コロナ予言漫画。 【シルビア・ブラウン】コロナ予言本「End of Days」の終息予言とは?

1982年に武漢のコロナを予言した本とは?クーンツの小説「闇の眼」

コロナ予言漫画

窪田順生 [ノンフィクションライター] くぼた・まさき/テレビ情報番組制作、週刊誌記者、新聞記者、月刊誌編集者を経て現在はノンフィクションライターとして週刊誌や月刊誌へ寄稿する傍ら、報道対策アドバイザーとしても活動。 これまで200件以上の広報コンサルティングやメディアトレーニング(取材対応トレーニング)を行う。 情報戦の裏側 できれば起きてほしくない「不祥事」だが、起きてしまった後でも正しい広報戦略さえ取れば、傷を最小限に済ませることができる。 企業不祥事はもちろん、政治家の選挙戦略、芸能人の不倫ネタまで、あらゆる事象の背後にある「情報戦」を読み解く。 「AKIRA」は単に昭和の時代に起きた出来事を未来風に描いただけ。 「AKIRA」とは大友克洋氏が1982年から「週刊ヤングマガジン」に連載していたSF漫画で、88年にはアニメ映画が公開。 「ジャパニメーション」の代名詞として海外でも高い評価を受け、誕生から38年経過した今も世界中で多くのファンに愛されている作品だ。 どれくらいこの「AKIRA」がスゴいのかというのは、日本でもおなじみのスティーブン・スピルバーグ監督が「こんな作品を作りたかった」などと絶賛し、グラミー賞常連の世界的ミュージシャン、カニエ・ウェストが「この映画は俺のクリエイティビティにもっとも影響を与えている」と発言していることからもわかっていただけるのではないか。 さて、そこで「AKIRA」のことをご存じのない方が次に気になるのが、「予言ってナニ?」ということだろう。 この日本が誇るSF作品が、いったい何を言い当てて、どんな未来を予見しているのか。 そのあたりを正確に理解していただくためには、まずはこの「AKIRA」がどんな物語なのかということを知っていただく必要がある。 舞台は、2019年の「ネオ東京」。 ネオって、と半笑いになる人たちの気持ちもわかるが、これにはちゃんと理由があって、作中で東京は原型をとどめないほどの壊滅的な被害に遭って新しく生まれ変わっているからだ。 1982年、東京で新型爆弾が炸裂し、これが引き金となって第三次世界大戦が勃発。 凄まじい爆発で巨大なクレーターができ、大半が水没してしまった東京は戦争が終わると、「ネオ東京」として復興の道を歩み出した。 そして2020年の東京オリンピックを控えたこの街で、「AKIRA」という凄まじい超能力を持つ子どもを巡る争いが繰り広げられていくのだ。 そう、この作品はなんと30年以上前に「TOKYO2020」が開催されることを予見していたのだ。 この他にも作品内の描写が現実とピタリと重なっている。 例えば、「AKIRA」の第2巻の中で、その東京オリンピックの競技場の建設現場が描かれているのだが、そこには「開催まであと413日」という看板とともに、「中止だ 中止」という落書きがなされている。 「TOKYO2020」が開幕する今年7月24日の413日前は2019年6月7日。 この月は、五輪招致時の「裏金疑惑」をめぐってフランス当局から捜査対象となっていた、竹田恒和・JOC会長(当時)が任期満了で退任している。 これを受けて、五輪反対派からは、「グレーなままでまんまと逃げおおせた」「こんな黒いオリンピックは中止にすべき!」という批判が持ち上がっていたのだ。 それだけではない。 なんと「AKIRA」には現在、日本のみならず世界に混乱を引き起こしている新型コロナウィルス騒動を連想させるような描写も確認できるのだ。

次の

コロナ流行が予言されていた?AKIRAからイルミナティカード まで予言まとめ5選!【都市伝説】

コロナ予言漫画

画像:twitter (CNN) 2008年夏、5歳の時からお告げが聞こえるようになったと主張する高齢の霊媒師が、不吉な予言について記した本を出版した。 「2020年ごろ、重い肺炎のような疾病が世界中に拡散し、肺と気管支を攻撃し、既知の治療法全てに対して耐性を持つ」「疾病そのものよりもさらに不可解なことに、それは到来した時と同じように突如として消え去り、10年後に再び攻撃し、そして完全に消滅する」 【コロナ予言者】お告げが聞こえる霊媒師が2008年に出版していた不吉な予言書が海外で話題に「2020年頃、重い肺炎が世界中に拡散する」「既知の治療法全てに対して耐性を持つ」 - 大地震・前兆・予言. com 災害や噂の情報サイト — AZUMIJUNKO azumijunko 2008年夏、5歳の時からお告げが聞こえるようになったと主張する高齢の霊媒師が、不吉な予言について記した本を出版した。 「2020年ごろ、重い肺炎のような疾病が世界中に拡散し、肺と気管支を攻撃し、既知の治療法全てに対して耐性を持つ」 「疾病そのものよりもさらに不可解なことに、それは到来した時と同じように突如として消え去り、10年後に再び攻撃し、そして完全に消滅する」 この予言は人々の記憶から消え去り、著者のシルビア・ブラウン氏は2013年に亡くなった。 しかし新型コロナウイルスのパンデミックを受け、この予言本 「End of Days: Predictions and Prophecies About the End of the World(この世の終わり:世界の終末についての予言と天啓)」が改めて脚光を浴びている。 米アマゾンのランキングではノンフィクション部門で2位に浮上、売り上げも急増した。 同書のように、新型コロナウイルスは「この世の終わり」の兆候だとする予言者の言葉は、専門家にも食い止める術がない疫病と化している。 インターネットではブラウン氏の予言のような人類滅亡説が数え切れないほど拡散し、新型コロナウイルス流行の不安を政治的混乱やオーストラリアの山火事、 アフリカを襲うバッタの大群などと結びつけて不安をあおる。 そうした説の多くは、聖書の中の「ヨハネの黙示録」に関する非常に不正確な解釈を含む。 「聖書を持っていなければ買いなさい」という一節で予言を終わらせるものも多い。 銃や弾薬の買いだめに走る人がいるのも無理はないのかもしれない。 しかし宗教や予言について研究している専門家は、そうしたソーシャルメディア予言者や霊媒師に対して自己隔離を促している。 人類滅亡説は人の心をかき乱し、精神の健康を損なわせると専門家は言う。 人類滅亡説を唱える人たちの動機が何であれ、そうした予言は過去に何度も浮上していた。 2000年にかけての滅亡説に続き、古代マヤ文明の暦を根拠に2012年で世界が終末を迎えるという説もあった。 サバイバルキットの売り上げは急騰し、中国のある男性は現代版のノアの箱舟まで建造したと伝えられた。 そうした現象は現代に限ったことではなく、17世紀の欧州では多くのキリスト教徒が、世界は1666年に終わると予言していた。 冒頭の予言本を執筆したブラウン氏は生前、不確かな予言をめぐって常に批判されていた。 自身についても88歳で死ぬと予言していたが、実際に死去したのは77歳の時だった。 事実関係検証サイトの「Snopes」はブラウン氏の予言について検証し、「あり得そうな出来事に関するあいまいな主張を説いて回ることは予言ではない」と指摘。 ブラウン氏の予言は真実と虚偽をない交ぜにしたものと位置づけ、真実でも虚偽でもないとした。 そのうえで、 「同書が重症急性呼吸器症候群(SARS)の流行後に執筆されたことを考えると、ブラウン氏の『予言』がまぐれ当たり以上のものだったのかどうかは定かではない」 と結論付けている。 どえらいことできるから、どうしても磨いておいて下されよ。

次の

2020年に新型コロナウイルスの発生を予言したシルビア・ブラウンが見た未来の世界とは?

コロナ予言漫画

2020年、世界的なパニックが起こりました。 「新型コロナウイルス感染」 こんな世界的規模の感染拡大を誰が想像したことでしょう。 2020年東京オリンピックの延期、スポーツ界における無観客試合、世界的大都市ニューヨークのロックダウン、そして日本での緊急事態宣言。 国外では感染者は100万人を越え、死者は6万人を越えています。 こんな未来を誰が想像したことでしょうか。 誰もこんな悲惨な未来が考えていなかったはずです。 しかし、こんな世の中になることを想像したかのように描いた映画が日本に存在していたことをご存じでしょうか?それは、 1984年、宮崎駿監督による映画「風の谷のナウシカ」。 内容までは知らなくとも、この作品の名前を知らないなんて人は日本にはいないと言ってもいいくらい有名な作品です。 実は映画「風の谷のナウシカ」には今まさに全世界の人類が苦しめられている「新型コロナウイルス」に対するメッセージが込められているのではないかと言われています。 映画だけではなく、原作の漫画作品の内容も踏まえてお話をさせて頂きます。 もくじ• 風の谷のナウシカの簡単なあらすじ 「風の谷のナウシカ」の世界には、「腐海 フカイ 」といわれる森が存在します。 腐海は瘴気 ショウキ が充満し、マスクなしでその空気を吸った者は死んでしまいます。 さらに森には異形の蟲 ムシ が生息しており、人が入るにはあまりにも危険な場所です。 腐海は世界にどんどん広がっています。 ナウシカたちは、そんな腐を恐れながら暮らしています。 その為、汚染されていない土地を巡り戦争も起こっているのでした。 遥か昔の旧人類は高度な文明を持ち、争いを繰り返すことにより、ナウシカの時代にまで続く汚染を拡大し続けてしまいました。 旧世界の人類たちは汚染してしまった世界を立て直す為に全てを破壊し、1から世界を再建しようという計画を立てます。 旧人類が汚染した星は普通の生命体では生存することが出来ません。 その為、世界を浄化するシステムを作りました。 それが「腐海」です。 しかし、「腐海」の深層部にはマスクをしなくとも平気な浄化された空間があるのです。 そして浄化システムの番人として王蟲 オウム を含める蟲たちが生み出されました。 は腐海を守り、死んだ後は腐海の菌糸の苗床となり、さらに腐を広げます。 そうやって腐海は拡大し、長い年月をかけて世界を浄化するのです。 そして世界を浄化した後に、遺伝子に改良を加えた新人類を世界の浄化と供に生み出そうと考え、争いのない浄化された世界を作りだそうと旧世界の人類は考えていたのです。 その後、ナウシカたちの正体は、旧世界の人類たちによって改良された、汚染された空気でも生きることができる人間である事実を知ります。 ナウシカたちだけでなく、動植物、その全てが汚染に耐えることができるように改造されていたのです。 ナウシカたちは「汚染された環境でも生きることができる人間」ではなく、「汚染された環境でしか生きることができない人間」なのです。 つまりナウシカたちは、腐海が浄化を終えると共に死ぬ運命にあるのです。 ナウシカは「遺伝子を改良してまで人類が生き延びようとしたこと」「使い捨ての命に改造したこと」に激怒します。 ナウシカは「生命とは、『愛』や『喜び』だけではなく、『憎悪』や『悲しみ』などの相容れないものが入り交ざったものである」という考えを持っていました。 対して旧世界の人類が目指したのは、戦争も汚染もない「汚れを許さない世界」です。 ナウシカは、汚れを排除してまで生き永らえようとする旧世界の人類の考えこそが、生命に対する最たる冒涜であると批判します。 その後、ナウシカの決断により、ナウシカの時代に生きている全ての生命体は、腐海の浄化完了と共に死んでしまいます。 最後に残るのは浄化された世界だけなのです。 以上があらすじです。 作品の中で象徴するもの 作品のあらすじがわかれば今の世の中との繋がりを感じて頂けた方もいらっしゃるかもしれませんが、ここから解説致します。 まず作品の中で一番の肝となる「腐海」、これが今で言う「新型コロナウイルス」に置き換えることができます。 世界に拡大をしていっている部分、またマスクをしないと死んでしまうという部分がまさに一致します。 また、「遺伝子に改良を加えた生命」、これは今で言うまさにAIであったりロボットなどのように科学が発展して人間が作り上げたもの。 どちらも改良を加えたものを生み出すことで新たな世界を作り出そうとしているのです。 その「腐海」と「遺伝子に改良を加えた生命」の二つが大きなポイントであり、まさに現在の科学技術の発展と同時に「新型コロナウイルス」の感染拡大によって、「生命の在り方」について考えさせられる部分を描いているまるで風刺画のような作品とも言えるのです。 拡大を続ける「腐海」 「腐海」は拡大を続けていますが、本来の目的は世界を浄化すること。 最終的には汚れや争いの無い世界を作ること。 つまり言い換えると、汚れや争いは無いが、そこにいるのは感情を持たない冷徹なロボットだけが生きるような世界。 確かに汚れや争いは無いかもしれないが、感情や理性のない改造された世界。 もし、「新型コロナウイルス」が本格手的に世界に感染を広げることで、人間がいなくなった世界、それは今まで人間が生み出してきた科学技術の何も感情を持たない乗り物、携帯電話、建物や製品だけが残る世界を意味しているのかもしれません。 「遺伝子に改良を加えた生命」 今世の中は素晴らしく便利になっています。 ネット環境の発展により、一瞬で世界と繋がることができ、AIや5Gの導入により生産性が高まり、効率化に繋がっています。 それは人間が生み出した改良に改良を重ねた製品の産物です。 便利で豊かな世の中になっていると思われがちですが、その反面で本来の「人間らしさ」をどんどん忘れていってるようにも感じます。 これから先も科学技術が進歩していく中で「生命の在り方」についてのメッセージを、作品の「遺伝子に改良を加えることで新たな世界を創り出す」ことに置き換えて伝えているのかもしれません。 「風の谷のナウシカ」が予言した未来とは 以上の観点を踏まえて、今の世界はこのままいくと「新型コロナウイルス」の拡大に覆いつくされ、世界に残るのは「新型コロナウイルス」と人間達の科学技術によって作り出したロボット、車、携帯電話、パソコンなどの何も感情の無い製品だけが残された世界になる事でしょう。 また、作品の中で汚染の無い場所を巡り、争いが起きていますが、これも今後似たような状況に陥るかもしれません。 「新型コロナウイルス」の感染が少ない場所や、確実に治療を受けることができる場所などを巡り、醜い争いがおこととなります。 既に防護服などの供給が追い付いていない医療現場では、看護スタッフが「私達は今、武器を持たずに戦争に行っているような状態である」とまで言葉にしています。 「新型コロナウイルス」つまり、腐海が拡大し、科学技術の産物、「遺伝子に改良を加えた生命」だけが生き残る世界は近い未来なのかもしれません。 私達人類が「人間である生命の尊さ」に気が付いた時には既に遅いということでしょう。 そして、宮崎駿さんは遥か昔にそんな未来を予言し、誰も気が付くことなく今に至っています。 まとめ 宮崎駿さんは1980年代の段階で既に今日のような未来を想像して、未来に生きる全世界の人類へのメッセージを送っていたのではないでしょうか? 今本当に世の中はこれまでにない窮地に立たされています。 国が何かをするよりも本当に大事なのは国民一人一人の小さな行動の積み重ねでもあります。 しかし、そこまで行動に移すことができていないのが現実。 それは、国民一人一人が「生命の在り方」について本気で考えていないからです。 世界規模で「新型コロナウイルス」の感染は拡大をし続けてます。 もはや時間の問題かもしれません。 しかし、それと同時に科学技術もどんどんとこれから先も進歩していく事でしょう。 仮に「新型コロナウイルス」に収束に時期がきたとしても、今後テクノロジーが世界を完全に支配した時、人間でしか表現できない「怒り、悲しみ、喜び、」などの人間らしさのある「生き方」を失った人が増えてしまうことは、ナウシカの言う、「生命に対する最たる冒涜」であると言えるでしょう。 その全てを訴えた作品が「風の谷のナウシカ」であるのかもしれません。

次の