モロヘイヤ 茹でる。 【みんなが作ってる】 モロヘイヤ 茹で方のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

【みんなが作ってる】 モロヘイヤ 茹で方のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

モロヘイヤ 茹でる

モロヘイヤは美容と栄養の宝庫 モロヘイヤは百貨店やこだわりの八百屋さんで売っています。 モロヘイヤの語源はアラビア語の『ムルキーヤ』=『王様の食べる野菜』なんだそう。 重病を患った王様がモロヘイヤのスープで回復した…という伝説があるほど、昔から栄養価の高い食材としてエジプトやアラビア半島で愛されてきました。 他にも豊富なミネラル、ねばねばパワーのムチンが含まれています。 中でも、カルシウムは100g中260mgも含まれており、その量なんとほうれん草の9倍!鉄分やマグネシウムなども含まれていますので、妊婦さんにぜひお勧めしたい野菜です。 豊富な栄養素で免疫力を高める効果が期待できる食材ですので、これからの時期には風邪予防にもぴったりです。 モロヘイヤはシソ科の植物なので、葉の食感がシソに似ています。 洗う時もシソと同様、葉っぱ同士がくっつきやすいのでご注意を。 たっぷりの水でざぶざぶ洗うのがコツです。 まず、葉と茎に分けます。 茎の方がちょっとだけ長くゆでる必要があるので、面倒ですがここは分けるのがおすすめ。 ミキサーにかけてスープにするか、潔くあきらめます。 茎が1分くらい、葉は30秒~40秒程度茹でればOKです。 色が変わったくらいでざるに上げ、流水で締めたら水を切って完成です。 歴史のある野菜は、食べ方いろいろ。 調理方法は、粘りをいかしたスープや卵とじなど多岐にわたります。 おくらと一緒に茹でてねばねばサラダに、細かく刻んで納豆と混ぜても美味。 スムージーに入れる方もいます。 簡単に食べるおススメメニューは「モロヘイヤのおひたし」です。 我が家では、茹でてかつおぶしとだししょうゆをかけていただきます。 栄養豊富な『王様の野菜』、ぜひお試しください。

次の

知らないと怖い?モロヘイヤの食べ方と茎にある毒性について

モロヘイヤ 茹でる

モロヘイヤの下処理は?あく抜きは必要? モロヘイヤにはほうれん草にも含まれる シュウ酸と呼ばれる成分が含まれているため、エグみがあるので 生食には向かず、調理の際には あく抜きが必要となります。 茎と葉に分けたら 茎の下部分4~5cmのところは 非常に固いため包丁で切り落とします。 茎を入れてから 40秒程したら葉を入れて 20秒程茹でてザルにあげ冷水に取ります。 これは 下ごしらえですので 軽く茹でていますが、お浸しにする場合はしっかり茹でる必要があるので、茹で時間は変わります。 次の項目でご紹介します。 下ごしらえをしたモロヘイヤは、あくが取れたのでしっかり水気を切ったら煮物やお味噌汁に入れて使えます。 ただ、 炒め物や 揚げ物と言った油と一緒に調理をするときには 下茹ではしなくても大丈夫です。 ちなみにモロヘイヤの花や茎には毒性があると言われているのをご存知ですか?毒にはどんな症状があるのでしょうか?モロヘイヤの毒に関してはこちらをご覧ください。 茹で方はほうれん草などと同じ要領です。 茎のほうが固いため 茎は1分、 葉の部分は20秒ほどを目安に茹でて下さい。 茹でた後は 冷水にとって冷まします。 たった、これだけ、簡単ですね。 ただ、加熱しすぎると栄養が逃げてしまい、また食感も悪くなるので茹で時間には注意しましょう。 電子レンジでもOK! モロヘイヤは電子レンジでも加熱調理することができます。 お湯を沸かす時間も省けて時短になりますね。 様子を見て足りないようであれば 30秒ずつ加熱します。 好みの固さになれば冷水に取り冷まして下さい。 お鍋で茹でるよりはちょっと加熱時間が長いですが、お湯を沸かす時間が短縮できますね。 スポンサーリンク モロヘイヤの栄養効果は? モロヘイヤと聞くと栄養たっぷりで青汁なんかに入っているイメージですが、実は様々な調理方法で使えて食卓でも大活躍してくれる野菜です。 主な産地は群馬県のモロヘイヤですが、 旬は7~9月の暑い時期。 モロヘイヤにはそんな暑い季節にこそ食べたい効能がたっぷり含まれているんです。 モロヘイヤのネバネバの正体は ムチンというオクラにも含まれている栄養成分で、目や口、胃などの粘膜を保護し、消化を助ける作用があり 夏バテ予防にぴったりの食材です。 カロチンは体内の余分な活性酵素の働きを押さえる効果があり、 がんの予防や アンチエイジング効果が期待できます。 その他、 疲労回復に効果のある ビタミンB群や抗酸化作用のある ビタミンE、貧血予防に効く 鉄分など、美容と健康に嬉しい栄養価が高く、特に疲れやすく夏バテしやすい暑い時期には積極的に摂りたい野菜です。 実は夏野菜のゴーヤも夏バテ防止にぴったりの食材です。 ゴーヤの栄養はこちらをご覧ください。 食べ方はと言うと 納豆に混ぜて食べたり、下茹でしたものをお味噌汁などの汁物や鍋に入れたり、卵とじのスープなどもおいしくて人気です。 粘り気が喉越しを良くしてくれるので食欲が無いときにも食べやすいですよ。 ただ、やはり先ほどお話しした通り、 シュウ酸が含まれ 灰汁があるので、生で食べるのは無理そうです。 食べてもキシキシしてエグミがあるので、サラダなどに入れるときも生では少し固さや毛が気になるので、せめて 下茹でをしてから食べることをおすすめします。 また、茎部分は使わずに 葉の部分だけをさっとゆでてスムージーやジュースなどに使うこともできます。 ゆでたモロヘイヤは鰹節と醤油と共に お浸しにして、お弁当のおかずにもできますし、 天ぷらで食べても美味しいです。 また、カレーに入れるとその粘り成分のおかげでルーが少なくてもとろみある美味しいカレーになるのでヘルシーでおすすめです。 モロヘイヤの保存方法と保存期間は? モロヘイヤを保存するには、日持ちがしないのですぐに食べきるなら冷蔵、たくさんあってすぐには使いきれない場合は 冷凍するのがおすすめです。 常温での保存は? モロヘイヤは水分が失われると瞬く間に萎びてだめになってしまいます。 そのため 常温での保存は不向きです。 かならず 冷蔵庫で保存しましょう。 冷蔵庫での保存方法 モロヘイヤを冷蔵庫で保存するには、茎を水で少し濡らして新聞紙に包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。 冷蔵庫での保存期限は 大体2~3日です。 冷凍庫での保存方法 モロヘイヤは 冷凍庫で保存することも可能です。 冷凍保存をする際にはモロヘイヤを下茹でし、冷水にとって冷ました後、水気をしっかりと取り、食べやすい大きさに切ってフリーザーバッグに入れて冷凍をします。 食べるときには 自然解凍か、味噌汁やスープなどの汁物に 凍ったまま入れたり、ほんの少しだけレンジに掛けて解凍します。 冷凍保存では1~2ヶ月ほど保存することができます。 夏においしい大葉・しその保存方法はご存知ですか?意外と長持ちする大葉の保存方法はこちらをご覧ください。 美容にも良いことから、あのクレオパトラもモロヘイヤのスープを好んで食したとされています。 そんな王族の愛した野菜が今日私達は手軽にスーパーで買い求めることが出来るなんてとっても嬉しいことではないですか? 炒めたり、ゆでたりいろんな使い方ができるモロヘイヤ、せっかくですから夏はモロヘイヤを食べて、その栄養効果の恩恵にあやかり、夏バテ知らずに過ごしましょう。 スポンサーリンク•

次の

【みんなが作ってる】 モロヘイヤ 茹で方のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

モロヘイヤ 茹でる

夏を代表する葉物野菜の 「モロヘイヤ」。 独特のぬめりがあって、ネバネバ好きにはたまらない野菜です。 今回は、モロヘイヤのおいしさを最大限味わうための下処理のポイントをご紹介します。 茹で方のコツもお伝えするので、今年の夏は旬のモロヘイヤをぜひ毎日のお料理に取り入れてみてくださいね。 「野菜の王様」とも呼ばれるモロヘイヤ。 いったいどんな野菜? モロヘイヤは独特のぬめりが特徴的な葉物野菜で、おひたしやスープなど様々な料理で 「ネバネバ食感」を楽しむことができます。 つるりと喉を通るので、暑くて食欲がない時に比較的食べやすいのも魅力です。 また、もうひとつの大きな特徴は 栄養価の高さ。 ここからは、モロヘイヤをおいしく食べるための基本をお伝えしていきます。 アク抜きも兼ねているので、その後料理に使う場合も一度茹でておくことをおすすめします。 【手順】 1. まずは、モロヘイヤの葉と茎を分けます。 手で葉をちぎって茎から切り離していきましょう。 茎はだいたい上から半分くらいまでがおいしく食べられる部分。 丈が長いものは茎が太く固いことが多いので、包丁を入れたときに柔らかい場所で切るようにしましょう。 スーパーなどで野菜として売られているモロヘイヤの茎は毒性を持っていないため安心して食べることができます。 しかし、家庭菜園で作られている場合は注意が必要です。 茎は、喫食可能かどうかの判断が難しいため、食べるのはやめましょう。 また、子供が誤って種子を口にしないよう注意しましょう。 葉は30秒、茎は1分ほどが茹で時間の目安。 茹で上がったらざるに上げます。 そのまま一度冷水でしめましょう。 手で絞るようにして水気を切ったら下処理完了です。 この後は食べやすい大きさに切ってそのままおひたしにしたり、料理に使ったり、冷凍保存することができます。 もっと時短! 電子レンジを使って下ごしらえ! 時短したい場合や、少量をサッと使いたい場合は電子レンジを使うという方法も。 葉と茎に分けたモロヘイヤ(茎は3cm幅に切っておく)を軽く水洗いしてから耐熱容器に並べ、 ふんわりとラップをかけて500wで約30秒加熱する。 その後冷水で冷やしてギュッと絞ります。 *** 今が旬の夏野菜、モロヘイヤ。 基本の下処理方法をマスターして、ぜひおいしく味わってみてください。 【教えてくれた人】 飯泉友紀さん [PROFILE] 訪問調理師。 オフィスや家庭に訪問し、ケータリングや作り置きなど様々な形態での食事提供を行う。 キッチンがあっても作り手がいない場所へ、おかんとして食事を届けるプロジェクト「台所におかん」代表。

次の