極限zエリア サイヤ人編。 【ドッカンバトル】極限Zエリア「魔女っ子戦士」の攻略

【ドッカンバトル】極限Zエリア「サイヤ人編(vsラディッツ)」の攻略情報

極限zエリア サイヤ人編

- 概要 極限Zバトルと同じで覚醒メダルを集めるイベントだが、極限Zバトルと違ってすごろくマップが用意されており、なおかつ 挑戦にACTを消費する。 今回は新実装イベントキャラクターが対象。 メダル集め ステージ2つ、難易度2つずつが設定されており、Z-HARDで「銅と銀」、SUPERで「金と虹」の覚醒メダルが手に入る。 覚醒メダルはボスドロップではなく道中カプセルから手に入るものとなっている。 単純計算で各3回ずつ入手すれば必要数を集めきれる。 また最初の1マス目に確率で が出現するが、これは覚醒メダル2マス分入っている。 入手すれば出撃1回分のACTが浮くぞ。 から手に入ったメダルはカプセルの種類で判別できる。 以下の表を参考にして欲しい。 覚醒対象 入手覚醒メダル 制限 出撃条件• 編成必須キャラクター2体を全て編成する。 フレンド枠はSPECIALの極限Z覚醒済みしか選べない。 その他の編成は指定キャラクターからのみ選択可能。 必須キャラクター以外は編成せずとも挑戦可能。 サポートアイテムはすべて外さないと出撃不可能。 難易度SUPERは なんと気絶無効。 気絶で行動不能にすることが不可能で、更に必殺技ATKが140000あるため一撃でも喰らえば致命傷は必至。 安定して勝利する場合、の極限Z覚醒を終えた上でリーダーとして使用したい。 による必殺技封じと、ATK低下必殺技持ちで封殺ということも可能。 しかしそれでも行動順や敵の必殺技を受けてしまうキャラクター次第で勝てないこともある。 ブロリー 幼年期 の回避が発動するしないですら戦況に影響してしまうかなりの難易度となっている。 編成できるならガシャ版のキャラクターを組み込みたい。 敵が速属性なので技属性のを編成できると良い。 必殺技封じも持っているので被弾も減らせる。 最大12回クリアが必要なので10回クリアは問題なくできる。 しかし、実は マスが3回以上出た場合9回以下で極限Z覚醒分を集めきれてしまうため、余計にクリア回数を増やさないと龍石が手に入らないという事態にも。

次の

【ドッカンバトル】極限Zエリア「魔女っ子戦士」の攻略

極限zエリア サイヤ人編

- 概要 極限Zバトルと同じで覚醒メダルを集めるイベントだが、極限Zバトルと違ってすごろくマップが用意されており、なおかつ 挑戦にACTを消費する。 今回は新実装イベントキャラクターが対象。 メダル集め ステージ2つ、難易度2つずつが設定されており、Z-HARDで「銅と銀」、SUPERで「金と虹」の覚醒メダルが手に入る。 覚醒メダルはボスドロップではなく道中カプセルから手に入るものとなっている。 単純計算で各3回ずつ入手すれば必要数を集めきれる。 また最初の1マス目に確率で が出現するが、これは覚醒メダル2マス分入っている。 入手すれば出撃1回分のACTが浮くぞ。 から手に入ったメダルはカプセルの種類で判別できる。 以下の表を参考にして欲しい。 覚醒対象 入手覚醒メダル 制限 出撃条件• 編成必須キャラクター2体を全て編成する。 フレンド枠はSPECIALの極限Z覚醒済みしか選べない。 その他の編成は指定キャラクターからのみ選択可能。 必須キャラクター以外は編成せずとも挑戦可能。 サポートアイテムはすべて外さないと出撃不可能。 難易度SUPERは なんと気絶無効。 気絶で行動不能にすることが不可能で、更に必殺技ATKが140000あるため一撃でも喰らえば致命傷は必至。 安定して勝利する場合、の極限Z覚醒を終えた上でリーダーとして使用したい。 による必殺技封じと、ATK低下必殺技持ちで封殺ということも可能。 しかしそれでも行動順や敵の必殺技を受けてしまうキャラクター次第で勝てないこともある。 ブロリー 幼年期 の回避が発動するしないですら戦況に影響してしまうかなりの難易度となっている。 編成できるならガシャ版のキャラクターを組み込みたい。 敵が速属性なので技属性のを編成できると良い。 必殺技封じも持っているので被弾も減らせる。 最大12回クリアが必要なので10回クリアは問題なくできる。 しかし、実は マスが3回以上出た場合9回以下で極限Z覚醒分を集めきれてしまうため、余計にクリア回数を増やさないと龍石が手に入らないという事態にも。

次の

無料印刷可能ドラゴンボール Z Battle Of Z 隠し キャラ

極限zエリア サイヤ人編

- 概要 極限Zバトルと同じで覚醒メダルを集めるイベントだが、極限Zバトルと違ってすごろくマップが用意されており、なおかつ 挑戦にACTを消費する。 今回は新実装イベントキャラクターが対象。 メダル集め ステージ2つ、難易度2つずつが設定されており、Z-HARDで「銅と銀」、SUPERで「金と虹」の覚醒メダルが手に入る。 覚醒メダルはボスドロップではなく道中カプセルから手に入るものとなっている。 単純計算で各3回ずつ入手すれば必要数を集めきれる。 また最初の1マス目に確率で が出現するが、これは覚醒メダル2マス分入っている。 入手すれば出撃1回分のACTが浮くぞ。 から手に入ったメダルはカプセルの種類で判別できる。 以下の表を参考にして欲しい。 覚醒対象 入手覚醒メダル 制限 出撃条件• 編成必須キャラクター2体を全て編成する。 フレンド枠はSPECIALの極限Z覚醒済みしか選べない。 その他の編成は指定キャラクターからのみ選択可能。 必須キャラクター以外は編成せずとも挑戦可能。 サポートアイテムはすべて外さないと出撃不可能。 難易度SUPERは なんと気絶無効。 気絶で行動不能にすることが不可能で、更に必殺技ATKが140000あるため一撃でも喰らえば致命傷は必至。 安定して勝利する場合、の極限Z覚醒を終えた上でリーダーとして使用したい。 による必殺技封じと、ATK低下必殺技持ちで封殺ということも可能。 しかしそれでも行動順や敵の必殺技を受けてしまうキャラクター次第で勝てないこともある。 ブロリー 幼年期 の回避が発動するしないですら戦況に影響してしまうかなりの難易度となっている。 編成できるならガシャ版のキャラクターを組み込みたい。 敵が速属性なので技属性のを編成できると良い。 必殺技封じも持っているので被弾も減らせる。 最大12回クリアが必要なので10回クリアは問題なくできる。 しかし、実は マスが3回以上出た場合9回以下で極限Z覚醒分を集めきれてしまうため、余計にクリア回数を増やさないと龍石が手に入らないという事態にも。

次の