この ホスト は 既に ミーティング に 参加 中 です。 ミーティングIDを入力してZoomに参加する方法

ホスト不在でもZOOMミーティングは開催できますか?

この ホスト は 既に ミーティング に 参加 中 です

オンライン会議ソフトの 「Zoom」を使ってる方は、いますよね? コロナウイルスの影響で、在宅でのテレワーク化が進み、 いろんな企業が研修や会議などでも、Zoomを導入している。 でも、先日から「Zoomでミーティングに参加できない」 というトラブルがいろんな方から聞こえてきました。 その理由ですが、セキュリティーとプライバシーの強化の為、 仕様変更があり、Zoomで「パスワード設定」が必須となったからです。 ホスト以外の参加者は入室時に、 毎回、パスワードが要求されるようになりました。 このZoomで入室時にパスワードが要求される件について、 対応策と解決策を用意したので、最後までご覧下さい。 Zoomの会議室(ミーティングルーム)は、2種類ある まず、覚えておいてもらいたいのですが、 Zoomには、 「PMI」と普通の 「ミーティング」があります。 「PMI」とは、パーソナルミーティングIDの略で、 デフォルトで割り当てられる個別のミーティングIDです。 「PMI」のミーティングIDは、10ケタですが、 「定期的なミーティング」など、普通のミーティングIDは9ケタです。 普通の「ミーティング」は、いくらでも新規作成できますが、 「PMI」に関しては、別のアカウントを使わないと新規取得できません。 「PMI」は、1アカウントに1個までとなる。 Zoomで入室できない理由!参加するクライアントはパスワード必須 今後、「PMI」を利用した場合は、 ホスト以外は入室時に、パスワードが要求されます。 ただし、「PMI」以外の「ミーティング」は対応が異なる。 すでに作成済みの 既存の「ミーティング」では、これまで通り、 ホスト以外でも入室時に、パスワードは要求されません。 しかし、今後新たに「ミーティング」をスケジューリングする場合は、 ホスト以外は入室時に、パスワードが要求されます。 既存の「ミーティング」を使えば、パスワードの要求はありません。 ただし、既存の「ミーティング」でも編集して保存すると、 パスワードが強制付与されますので、注意が必要です。 ですので、既存の「ミーティング」は編集しないほうが良いです。 Zoomの使い勝手が悪化!対応策はひとつだけ? 今回の仕様変更で、使い勝手が著しく悪化しました。 Zoomで「勉強会」や「説明会」を開催する場合、 参加者は、毎回 パスワードを入力する必要があります。 つまり、参加するのに「ひと手間」増えるので、 そこで離脱される可能性もある 笑 ここの改悪部分は、ホストにとって「いい迷惑」だと思います。 対応策は、既存の「ミーティング」を使う事のみ。 また、スマホのZoomアプリでミーティングIDを入力して、 入室する場合も、パスワード入力が必須となる。 例えば、電話口でミーティングIDを言って、 その場で、入室してもらう場合もパスワードが要求されます。 これを避けるには、やはり既存の「ミーティング」を使うしか、 回避手段はありません。 Zoomで、パスワードを回避する「解決策」が見つかった 「Zoomが、使いにくくなるな」と思っていたら、 なんと解決策がありました。 しかし、新たに別の問題が発生しました 笑 URLが長くなり、怪しくなったので、 参加者がURLのクリックをためらう可能性がある。 「スパム」や「騙しリンク」だと思われかねない。 また、URLが長いので、 端末やメールソフトなどによっては、URLが2行に分かれ、 リンクが有効にならない可能性がある。 これらの問題をホスト側が解決するには、「短縮URLソフト」を使いましょう。 まとめ Zoomでミーティングに参加できない、入室できない理由は、 パスワード設定の仕様変更があったからでした。 いくら、セキュリティーとプライバシーの強化の為とはいえ、 私は、改悪だと思っています。 参加者の離脱要因が増えた事だけは間違いないので、 上記の対策を打たないと、 対策した人間と対策しなかった人間で大きな差が生まれます。 大きな差というのは、「収入」の事です。 自分がZoomに参加する時に、 怪しい長いURLをクリックするかを考えるとわかります。 普通の人間なら、ためらいますよ 笑 特に、ネットリテラシーの高い人間ほど、 「フィッシングサイトじゃないのか?」みたいに、警戒すると思います。

次の

ホスト不在でもZOOMミーティングは開催できますか?

この ホスト は 既に ミーティング に 参加 中 です

オンライン会議ソフトの 「Zoom」を使ってる方は、いますよね? コロナウイルスの影響で、在宅でのテレワーク化が進み、 いろんな企業が研修や会議などでも、Zoomを導入している。 でも、先日から「Zoomでミーティングに参加できない」 というトラブルがいろんな方から聞こえてきました。 その理由ですが、セキュリティーとプライバシーの強化の為、 仕様変更があり、Zoomで「パスワード設定」が必須となったからです。 ホスト以外の参加者は入室時に、 毎回、パスワードが要求されるようになりました。 このZoomで入室時にパスワードが要求される件について、 対応策と解決策を用意したので、最後までご覧下さい。 Zoomの会議室(ミーティングルーム)は、2種類ある まず、覚えておいてもらいたいのですが、 Zoomには、 「PMI」と普通の 「ミーティング」があります。 「PMI」とは、パーソナルミーティングIDの略で、 デフォルトで割り当てられる個別のミーティングIDです。 「PMI」のミーティングIDは、10ケタですが、 「定期的なミーティング」など、普通のミーティングIDは9ケタです。 普通の「ミーティング」は、いくらでも新規作成できますが、 「PMI」に関しては、別のアカウントを使わないと新規取得できません。 「PMI」は、1アカウントに1個までとなる。 Zoomで入室できない理由!参加するクライアントはパスワード必須 今後、「PMI」を利用した場合は、 ホスト以外は入室時に、パスワードが要求されます。 ただし、「PMI」以外の「ミーティング」は対応が異なる。 すでに作成済みの 既存の「ミーティング」では、これまで通り、 ホスト以外でも入室時に、パスワードは要求されません。 しかし、今後新たに「ミーティング」をスケジューリングする場合は、 ホスト以外は入室時に、パスワードが要求されます。 既存の「ミーティング」を使えば、パスワードの要求はありません。 ただし、既存の「ミーティング」でも編集して保存すると、 パスワードが強制付与されますので、注意が必要です。 ですので、既存の「ミーティング」は編集しないほうが良いです。 Zoomの使い勝手が悪化!対応策はひとつだけ? 今回の仕様変更で、使い勝手が著しく悪化しました。 Zoomで「勉強会」や「説明会」を開催する場合、 参加者は、毎回 パスワードを入力する必要があります。 つまり、参加するのに「ひと手間」増えるので、 そこで離脱される可能性もある 笑 ここの改悪部分は、ホストにとって「いい迷惑」だと思います。 対応策は、既存の「ミーティング」を使う事のみ。 また、スマホのZoomアプリでミーティングIDを入力して、 入室する場合も、パスワード入力が必須となる。 例えば、電話口でミーティングIDを言って、 その場で、入室してもらう場合もパスワードが要求されます。 これを避けるには、やはり既存の「ミーティング」を使うしか、 回避手段はありません。 Zoomで、パスワードを回避する「解決策」が見つかった 「Zoomが、使いにくくなるな」と思っていたら、 なんと解決策がありました。 しかし、新たに別の問題が発生しました 笑 URLが長くなり、怪しくなったので、 参加者がURLのクリックをためらう可能性がある。 「スパム」や「騙しリンク」だと思われかねない。 また、URLが長いので、 端末やメールソフトなどによっては、URLが2行に分かれ、 リンクが有効にならない可能性がある。 これらの問題をホスト側が解決するには、「短縮URLソフト」を使いましょう。 まとめ Zoomでミーティングに参加できない、入室できない理由は、 パスワード設定の仕様変更があったからでした。 いくら、セキュリティーとプライバシーの強化の為とはいえ、 私は、改悪だと思っています。 参加者の離脱要因が増えた事だけは間違いないので、 上記の対策を打たないと、 対策した人間と対策しなかった人間で大きな差が生まれます。 大きな差というのは、「収入」の事です。 自分がZoomに参加する時に、 怪しい長いURLをクリックするかを考えるとわかります。 普通の人間なら、ためらいますよ 笑 特に、ネットリテラシーの高い人間ほど、 「フィッシングサイトじゃないのか?」みたいに、警戒すると思います。

次の

ミーティングIDを入力してZoomに参加する方法

この ホスト は 既に ミーティング に 参加 中 です

今回は、 新しいパターンのトラブルをご紹介します。 招待URLからZoomミーティングに参加しようとしたときのエラーです。 Failed to install Zoom, please get latest Zoom client from our web site and install it manually. ミーティングの直前にこんなエラーに遭遇してしまったら、なかなか焦りますね。 招待URLをクリックしてZoomミーティングに参加しようとした場合、一旦ブラウザが開き、そのブラウザからアプリが起動されます。 このとき、既にパソコンにインストールしてあるZoomアプリが古いと、以下のようなエラーが出る場合があります。 Zoomミーティングに参加しようとして、いきなりこんなエラーが出てきたら、びっくりして固まってしまうかもしれませんが、落ち着いて対処すれば数分で解決します。 エラーメッセージは、次のような内容ですね。 Zoomのインストールに失敗しました。 私たちのサイトから最新版のZoomを入手して、手動でインストールして下さい。 まずは、「OK」をクリックして、エラーメッセージを閉じましょう。 次に、こちらからZoomの最新バージョンをダウンロードしてください。 表示されたページの一番上にあるダウンロードボタンをクリックします。 ダウンロードされたファイルを起動して、Zoomをインストールしましょう。 Zoomのインストールが完了したら、再度、招待URLをクリックすれば、ミーティングに参加できます。 Zoomは、どんどん進化しているアプリなので、定期的に最新バージョンが公開されていないかどうかをチェックしてみて下さい。 チェックする方法は、こちらのページに書いておきました。 参考にして下さいね。

次の