郵便 切手 貼り 忘れ。 切手の料金不足と切手を貼り忘れてポストに投函した郵便物の末路

切手を貼らずに出してしまった郵便物の行方

郵便 切手 貼り 忘れ

郵便事業会社某支店で郵便物の区分等の仕事をしている者です。 まず最初に、封筒に切手を貼り忘れた場合の郵便物はどうなるかについてですが、次のURLに書いてあるように処理をします。 質問者様がご自分の住所・名前を封筒に書いていて、尚かつその住所での集配を担当している郵便局が、投函された郵便物の取集めをしている場合には、質問者様のところへ切手を貼り忘れた封筒に料金が不足している旨の付箋が貼られて戻ってくることになります。 以上の場合以外ですと、受取人が不足分の料金を支払うことになります。 いずれの場合にしても、まず投函されたポストの取集めを担当している郵便事業会社の支店に連絡されることをお勧めします。 その際には、封筒を投函したポストがある場所と投函したおおよその時間、そして封筒に書いてある差出人名・宛先、封筒の特徴(色や大きさなど)を伝えてください。 そうすれば、ポストから回収された郵便物を区分する担当者が該当する郵便物を見つけ易くなります。 (切手を貼ってない封筒でしたら目立つので見つけ易いです) その郵便物が発見された場合には、郵便事業会社の支店に置くこともできますので、切手を貼りに支店に来ていただいても構いません。 今までの回答に「可能」と書いてありますが、仮にそのようなことが実際にあったとしても、本来はやってはいけないことですのでご理解ください。 再度繰り返しになりますが、まず封筒を投函したポストの取集めを担当している郵便事業会社の支店にすぐ連絡をしてください。 そうすれば社員が投函したポストの場所や、その封筒を郵便局に置いておくかなどを尋ねたりすると思いますので、必要な事項を伝えてください。 参考URL: 封筒に差出人(あなた)の住所・氏名が書かれていれば、戻ってきます。 書いていなければ、おそらく集配局で一定期間保管するはずなので、 投函したポストの管轄郵便局に尋ねてみてください。 >配達されて配達先で料金を請求されるのでしょうか? ふつうはないはずですが、私は一度差額を請求されたことがあります (封筒の重量に対して、十分な額の切手が貼っていないということで)。 >明日の集配時間にポストの前で待っていて、集配に来たら事情を離して切手を貼らせてもらおうと思うのですが、そんな事は可能でしょうか? できるかもしれませんし、できないかもしれません。 集配の人が融通をきかせてくれたとしても、ポストの中には大量の(紛失しないよう注意して取り扱うべき)郵便物がありますから、そこからその場で目的の封筒を探し出すのは難しいのではないでしょうか。 Q 信じられないミスをしてしまいました。 夕方、急いで履歴書をポストに投函、その後夜9時に自室に戻ると貼ってあったはずの切手が落ちていました。 切手を余分に買ってはおきましたが、おそらく貼ったと思っていたものが落ちたのだと思います。 投函側の郵便局に問い合わせたところ、配送済みと言われたので、あて先側の郵便局に問い合わせました。 見つかれば止めてもらえるようにお願いしましたが、万が一相手方に届いて不足分請求なんて自体になった場合、どのようなフォローをすればよいでしょうか。 とにかく、明日、郵便局が開き次第確認して、間に合わなかったら朝のうちにお詫びの電話をしたいと思います。 送料は、実際に払いに行くのと、お詫び状とともに切手を同封するのとどちらが良いのでしょうか。 初歩的なミスで情けないです。 ご意見いただけたらありがたいです。 宜しくお願いいたします。 Q オークションで落札した映画の割引券を普通郵便で送ってもらいました。 今日、その郵便物が届いたのですが・・・。 (封筒の裏には、差出人の名前がきちんと書かれています) 郵便局のホームページや過去ログを見たところ、料金不足の場合は【差出人に戻る】と書いてありました。 また、万が一、受取人の元に届いた場合は【受取人に請求。 受取拒否の場合は差出人の元に戻し、差出人に請求】と書かれています。 今回、切手の貼ってないものがそのまま受取人の元に届きました。 留守にしていたため、受け取るかどうかの確認をされず、そのまま郵便受けに入っていました。 差出人に戻ったわけでも、配達員の方に確認された訳でもないので、郵便局のホームページなどにある状況と異なっています。 この場合、郵便物の配達料金というのは、私のところに請求がくるのでしょうか?それとも、差出人の元に請求がいくのでしょうか? たった80円と言ってしまえばそれまでなんですが、ちょっと気になったので、わかる方がいましたら教えてください。 オークションで落札した映画の割引券を普通郵便で送ってもらいました。 今日、その郵便物が届いたのですが・・・。 (封筒の裏には、差出人の名前がきちんと書かれています) 郵便局のホームページや過去ログを見たところ、料金不足の場合は【差出人に戻る】と書いてありました。 また、万が一、受取人の元に届いた場合は【受取人に請求。 受取拒否の場合は差... A ベストアンサー <料金不足の場合は【差出人に戻る】と書いてありました。 また、万が一、受取人の元に届いた場合は【受取人に請求。 受取拒否の場合は差出人の元に戻し、差出人に請求】と書かれています。 > 確かにそうなのですが、例えば封筒に、チケット在中等書かれていませんでしたでしょうか。 以前、私が経験した事なのですが、 友人が切手を貼り忘れて投函しました。 私が留守の間に、郵便受けに入っていました。 当日だったか、次の日だったか、郵便局の方が、未納分回収に来られました。 「コンサートチケット在中」と記入されていたので、 未納として、差出人に返すと、コンサートに間に合わないかもしれないと思い、僕の判断で、配達しました。 との事でした。 相手方に、受け取り拒否で返却し、向こうに請求も出来ますと言われましたが、料金は私が払いました。 コンサートは翌日でしたので、 私にとって、この配達員さんの判断は有りがたいものでした。 でも、もともとそのオークションで、 手に入れたチケットを、送ってもらうときの 送料の約束はどうされていたのでしょう? <料金不足の場合は【差出人に戻る】と書いてありました。 また、万が一、受取人の元に届いた場合は【受取人に請求。 受取拒否の場合は差出人の元に戻し、差出人に請求】と書かれています。 > 確かにそうなのですが、例えば封筒に、チケット在中等書かれていませんでしたでしょうか。 以前、私が経験した事なのですが、 友人が切手を貼り忘れて投函しました。 私が留守の間に、郵便受けに入っていました。 当日だったか、次の日だったか、郵便局の方が、未納分回収に来られまし... A ベストアンサー 元・郵便局員です。 明朝の取集であれば、配達は月曜日以降になります。 (1)できれば消印が押される前に取り戻したい時 明日の取集め開始時間頃までに、取集めを担当する郵便局(ポストに記載されています)へ、お越しいただく必要がありますが、まず、お電話でご一報いただければ、最大限の努力をいたします。 消印が押されてしまったらごめんなさい!こればかりは運です。 (消印が押されると切手は無効になり、改めて料金を納付する必要があります) (2)消印が押されちゃってでも取り戻したい時 明日の営業時間中に、ポストの取集めをする郵便局へお越しください。 この時間では確実に消印が押されていますので、切手は無効になり、改めて料金を納付する必要があります。 いずれの場合も郵便物は、すぐにお返しできず、早くて月曜日に差出人住所へ配達いたします。 今回差し出した郵便物の中身と「必ず一緒に送らなければならない」ものでない場合は、入れ忘れたものを別送したほうが、早く受取人の元へ届くと思いますので、ご一考ください。 A ベストアンサー 既にメールでやり取りをしているなら、今すぐにでも メールして下さい。 夜中でも受信するのには無関係なので。 「先程は、突然でしたので申し上げるのを失念致しましたが、 先日ご送付した履歴書に切手を貼り忘れていたと思います。 切手代をご負担させるような事をして、大変申し訳ありません。 面接時に、切手代を持参いたしますので、どうかご容赦 頂けますでしょうか。 」などと書いて送り、面接時に 切手代を封筒に入れて、お詫びの言葉と一緒にすぐお渡しするのが 良いです。 面接時、挨拶のあとすぐに謝罪の言葉と同時に封筒をお渡し下さい。 相手は気にしていないように見えますが(切手代くらいで取りたてて 言いたくないと思っている)、言いだすのを待っているはずです。 それが誠意です。 後から出すとタイミングを逸して、評価に響きます。 あと自分の言葉で書いても失礼にはなりませんか? まだ社会人としての文の書き方などわからないので... 一応お詫び状の例文など教えていただけませんか? 回答お願いします Q 7月17日に関東の郵便局で投函した普通郵便がまだ届いていません(関西)。 いくらなんでも遅いのでは? と心配しています。 郵便物はA4サイズの大きなものだったため、 郵便局の窓口で送料を確認して投函しているそうなのですが、、、、 郵便物がどうなっているのか調べる方法はないでしょうか? 過去の経験から、郵便局に調査を依頼しても 「普通郵便は調べる手段がなく、大切なものは書留などにするように」と 言われるだろうとは思っているのですが、 亡くなった家族の思い出のものが入っているので何とかしたいのです。 普通郵便だから届かなくても仕方がない、 といったような考え方にも納得がいかず・・・・ このようなご経験のある方、アドバイスをお願いします。 A ベストアンサー 再び登場します. 正確に調査を行なう為には、申請書の提出が必須です。 申請は差出人・受取人どちらでも構いません。 電話での調査があったとのことですが、No. 5の方が記入されていた通り、 郵便局による自発的な調査であって、中間ルートの調査までは行なっていない のではないかと推定されます。 所定の様式による調査書を提出すると、専属機関である「郵政観察室」なる部署が動き、輸送ルートや中継局まで調査し、結果を「郵政観察室」から直接連絡します。 考えにくいと思います。 というのは、郵便局間の輸送は毎日行なわれています。 確かに休日は輸送便が減少しますが、引き受けた郵便物が滞らないように便が 設定されていますので、仮に休日が挟んだとしても、1日程度の遅れで配達されます。 正直なことは申し上げにくいのですが、このような事態になった場合でも、郵便物はほとんどの確率で発見されています。 目撃者やご近所様からの通報による) 主にこのような行為を行なうのは「非常勤職員」と呼ばれる、いわゆるアルバイト職員なのです。 郵政職員 外務 はどちらかといえば職人肌の方々が多く感じられます。 あえて利益にならない懲戒免職になるような行為を進んで行なう人はいないでしょう。 でも国家公務員で一番懲戒免職が多いのは「郵政事業庁 旧郵政省 」なんですよね 恥。 郵政3事業別に見れば貯金・保険・郵便の順だったと記憶しています。 再び登場します. 正確に調査を行なう為には、申請書の提出が必須です。 申請は差出人・受取人どちらでも構いません。 電話での調...

次の

切手を貼り忘れて投函した郵便物はどうなる?

郵便 切手 貼り 忘れ

私はほんとおっちょこちょいで、物忘れが激しく、オットくんにしょっちゅう バカにされる心配されます。 最近はなくなりましたが、仕事に行くために家を出て、バイクを鼻歌交じりに走らせたあと、「あれ?鍵閉めたっけ・・・」と、急に不安になることがあります。 たいていそういうときはちゃんと閉めてるんですよね。 逆に、鍵を開けようとしたときに、「鍵かけてない!」と、気づくことがあります。 オットくんがさきに帰った日にそんなことがあれば、けちょんけちょんに叩きのめされます。 いわれて当然ですが、凹みます。 そして、本日新たな失敗。 切手を貼り忘れて投函したことに気づいてしまった(涙) 切手を貼り忘れるなんて、普通はしない? 今回、私が切手を貼り忘れた郵便物は、とっても大切な「傷病手当金申請書」です。 そんな大事な書類の切手をなぜ忘れてしまったのか。 切手を貼り忘れた経緯 たいてい郵便物は、郵便局の窓口に直接もって行くようにしています。 でも、今日は病院に書類を取りに行った足で、そのままバスで実家に行ったのです。 郵便局ってどこでもあるようで、街中のちょっと外れた場所にあったりしません? 今回、病院からバス停、バス停を降りて実家までの間に郵便局が全くなかったのです。 地図上でみると、徒歩で行くには中途半端に遠い。 そこで、今回はコンビニで切手を買って投函することにしました。 いつも出してる書類なので、 82円切手で十分なことはわかっていたのです。 ただ、封筒に住所を記入してなかったので、すぐに投函できませんでした。 ベビーカーの上で「お腹が空いた」と、泣いて暴れる子ども。 病院を出たときから子どもは暴れ泣き崩れ、ベビーカーがあるにもかかわらず、抱っこで移動して私もかなり疲れておりまして・・・さすがに限界だなと思い、立ち寄った実家で住所だけ書いて、帰りにポストに入れることにしました。 実家に着き、子どもも満腹になって落ち着き、私もやっと一息。 そして、先ほどの封筒に住所書いてのりで封をして、完璧! そう、このとき私はこれで満足してしまった。 切手のことなど全然頭になかった。 なぜなんだ!! 帰り道、ポストに投函して、さらに満足して家路につきました。 そしてバスに乗り、小銭入れをあけた瞬間 !!!!!!!!!!!! 切手?切手が入ってるぞ? あ・・・忘れてた・・・ ということです。 確実に見つかるという保証ができませんので、申し訳ありません・・・ チーーーン やっぱり、各郵便局で対応は違うのかな・・・ とほほ さて、私の郵便物は受け取ってもらえるのか 受取人に送付されたからと言って、相手が受け取るとは限りません。 なぜならば「受取拒否」することができるからです。 あ~・・・ 自分のミスだから仕方ないけど、これで受け取ってくれたとしても、その分のお金はどう支払うのか? 受取拒否されたら、手続きが遅れて、傷病手当金の入金が遅れて、生活費が・・・ ほんと、あたしゃ、「物忘れ外来」に行くか、「イチョウ葉エキスのサプリ」を飲むかしたほうがいいんじゃないか・・・ とりあえず、オットくんにはこのことは言っていません。 言ったらきっと、グチグチ言われるのはわかっているので・・・ 後半へ続く・・・.

次の

切手を貼り忘れてしまったら

郵便 切手 貼り 忘れ

もしかすると自分もやらかしてしまうかもしれない切手の貼り忘れ。 皆さんは郵便を利用したことがあるでしょうか。 最近はフリマアプリなどが広く使われるようになりましたから、人によっては毎日利用しているという方も、きっといらっしゃるでしょう。 そしてそんな郵便を利用する方々は、きっと自分で切手を貼ったりもしたのではないでしょうか。 郵便局に持って行けば職員の方がやってくれるとはいえ、郵送したいものが多い場合には持って行くことさえ困難な場合があり、そんな場合には自分で切手を貼ってポストに投函した方が楽ですよね。 それでは、そんな切手をよく利用するみなさんは、封筒に切手を貼り忘れた経験はあるでしょうか。 あるいは、貼り忘れはしなくとも、切手を貼らないで投函したらどうなるのかと疑問に思ったことはあるのではないでしょうか。 この記事では、そんな切手の貼り忘れの謎について解説します。 切手の貼り忘れ郵便物の取り扱いについて まず大切なことなのですが、切手を貼り忘れた郵便物の取り扱いは全て同じというわけではありません。 その郵便物の状況や投函したポストなどによって、それぞれ異なった対応がされてしまうのです。 そのためもしも自分が切手を貼り忘れた郵便物がどのように扱われているかを知りたい場合には、自分の郵便物や投函の場所をよく覚えていなくてはなりません。 ケース1:郵便物に自宅の住所が記載され、投函されたポストが郵便局の管轄内 封書などを郵便で出す際には、裏面に自分の住所と名前を書いておく方も多いかと思いますが、もしも 切手を貼り忘れた郵便に差出人の名前が書いてあった場合、その住所が郵便物を回収した郵便局の管轄内であれば、その郵便物は自分の元に返還されます。 そのため、返還された郵便物に対して料金を払うことで再度発送することができますので、他人に迷惑をかけないという意味では一番マシなケースといえます。 ケース2:郵便物に自宅の住所は記載されているが、投函場所が郵便局の管轄外 ケース1と同様に名前は書いてあったとしても、投函された場所によっては自分の手元に戻ってこない場合があります。 それは回収した郵便局の管轄によって決まるのですが、 もしも投函した場所が自分の住所に郵便を届ける郵便局の管轄ではない場合には、郵便はあなたの元には帰ってこないで、差出人に送られます。 「切手が足りないのに送れるならばラッキー」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。 切手代が差出人に請求されてしまうのです。 もちろん、気心の知れた友人などならば、それでも構わないのかも知れません。 しかし例えばネットフリマで品物を打った相手にそんなことをしまえば、相手は不快に感じるでしょうし。 場合によってはトラブルに発展することもありえます。 ですから、絶対に避けるべきケースだといえるでしょう。 ケース3:郵便物に自宅の住所が記載されていない 住所が記載されていない場合もケース2と同様、 相手方に料金が請求されてしまいます。 ただ、こちらのケースは自分の住所と氏名を記載することで回避することができるため、できるだけ郵便物にはこれらを記載するようにした方がいいかも知れません。 逆にそのような郵便物が自身に届いた場合には、受け取り拒否をすることができ、その郵便物は郵便局に3か月保管され、その後破棄されます。 切手を貼り忘れたら相手に届く前に対応する それでは上記のようなケースに陥ってしまった場合には、一体どのような対応をすればいいのでしょうか。 解決法としては、 郵便局へ電話をして郵便物を見つけてもらうというのが1番良い方法です。 投函したポストや送り先といった、本人にしか知り得ない情報を相手に伝えれば大抵の場合は信用して、郵便を送るのを止めてくれます。 そしてそのあと郵便局に行き、必要な郵便料金を支払えば、相手方に迷惑をかけることはありませんし、郵便物もちゃんと届きます。 ただし、このケースは取り集め郵便局までの場合です。 取り集め郵便局からすでに発送されてしまった場合、どうしても送り先に届けて欲しくないときは、取り戻し請求ができます。 しかし、取り戻し請求には手数料が発生し、• 配達先の郵便局:410円• 上記以外の郵便局:570円 と、かなりの手数料が発生してしまいます。 ちなみに、郵便物が発見されなかった場合でも手数料は戻ってこないのでご注意を。 切手を貼り忘れてすでに配達されてしまった場合 切手の貼り忘れに気づくのが遅く、郵便物がすでに配達されているという場合もあるかもしれません。 そう場合には仕方がないですから、 送り先に電話などで連絡をし、正直に謝りましょう。 もしかすれば、まだ届いていないかも知れませんし、仮にそうならば、相手が送り主不明の郵便料金を支払うという、最悪の状況を回避できますから、迷惑は最低限で済ませることができます。 とはいえ、そんな迷惑はかけないのが1番ですから、やはり切手を貼ったかどうかは、きちんと把握するようにした方が賢明です。 まとめ 切手は絶対に貼り忘れてはいけないということがお分かりいただけたでしょうか。 間違いは誰にでもあるものですから、切手を貼り忘れることも、ある意味では仕方がないのかもしれません。 しかし、基本的にはちゃんと意識して確認すれば避けられるミスですから、郵便を出す際には、こんな失敗をすることもあり得るのだと、心に留めながら最終確認をするようにしましょう。

次の