兵庫 コロナ。 兵庫県警察-新型コロナウイルス感染防止対策

新型コロナウイルス関連感染症

兵庫 コロナ

新型コロナウィルス感染のおそれがあり、兵庫県内の警察署や警部派出所又は運転免許更新センターで下記の手続きをされた方のみ、免許証の有効期間の末日から起算して3ヵ月を経過する日まで、更新可能期間を延長します。 運転免許証の住所が兵庫県内の方のみ。 住所が県外の方は住所地を管轄する都道府県警察にお問い合わせください。 ) 一度、延長の手続きを受けられた方も、延長した有効期間の末日が上記の期間内にある方は、再延長の手続きを行うこともできます。 1 警察署、警部派出所 月曜日から金曜日 休、祝日除く• 午前9時から午前11時30分• 午後1時から午後4時30分• 2 各運転免許更新センター 月曜日から金曜日 休、祝日除く と日曜日 休、祝日含む• 午前9時から午前11時• 代理人による申請は、• 更新手続開始申請書 手続ができる窓口で、代理人の方に必要事項を記載してもらいます。 委任状 43KB からダウンロードしてください。 代理人となる方の身分確認書類 運転免許証、健康保険証等• 申請者の運転免許証 が必要となります。 なお、運転免許証に記載された住所の変更と同時の申請も可能ですが、その際は変更する住所を証明する書類 住民票の写し等 と記載事項の変更に関する委任状も必要となりますので、申請に行く予定の窓口へお問い合わせください。• 上記の運転及び更新可能期間を延長する手続きについては、簡易書留による郵送申請も可能となりました。 郵送による申請を希望される方は、をご確認ください。• あくまで運転及び更新可能期間を延長するものであり、更新手続きや更新時講習等の受講を免除するものではありません。 必ず延長期間内に更新センター又は運転免許更新を行っている警察署等で通常の運転免許の更新手続きを行ってください。• 延長期間内に更新手続きをしないときは、免許は失効し、自動車等を運転することができません。 運転免許が失効された方.

次の

神戸新聞NEXT|総合|神戸大と兵庫県 県内2千人の新型コロナ抗体検査開始

兵庫 コロナ

兵庫県の新型コロナウイルス感染症の「居住地域別(市町村別)感染者数」「死亡率・退院率」「性別」「年代別」情報のまとめページ。 兵庫県や各市町村発表データをもとに新型コロナウイルス情報を更新しています。 兵庫県は新型コロナ陽性となった場合、全国平均と比較すると致死率が高め。 (6月11日時点で6. ・6月14日 14時現在連続29日間(5月17日より) 新規感染者数0。 累計死者43名• ・5月18日 17日発表の神戸市30代男性はすでにカウントされている再陽性患者だったとして-1。 累計699件に• ・5月17日 神戸市発表30代男性1名 県内700例目• ・5月16日 西宮市在住の90歳男性1名の感染を発表• ・5月15日 感染者の発表なし(18:00)• ・5月14日 姫路市で30代公務員の女性1名• ・5月12日 新たな感染者の発表は無し• ・5月10日 尼崎市で教育関係者など5名• ・5月9日 神戸市4日発表の1名についてデータの変更がありました。 淡路市での3名含む合計8名• ・4月24日 猪名川町で町内1例目、神戸市発表17名を含む合計24名。 感染者数が600人を超えました• ・4月18日 尼崎の医療関係者2名を含む21名の感染を発表。 累計の陽性者は500名を超えました。 (18日 15時)• ・4月15日 教員や医療関係者など20名• ・4月11日 過去最多42名の感染が発表(神戸市13名、加古川市3名、姫路市2名など) 最新情報 スマートフォンからのアクセスの場合キャッシュページ(AMP)の場合があります。

次の

大阪と兵庫、コロナ感染者「今後2週間で40倍」と国が試算…吉村知事、非公開文書を公開

兵庫 コロナ

新型コロナウイルス感染の「第2波」に備え、神戸大学は25日、兵庫県と連携して県内2千人の抗体検査を始めたと明らかにした。 感染で体内にできるタンパク質(抗体)の有無で感染歴が分かるといい、既に検査を終えた兵庫県立加古川医療センター(加古川市)では、医療従事者509人全てが陰性で感染者はいなかった。 同大学は「適切な予防をすれば患者からの感染は防げる」としている。 神戸大学によると、医療従事者の感染の広がりを調べるため、5月上旬に加古川医療センターで抗体検査を実施。 医師77人や看護師310人など509人(男性88人、女性421人)の全てが陰性だった。 一方、同センターに入院したコロナ患者のうち10人の検査では全員が陽性となり感染が確認できたという。 検査は北播磨総合医療センター(同県小野市)でも行われ、今後、同県立姫路循環器病センター(姫路市)でも計画されている。 抗体検査を巡っては、神戸市立医療センター中央市民病院が2日、外来患者千人の検査で3・3%が陽性だったと発表。 25日に会見した神戸大学感染症センター長の森康子教授は「予想外の良い結果。 加古川医療センターの職員も数%は陽性が出ると予想していた。 市中での感染は思ったより広がっていない」と話す。 (霍見真一郎) 【記事特集リンク】.

次の