しょくげきの。 アニメ『食戟のソーマ』ポータルサイト

食戟のソーマ(最終回_315話_食戟のソーマ)感想 ※ネタバレ含む

しょくげきの

解約も数分で終わります。 他に見たい作品が無ければ、無料期間内に解約すると無料のまま終了できます。 詳しくは『』で解説しています。 アニメの作品数も豊富で、アニメ以外のジャンルもたくさん配信されています。 画面操作もわかりやすくて見やすいし、さすが月額料金が高めのVODサービス「U-NEXT」。 だからこそ、無料でのお試しは嬉しいですね。 嫌がらせを受けながらも、力を合わせて試験を突破していくが、中枢美食機関の妨害は止まない。 ついには仲間たちが退学処分という憂き目に遭ってしまう! 追い込まれた創真たちは事態を打開するため、薊政権の新遠月十傑と連隊食戟を行うことを決意する。 初戦を圧勝で収めたものの、彼らの運命を決める激戦まだ始まったばかり。 迎えた2nd BOUT! 果たして創真たちは十傑の座を奪い、仲間たちを救えるのか! アニメ「食戟のソーマ(しょくげきのソーマ)」4期 各話サブタイトル• 第1話 守りたいもの• 第2話 ストロボ、輝く• 第3話 希望の連帯• 第4話 勝利をねらえ!• 第5話 終わったぜ、お前• 第6話 一本の刃• 第7話 ふたりの女王• 第8話 君の横顔• 第9話 一席と二席• 第10話 必殺料理の作り方• 第11話 希望の唄• アニメ「食戟のソーマ(しょくげきのソーマ)」4期の全話も、U-NEXTの「見放題」指定作品となっています。 31日以内に解約をすれば料金がかかりません。

次の

食戟のソーマのネタバレ感想239話。240話の予想。四宮を普通にコーチ呼び。

しょくげきの

のにあるフランス料理店「SHINO'S」のオーナーシェフ。 遠月学園に在籍していた頃は十傑評議会第一席の座に君臨し、数々の料理コンテストで優秀な成績を修め、学園を一席で卒業してすぐにフランスへ渡ると、六年の修行を経て自分の店をオープンさせ、フランス料理の発展に大きく貢献した料理人に贈られるプルスポール勲章(架空の勲章)を日本人で初めて受賞するなど、確かな腕と実績を持つ料理人。 それまで肉料理偏重だったフランス料理界において、野菜を中心とした料理で旋風を巻き起こしたことから、 「レギュムの魔術師」と呼ばれている(レギュム:フランス語で「野菜」)。 一年後輩であるには学生時代からよく弄られたりからかわれたりしているが、その度にどついたりをかましたりして制裁を加えている。 初登場は15話。 高等部の新入生合宿のゲスト講師として招かれたOB・OGの1人で、紹介の場で柑橘系の香料が入った整髪料を使用していた学生にいきなり退学宣告をした。 しかし、それは飽くまで「柑橘系の香料が料理の匂いを霞ませる」という理由によるもので、「作る人間がダサいと料理に色気がなくなる」とオシャレその物に関しては肯定的。 非常にプライドの高い性格であり、加えて融通の利かない頑固者だが、同時に料理人として高いプロ意識を持ち、料理に関しては自他ともに厳しい人物。 とはいえ、やっていいことと悪いことがあるのだが・・・ 下記参照 なお、九州の農村出身で、東京の二号店での母親との会話では方言丸出しだった。 自身が料理人を目指したきっかけは小学校の入学祝に家族とフランス料理店へ食べに行ったことであり、「自分がフランス料理人になれば母親を喜ばせられる」という一途な想いであった このことは誰にも明かさず別の話題ではぐらしていたが。 これは後に自身を師匠と慕う創真とは同じく、上流家庭の生徒が多い遠月学園の中では稀な庶民の出であることが判明しているが、彼の場合創真とは違い実家は料理世界とは 無縁であるため、彼が如何にゼロから第一席へと勝ち上がってきたのかその執念と実力は相当なものである。 鬼試験官として 宿泊研修編にて、上述の通り整髪料の香りを理由としてのクビを皮切りに、 「〇〇できなければ即退学」のを遺憾なく発揮。 生徒たちを「下っ端」「ガキ共」呼ばわりして、初日の課題で30人以上もの生徒を退学処分にし、自分に意見する者に対しては、とともにぶち切れるなど凄まじい凶暴さを顕わにしていた。 合宿二日目午前に自分の店のメニューの一つ「九種の野菜のテリーヌ」を作る課題を生徒たちに課したが、四宮は敢えて大量の不合格者を出す為に、傷んだをわざと大量に混ぜるという、明らかにやり過ぎなトラップを仕掛けていた(本人曰く「目利きが出来ない奴や鈍臭い奴を全員根こそぎクビにする為」)。 それをワインビネガーで補ったに対し、 「下っ端の分際で自分のルセット(レシピ)に手を加えた」という理由で退学を宣告する。 しかし、恵の柔軟な対応を全く評価しない傲慢さと、カリフラワーの最悪な仕掛けを平然と行う非情さが達の怒りを買い、恵の退学撤回を賭けた 食戟へと発展する。 改心 その後、食戟はの計らいにより、遠月学園の卒業生3人を審査員として極秘で行われる事になる。 当初は食戟を申し込んだ張本人である創真が四宮と戦うつもりだったのだが、「遠月学園では己の力のみで道を切り開かなければならない」という堂島の主張により、恵がメインシェフ、創真はレシピへの口出しが許されないサポート役のみという条件で戦う羽目になってしまう。 結果として創真の抜群のサポートを受けながらも実力差は如何ともし難く、恵と創真は0-3で完敗。 「当然の帰結」と勝ち誇り、立ち去ろうとする四宮だったが、ここで堂島が恵・創真ペアに票を投じる。 堂島の意図が分からず彼の行動に異を唱えるも、 「お前……今、停滞しているな?」と指摘された四宮は激しく取り乱した。 四宮は元々口は悪いながらも心根は優しい人物 日向子への強烈なツッコミは相変わらず だったのだが、渡仏してわずか6年で自分の店を開くという成功を収めたために、年若い日本人である彼の活躍を妬んだフランス人従業員から勝手に味を変えられるなどの嫌がらせに遭う。 その結果味が安定しない店として評判と経営は悪化の一途を辿り、周囲の人間が信じられなくなっていった四宮は、勝手に味を変えたスタッフを追い出し、スタッフの意見にも耳を貸さずレシピ通りを徹底させ自分だけで味を追求するようになる。 普通なら余計泥沼に嵌りそうなものだが、皮肉なことに四宮には突出した才能があったために自分の力だけでこの窮地を脱し、オーナーシェフとしての器が完成する前に念願のプルスポール勲章を「取ってしまう」。 学生時代からの目標を達成してしまった彼は次の目標を見つけられないまま、料理人として成長出来ずに停滞してしまった。 事実、四宮が恵との食戟の時に出した料理は店の看板料理ではなかった。 これは審査員の面々が看板料理を食べたら、今現在の自分が停滞していることがバレてしまうためである。 堂島はそれを見抜いており、単に恵に助け舟を出すだけではなく、四宮に新たな成長を促すために、この食戟を承認したのであった。 そして、堂島から恵の料理を食べるよう薦められた四宮は、諸々の稚拙さを指摘しながらも、心に染みるものを感じる。 己の過去に思いを馳せ、恵の料理の中に「母の愛」を感じた彼は、食べる側への配慮に溢れたその温かさに一筋の涙を流した。 堂島に「恵が持っているものが、今のお前にとって必要なもの」と諭された四宮は、自分を停滞させていたのは周りを省みなくなっていた自分自身であったことを痛感し、それを教えてくれた恵に票を投じた。 その直後に日向子が恵たちに票を入れた上で勝負を預かったため、恵たちの処遇は改めて四宮に委ねられることになり、四宮は二人の退学を取り下げ、恵にぶっきらぼうながらも激励の言葉をかけている。 合宿終了後、 「自分の店を三ツ星レストランにする」という新たな目標を胸にフランスへと戻っていった。 この際創真と恵をスカウトしようとするが、なんとしても恵がほしかった日向子に止められ、その後恵を持ち帰ろうとする日向子を縄で縛って止めている。 その後 東京に二号店として「SHINO'S TOKYO」を出店することになるが、プレオープン前の彼の店になんと創真が授業の一環としてスタジエール(研修)にやって来る。 最初は不敵な笑みを浮かべていた創真だったが、すぐに自分とスタッフ達の実力の違い(と四宮の相変わらずの厳しさ)を思い知らされる事になった。 しかし、へこたれている暇は無いと奮起し、スタッフ達も驚くべき速度で吸収と成長を続け、あっと言う間に忙しい店を支えられるだけの力を得た。 この話の途中で四宮が何故フランス料理のシェフを目指したのかが明らかにされると同時に、創真が四宮を 「師匠」と呼ぶようになる(四宮本人は嫌がっていたが)。 最終的には(「俺ならこうする」ということで多少創真に改善点を指摘、教育した)四宮の二号店に新しいメニューとして創真の料理が加わったのであった。 堂島の要請で率いる十傑評議会との連帯食戟に挑むこととなった創真達の目の前に現れた四宮。 堂島の注文はかつて退学を命令した恵に特訓を課す事だった。 相変わらずの扱きぶりだが、恵はなんとか食らいつく。 そんな完全ランダムな連帯食戟において野菜中心の郷土料理だとそれ以外がテーマ食材だと対処しづらい事から四宮はこれを克服するためバターの乳化に使われる技法『 モンテ・オ・ブール』を伝授する。 恵はいつしかコーチと慕うようになり、そんな恵に対して「SHINO'S TOKYO」の店員や創真を指導と比べ「鈍間」と認識しながらも「鈍間だが、間抜けじゃない」と評した。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

食戟のソーマ 弍ノ皿

しょくげきの

豪ノ皿放送までいよいよ1週間を切りました? もう少しだけ、楽しみにお待ちくださいね? かっこよくて可愛くて、それでいて圧倒的な実力の持ち主ばかりで気になってしまった方も多いのではないでしょうか。 実は原作ではこの時の十傑メンバーだけではなく、新体制のメンバーやOB・OGたちもたくさん登場しているのです。 そこで今回はそんな 『食戟のソーマ』に登場している十傑メンバーを全てご紹介します。 アニメで登場した十傑メンバーだけではなく、過去に在籍したメンバーや原作にしか登場していない新メンバーまで、 全28名の料理人たちを一挙にご紹介していきますよ! 第90期卒業生が中心!物語開始時点での十傑メンバー 第一席:司瑛士 最初にご紹介するのは十傑第一席の 司瑛士です。 クールな雰囲気と美しい見た目からは想像が出来ない極度の心配性な一面を持ちながら、料理人としては完璧と言っていいほどの実力を兼ね備えています。 得意料理は 「フランス料理」。 自分らしさを徹底的に消し、素材本来の良さを生かすというスタイルから 「食卓の白騎士(ターフェル・ヴァイスリッター)」と呼ばれています。 自身の料理を肩書だけで評価されることに苛立ちを感じ、薊政権に寝返ってしまったことで遠月学園は一時存続の危機にさらされてしまいました。 運命の連帯食戟では3度も姿を見せてその実力を発揮しています。 アニメではまだ描かれていない場面もたくさんあるので、今から続編が待ち遠しいです!ちなみに個人的には 声優が石田彰さんなのもポイントが高いですね。 関連記事をご紹介! 第二席:小林竜胆 次にご紹介するのは十傑第二席の 小林竜胆です。 その特徴的な髪型と獣のような瞳、そして鋭くて可愛い八重歯で、まさに肉食系女子といった雰囲気を醸し出しています。 アニメでも十傑の中では頻繁に顔を出していた方なのではないでしょうか。 創真の料理をきちんと「美味い」と評価したり、進級試験できちんと公平な判断をしたりと、何かと良い先輩な印象を受けます。 そんな竜胆は、ワニやアリといった珍しい食材を使う料理を得意としていることから 「希少食材マスター」と呼ばれています。 それらの食材を自身の料理に使うだけではなく、自分でジャングルの奥地に足を運んで採取をしたりもします。 連帯食戟では3度登場して勝負していました。 『食戟のソーマ 餐の皿』では食べているシーンが多かった竜胆の真剣な表情、早く映像で観てみたいですね。 第三席:女木島冬輔 ラーメンマスター女木島冬輔 — ヨッシー yosios 次にご紹介するのは十傑第三席の 女木島冬輔です。 見た目も美しい料理人が多い十傑の中では唯一筋肉質のパワー系といった印象を受けます。 勝負事が苦手で、「料理の勝ち負けは如何に客を喜ばせられるかだけでいい」というポリシーの持ち主です。 しかし入学当初から望まない食戟を多く挑まれ、片っ端から片付けていった結果いつの間にか第三席にまで登り詰めていました。 ラーメンを得意料理としており、日本全国で屋台を引いて修業を積んでいる 「ラーメンマスター」です。 経営難になったラーメン店を助けたり、店同士のいざこざを解決してきたことから、全国のラーメン店舗から「若旦那」「組長」とも呼ばれるようになりました。 女木島冬輔は連帯食戟にも参加しています。 早くアニメで観てみたいですね。 第四席:茜久保もも 次にご紹介するのは第四席の 茜久保ももです。 140cmという小柄な体型と可愛らしい見た目をしていますが、先にご紹介した3人と同じ高等部3年生です。 人見知りでちょっぴり難しい性格から、「会話が成立するまで軽く1ヵ月はかかる」とも言われていました。 いつも「ブッチー」と呼んでいるぬいぐるみを持ち歩いていますが、このぬいぐるみにも実は秘密があるのです…。 これはぜひ原作を読んで確かめてみてくださいね。 得意料理はスイーツ。 実力派料理人が集まる遠月学園の中でも、 当代きってのパティシエと呼ばれています。 自身で作ったスイーツをSNSに載せており、そのSNS映えする可愛さから多くの女性ファンも獲得しています。 ネットを使って全国的に有名となっている茜久保もも、恐るべしです。 武士道を志しており、その古風でワイルドな見た目から密かにファンを増やしています。 刀かと思うほど大きな包丁 「いさな斬り」を常に持ち歩いています。 そんな綜明の得意料理は 寿司です。 実家も寿司屋を営んでいますが、母親が倒れてしまったことをきっかけに自身も寿司職人として客に提供するようになりました。 当代きっての寿司職人ということで、特に魚介類の扱いに長けています。 常に持ち歩いている「いさな斬り」を使い、瞬時にまぐろを解体する技術まで身に着けています。 連帯食戟では2回対戦を行い、とても個性的な握りと海鮮丼を披露していました。 昔ながらのスタイルだけでなく、新しい寿司の形を作り出していく様はまさに侍と言ったところでしょうか。 第六席:紀ノ国寧々 公式サイトにて第22話「決戦の地へ」のあらすじと場面カットを公開! ついに迎えた連隊食戟当日!気になる創真の相手は「江戸そば」を得意とする十傑第六席・紀ノ国寧々に決定!そして注目の対決テーマは…なんと「そば」になってしまい……!? 連帯食戟1st BOUTのみ描かれた『食戟のソーマ 餐の皿』でその腕前を披露していましたね。 和食を得意料理とする寧々ですが、その中でも特に 蕎麦をスペシャリテにするほど得意としています。 それもそのはず、紀ノ国の 実家は超一流店である神田の蕎麦屋だったのです。 寧々は小さい頃から蕎麦や和食の技術を叩きこまれていました。 連帯食戟1st BOUTでは幸平創真と対戦しました。 お題は紀ノ国が得意としている「蕎麦」です。 これは紀ノ国が有利か…と思われましたが軍配は創真に上がりましたね。 覚えていない方はぜひ観返してみてください。 ちなみに寧々は 幼い頃から一色慧と家同士の交流があります。 この辺りも今後もっと深く掘り下げていくストーリーがあるとファンとしては嬉しいですね。 第七席:一色慧 次にご紹介するのは第七席の 一色慧です。 一色は物語で最初に登場した十傑メンバーでした。 創真やその仲間たちが住んでいる 極星寮のリーダー的存在です。 仲間の存在を大切に考えているお兄さんでありながら、 寮にいるときはほぼ全裸という衝撃的な姿も披露しています。 そんな一色ですが、実は 京都で名門の割烹店である「一色家」の跡取りです。 紀ノ国と同様、幼い頃から料理を叩きこまれたこともあり、得意料理は和食となっています。 連帯食戟では極星寮の仲間をバカにされ、今までに見せたことがない表情で対決に臨んでいました。 いつも笑顔を絶やさないキャラだけにとても衝撃でしたね。 連帯食戟では4th BOUTにも登場しています。 ここで作った料理も意表を突いたアイディア料理で、周囲を驚かせていました。 第八席:久我照紀 次にご紹介するのは第八席の 久我照紀です。 久我は『食戟のソーマ 餐の皿』で描かれた月饗祭で創真と対決したので覚えている方も多いのではないでしょうか。 久我は中華料理を得意とし、特に 四川料理を武器としています。 元々は中華料理全般を扱っていた中華研を、食戟を繰り返すことで四川料理特化の研究会にしてしまいました。 月饗祭では中央エリアに「久我飯店」を構え、常に売り上げトップの状態を作り上げました。 しかし4日目に客を捌ききれなくなり、工夫を凝らした創真の店に敗北してしまいました。 1年生の頃に司に食戟を申し込むなど攻撃的なところがあることから、創真と重ねるような描写も描かれています(創真も入学当初から十傑に入りたいと言っていましたからね)。 今後の創真との絡みに注目したいキャラです。 第九席:叡山枝津也 次にご紹介するのは第九席の 叡山枝津也です。 叡山はいわゆる悪役ポジションのような扱いで描かれているキャラですね。 料理人としてよりも フードコンサルティングとしての顔を持っています。 これまでの契約件数や稼いだ総額から 「錬金術師(アルキミスタ)」の異名も持ちます。 そうは言っても料理の実力が全くないわけではありません。 料理の実力があるからこそコンサルタントが出来るということで、腕前もかなりのものを持っています。 しかし性格なのか相手の苦手分野に持ち込んだり、相手の料理を妨害したりといった卑怯な手を使うことも多くあります。 アニメでも八百長を仕組んでいましたね。 叡山が正々堂々と戦う日は来るのでしょうか…。 第十席:薙切えりな 次にご紹介するのは第十席の 薙切えりなです。 えりなは『食戟のソーマ』でのメインヒロイン的な存在ですね。 遠月学園の総裁である薙切仙左衛門の孫娘であり、 「神の舌(ゴッドタン)」と呼ばれる優れた味覚の持ち主です。 家柄がお嬢様なだけでなく、実力も兼ね備えていることからプライドが高く、エリート意識を持ち合わせています。 中等部を首席で卒業し、 史上最年少で十傑入りを果たしました。 輝かしい経歴ばかりのような印象を受けますが、実は 父である薙切薊との暗くて重い過去も持っています。 連帯食戟ではその父との因縁を断ち切れるかが大きな鍵となっています。 最後のシーンはとても感動的です。 みなさんにぜひ観てもらいたいですね。 関連記事をご紹介! 薊政権発足!方針に従えないメンバーを排除して新たな体制に! 新メンバー3名を加え、席次も総入れ替えに アニメ『食戟のソーマ 餐の皿』ではえりなの父・ 薙切薊が登場しました。 薊は「真の意味での美食は、限られた者だけの間で価値を共有すべきもの」とし、遠月学園を乗っ取り、中枢美食機関を発足しました。 この時、十傑メンバーで 自分の意にそぐわない者を排除し、 新たに3名の新メンバーを加入させています。 それでは薊政権での十傑の席次をご紹介しますね。 第一席は司瑛士、第二席は小林竜胆、第三席は茜久保もも、第四席は斎藤綜明、第五席は鏑木祥子、第六席は紀ノ国寧々、第七席は叡山枝津也、第八席は白津樹利夫、第九席は葉山アキラ、第十席は薙切えりなとなりました。 この時除籍されたのは一色慧と久我照紀、そして女木島冬輔でした。 後々えりなも父に反抗することになります。 ではここで新たに加えられた新メンバーをご紹介していきましょう。 関連記事をご紹介! 第五席:鏑木祥子 OPでも強キャラ感出してて好きなキャラになりそうだな〜って思ってた鏑木祥子が一言も喋ることなくアヘ顔で敗北してて悲しい。 2年生ながらも、元々十傑だった紀ノ国や叡山よりも上の第五席に配属されたことでとても期待されていました。 更に上のツイートにもある通り、OPでも強キャラ感を出していたことから「新たなヒロイン登場か!? 」とも期待させていました。 しかし実際は連帯食戟1st BOUTで女木島にあっさり敗れてしまいました。 しかも調理の様子や何を作ったか、どんな対決を繰り広げたか等全く描かれることなく敗北となってしまいました。 これはこれで面白い展開でしたが、鏑木がどのような人物かもう少し知りたい気もしてきます…。 第八席:白津樹利夫 想像以上に白津樹利夫を手厚く扱って頂いてありがとうございます 彼も嬉しさで召されております — マイク18 expert1110 次にご紹介するのは第八席になった 白津樹利夫です。 同期である一色にライバル心を抱きながら、彼の才能に尊敬している一面も見られます。 得意料理は イタリア料理。 白津の家は代々イタリア料理館での食事番を任されている家柄でした。 特徴的な見た目と名前ですが、きちんと実力も兼ね備えており、一席の司もその力を認めています。 そんな白津ですが、連帯食戟1st BOUTであの一色と対決することになります。 しかしそんな対決の最中、白津は「お前は極星寮のようなぬるま湯にいるべきではない」と言ってしまったことが一色の逆鱗に触れてしまいます。 今までに見たことのないような一色の表情を引き出してしまい、1st BOUTで敗れてしまいました。 第九席:葉山アキラ 次にご紹介するのは 葉山アキラです。 この葉山の十傑入りは意外過ぎて驚いた方も多いのではないでしょうか。 わたしもその一人です。 しかしこの時の葉山は薊に弱みを握られている状態でした。 葉山は汐見ゼミを守るため、仕方なく薊政権の仲間入りとなってしまうのでした。 十傑入りした葉山は進級試験で創真と対決することになります。 この時料理に込められていた「情熱」が失われていたことにより、 反逆者の仲間たちと共に退学処分となってしまいました。 葉山の得意とするのは カレーやスパイス。 その天才的な嗅覚から、アニメ版では 「香りの貴公子」という異名も持っていました。 元々はスラム街で自分の名前も知らずに生活していましたが、汐見に拾われて「アキラ」という名前も付けてもらいました。 それから葉山は汐見に絶大な信頼を置いています。 この二人の関係もとても尊いのですが、それはまた別の機会にしましょう(笑)。 連帯食戟に見事勝利!2年生になった創真たちの新十傑メンバー 新メンバー5名を加え、完全新体制に! ここからはまだアニメで描かれていない部分になりますのでネタバレ注意の内容となっていますのでご注意ください。 見事連帯食戟に勝利した創真たちは、無事遠月学園と退学になってしまった仲間たちを取り戻すことに成功しました。 そして 十傑メンバーも新体制になり、2年生へと進学しました。 つい最近、その新体制の十傑メンバーが正式に公開となりましたのでご紹介します。 第一席は幸平創真、第二席は一色慧、第三席は久我照紀、第四席は葉山アキラ、第五席は黒木場リョウ、第六席は薙切アリス、第七席はタクミ・アルディーニ、第八席は叡山枝津也、第九席は紀ノ国寧々、第十席は田所恵となりました。 ちなみに えりなはこの時総帥になってしまっています。 十傑メンバーは見慣れたメンバーになりましたね。 圧倒的2年生率です。 それでは新たに仲間入りとなった5名をご紹介しましょう。 関連記事をご紹介! 第一席:幸平創真 新十傑の第一席となったのはなんと 幸平創真です。 入学当初、「てっぺん取りますから」と大胆宣言していましたが、まさかこんな早くに一席になってしまうとは誰も予想できなかったのではないでしょうか。 しかし連帯食戟が終了した際、創真は自分の一席就任を「暫定」と表現しました。 「一席を賭けての食戟はいつでも受ける」という考えのようです。 創真らしいですね。 創真の得意料理は 大衆料理。 幼い頃から、父が営業する大衆食堂「ゆきひら」を手伝ってきました。 料理に対する熱い情熱と探求心が溢れ出しており、それが悪い方向に転んでゲテモノ料理を作り上げてしまうこともあります。 遠月学園に入学してからは自分の知らない技法や食材の知識を蓄え、それを生かした 創作料理も得意となりました。 関連記事をご紹介! 第五席:黒木場リョウ 次にご紹介するのは第五席になった 黒木場リョウです。 秋の選抜では創真や葉山と一緒に決勝を戦いました。 普段は薙切アリスの側近のようなポジションで大人しい印象ですが、一度料理に入ると人が変わったように荒っぽい性格になります。 それもそのはず、リョウは幼い頃、北欧にある港町で荒くれ者の船乗りに料理を提供するレストランで料理を振る舞っていました。 その中で様々な修羅場も潜り抜けてきたといいます。 そんなリョウの得意料理は 海鮮料理。 フランス料理をアレンジした技法を使いながら、アリスとの対決の中で学んだ 分子美食学も取り入れています。 調理中の荒々しさから、アニメ版では 「厨房の独裁者」という異名も付けられていました。 第六席:薙切アリス 次にご紹介するのは第六席になった 薙切アリスです。 アリスは えりなの従姉妹で、父親は総合研究機関「薙切インターナショナル」の創設者です。 日本人の父親とデンマーク人の母親の間に生まれたハーフであるため、白い肌と銀髪が印象的な美しい見た目をしています。 料理に関しては最先端の技術を使った 科学的な調理法(分子ガストロノミー)を得意としています。 子どもっぽい性格とは裏腹に、幼い頃から様々なコンクールに入賞したり、多くの特許を取得したり、様々な企業と契約を結んだりといった実力の持ち主でもあります。 非常に高価で特殊な調理器具も多数所有しており、対決の度に周囲を驚かせています。 関連記事をご紹介! 第七席:タクミ・アルディーニ 次にご紹介するのは第七席になった タクミ・アルディーニです。 創真のライバル第一号的な存在のキャラなのではないでしょうか。 日本人の父とイタリア人の母親を持つハーフで、その容姿端麗な見た目からファンクラブも発足しています。 実家はイタリアのフィレンツェにある大衆食堂「トラットリア・アルディーニ」です。 実家がイタリアということで、本人の得意料理も イタリア料理となっています。 特徴的な見た目の両手持ち包丁 「メッザルーナ」を華麗に操ります。 幼い頃から店の厨房に立っていたというところは創真と境遇が似ています。 弟のイサミ・アルディーニとのチームプレイも見逃せない人物です。 第十席:田所恵 次にご紹介するのは第十席になった 田所恵です。 創真と出会ったばかりの頃は極度のあがり症で実力を発揮することが出来ず、退学一歩手前まで追い込まれていました。 その田所が今や十傑の仲間入りです。 成長しましたね。 得意料理は 郷土料理で、郷土料理研究会にも所属しています。 田所の料理には、食べる人への気遣いが施されており、とても優しい味に仕上がっています。 まさに田舎の味、母親の味、旅館のおもてなしの味と言ったところでしょうか。 他の登場キャラクターと違い、特に抜群の実力を持っているわけではありませんが、作中では最も大きな成長がみられる人物です。 まさに最強!美しき十傑OB・OGの先輩方もご紹介! 元第二席:幸平城一郎 ここからは元十傑メンバーだったOBやOGの先輩方をご紹介します。 最初にご紹介するのは創真の父親である 幸平城一郎です。 城一郎は遠月学園では大変有名な人物でしたが 旧姓は「才波」、そのため最初は創真が城一郎の息子だと気付く人はほとんどいませんでした。 その天才的な才能から、学園在籍時は多くの人からの期待を一身に受けていました。 しかしそれが城一郎にとって重荷になってしまいます。 プレッシャーに押しつぶされた城一郎は料理を作ることが出来なくなってしまい、総帥の仙左衛門に「料理から一時距離を置くように」とアドバイスをされてしまいました。 これをきっかけに城一郎は 遠月学園を退学してしまいます。 しかし海外を回るうちに料理への情熱を取り戻し、大衆食堂「ゆきひら」を開店させました。 現在は 遠月リゾートの総料理長兼取締役会役員という地位に就いています。 城一郎とは同級生で、共に極星寮の黄金時代を築き上げた一人です。 非常に真面目な性格をしていながらも、時折ユーモアが溢れた言動もみせ、そのギャップに驚かされることもあります。 創真の宿泊研修での非公式食戟や秋の選抜、そして連帯食戟での裏の手引き等、 重要な場面では必ず取り仕切りをしているキャラでもあります。 それだけ実力もあり、周りからの信頼も厚い人物だということがわかります。 堂島はどんな料理を作るのか、観てみたい気もしますね。 元第四席:海老沢理子(第70期卒業生) 『食戟のソーマ』、海老沢ってどこかで見たことあるなと思ったら、69期の第4席やんけ! — ルルカノン Kanonillya 次にご紹介するのは元第四席の 海老沢理子です。 この人物は 城一郎の過去編でのみ登場した人物で、大人になった姿ではまだ登場していません。 極星寮の一員で、城一郎たちの後輩でありながら第四席に在籍していたほどの実力者です。 城一郎や堂島、薊とは仲が良く、よく料理勝負をしていたようです。 過去編で名前が出ているキャラですので、今後どこかで現在の姿を見せてくれるかもしれませんね。 一部では「城一郎の嫁なのでは?」と予想している人もいるようです。 わたしはさすがに「幸平」という苗字の方ではないかと予想していますが…。 これからの展開が楽しみですね。 旧姓は「中村」でした。 城一郎たちの2つ下の薊ですが、城一郎たちが3年生の時に、 1年生ながら第三席に登り詰めた超実力者です。 えりなが第十席でしたから、1年生でここまで登り詰めた人物は今のところ薊だけということになりますね。 薊も極星寮の一員で、特に城一郎には厚い信頼を置いていました。 その城一郎が退学してしまったことで今回のような執念を燃やしてしまうことになります。 城一郎が退学し、堂島たちが卒業してからは 第一席に登り詰めました。 そして卒業と同時に 薙切家の令嬢と結婚、婿入りをして「薙切」の姓を名乗ることとなりました。 しばらくしてえりなが生まれますが、「神の舌」を完成させるために行き過ぎた教育をした結果、 遠月学園と薙切家を追放されてしまいました。 現在は 遠月学園の教師をしており、 汐見ゼミも運営しています。 助手にはあの葉山アキラもいます。 学生時代は極星寮の一員でした。 城一郎からはよくゲテモノ料理の試食をさせられていたため、彼のことを毛嫌いしていました。 現在ではスパイスの研究に明け暮れていますが、 当時はカレーをよく作っていたようです。 極星寮の入寮試験を一発クリアし、当時堂島からは有望視もされていました。 現在のところ、 当時の席次は不明ですが十傑に名を連ねていたことが明らかになっています。 史上最年少で教授に抜擢されるなど、見た目の幼さからは想像も出来ない実力の持ち主です。 今後、学生時代の話なども観ることが出来ると嬉しいですね。 元第一席:四宮小次郎(第79期卒業生) 次にご紹介するのは元第一席の 四宮小次郎です。 肉料理に偏りがちなフランス料理ですが、敢えてレギュム(野菜)に視点を当てる技法で注目を集めました。 そのため 「野菜料理(レギュム)の魔術師」という異名を持ちます。 宿泊研修では自身のレシピを変えてしまった恵に退学を言い渡すなど厳しい印象を与えましたが、一方で母親に対しては九州弁で和やかに話すなど砕けた一面も見せ始めました。 四宮ファンの方はぜひこちらも読んでみてくださいね。 現在は イタリア料理店「リストランテ エフ」でシェフをしています。 宿泊研修で行われた非公式食戟や、秋の選抜決勝での審査員も務めました。 ショートヘアーで無表情な見た目が印象的ですが、個人的には椅子の上に膝を抱えて座る姿が可愛くて好きです。 同期の四宮とは腐れ縁な仲で、昔イタリア料理で勝負に負けてからはライバル意識も持っています。 皮肉めいた発言が多く、あのクールな四宮も表情を崩して怒ってしまうこともあります。 宿泊研修後、イタリア料理が得意なアルディーニ兄弟をリクルートしようとしましたが、彼らは自分の家の店を継ぐことしか考えていなかったので諦めることになりました。 現在は 日本料理店「霧のや」で女将をしています。 割烹着姿でおっとりしており、見た目はまさしく大和撫子ですが、意外と 子どもっぽい性格も見せています。 しかし学生時代は 「霧の女帝」の異名で恐れられていたほど、 料理に関しては厳しい一面も見せています。 審査員を担当した宿泊研修では学生たちを次々と不合格にしていくほどです。 1つ上の四宮に対しては尊敬の意を示してはいるものの、どこか一言多くて怒られてしまうこともしばしばあります。 クールで厳しい四宮をいじれるのはこの乾と水原ぐらいなのではないでしょうか。 この仲良しOB・OG組が好きな方も多いのではないでしょうか。 ストーリーでは恵の料理に対する姿勢が気に入り、リクルートしようとしていました。 現在は スペイン料理店「タキ・アマリージョ」のシェフをしています。 ストーリーでは、秋の選抜準決勝の審査員として登場しました。 創真が1年生の時に3年生だった司たちが90期卒業生だったので、実はそれほど歳は離れていません。 90期卒業生が審査員として登場する日も近いということですね。 短気で怒りっぽい性格をしており、特に 食事マナーに関しては厳しい一面を見せています。 食事マナーが悪い人には「調教」という名の体罰も辞さないという恐ろしい人です。 角崎の前では箸の持ち方などにも気を遣ってしまいそうですね。 自分と近いタイプだと思った水原には敬語で話していましたが、おっとりタイプの乾にはタメ口で話していました。 食事マナーには厳しいですが、一般マナーは少し緩いのかもしれませんね。 元第二席:木久知園果(第89期卒業生) 木久知園果いいね! — ヒロ Plan1055L 最後にご紹介するのは元第二席の 木久知園果です。 現在は 洋食店「春果停」のシェフをしています。 出ました、みんな大好きピンク髪ふんわり系巨乳女子!その圧倒的なプロポーションから、角崎に「乳房おばけ」とも呼ばれてしまいました。 そしてわたしが注目したいのは 89期卒業生ということです。 なんと司たちの1つ上の先輩です。 現在3年生の一色等とは面識がある可能性があります。 その辺りの話でも今後登場するかもしれませんね。 ストーリーでは、秋の選抜準決勝の審査員を務めました。 しかし黒木場と葉山の対決に決着が着けられず、結局創真を加えた3名での決勝戦となりました。 この辺りも、卒業したての新米感があってとてもいい内容だったのではないかと思います。 ぜひ今後どこかの機会でまた登場してくれることを願っています。 創真は先輩方を超えられるか!? 第一席としての今後の活躍に期待! ここまで十傑メンバー総勢28名についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。 どのメンバーもとても個性的で、更に実力を兼ね備えた料理人でしたね。 特にOBの先輩方を見ると、創真たちの新生十傑はまだまだ力不足のようにも感じてしまいます。 2年生が多い新十傑、これからもまだまだ波乱がありそうですね。 原作では薙切えりなが新総帥となり、新しい学園生活がスタートしました。 新学期になって心機一転したのもつかの間、突然様々な事件が降りかかってきています。 なんと城一郎のもう一人の息子を名乗る人物まで出てきています。 続編のアニメはまだ発表になっていませんが、続きが気になる方はちょっと早い予習として原作を読んでみてはいかがでしょうか。 関連記事をご紹介!.

次の