ジェーン ドゥ の 解剖 続編。 ジェーンドウの解剖|難しいので考察と解説まとめ!最後のセリフや二度としないの意味も

焚刑と鉄槌(「ジェーン・ドウの解剖」ネタバレ考察)

ジェーン ドゥ の 解剖 続編

はらちゃん あくまで主役は生者。 全編通じて伝わる家族愛 事件の発端となったのは「ジェーン・ドゥ=名無し」の遺体が運びこまれてからですし、死者を使った恐怖演出がこの作品のキモですが、 ただ怖いだけグロいだけの作品ではなく、全編を通じて家族愛が描かれています。 主人公は火葬場を家業とする青年、父親の指導を受けながら検死の仕事もしています。 家業をこなしているものの、大きな都市へ出て別の仕事につく機会を探しており、早くここを出ようと恋人のエマにもせっつかれています。 彼が自分の希望を優先させて都市に出ないのは、妻(主人公の母)をなくして落ちこむ父を支えたいから。 口では何ともないと言っているものの、父親の様子に危うさを感じています。 失って二年たつのにまだ立ち直れていない様子から、亡妻への愛情の深さがあらわれていて、やさしい性格の主人公の様子からも、家族仲が良かったことがうかがわれます。 はらちゃん 史実をふまえた怖さ 日本ではあまりなじみがありませんが、アメリカ映画ではよく「セーラムの魔女」というキーワードが出てきます。 簡単に説明すると、「セーラムの魔女」は入植者たちが起こした魔女狩り事件で、オカルト史にその名を残しています。 活版印刷による確かな情報の伝達経路があり、カトリックほど神秘や奇跡を重用視しないプロテスタント中心のアメリカ移住者の中で、文明に逆行するかのように起きた魔女狩り事件はアメリカ史にその爪痕を残し、しばしばホラー映画の素材として登場します。 アメリカ史の汚点となった事件を反省するかのように、新しい解釈が加わることも。 文明によって新大陸を開拓していったアメリカ人にとって、迷信によって多数の犠牲者を出した魔女狩り事件は弁慶の泣き所なのかも知れませんね。 作品内では、運びこまれた名無しの遺体「ジェーン・ドゥ」が「セーラムの魔女」と関連づけられ、超常的な力によって主人公親子に災厄を見舞います。 主人公がやたらと「セーラムの魔女」に詳しく、父親を差し置いて解説係になるのはご一興です。 不気味なラジオ演出 地下に設けられた検死室は静かなもので、唯一ラジオだけが耳をにぎわせてくれます。 しかし、そのラジオから謎の歌が流れてきたら話は別です。 お役立ち情報を流し、音楽で心を楽しませ、仕事の退屈さをまぎらわせる役のラジオが、不吉なメッセージをプレゼントしてきます。 中盤は地上への道がふさがり地下が閉鎖空間と化します。 電話も使えず、情報がラジオ頼みになる状況で、悪魔に関する歌がたびたび流れてきます。 かわいらしいはずの子供の声と、不吉な内容の歌詞が、逃げられない状況とマッチし「得体の知れない何かが確実に迫ってくる」シチュエーションを演出します。 はらちゃん セクシーどころか内臓ぽろりもあるよ! 服を着たままでの検死解剖があり得ないため、身元不明の遺体は検死台の上にその裸体をさらしています。 遺体にしては柔らかそうな曲線や肌の質感をキープしていて、生気のない青白い体ながら奇妙なほどのなまめかしさをもっています。 青少年が妙な性癖に目覚めないか心配になるほどきれいなままなのです。 とはいえ、きちんと解剖はされていくんですけどね! 『ジェーン・ドゥの解剖』のイマイチなところ 苦手な人もいるリアル寄りのグロ描写 首がぽんぽん飛んだり、体が爆発するギャグと紙一重のグロ描写と違い、解剖シーンは実際の検死にもとづいている(と思われる)ので恐ろしくリアル。 各種用具を使って体の中を開けていく過程は、通常のホラー映画とはちがった、じっとりとした気持ち悪さがあります。 「オカルトもサスペンスみたいな展開も大好きだけど、リアル寄りのグロは苦手だ!」なんて人には惜しい作品となります。 リアル、B級の路線を問わずグロ描写が苦手な人にもオススメできない作品です。 前触れがなさすぎる 登場人物をしぼって予算を抑えたいのかも知れませんが、わずかばかりの前振りしかない、唐突な死が多すぎます。 しかも、無駄死にと申しますか、ストーリーにうまく絡めたわけでもなく「ホラー映画だから」という理由で意味もなく退場させられた感じ。 飼い猫しかり、主人公の恋人エマしかり。 エマについては「主人公と一緒に都市へ出ていく」という死亡フラグを冒頭に立てているものの、とってつけたような死亡シーンで「今までどこにいたの?いつから地下にいたの?なんで返事をしないの?」と理解不能のことばかりです。 はらちゃん 主人公の推理が当たりすぎる 「セーラムの魔女」を背景に盛りこんだストーリーなので、誰かが解説役をしなければわかりづらいんですが、 それにしても主人公の青年が不自然なほど詳しいです。 もし「セーラムの魔女」が一般常識なら父親の方が詳しくないといけませんし、主人公がオカルトに詳しいのなら、それをにおわせる描写を入れてないとうまく説明ががつきません。 「オカルト的な歴史ネタに詳しい」伏線をまかずにいきなり主人公に語らせているので、筆者は面食らってしまいました。 まるでラスト目前の名探偵のごとく、どんどん自分の推理を語り、それがことごとくヒットします。 それまで指導、推理する立場だった父親の影がうすれ、息子である主人公が名探偵みたいなノリでしゃしゃり出てきます。 サスペンス風の雰囲気から、元々の狙いであるオカルト路線へシフトするにしても強引すぎる展開なのです。 かわいいものがどんどん退場 登場人物が少ない、閉鎖された状況を描いているこの作品。 親子愛につらぬかれているのはいいんですが、華がなさ過ぎます。 身元不明の遺体「ジェーン・ドゥ」も怪しい魅力を放っているものの、生命力を感じさせるかわいい存在は飼い猫と、主人公の恋人エマのみ。 しかし、一人と一匹は途中で前触れなく退場してしまいます。 残されたのはあまり若々しい感じがしない主人公と、初老の父親と、遺体たち。 ホラー映画にどこまで求めるかにはなりますが・・・。 Amazonプライム・ビデオ• U-NEXT Amazonプライム・ビデオ Amazonプライム・ビデオは 月額400円と非常に安価で、多くの映画やドラマ、アニメなどを視聴することができます。 また、 30日のお試し無料期間が付いているので、まずは無料体験から始めてみましょう! U-NEXT U-NEXTの月額料金は少し高いですが、 毎月1,200ポイントが付与され、さらに 最新作品を他のVODよりいち早く視聴することができます。 こちらも、 31日のお試し無料期間が付いているので、ぜひ体験してみてください。 『ジェーン・ドゥの解剖』のまとめ 映画『ジェーン・ドゥの解剖』についてご紹介しました。 サスペンス的な導入部からオカルトものへの切り替えの鮮やかさと、火葬場のクラシカルな雰囲気が特徴的なホラー映画が『ジェーン・ドゥの解剖』です。 身元不明の遺体「ジェーン・ドゥ」は生と死のはざまにいるような妖しさと美しさ、そしてアメリカ史に残る魔女狩り事件の謎を内包しています。 舞台となる地下の薄暗い検死室を照らす光として、親子愛が用意されていて、気が滅入る展開の中で清涼剤となっています。 人類共通の「死者のよみがえり」に関する根源的な恐怖もしっかりと活用している、工夫に満ちた作品です。

次の

『ジェーン・ドウの解剖』の評価と登場魔女についての考察

ジェーン ドゥ の 解剖 続編

あらすじ 父トミーと息子オースティンは警察からの依頼で、遺体の検死を生業としている。 ある夜、奇妙な依頼が舞い込んだ。 一家惨殺の現場にて、正体不明の女性が地下の土に埋もれていたのだ。 彼女には殺害された一家との関わりは無く、また一切の身元が不明。 いわゆる、 ジェーン・ドゥ(身元不明人)だった。 凄惨な事件の被害者のひとりと思われる彼女に対して、警察は速やかな検死を希望。 トミーはこれを受け、息子と共に一夜を費やして女性の死因を探ることにした。 だが彼女を解剖していくにつれ、奇妙な事実の判明や、不可思議な現象が次々に巻き起こり出す。 ジェーン・ドゥ 地下から掘り出された女性。 全裸で遺棄されていた彼女には、一切の身元を示すものがなかった。 このような不明の遺体は便宜的に「 ジェーン・ドゥ」と呼称される。 土の中から発見されたものの、遺体に損傷や腐敗は見られない。 また目立った外傷もなく、トミー親子らは初期段階から異常なものを感じることになる。 ネタバレ概略 遺体へ話しかける警官。 ジェーン・ドゥの正体を知る彼は、「なあベイビー、二度としないって」と言った。 ゴア表現 シーンの多くが解剖に費やされるため、当然ながらグロテスクな場面がほとんどを占める。 検死である以上、臓器を抜いて脳を取り出し、あらゆる部分を調べるからだ。 また身元不明女性は外見にこそ損傷はないものの、調べれば調べるほどに無残な状態であることが露わになっていく。 苦手な方は視聴しないことを勧める。 非常に精巧に作り出されている内臓や脳は、接写でもリアリティを損なうことはない。 熱の入りようがよく伝わってくる仕上がりだった。 検死 腕の良い検死官である父トミーは非常に見識高く、あらゆる状況をリサーチするのに長けている。 詳細でリアルな仕事ぶりと、浮上した疑問に対して息子との質疑応答形式が非常によくハマっている。 検死というと難解でとっつき辛いイメージだが、彼らの簡潔で分かり易い解説がテンポよく挟まれるので、見ていてストレスな部分は一切無かった。 怪異 検死作業のある段階で、ホラーパートへと移行する。 初めは異常事態を認めようとしないトミーであったが、怪異に襲われてからはその認識を改めることとなる。 逃げ出そうにも運悪く、大型の嵐が突如発生。 彼らは一夜を死体とともに過ごさざるを得ない。 閉鎖された地下を舞台に、命を懸けた鬼ごっこを強いられるのだ。 演出的には、暗闇と光をうまく使い分けたメリハリのある魅せ方が上手い。 驚かせるためのドッキリ演出は用いているものの、受け取り手のトミーとオースティンのリアクションが脂っこくないのが好印象だ。 検死官が、甲高く泣きわめく演技派女優でなくて本当に良かったと思う。 ある時点から施設内を薄気味の悪い 何かが徘徊し始めるのだが、その表現法も素晴らしい。 直写では収めず、間接的にディテールが薄っすら確認出来る何かが、しかし確かな足取りでゆっくりと近づいてきている恐怖感は、主に首筋に来るタイプだ。 真相 多くの仮説を打ち出したトミーとオースティンだったが、結局真実は闇の中であることに変わりはなかった。 あらゆる角度から考査することの出来るシナリオであるので、是非自分だけの解を導いてみてほしい。 額面通りに受け取るか、まったく別のアプローチをするか。 それは視聴者に委ねられている。 果たしてジェーン・ドゥは、何者なのか。 評価 薄気味悪さとグロテスク感では一級品。 コアなホラーファンを自称するならば、チェックしておきたい一作だ。 以下、考察及びネタバレ注意。 ジェーン・ドゥの正体は? 魔女?悪魔? 胃袋から摘出されたアルカナ紋様の記された布に、オースティンはヒントを見出した。 レビ記20章27節はトミーの読み上げた通り、口寄せや霊媒を行う者、つまりは魔女を殺さなければならないと記している。 状況から察するに彼女が本当に魔女であったか、或いはそう誤認され、酷い仕打ちを受けたことに間違いはないだろう。 どちらが真実かは判然としないが、いずれにしろ現代において彼女が超常的な能力を有した「生ける死体」であることに変わりはない。 そもそも魔女の定義とは 悪魔に従属する人間を指すものであり、同じサイドの立ち位置だ。 魔女であった彼女が長い年月恨みを抱いて過ごし、その区切りすらも曖昧になったとて驚きはない。 現実でも実際に、魔女としか思えないような人物が撮影される事態は最近でも起きている。 インターネット上にいくつかあるそれらの映像に興味のある方は、検索してみるといいだろう。 1693年 オースティンの読み解いた1693年について、セイラムの魔女裁判のことをトミーは言及する。 これは実際の事件であり、文献の中で記憶にある方もいるだろう。 検索すればすぐに出て来るので詳細は省くが、この大規模な魔女騒ぎの多くは1692年初頭から巻き起こり、胃から検出されたアルカナ布の示す1693年の半ばにはおおよそが収束した。 魔女であると自供した者はほぼすべて無罪判決を受け、逆にそれを否定した者が次々に有罪判決を下されるという恐るべき事態であった。 その中で1693年に死亡した人物はある程度判明しており、彼女たちの中に今作のジェーン・ドゥのモチーフとなった人物が居ると思われる。 ラストシーンの意味 二度としない 彼はジェーン・ドゥへ語る。 「なあベイビー、二度としないって」 この意味ありげなカット。 この黒人警官が事件に関与していそうなのは間違いない。 少なくともここで確定したのは、トミーが彼女の痛みを引き受けたことが無意味だった、という事実だ。 怨みを振り撒いて痛みを誰かに背負わせることをジェーン・ドゥは望んでおらず、ひっそりと隠れていたいという願いがこのひと言から見えている。 よって息子を守るために手足を折られ肺を焼かれ、内臓を斬りつけられたトミーは犬死だった。 ではまずこの男、その狙いはいかなるものだったのだろうか? ジェーン・ドゥの力を行使し、殺人を計画説 彼がジェーン・ドゥの力を試験、或いは実用するために遺体を利用し、最初の一家惨殺及びトミー親子殺害の黒幕として動いた。 このパターンだと、トミーとオースティンが恨みを買っている描写は一切ないので、彼らは単なる巻き添えだと考えられる。 狙いは最初の惨殺された一家か、或いはこの後搬送されるバージニア・コモンウェルス大学の誰かしらを狙った犯行だろう。 後者の場合はこの黒人警官は嘘をついていることになるが、ジェーン・ドゥの取り扱いに関して特別な知識を有しているか、または彼女にとって彼が特別な存在であるかという前提をもってすれば、死の定めを逃れることは容易いのではないだろうか。 偶然掘り出されたジェーン・ドゥを取り返しに来た説 意図せず掘り返された死体によって惨劇が起きた。 彼はこの後バージニア・コモンウェルス大学には立ち寄らず、そのまま姿を眩ます。 冒頭で「泥棒の入った形跡がない」とされているので、こちらの方が有力かもしれない。 彼が積極的に彼女の怨念を世に撒き散らしたいわけでなく、安らかな安息を願っているパターンだ。 こちらの説だと、些か時間超越を疑いたくなる理論になる。 「ベイビー」という一言で、彼らが長い年月を寄り添っているかのような間柄に思えるからだ。 「もう二度としないよ」 とまで言わしめるのであれば、彼が簡単に遺体を掘り起こせる場所に隠すことは考え辛い。 ならばジェーン・ドゥが公に露出するのは頻繁なことでなく、にも関わらず彼らが親しい仲だと示唆される。 であるならば、この黒人警官もまた、 通常の人間でないと判断せざるを得ないと思う。 年月で朽ちぬ身体を有した何者か。 彼の正体は分からない。 ラジオ ラジオからは「 ヘブライ書4章、神の言葉によれば……」 とある。 この4章では、主に神の安息所についての事柄が書かれている。 解剖中に混線したラジオから流れる歌もこの安息について示唆しており、「 にっこり笑わないと悪魔が入ってくる」と歌詞にあった。 この歌は表面的な意味だと、 貞操を大事にさせようと、若い娘に言い聞かせる母親の歌 上記になる。 つまり、 悪魔=乱暴でだらしない男のことになる。 「悪い男に引っかからないでね」、という母親の願いを表した歌だ。 しかし作中で母娘は登場せず、また粗野な男による性的暴力のシーンも無い。 よってこれらは裏の意味合いを読む必要があるだろう。 ここを宗教的に読みかえると、「 入ってくる」のはつまり神の開いた安息所で、「 にっこり笑う」のは神への従順さや、信仰及び誓いだろう。 12節で、 神の言は生きていて、力があり、もろ刃のつるぎよりも鋭くて、精神と霊魂と、関節と骨髄とを切り離すまでに刺しとおして、心の思いと志とを見分けることができる。 関節に関しての記述がある。 彼女のくるぶしが粉々だったのを思い出してほしい。 以上からジェーン・ドゥが安息を求めているかのような意思を感じ取ることが出来る。 彼女は神に従順でない=悪魔に魅入られた為、神の安息所へ入ることを禁じられた。 それが生来の体質か怨念によって後天的に付与された呪縛かは定かでないが、ともかく今の状態で彼女は神の家に招かれることは出来ない=死ねない。 これにより導かれるのは、 彼女は長い年月をかけて暗い土の中で恨みを浄化し、神の安息所へ招かれる日を待ち望んでいた。 しかし人の目に触れ家人を皆殺しにし、また解剖を受けてその痛みをトミーとオースティンへ返した。 これにより彼女はまた一歩神の赦しから遠ざかり、死を享受することが出来なくなる。 それに対して謎の黒人警官が詫びた。 こんなところだろうか。 この説だと前項の「 力を悪用説」は否定されそうだが、彼女の願いを知ってはいるが、協力するつもりが無い、というケースも考えられるので一概には言えない。 終わりに 深読みのし過ぎかもしれないが、こういった見えない部分に想像力を掻き立ててくる作品はとても良いアクセントになる。 結果的にすべて推測の域を出ないのも、それはそれでいいのだ。

次の

「ジェーン・ドウの解剖」解剖シーンがリアルすぎる全編遺体安置所のみで繰り広げられるシンプルホラー映画【あらすじ・見どころ】

ジェーン ドゥ の 解剖 続編

スティーブン・キング「死のロングウォーク」を「ジェーン・ドウの解剖」監督が映画化 2019年6月26日 15:00 スティーブン・キング 写真提供:アマナイメージズ [映画. com ニュース]米人気作家の問題作「死のロングウォーク」を米ワーナー・ブラザース傘下のニューラインが映画化する新作の監督が、「」のノルウェー人監督に決まったことがわかった。 米Deadlineが独占で報じている。 ひたすらコース上を歩くだけの一見単純なこの競技には、歩行速度が時速4マイルを下回ると警告を受け、1時間に3回以上警告を受けると射殺されるという恐ろしいルールが設けられていた。 生き残りが最後の1人になるまで終わらないロングウォークを歩きながら、お互いがライバルであると知りつつも励まし合い、深い絆で結ばれていく少年たち。 絶望的な極限状況で最後まで生き残るのは、はたして誰なのか。 「」や「」といった人気映画シリーズにも大きな影響を与えたとされる傑作ディストピア小説を映画化する本作は、「」のが脚本を執筆、監督デビュー作「」の製作を手がけたブラッドリー・J・フィッシャー&とともにプロデューサーも務める。 遺体安置所を舞台に、身元不明女性遺体の検死が巻き起こす様々な怪奇現象をサスペンスタッチで描いたホラー映画「」で注目を集めたウーブレダル監督は、監督プロデュースのもと、共同脚本と監督を務めた新作ホラー「Scary Stories To Tell In The Dark(原題)」が、8月9日から全米で公開される。 (映画. com速報)• 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の