京セラ 夏 祭り 2019。 横浜事業所開催の京セラ夏祭、2019年はいつ?

東京都のお祭り・イベント全626件を一覧でチェック(2020~2021年)

京セラ 夏 祭り 2019

函館港まつりは、函館港の開港を記念して開催される祭りです。 開港77周年となる昭和10年から始まったこの祭りは、函館で最大のイベントのひとつとなっています。 平成7年からは開催日が8月1日~5日までの5日間に固定され、その間にさまざまなイベントが開催されます。 函館港まつりには、「道新花火大会」と「ワッショイはこだて」という2つの大きなイベントがあります。 道新花火大会は北海道新聞が主催する花火大会で、これまでに60回以上開催されています。 全部で5部構成になっており、スターマインや大玉花火、仕掛け花火などが函館港から打ち上げられます。 ワッショイはこだては、市民参加型のイベントです。 各参加団体がそれぞれ衣装をまとい、指定されたコースを踊りながら練り歩きます。 神輿(みこし)や山車(だし)など、見どころは盛りだくさんです。 青森ねぶた祭は、毎年200万人以上の観光客が訪れる日本屈指の夏祭りです。 「ねぶた」「ねぷた」と名のつく祭りはいくつかあり、その中でも青森市で行われる「青森ねぶた祭」は最も有名で、国の重要無形民俗文化財に指定されています。 仙台七夕まつり、秋田竿燈まつりと並んで、東北三大祭りのひとつに数えられています。 青森ねぶた祭は、毎年8月2日~7日までの6日間にわたって開催されます。 1日目と2日目は子どもねぶたと大型ねぶたの運行、3日目から5日目までは大型ねぶたの運行、6日目はねぶたの海上運行と、全日で数多くのねぶたが運行します。 巨大なねぶたが列をなして進む様子は、まさに圧巻の一言です。 青森ねぶた祭は見るだけでなく、ハネトと呼ばれる踊り手として参加することもできます。 正装していれば誰でも参加できるので、興味がある方は挑戦してみてはいかがでしょうか。 正装は市販されている他、一式レンタルすることもできます。 秋田竿燈(かんとう)まつりは、秋田県秋田市で開催される祭りです。 毎年8月3日から6日までの4日間にわたって開催され、合わせて100万人を超える観光客が訪れます。 江戸時代から続く由緒ある祭りで、重要無形民俗文化財に指定されている他、東北三大祭りや日本三大提灯祭りのひとつに数えられています。 正式名称は秋田竿燈まつりですが、縮めて竿燈と呼ばれることもあります。 秋田竿燈まつりの原型は、笹や合歓木(ねむのき)に願いごとを書いた短冊を下げ、それを持ちながら練り歩いた後に川に流すという「眠り流し」だとされています。 そのため、かつては眠り流しが訛(なま)った「ねぶり流し」と呼ばれていました。 竿燈まつりで使う竿燈の大きさはさまざまで、最も大きいもので長さ12m、重さ50kgになります。 これらの竿燈を手や額、肩などに乗せてバランスを取り、その技を競います。 竿燈を操る技だけでなく、職人の手作業で作られた提灯や、囃子も見どころのひとつです。 仙台七夕まつりは、宮城県仙台市で開催される祭りです。 毎年8月6日から8日にかけての3日間にわたって開催され、200万人もの観光客が訪れます。 旧仙台藩にあたる地域では七夕に因んだ祭りが数多く開催されていて、一説では仙台藩の初代藩主・伊達政宗が文化向上の目的で七夕を奨励したことが始まりだといわれています。 仙台七夕まつりはそうした七夕に因んだ祭りの中で最も規模が大きく、東北三大祭りのひとつに数えられています。 仙台七夕まつりでは、一番町や中央通りなどのアーケード街、仙台駅周辺などを中心に大規模な飾り付けがなされます。 商店街や各店舗、各家庭でも個別の飾り付けがされ、仙台市内全体が七夕一色になります。 期間中には仙台市内の各所でさまざまなイベントも開催され、まさに仙台市全体がお祭り会場となります。 青森県からはもうひとつ、八戸三社大祭もおすすめです。 八戸三社大祭は八戸市で開催されている夏祭りで、毎年7月31日~8月4日までの5日間開催されます。 300年の伝統がある祭りで、国の重要無形民俗文化財に指定されています。 2016年には、ユネスコ無形文化遺産にも登録されました。 毎年100万人以上の観光客が訪れる人気の祭りです。 八戸三社大祭の最大の見どころは、おがみ神社、長者山新羅神社、神明宮の3つの神社の神輿行列と、神話などを題材にして製作された27台の山車の合同運行です。 荘厳な神輿行列と華やかな山車の共演、法霊神楽(ほうりょうかぐら)や虎舞(とらまい)などの郷土芸能、伝統的な楽器を使った囃子(はやし)など、歴史や伝統が深く感じられます。 初日と最終日には山車の一斉展示が行われるので、迫力のある山車をじっくりと観賞できます。 佐原の大祭は、千葉県香取市で夏と秋の2回開催される祭りです。 300年の歴史がある関東三大山車祭りのひとつで、ユネスコ無形文化遺産に登録されています。 夏祭りは7月10日以降の金曜・土曜・日曜の3日間で行われます。 佐原の大祭の夏祭りは、八坂神社の祭礼となっています。 本宿地区を10台の山車が運行され、曳き廻しの見せ場である曲曳き(きょくびき)も行われます。 前輪を軸にして時計回りに回転させる「のの字廻し」や楕円を描くようにして引き回す「こばん廻し」、緩急をつけて直線的に往復する「そろばん曳き」など、さまざまな曳き方があります。 日本三大囃子のひとつに数えられる「佐原囃子」に乗せられ、伝統的建造物群保存地区に指定されている地域を山車が運行する姿は、江戸時代の情景を思わせる風情たっぷりな光景です。 山あげ祭は、栃木県那須烏山市で開催される夏祭りで、国の重要無形民俗文化財やユネスコ無形文化遺産に指定されている「烏山の山あげ行事」の一環で行われる祭りです。 山あげ祭の起源は400年以上前にさかのぼります。 毎年7月の第4土曜日を含む金曜・土曜・日曜の3日間で開催されます。 山あげ祭の見どころは、野外劇と「ぶんぬき」です。 山あげ祭では、山水画を描いた「はかり山」を背景に野外歌舞伎が行われます。 舞台装置はすべて人力で動かされ、はかり山を持ち上げる様子から山あげ祭と呼ばれています。 舞台が行われる場所はいくつかあり、ひとつの演目が終わると次の舞台に移動します。 野外歌舞伎の演目はもちろん、準備や撤収の手際のよさも見どころのひとつです。 ぶんぬきは、屋台どうしがお囃子のリズムや大きさ、力強さ、持続力などの競う行事です。 八雲神社前で行われる30分間のぶんぬきの他、巡行中の屋台が出会った場合にも行われます。 ぶんぬきを行う当事者たちはもちろん、見ている観客も巻き込んで盛り上がります。 麻布十番納涼まつりは、東京都港区麻布十番商店街で開催される祭りです。 麻布十番納涼まつりは神社や信仰などに関する祭りではなく、麻布十番商店街が主催となる下町の祭りです。 毎年数十万人が訪れるなど、規模の大きさも特徴です。 かつては8月中旬に3日間開催されていましたが、ここ数年は震災による自粛などから8月下旬の2日間で開催されています。 麻布十番納涼まつりの大きな魅力は、出店の数。 麻布十番商店街に店を構える老舗や名店が所せましと出店し、祭りならではのメニューを提供します。 日本全国から自慢の特産品が集まった「おらがくに自慢」も開催されていて、食の祭りといっても過言ではない盛況ぶりです。 特設ステージではライブや伝統芸能なども楽しめます。 石川県では、毎年7月と8月に多くのキリコ祭りが開催されます。 七尾市で開催される石崎奉燈祭も、そうしたキリコ祭りのひとつです。 キリコは巨大な切子燈籠のことで、正面には地区の願いが込められたキリコ吉祥文字が、背面には武者絵や風景画などのさまざまな絵が施されます。 キリコ祭りではこうしたキリコが地域を巡行し、疫病退散などを祈願します。 石崎奉燈祭は、石川県で開催されるキリコ祭りの中でもひときわ迫力がある祭りとして知られています。 その理由は、キリコの大きさ。 キリコの大きさはそれぞれの祭りによっても異なり、車に取り付けないと運べないものもあります。 石崎奉燈祭のキリコは人が担ぐキリコの中では最も大きく、その高さは15m、重さは約2tにもなります。 太鼓や笛などのにぎやかな囃子に合わせて、巨大なキリコを担いで乱舞する姿は、荒々しくも幻想的な光景です。 福井県の永平寺町にある永平寺は、曹洞宗(そうとうしゅう)の大本山のひとつです。 曹洞宗の開祖である道元によって開かれた寺院で、福井県を代表する観光スポットです。 そんな永平寺の北に流れる九頭竜川で行われ、永平寺とも関係深い夏祭りが、永平寺大燈籠ながしです。 永平寺大燈籠ながしは、2018年度で31回目を迎えます。 永平寺の役寮(やくりょう)・雲衲衆(うんのうしゅう)による法要が行われた後、先祖への想いや願いごとを託した燈籠を九頭竜川に流します。 永平寺大燈籠ながしでは約10,000基の燈籠が流され、河川で行われる燈籠流しの中で日本一の規模だといわれています。 夜の川を燈籠が流れていく様子はとても幻想的で、心が穏やかになります。 クライマックスには、約1,000発の色とりどりの花火が打ち上げられます。 燈籠流しの他、ステージイベントやコンサートなど催し物も行われます。 富山まつりは、富山県富山市の中心市街地で開催される夏祭りです。 富山城址公園(とやまじょうしこうえん)、富山県民会館、城址大通りを中心とした地域で、毎年8月に3日間行われます。 富山市の夏の風物詩といえる一大イベントで、夜遅くまで多くの市民でにぎわいます。 富山まつりのメインイベントのひとつに、「よさこいとやま」があります。 よさこいとやまは高知県発祥のよさこい祭りをモデルとしたYOSAKOIイベントのひとつで、富山県内のYOSAKOIでは最も規模が大きいものです。 毎年60組3,000人ほどが参加し、演舞やパレードを披露しています。 もうひとつのメインイベントは、オジサマーロックフェスです。 2009年から開催されている素人オヤジバンドの野外バンドコンテストで、ゲスト審査員としてプロのロックミュージシャンやシンガーソングライターが招かれます。 ゲストによるミニライブも開催され、大いに盛り上がります。 この他、越中おわら踊り街流しや越中おわら節全国大会なども開催されます。 富山県からもうひとつ、越中おわら風の盆もおすすめです。 越中おわら風の盆は、富山県富山市で開催される祭りです。 毎年9月1日から3日までの3日間で開催され、20~30万人が訪れる富山県を代表する祭りとなっています。 2006年には、とやまの文化財百選に選ばれました。 越中おわら風の盆の起源は300年以上前にさかのぼり、歌や踊りは少しずつ形を変えながら今に受け継がれています。 町中の決まったコースを踊り歩く輪踊り・町流しの他、おわら演舞場での演舞会も開催されます。 演舞会では、イスに座ってじっくりとおわら踊りを観賞できます。 越中おわら風の盆は本祭の他、8月20日から30日にかけて開催される前夜祭もあります。 前夜祭は本祭ほど混雑しないので、ゆったりと楽しみたい方におすすめです。 ご利用上の注意事項 ダイナミックレールパックのご旅行代金は、随時変動いたします。 同一内容でもタイミングにより旅行代金が異なる場合がございます。 ご予約について• ・日帰りでのご利用はできません。 必ず1泊以上の宿泊予約が必要です。 ・同行者全員が同一行程でのご予約となります。 ・途中下車は、乗車票に途中下車駅が指定されている場合のみ、その駅に限り可能となります。 予約(申込)完了後の変更について• ・減員以外の変更は承ることができません。 取消の上、新規予約が必要となります。 取消日により取消料が発生します。 )宿泊日により客室の利用可能人数に制限がある場合や、部屋タイプにより減員が承れない場合もございます。 ご宿泊について• ・宿泊券は発行されません。 最終行程表(購入明細書)をチェックイン時にご提示ください。

次の

【2019】日本全県の夏祭り&夏イベント47選!七夕まつりや花火大会など厳選(2)

京セラ 夏 祭り 2019

人気の種類からさがす• 月別のお祭り・イベント• 浅草周辺の隅田川で打ち上げれ、近年はスカイツリーを背景とした風景も人気。 日程:2020年7月11日(土) 隅田川(浅草周辺) 春と秋に実施される皇居乾通りの一般公開。 皇居坂下門から参入して、皇居乾門または東御苑の大手門・平川門・北桔橋門のいずれかから退出する。 対岸の埼玉県側で打ち上がる戸田橋花火大会と同時開催。 周辺エリアでは最大規模を誇り毎年多くの人で賑わう。 日程:2020年10月3日(土) 昭和記念公園 神宮で開催される都内でも人気の花火大会。 音楽合わせて約10,000初が都会の空に打ち上がる。 実力派の地元連や日本中から数多くの連が参加して、高円寺一帯を練り歩く。 日程:2020年8月22日(土)~8月23日(日) JR「高円寺駅」周辺、東京メトロ・丸ノ内線「新高円寺」駅周辺商店街及び高南通りの8演舞場 毎年夏に浅草で開催される国内最大規模のサンバカーニバル。 実力派のチームが1年の集大成としてサンバを披露する。 調布市を流れる野川沿い約630mの桜並木が美しく照らされる。 お祭り・催事 エリア 日程・開催日 浅草 2020年7月11日(土) 武蔵小金井 2020年7月18日(土)~7月19日(日) 高円寺 2020年7月19日(日) 都立家政 2020年7月25日(土)~7月26日(日) 中目黒 2020年8月1日(土) 恵比寿・代官山・中目黒 2020年8月2日(日) 下北沢 2020年8月14日(金)~8月16日(日) 大塚 2020年8月22日(土) 高円寺 2020年8月22日(土)~8月23日(日) 東久留米 2020年8月22日(土)~8月23日(日) 調布 2020年8月29日(土) 目黒 2020年9月13日(日) 練馬 2020年9月19日(土) 原宿・表参道 2020年10月3日(土)~10月4日(日) 立川 2020年10月3日(土) 葛飾 2020年10月10日(土) 浅草 2020年10月16日(金)~10月18日(日) 江戸川区 2020年10月24日(土) 浜松町・芝公園 2020年11月21日(土)~11月22日(日) 終了したお祭り一覧 東京都で開催されたお祭りのリストです。 次回の開催予定日が更新されるまでこちらに掲載しています。 最新情報は各イベントの公式サイトも合わせてご確認ください。

次の

【2019】日本全県の夏祭り&夏イベント47選!七夕まつりや花火大会など厳選

京セラ 夏 祭り 2019

スポンサーリンク 横浜事業所にお邪魔しました。 全国の工場・事業所で開催しました。 私は、京セラのすぐ近くに住んでいるので、早い時間に整理券を受け取り、一度帰宅して、イベントの盛り上がる夜から参加しました。 年齢層は幅広く、子どもから大人まで楽しめるイベントだと思います。 お子様連れの家族の方が多く、近所の人達は時間 があれば参加しております。 2019年は8月3日15時から20時まで開催されます。 2018年の経験でお話ししますが、屋台の出店時間は16時から出店されています。 ちなみにこの出店されている時間は毎年ほぼ同じです。 ドリンクに関してのみ、少し早めに露店が出ております。 屋台が出店されてい る時間が16時からということで、最初は比較的混雑はありませんが、やはり夕方頃から、物凄い混雑して、身動きが取れない程になります。 特に、人気の屋台はかなり混雑してきますので、早めに行かれるのが一番かと思われますね。 お祭りの屋台となると定番なものとして、たこ焼き、焼きそ ば、フランクフルト、焼き鳥、ビールなどは揃っております。 また、子供向けのアーケードゲームもあり、活気があります。 ちなみに祭りの前半は、地元の子供達が舞台に上がり出し物があったり、子供達が楽しめるヨーヨー、輪投げといった屋台が出店されていますので、親子揃って楽しめ る屋台になっています。 屋台の数や種類は毎年好評ですし、珍しい肉巻きの屋台も出店していますので、気になる方はぜひ行かれることをおすすめします。 なんと言っても見どころは、京セラの建屋に映される巨大抽選大会ですね。 お祭りの入門時に整理番号が配られますが、これがそのまま抽 選番号になります。 景品も幅広いので、大人から子供まで、大変楽しめるイベントとなっております。 また、舞台がセットされているので、子供達から、モノマネ芸人、歌手まで、様々な催し物があります。 花火などは住宅地のど真ん中にある為ありませんが、露店やイベント豊富さ、立地か スポンサーリンク ら、ものすごい数の人が集まり、特に夜の8時から9時位は、ピークになりますので、人混みが苦手な方は、この時間帯は避けた方が良いと思います。 今年の問い合わせを娘がお電話したのですが、とても好意的に「ぜひ、いらしてください。 」とお教えくださいました。 雨の場合は残念です が中止です。 お電話口の方曰く「2019年は8月3日15時から20時まで」とのことなので、昨年はちょっとサービス延長してくださったのかもしれませんね。 画像はイメージです。 アクセスは? 神奈川県横浜市都筑区加賀原2-1-1 お問い合わせは、045-943-6111 最寄りのバス停は、加賀原になります。 加賀原のバス停までは、横浜市営地下鉄のセンター南駅、つづきふれあいの丘駅、また田園都市線の市が尾駅、横浜線の中山駅や、鴨居駅から来る事が出来ます。 それぞれ、15分から20分位です。 また、加賀原のバス停から京セラの横浜事業所までは、徒歩3分位です。 まとめ 京セラが開催するお祭りは地域貢献を目的としており、お買い得な値段の屋台や豪華景品の抽選を実施されたりと、かなりお得なイベントとなっています。 私も毎年参加しておりますが、京セラの社員の方が一生懸命で、とても好感が持てます。 場所としては、色々な駅からアクセス出来るのも 魅力だと思います。 普段は入ることができない会社の敷地に入ることができるので、ぜひ夏祭りを楽しんでみてはいかがでしょうか。 各拠点、趣向を凝らした催し物や、たこ焼き・かき氷など夏祭りの定番の模擬店などもあります。 大人はお酒を楽しめ、子供も楽しめる夏祭りの定番のヨーヨー 釣り・射的に挑戦できるおたのしみコーナーや、恒例のチャリティーバザーや、地元採れたて野菜の直売もあります。 お祭りではステージも設置され、ダンスや生演奏に豪華ゲストなども訪れるイベントも実施しています。 そして、人気なのがビンゴ大会に加えて、福引抽選会もあります。 中 には、1泊2日ペア宿泊券など、豪華賞品もあります。 京セラ夏祭りは、事前予約等は不要で気軽に行けるので、親子で一緒に訪れてみてはいかがでしょうか。

次の