ポーチュギーズ ウォーター ドッグ。 ポーチュギーズ・ウォーター・ドッグ:犬種図鑑

今年は、最後のポーチュギーズベビィー! No.30 ポーチュギーズ・ウォーター・ドッグ

ポーチュギーズ ウォーター ドッグ

この記事でまとめたこと• ポーチュギーズウォータードッグの歴史は? 古くから漁師に好まれ、船から船へ泳いでメッセージを伝えたり、網の設置を手伝ったりしていました。 海に潜って魚を網へ追い込むのも得意で、漁師のサポート役としてさまざまな役割を果たしていた犬種です。 漁業の近代化してポーチュギーズウォータードッグが不要になったことで、一時は絶滅の心配もされました。 現在は忠実な性格と変わった外見からショードッグやペットとして人気が出ています。 ポーチュギーズウォータードッグの性格は? 明るく活発で主人に忠実な性格です。 見知らぬ人には警戒心をあらわにしますが、信頼した相手には無邪気に甘えるという一面もあります。 漁用犬だったことから、飼い主と一緒に作業をすることに強く生きがいを感じます。 コミュニケーションを頻繁にとってあげてくださいね。 好奇心旺盛で遊び好きなので、子供や他の動物とも仲良くできます。 家庭犬としての要素を兼ね備えている犬種といえますね。 ポーチュギーズウォータードッグの特徴は? ポーチュギーズウォータードッグの体高は43~57cm、体重は16~25kg前後の中型犬に分類されます。 筋肉質で足が長く、全体的にバランスのとれた体型です。 水が入りにくいように進化した垂れ耳と、付け根から先細りの尾、そして指の間に水掻きがあるのが特徴です。 何オクターブにもわたるほどの高い声や低い声で吠えます。 外見がスタンダードプードルによく似ていて、プードルの祖先ではないかという説がありますが、真相は不明です。 頑健でしっかりした体型を厚いコートが覆っており、被毛は短めの「巻き毛タイプ」と長毛の「波状毛タイプ」の2種生えています。 カラーは黒、茶、黒&白、白など様々です。 ポーチュギーズウォータードッグのしつけは? 主人の命令に喜んで従うタイプなのでしつけやすい犬種ですが、甘やかしてしまいがちです。 可愛がりながらも毅然とした態度で、遊びとしつけはメリハリを持たせるといいですよ。 幼犬の頃から飼い主との主従関係を教えてあげてください。 信頼してくれたら飼い主さんにとって、とても心強いですよ。 寂しがり屋で孤独が苦手な性格なので、屋内飼育が向いています。 しつけ次第では、後足による二足歩行が得意になることがあります。 テンションが上がると飛びついて来ますので、ケガの危険がある小さい子供や赤ちゃんに近づけないようにしてください。 ポーチュギーズウォータードッグの寿命や病気は? ポーチュギーズウォータードッグの平均寿命は12~14年です。 病気にかかりにくい犬種の一つですが、親からの遺伝性疾患が多いです。 主に「股関節形成不全」と「進行性網膜萎縮症」になりやすいとされています。 「股関節形成不全」は歩行に異常が見られ、症状が飼い主の目から確認しやすいです。 「進行性網膜委縮症」は、網膜が少しずつ委縮して、最後は失明する病気です。 今の医療では根本治療はできません。 何かおかしいなと感じたら病院で診察してもらってくださいね。 遺伝子検査で事前に防げる病気でもあるので、愛犬のためにもしっかり検査してあげてください。 ポーチュギーズウォータードッグの飼い方は? 散歩は 60分程度を1日2回してあげるのがオススメです。 常に飼い主と一緒に過ごしたがる甘えん坊なので、コミュニケーションは細かくとってあげてくださいね。 泳ぐことや潜ることが大好きなので、通常の散歩に加えて周囲の安全が確保できる海や川で思いっきり遊ばせてあげることをおすすめします。 賢くエネルギッシュな性格なので、ドッグランに連れて行き、フリスビーをしたりアジリティに挑戦したりするのもおすすめです。 お手入れは毎日スリッカーを使ったブラッシング、定期的にシャンプー、月1回のトリミングが欠かせません。 ブラッシングを怠ると体中が毛玉だらけになってしまいます。 水遊び後は特に毛がもつれたり臭くなったりして、シャンプーの回数が増えます。 手間とお金はかかる犬種ですが、しっかりケアをしてあげれば抜け毛もほとんどなく長生きしてくれますよ。 ポーチュギーズウォータードッグには下半身の毛を広範囲に渡って短く刈り込む「ライオンカット」や、全身の毛を均一に約2. 5cmに刈り込む「レトリバーカット」など特有のカット法があります。 「ライオンクリップ」と呼ばれる独特の刈り込みは、水の抵抗を少なくするためのカット法で、1500年代の文献にも記録されています。

次の

ボー (犬)

ポーチュギーズ ウォーター ドッグ

アメリカのオバマ大統領の飼い犬に選ばれ、一気に知名度があがった犬種です。 外見はプードルにもよく似ており、一説によると、プードルの祖先なのではないかという説もあります。 もともとは名前の通り、ポルトガルの海岸地方原産の古い犬で、漁師とともに網を仕掛けるのを手伝ったり、逃げた魚を追いかけるなど大活躍していました。 「ライオンクリップ」と呼ばれる独特の刈り込みは、水の抵抗を少なくするするためで、なんと1500年代の文献にも記録されていました。 そんな歴史背景からも、この犬種は人間と一緒に作業をすることに強く生き甲斐を感じます。 飼い主を絶対的に信頼し、誠実に命令に従うので、訓練次第ではどんな難しい作業も粘り強く遂行してくれるでしょう。 ただし、警戒心が強いので、初対面の人には注意が必要です。 泳ぐことが大好きなので、水を見るととても興奮します。 夏場などはストレス発散のために水辺に連れていってあげると、きっと喜ぶはずです。 比較的丈夫な犬ですが、被毛のお手入れはこまめに行いましょう。 ポーチュギーズ・ウォーター・ドッグの子犬選びは、愛犬の友ブリーダーズサイト掲載の優良ブリーダーのもとで計画的に繁殖された子犬をお勧めします。

次の

ポーチュギーズウォータードッグの特徴や値段と動画まとめ!

ポーチュギーズ ウォーター ドッグ

ポーチュギーズ・ウォーター・ドッグはポルトガル南部の海岸地域で数世紀にわたり漁師によって飼育されていたである。 原産地では漁労犬として知られ、水中に潜って漁網を回収したり、船の番や船と船の伝達役としても活躍したタフで忠実な犬である。 漁師とともに遠洋の漁場にも向かい、船中での作業に従事し非凡な能力を発揮した。 ポーチュギーズ・ウォーター・ドッグの起源については諸説あるが、中央アジアの牧畜犬に由来すると言う点では一致している。 アジアの遊牧民族が西に移動し、最終的にこの犬種を伴ってイベリア半島に達したと考えられている。 この途上、この犬種はドイツにもたらされに変化した。 実際、初期のドイツ・プードルの毛質はポーチュギーズ・ウォーター・ドッグのものに近い波状の長毛であった。 民族の移動や交易とともにヨーロッパ各国に広まったこの犬種は、アイリッシュ・ウォーター・ドッグの祖先である事も知られている。 漁船には大小があり、漁に於ける犬の役割も多用であるため、ポーチュギーズ・ウォーター・ドッグのサイズはかなりの幅が許容された。 ポーチュギーズ・ウォーター・ドッグの被毛タイプは短めの「巻き毛」と長毛の「波状毛」の2種があり、いずれも体全体に厚く密生しており水をはじき水中作業に適している。 ポーチュギーズ・ウォーター・ドッグの被毛には2種類のクリップが容認されている。 ひとつはライオン・クリップと呼ばれるもので、胴の中央から後躯を泳ぎやすいように短く刈り込み、も刈られる。 他のひとつはリトリバー・クリップで、被毛全体を1インチ以内の長さで体形に添って刈るスタイルである。 いずれのクリップでも尾先の飾り毛は残される。 ポーチュギーズ・ウォーター・ドッグの尾は水中での舵として機能するとされされない。 さて、20世紀に入るとポルトガルでは漁業そのものが衰退する。 漁民が減るとともにポーチュギーズ・ウォーター・ドッグもその数を減らし、絶滅寸前となる。 1930年代、船舶にゆかりのあるポルトガルの有志によってポーチュギーズ・ウォーター・ドッグの保護活動(繁殖)が行われ絶滅から救われる事になる。 続いてポルトガルで同犬のクラブが結成され、正式にが発表されてとして分類された。 1954年イギリスに、1958年アメリカに渡り、熱心なの努力により、徐々に認知を得る事となった。 忍耐強く、賢く、忠実で勇敢。 ヨーロッパでは家庭犬としても人気がある.

次の