スカーレット 今後 の あらすじ。 スカーレット あらすじ 感想 49話〜54話!喜美子に辛い別れが…

「スカーレット」原作やモデル、あらすじ、見どころ、主題歌、語りも紹介!基本情報は全て網羅!

スカーレット 今後 の あらすじ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『スカーレット』第19週以降の放送で予想される展開を、信頼できるネタバレ情報をもとにまとめてみました。 そして武志くんが大病院で検査を受け、その検査結果を喜美子ちゃんが知らせるところまで。 第23週では、喜美子ちゃんは意を決して病気のことを武志くんに告知。 そして喜美子ちゃんがドナー検査を受けるまで、が描かれます。 第24週の情報はまだ全くありません。 しかし第23週に「ドナー検査」という言葉が出てきたことで、その後の骨髄バンクの活動につながる動きが描かれるものと思われます。 すでに市議会議員になっているちや子ちゃんあたりが力になってくれるかもですね。 第22週からは武志くんの主治医を演じる稲垣吾郎さんの登場がアナウンスされています。 また、信作くんを演じる林遣都さんが、今後もつらいこと、苦しいことが待ち受けている。 そのような中での箸休めみたいな週が第21週であると発言。 第22週以降の悲劇を暗示しています。 第22週から、いよいよクライマックスに向けての怒涛の展開が始まりそうです。 そして、武志くんが病気になることは、避けて通れなくなりそうです。 武志くんの主治医のキャスティングが発表され、主治医を必要とするほどの病気になることが確定。 さらに2020年2月28日現在、第19週までが判明していますが、その後に喜美子ちゃんが大きな試練を経験することが正式にアナウンスされているからです。 喜美子ちゃんが経験する試練が何なのかはまだわかりませんが、武志くんの病気であることが考えられます。 【1】喜美子は八郎が別居を開始。 【2】長男の武志が病気になる。 これら2つの予想の根拠は次のとおりです。 予想の根拠 【1】喜美子は八郎が別居を開始 第18週、喜美子ちゃんと八郎くんがすでに別居していることがアナウンスされました。 よって別居は確定です。 ただし、別居しても離婚にまでは至らない模様。 別居を続けながらも喜美子ちゃんの穴窯の窯焚きへの挑戦に八郎くんが反対するエピソードが描かれます。 喜美子ちゃんと八郎くんの別居はいつまでも続くのか。 18週で喜美子ちゃんが穴窯の窯焚きに成功し陶芸家となって以降は別居をやめるのか。 これについては2月24日現在不明です。 【2】長男の武志が病気になる 3月上旬、第22週から稲垣吾郎さんの出演が発表されました。 稲垣吾郎さんが演じるのは武志が病気になったときの主治医・大崎茂義。 というわけで「武志が病気」という文言がアナウンスされたことで、武志の病気が確定です。 また、稲垣吾郎さんが演じる医師・大崎茂義は「物語終盤のとても大切な役どころ」とのことです。 「とても大切」ということから、武志くんの病気がかなり重いものであることが想像できます。 【1】喜美子は八郎と結婚。 しかし八郎が浮気をして逃げられる。 【2】シングルマザーとなった喜美子は長男を一人で育てるが、長男は病死。 ・・・と、言い切りましたが、【1】の予想ははずれ、八郎くんと三津ちゃんの駆け落ちは回避されました。 なお【2】の予想の根拠は次のとおりです。 2つの予想の根拠 【2】シングルマザーとなった喜美子は長男を一人で育てるが、長男は病死 喜美子がシングルマザーになる展開はご納得いただけたかと思いますが、では「長男は病死」の根拠は何か? それは『スカーレット』制作発表時のアナウンスに秘密が隠されています。 『スカーレット』制作発表時にアナウンスされたあらすじに次のような一節があります。 【やがて息子との別離が訪れ一人になった喜美子を、かつての仲間が支える】 息子との別離。 ブログ主は当初、息子が家を出てしまうくらいに考えていましたが、仲間の支えなほどの別離なわけです。 そして、喜美子の実在モデルの神山きよ子さんは、実際に息子さんを白血病で亡くしています。 この史実をベースに、悲劇が描かれるのではないか。 というのがブログ主の予想です。 【1:回避確定】喜美子は八郎と結婚。 しかし八郎に浮気をされて逃げられる 2020年の1月上旬から登場する2名の新キャラのキャスティングが発表されました。 そのうちの一人は、黒島結菜ちゃんが演じる「松永三津(まつながみつ)」。 来年の1月放送時には、すでに陶芸家として独立しているらしい喜美子の工房に弟子として入るのが松永三津です。 さて、この新キャラ・松永三津は「(弟子入りをしたあとに)やがて川原家に波乱を巻き起こす」とアナウンスされています。 この「波乱」が八郎の浮気ではないかとブログ主は予想しています。 では、どうしてそのように予想できるのか。 それは、喜美子の実在モデルの神山きよ子さんが、弟子にとった女性と夫が恋仲となり駆け落ちされたという経験を持っているからです。 ブログ主はこの事実を、どんギツネ。 さんからちょうだいしたコメントで知りました。 どんギツネ。 さんは、最近お読みになった神山きよ子さんのインタビュー記事で、この出来事を知ったとの由。 この史実がベースになって、喜美子と結婚した八郎は松永三津と恋仲になり駆け落ち。 この騒動が、キャスティング発表時にアナウンスされた「やがて川原家に波乱を巻き起こす」だとブログ主は予想しています。 『スカーレット』今後の展開予想まとめ 今一度、高確率で予想される展開の要点をまとめておきますね。 【1:回避確定】喜美子は八郎と結婚。 しかし八郎に浮気をされて逃げられる。 【2】シングルマザーとなった喜美子は長男を一人で育てるが、長男は病死。 スカーレットと神山清子さんの人生や映画の火火を比べると、火火は神山清子さんの実人生そのものを描いたのだと思いますが、スカーレットは神山清子さんをモチーフにしているだけなのでかなり違いますね。 実際には浮気して逃げた夫。 ところがスカーレットでは浮気などせずお弟子さんは自ら去り、夫とは新たな関係を築くに至った。 叶わなかった神山清子さんの願望(?)を実現させているドラマがスカーレットなのかもしれません。 もし、そうなら、今日は3月3日でまだ病気の展開になっていませんが、武志の白血病についても骨髄バンクで救われる展開があるのかもしれないなって思いました。 神山清子さんの「もし…」が実現したら。 そういうドラマであってほしいです。 スカーレットがご高齢の神山清子さんへのプレゼントになって欲しいです。 話はここからが本題です。 現在とは違って当時は、白血病は間違いなく不治の病でした。 「完治」ではなく「完全寛解」という表現を使い、その状態をいかに維持するか、維持できるかが最大の課題で、治療効果は「5年生存率」で評価されていました。 平たく言うと「治らなくても、一応症状がない状態が5年続けば御の字」ということです。 使う抗がん剤も劇薬でした。 患者さんの体が治療に耐えられず死に至ることもあって、これは「ケモテラピー・デス(化学療法による死)」と言われました。 当時、骨髄移植は注目されつつありましたが、まだまだ解決すべき問題が山積みでした。 それは今後、ドラマのなかで明らかになっていくので割愛しますが、この新しい治療法に積極的に取り組んでいた医療機関の一つが、名古屋大学医学部だったように記憶しています。 リアル武志君は徳川美術館へ行ったものの、その日はあいにく閉館で、彼は再びそこを訪れることなく息を引き取ったことを、どなたかのコメントで拝見しましたが、もしかしたら当時、彼は名古屋で闘病生活を送っていたのかもしれません。 八郎さんが現在名古屋にお住まいなのは伏線か?と思うとぞっとします。 注:つい しょうこは、稲垣吾郎さん演じる武志君の主治医、大山先生のリアルな私生活がいかに荒んだものであるかを、これまたリアルに知っている人間の一人です。 笑) あらかじめお断りいたしますが、2回に分けて書かせていただきます。 (いつもやろ!) 長くなりますが、お付き合いください。 まだ、自分がハマっている水辺の名前が「八郎沼」だと知らなかった、時期で言えば、八郎青年がフカ先生に絵を売って食べ物に変えてしまったことを告白していた頃のことです。 あの頃から、結構な頻度でフラッシュバックを経験するようになりました。 思い出すのは昭和60年代から平成の初めの数年間のこと。 「スカーレット」のドラマの進行よりずっと先のことです。 で、冬になって出演者の皆さんがセーターやカーディガンをお召しになり、マフラーをまく季節になった頃、突然沼に落ちました。 その時、フラッシュバックの原因が分かったんです。 水の中でもがきながら水底で見つけたのは、昔付き合っていた男の幻影でした。 あぁ、そうか。 見た目は八郎さんに全然似ていないけど、身にまとっている雰囲気がそっくりなんだと、八郎さんのセーター姿でやっと気づきました。 八郎さんは、彼にまつわる記憶を呼び覚ますスイッチだった。 だから出会って、別れるまでの数年間の記憶が突然頭をよぎるんだと。 突然「降ってくる」ことにはなかなか慣れないんですが、因果関係は判明したし、大昔の記憶なので、それで胸が痛むことはさしてありません。 ですが重大な問題が一つだけありました。 当時その方は、医学部大学院に在籍しており、後に臨床医になりましたが、専門は血液疾患でした。 彼と対等に話せるぐらいの専門知識を持つことは不可能ですが、それでも少しは仕事に関心を持つよう心がけていたので、当時私は医療関係の記事、ニュース、特番にはかなり注意を払っていました。 だから、これから喜美ちゃんと八郎さん、そして武志君が直面する困難がいかに過酷なものか、かなりリアルに体感しています。 (続く) 京都,愛媛,名古屋と転々とする八郎ということですが,単に「食い扶持」探しというよりは,少し違うように思います。 京焼は,代表的には清水焼や粟田焼がありますが,特に清水焼に関しては,五条坂の陶器祭りなどで,,青の染地の日常食器を目にする機会が多いかとおもいます。 無論,芸術品としては,金,赤,などの彩色した清水焼がメインなのですが。 愛媛の陶磁器というと砥部焼が思い浮かびます。 砥部焼は,白磁,染付,青磁,天目に代表されている磁器で,高温で焼くこともあり,主に,白から青が特徴の焼き物です。 ここでも日常食器の生産も盛んです。 そして,名古屋というと,世界最大級の高級陶磁器メーカーである「ノリタケ」があります。 飛躍してるかもしれませんが,三津との仕事で発想を得た,家族が楽しむ陶磁器食器を極めるながれとみると,京都,愛媛,名古屋という流れも喜美子と別の道として,八郎自身が,自分を高める旅とも感じます。 また,砥部焼の青磁や京焼の一部作者の青(真鍋元気氏の青など)は,フカ先生の青を想起させてくれるものに思います。 さて,どのような脚本になるのか興味深いところです。 京都、愛媛、名古屋を転々する八郎さんは、今後「食い扶持」という今までとは違うご苦労をなさるようで・・・ 本人には悪いですが、ホッとしました。 なんでやねん!なぜなら「その状況では再婚の可能性は低い」 笑 ここからは「八郎はこの後も独り身」という前提で、武志君の心境と行動を予想してみます。 どうやら自分の命がそう長いことはないと悟ったら、人は何を思うでしょうか? 間違いなく残していく大事な人たちのことでしょう。 武志君ならまず、母である喜美ちゃん。 彼が自分亡き後の母のこと誰かにお願いするとしたら、まずは二組の叔母夫婦、大野夫妻、熊谷夫妻。 そして長年母の支えになってくれた人たちにお願いするでしょう。 これは容易に思いつきます。 問題は父、八郎さん。 彼は八郎さんのことは誰にお願いすればいいのか?父のそばにいて、父を支えてくれそうな人はいるだろうか?自分亡き後の父を任せられるほど、全幅の信頼を置ける人は誰だろう? そして彼は、誰にその思いを託すだろう? そんなことをふと、考えました。 先日は拙い予想に高評価を頂き、恐縮です。 今週、松永美津さんが登場し、その人となりが分かってきたところで、ふと新たな予想が浮かんできました。 「壊して進む」。 さて、二人いえ三人は何を壊してどこへ向かって進むのか? まず、喜美子と八郎は、夫婦関係を終わらせて、お互い一人の陶芸家として、新しい創作活動へと進む。 または、二人の「かわはら工房」だけを解散、もしくは八郎が引き継ぎ、喜美子は自然釉での新たな創作にまい進する。 一方の美津さんですが、八郎さんに「似た者同士が傷を舐めあっているような関係に未来があるとは思えない。 君のためにならない」と前向きな破門(?)をされ、信楽を去る。 かなり古い話ですが、朝ドラには「ふたりっ子」の香子(岩崎ひろみ)と史郎(内野聖陽)のような「ヒロインは離婚するが、元夫とはその後もお互い強い絆で結ばれ続ける。 がしかし結局ラストでも彼の復縁の申し出を断る」という前例もあるので、喜美子と八郎も、殊更苦々しい別れにならない演出、というのは可能なのではないでしょうか? 朝蔵さん、こんにちは! 八郎沼に首まで浸かってしまい、ああ、溺れ死ぬ・・・と思ったところで、足が沼の底についた気がする私です(思ったより浅いのかもしれない八郎沼・・・) さて、ふと気になった事を書いてみます。 八郎さんの姓「十代田」は、関東で生まれ育った私からすると「そよだ」とはなかなか読み難いし、初登場でもふりがながついていましたね。 そのくらい特別な姓を、婿養子に入る事であっけなく消してしまうのが解せません。 ならば「鈴木八郎」でも「山田八郎」でも良かったような(全国の鈴木さん山田さんゴメンナサイ) 後々、2人が離婚し、姓が「十代田」に戻った場合、その読み方を知っているのは関わった人間のみ。 喜美子は60話で八郎に告白した時、草間さんのことを例に「夫婦でもこういうことがあるんだな、 手をつなぐことより難しいことがあるんやな」という自分の迷いも率直に伝えていました。 直子を連れて信楽に来た草間さんは、喜美子に「(妻と別れることになった)あのことは自分の望んだ結末ではなかったが、それでも妻との素晴らしい出会いと相手を精一杯愛したことは間違いだったとは思わない、後悔していない」という思いを告白しています。 現在、八郎さんは人気急上昇中で、八郎さんを身勝手な悪者に仕立てることは、ドラマの盛り上がりに水を差しそうで、ためらわれます。 ゆえに、私の予想は「八郎は浮気(一度の過ち、かもしれない)を後悔し、喜美子に許しを請い、やり直したいと思った。 喜美子も彼を許し、やり直したい気持ちがあった。 ところが美津が妊娠して、八郎は彼女を捨てるわけにはいかず、喜美子と別れることになった。 」です。 八郎さんは岡山と名古屋に人ルずつお兄さんがいらっしゃるので、どちらかを頼れば備前焼か瀬戸焼の産地で作陶が継続できるのではないでしょうか? 結婚後の展開、予想案 息子の姓が、川原となる展開としては、婿入りでなくとも、男の子が1人もいない川原家の養子となる可能性があります。 あるいは、常治の最期のお願いで、マツの面倒をみるようにマツの養子になるとか。 昭和30年代であれば、いまだ家制度的発想ものこっていて、孫を養子に迎えるなどで家(姓)を残すこともちょくちょくあったので、どうでしょう。 あとは、悲しい展開ですが、子供ができて出産するまでに八郎が亡くなって、子供を川原家の養子として育てるというのもあります。 その場合は、「ゴースト」ではありませんが、まんぷくの咲姉のように、喜美子が悩むたびに、ちょくちょく八郎が登場するのかもしれません。 大阪制作だと、そういう登場が多い印象がありますから。 これだと、タイトルの4人が、喜美子、武志、三津、八郎となるかと。 あるいは、度々救世主として登場する草間と喜美子、武志、三津でしょうか。 いずれにしても、朝ドラで主人公に益しない不倫は扱った事がないので(「花子とアン」の連子は不倫してましたが)、弟子とご主人の駆け落ちは回避されるのではないか、それよりはご主人の死亡により独り身になる展開になるように思います。 「スカーレット」の主題からは、骨髄バンクの話には深く触れないように思います。 映画は、骨髄バンクが主題だったから大きく尺取っているかと思いますが、緋色を主題にした朝ドラでは、扱うとしてもサブテーマになるように思います。 例えば、白血病になった武志が骨髄バンクのおかげで一命をとりとめて三津と結婚するとか・・朝ドラの結末が悲しい結末というのはほとんどないですから展開を期待しています。

次の

【戸田恵梨香】「スカーレット」スピンオフ好評も今後の展開を心配する声|日刊ゲンダイDIGITAL

スカーレット 今後 の あらすじ

2019年秋から放送されるNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「スカーレット」の大まかなあらすじ、ストーリー展開をまとめます。 「スカーレット」は、戸田恵梨香演じるヒロイン・喜美子が焼き物の里・滋賀県信楽地方で女性陶芸家を目指す物語です。 喜美子は男ばかりの職人世界で奮闘し、結婚や育児、愛する人との別離など様々な経験を通して成長していきます。 女性陶芸家・神山清子さんがモデル 「スカーレット」は、実在の女性陶芸家・神山清子(こうやま・きよこ)さんがヒロインのモチーフ(モデル)とされます。 神山さんは、昭和11年長崎・佐世保生まれ。 炭鉱で働いていた父の事情で信楽に逃げのびると、やがて信楽で陶芸の道へと進んでいます。 絵付けなどの仕事を経験した後に陶芸家となって独立すると、紆余曲折の末に信楽焼古来の「自然釉(しぜんゆう)」の再現に成功。 一躍メディア注目の女性陶芸家になっていきます。 陶芸家としては成功の道を駆け上がった神山さんでしたが、私生活では離婚を経験したり、愛する息子が白血病にかかって亡くなるなど、彼女の人生は波乱の連続でした。 大阪生まれ、信楽育ちのヒロイン 以上を踏まえた上で。 「スカーレット」の大まかなストーリーをまとめます。 ヒロイン・川原喜美子は、昭和12年(1937年)大阪生まれ。 山っ気はあるが情に厚い商売人の父・常治(北村一輝)と、大地主の娘でおっとりとした母・マツ(富田靖子)の長女(三姉妹)として、好奇心旺盛、絵が得意な女の子に育ちます。 喜美子が9歳だった昭和22年のこと。 父・常治は様々な商売に手を出した末に酒と人助けで借金を重ね、ついに首が回らなくなってしまいます。 川原一家は借金から逃れるため、ツテを頼って大阪から滋賀県信楽地方にやってきます。 常治が信楽で新たに始めた仕事は、窯業製品の運搬でした。 こうした家庭環境や、もともと絵が大好きだったこともあり、喜美子は自然に信楽名産の信楽焼に親しみ、美意識を育んでいきます。 喜美子は、信楽で一番の窯元「丸熊陶業」のお嬢様・熊谷照子(大島優子)、そして川原家の住まいを世話してくれた「大野雑貨店」の一人息子・大野信作(林遣都)ら大切な幼馴染みとも出会い、次第に信楽の地を故郷として愛するようになっていきます。 多感な時期 喜美子は大阪へ 15歳になり中学を卒業した喜美子は、大阪に出て下宿屋「荒木荘」の女中として働きはじめます。 この当時の大阪は、戦後の焼け野原からの復興が著しい時期。 喜美子は大阪の街の活気を肌で感じ、個性的な下宿の人々との交流を通して「女性が職業を持って生きること」の意味を考えるようになっていきます。 この荒木荘では、女性新聞記者・庵堂ちや子(水野美紀)、医学生・酒田圭介(溝端淳平)、女中のスペシャリスト・大久保のぶ子(三林京子)、そして荒木荘の女主人で女性下着デザイナーの荒木さだ(羽野晶紀)など、信楽では出会えない個性豊かな職業人が登場。 多感な時期を迎えた喜美子に大きな影響を与えていきます。 また、兄のように慕うことになる医学生・酒田圭介との淡い恋模様なども描かれていきます。 再び信楽へ 陶芸の世界に飛び込む 大阪で3年間の青春の日々を過ごした後、喜美子は実家の危機もあり再び信楽に戻ることになります。 かつて就職を断られた「丸熊陶業」が業績の好調さもあり雑用スタッフを募集しており、喜美子は3年越しで丸熊陶業に入社することになります。 喜美子はこの丸熊陶業で火鉢に絵付けをする仕事を目撃して興味を持ち、絵付師として新たに会社にやって来た元日本画家・深野心仙(イッセー尾形)に弟子入りを志願。 絵付師としてのキャリアをスタートさせます。 また、この丸熊陶業で若き陶工・十代田八郎(松下洸平)と出会い恋に落ちるなど、喜美子の人生は大きく動いていきます。 喜美子は絵付師として懸命に修業をするとともに、八郎から陶芸のイロハを学ぶことになります。 やがて八郎と結婚した喜美子は長男・武志を授かるとともに、丸熊陶業から独立して二人の作業場「かわはら工房」を設立。 念願であった自らの窯を開き、貧しいながらも仕事に家庭にと充実した日々を送ることになります。 波乱万丈の陶芸家人生 夫の裏切りも…? ところが、人生はいいことばかりではありません。 喜美子が「女性陶芸家」としての道を歩み始めると、夫婦の間に少しずつ溝が生まれていってしまいます。 この時期、喜美子に憧れた松永三津(黒島結菜)という若い女性が工房に弟子入りすることになるのですが、陶芸家としてスランプ状態にあり心が弱っていた八郎は、三津と心が近づいていきます。 妻子ある八郎のことを好きになってしまった美津は心を痛め、やがて身を引いて川原家から去ることになりますが、喜美子と八郎の夫婦の溝は広がるばかりでした。 穴窯での作品作りをスタートさせた喜美子は薪代のために多額のお金を使い込み、ついに呆れた八郎は家を出ていってしまいます。 結婚後に陶芸にのめり込み、女性陶芸家としてメキメキと頭角を現した清子さんですが、それが同じ陶芸家として伸び悩みを感じていた夫の嫉妬心を生み出したようです。 結局夫は若い弟子の女性と関係を持つようになり、駆け落ちをしてしまっています。 史実では清子さんの長男で陶芸家となった賢一さんが若くして白血病で亡くなっています。 NHKによれば、病気になった武志の主治医・大崎茂義役として稲垣吾郎が出演することが決まっているとのことであり、武志が病気と戦う展開となることは確定的です。 波乱万丈の陶芸家人生 波乱万丈の日々の中、それでも陶芸への情熱を失わない喜美子は、新進の女性陶芸家として、独自の信楽焼のスタイルを追い求めていきます。 働けど働けど貧しい暮らしは変わらない喜美子でしたが、困っている人を見ると見捨ててはおけない性格(父譲り?)であり、彼女を頼ってくる人は後を絶ちません。 また、別離した八郎の援助もあり京都の美大に通うまでに成長した武志は、やがて両親と同じ陶芸の道にすすむことになりそうです。 武志は母のもとで陶芸づくりに邁進していきそうですが、前述のように若くして病魔に襲われることになります。 「スカーレット」では物語を通して、人から必要とされる喜びや、人々とのつながりの中で仕事や人生が輝いていく様子が描かれていきます。 また、人と人が出会うことにより巻き起こる信楽焼のイノベーションの様子や、(史実どおりであれば)日本における骨髄バンク制度普及のために奔走するヒロインの姿などが、ストーリーの見どころとなっていきそうです。 息子・賢一さんの闘病が物語の中心となります。 関連記事 ・ ・ ・ ・.

次の

スカーレット(朝ドラ)ネタバレ原作からラスト結末予想!相手役は林遣都と横溝順平?

スカーレット 今後 の あらすじ

喜美子(戸田恵梨香)の家に八郎(松下洸平)、武志(伊藤健太郎)、百合子(福田麻由子)ら家族が集まりにぎやかに過ごす。 喜美子は病気の件をまだ武志には知らせていなかった。 気丈に振舞う喜美子だったが、時々不安な気持ちになることも。 そして話題は、武志が研究所を出てからの仕事のことに。 陶芸家の勉強を続けたいという武志は、 喜美子と八郎からアドバイスをもらう。 第134話 3月10日(火) 一年の計画を考える喜美子(戸田恵梨香)は、今年は 穴窯はやらないと宣言する。 陶芸教室の日、陽子(財前直見)らが集まる。 一方で、武志(伊藤健太郎)は医学書を購入し、自分の体調不良のことを 調べる。 そして、たこ焼きパーティーの準備中に身体に異変を感じ、友人の真奈(松田るか)を追い返すことになってしまう。 大崎医師(稲垣吾郎)に相談しようする武志だったが、意外な出会いが。 第137話 3月13日(金) 喜美子(戸田恵梨香)は、武志(伊藤健太郎)の病気を直子(桜庭ななみ)らに告げる。 直子らには、ドナー検査のお願いした。 後から来た八郎(松下洸平)も武志の病気を聞くと、動揺しショックを受ける。 一方、武志はヤケになり、友人らとの飲み会で酔っ払ってしまう。 残った真奈(松田るか)とふたりきりになる武志。 そして、武志の入院生活が始まる。 武志に付き添い、ドナー検査を受ける喜美子。 八郎も武志には言わずに病院を訪れ、大崎医師(稲垣吾郎)と面会。 武志は病気を治すべく、治療に立ち向かう。 第138話 3月14日 土) 武志(伊藤健太郎)の入院に付き添う喜美子(戸田恵梨香)。 退職して武志のそばにいたいという八郎(松下洸平)だったが、喜美子は反対する。 喜美子は八郎と、ちょうどその場にいた信作(林遣都)に、武志の思いを伝える。 その頃武志は大崎医師(稲垣吾郎)と相談。 入院から通院での治療に切り替えることに。 病院に、照子(大島優子)ら家族や、知り合いが来て励まされる武志。。 だが武志の容体が急変する。 第129話 3月4日(水) 敏春(本田大輔)の定期検診の結果を聞きいく照子(大島優子)に付き合う喜美子(戸田恵梨香)。 喜美子は病院で、医師の大崎(稲垣吾郎)で声を掛けられる。 一方で、武志(伊藤健太郎)は忙しく作品作りをしており、時々その 様子を見に来ている八郎(松下洸平)。 喜美子とも交流が続いている。 数か月後、ようやく武志の作品が完成。 アパートで友達と一緒に完成を祝う中、異変が起きる。 第130話 3月5日(木) ようやく武志(伊藤健太郎)の亜鉛結晶の作品が完成。 武志が体調不良になってしまう。 心配する喜美子(戸田恵梨香)だったが、武志は心配ご無用だという。 不安を感じる喜美子は、八郎(松下洸平)に相談するが、実は 武志も自分の身体に異変を感じ、内緒で検査を受けていたのだった。 一方で、陶芸教室は順調にスタートする。 第131話 3月6日(金) 喜美子(戸田恵梨香)は武志(伊藤健太郎)から、体調不良で精密検査を受けることを知らされる。 病院へ行くと、担当医は大崎(稲垣吾郎)だった。 精密検査を受け、結果を待つことに。 不安な気持ちだったが、武志の前では明るくする喜美子だった。 一方、直子(桜庭ななみ)が突然帰省し、喜美子に重大な報告をする。 そして再び喜美子が武志と病院へ行くと、喜美子は診察室に呼ばれる。 第132話 3月7日(土) 大崎医師(稲垣吾郎)から武志(伊藤健太郎)の病気は白血病だと知らされる喜美子(戸田恵梨香)。 動揺を隠しながら生活しているが、ひとりになると武志の病気のことを考えてしまう。 武志にはまだ診断結果を伝えていない喜美子は、伝えるべきなのかと悩む。 武志の余命はあと数年。 可能性の1つとして、骨髄移植があることを教えられるが、武志にあうドナーを見つけることは大変なことだった。 百合子(福田麻由子)や子供たちを連れて行こうとしたところ、大野(マギー)が待ったをかける。 温泉に行く権利があると言う父。 百合子がいつもお世話になっている両親に譲ろうと提案する。 その翌日、大野夫妻と子供たちが温泉へ。 信作と百合子はカフェの店番をし、信作は慣れないながらも マスターぶりを発揮する。 第122話 2月25日(火) 大野夫妻が不在の間、信作(林遣都)と百合子(福田麻由子)がカフェの店番することになった。 コーヒーの淹れ方も知らない信作。 そこに客として敏春(本田大輔)がやってくる。 出張の帰りだという敏春は、以前信作が計画した「お見合い大作戦」の話を切り出し、信作の恋愛歴の話になる。 百合子はお構いなしで話を続け、ふたりの間は険悪ムード。 敏春はその場を和ませようし、照子の話をする。 第123話 2月26日(水) 険悪な雰囲気の信作(林遣都)と百合子(福田麻由子)。 ふたりの気持ちを和ませようと、敏春(本田大輔)は照子(大島優子)のずぼらな素顔について話し始める。 店にやってきた照子にも気づかない程、盛り上がってしまう敏春。 信作と百合子は敏春の話を止めようとするが、照子は怒り出してしまう。 敏治は照子に平謝りするが、 見ていられなくなり仲裁に入る信作。 敏春と照子はお互いに本音を語る。 そこに予期せぬ客が来る。 第124話 2月27日(木) 信作(林遣都)と百合子(福田麻由子)が店番をしているカフェ・サニー。 照子(大島優子)と敏春(本田大輔)の他に、百合子の同級生・近藤(中山義紘)がやって来た。 最近、同窓会で再会したという近藤と百合子は仲睦まじげな様子。 信作は面白くない。 話題は、信作から百合子へのプロポーズのことに。 信作は、近藤に技をかけようとするが逆に討たれてしまう。 すねてしまった信作は、近藤の百合子に対する気持ちを追及する。 第125話 2月28日(金) 百合子(福田麻由子)と同級生の近藤(中山義紘)の親しげな様子に嫉妬する信作(林遣都)。 信作は、近藤に百合子への思いを問いただすが、 近藤は結婚しており、子供もいるという。 信作は一安心。 しかし、みんなが帰り百合子とふたりきりなった信作は、百合子に近藤のことをあれこれと質問する。 ふたりは口論になり、店を出ていく百合子。 すると店の電話が鳴り、思わぬ客が押し寄せる。

次の