを得ません。 デイリートレーナーなので個人的に重量は気になりませんが、レースでの使用を考えている方には少しネガティブ要素かと。

次の