ご 相談 させ て いただき たい。 転職で「別れたい」

「相談させていただきたいのですが」 って日本語は変ですか?

ご 相談 させ て いただき たい

1-2.「させていただきたく」は「させてもらいたい」という意味 「させていただきたく」は、この一文が敬語表現で、「相手にその行為をする許可をもらい、相手に遠慮しながらする」という意味です。 「」だけでも相手を敬う表現ですが、「存じます」をつけることでよりな表現になります。 また「」と、「させて」がつかない場合には、「して欲しいのですが」と相手にお願いをする意味になります。 1-3.「頂く」と「いただく」の違い 漢字表記の「」は謙譲語ですが、ひらがな表記の「いただく」は謙譲語ではありません。 「いただく」は、漢字で「頂く」と変換すると「食べる・飲む・もらう」のになります。 一方、ひらがなの「いただく」は「」のように動詞につけて使います。 ひらがなの場合は「何かを〜してもらう」という意味です メールなどで使う場合、変換してしまいがちなので注意が必要です。 違いについて、例文で詳しく見てみましょう。 <例文>• 「いただく」を使う場合 「担当者が不在ですので、改めてお電話 させていただきたく存じます」 最初の例文では、「ジュースをもらった」ということを丁寧に表現して「頂く」と漢字に変換しています。 この場合はあったことをそのまま表現しているだけなので、漢字でもひらがなでもかまいません。 2つめの例文では、「電話をしてもいいか」相手に許可を願っていますので、漢字ではなくひらがなの「いただく」を動詞の「電話する」につけて使います。 この場合の「いただく」は補助動詞として使います。 補助動詞は動詞と結びつくことで意味を持つ言葉です。 「謙譲語」は漢字表記、「補助動詞」はひらがなというルールを覚えておきましょう。• <使いがちな二重敬語と正しい表現>• しかし、 「させていただく」は、助動詞の「させる」+接続助詞「て」+補助動詞「いただく」で、「敬語連結」と呼ばれ、正しい敬語表現として認められています。 2.「させていただきたく存じます」の使い方 「させていただきたく存じます」は、目上の方や上司に対して使うことができる謙譲語です。 ただし間違った使い方をすると、相手に失礼になるばかりでなく正しくこちらの気持ちが伝えられないことにもなりかねません。 そこで「させていただきたく存じます」を使う際に、注意したいポイントをご紹介します。 2-1.謙譲語を重ねない 「させていただきたく存じます」を使う場合、「させていただきたく」の前に謙譲語を使ってはいけません。 「させていただきたく」は一つの表現で、謙譲語です。 そして「させて」の前には「相手に了解を得てする行動」である動詞がつきます。 この動詞が謙譲語だと、二重敬語になってしまうのです。 例文で正しい使い方を見ていきましょう。 2-3.相手にお願いするときに使う 「させていただきたく存じます」は、「相手に許可を得た上で、自分がそれをおこなう」ため、相手にお願いをする場合に使います。 「相手のや許可が必要な場合」や「相手の意に反したりそぐなわない場合」に使います。 相手に許可を取る必要がないことにまで「させていただきたく存じます」を使うと、くどい表現になってしまいます。 どういった場合が当てはまるか、例文で見ていきましょう。 逆に「ことでもない」と思われることに対しては、「させていただきたく存じます」ではなく「いたします」など別の表現を使った方が、相手に伝わりやすいので、そちらを使いましょう。 続いては、「させていただきたく存じます」の言い換え表現をご紹介します。 3.「させていただきたく存じます」の言い換え表現 「させていただきたく存じます」を多用すると、くどくなったり、相手にこちら側の意図を伝えづらくなってしまうことがあります。 そこで「させていただきたく存じます」の言い換え表現を4つご紹介します。 <例文>• できればご参加 いただきますようお願い申し上げます。 お忙しいとは存じますが、アンケートにお答えいただきご返送 いただきますようお願い申し上げます。 「いただきますようお願い申し上げます」と似た表現に「いただけますようお願い申し上げます」があります。 「き」と「け」の違いですが、「いただけ」の場合は「~してもらえるよう」という可能の表現となり、「もしよければ~」という意味が加わります。 「いただき」でも「いただけ」でも間違いではありませんが、「いただけますよう」のほうが丁寧な表現です。 言い換え表現3.「なさってください」 「なさってください」は「してください」の丁寧な表現です。 相手に依頼をする際、「させていただきたく存じます」の繰り返しをしたくない場合に、言い換えることができます。 例文で詳しく見てみましょう。 言い換え表現4.「願いたく存じます」 「願いたく存じます」は、「お願いしたいと思う」の謙譲語です。 謙譲語は自分がへりくだり、相手を敬う表現のことです。 「存じます」は「思っています」「知っています」という意味があるほか、相手に何かをお願いするときに使います。 「願いたく存じます」は、「させていただきたく存じます」と同じように、相手に許可を得る必要がある場合に使うことができます。 「させていただきたく存じます」を何度も繰り返さないように、「願いたく存じます」で言い換えるといいでしょう。 文例で見ていきましょう。

次の

「ご相談させてください」は間違い!の正しい敬語表現について!

ご 相談 させ て いただき たい

相手の行為にたいして使い、自分の行為には使わないことが基本。 自分の行為に使い、相手の行為には使わないことが基本(例外あり)。 じつは尊敬語と謙譲語にはどちらも「お・ご」の使い方があります。 謙譲語としての「お・ご」の使い方はたとえば、 「会議日程の ご連絡」 「忘年会開催の お知らせ」 「販売状況の ご報告」 「転勤の ご挨拶」 「貴社ご訪問の お願い」 こんな感じのフレーズがあります。 よくビジネスメールの件名で目にする表現ですね。 ところが例文は自分が「ご連絡・お知らせ・ご報告・ご挨拶」するため「お・ご」をつかうのはおかしいと感じるかたもいらっしゃることでしょう。 これは、 謙譲語「お・ご」の使い方を知らないためにくる勘違いです。 実際にはどれも正しい敬語をつかっています。 「ご相談させていただく」は二重敬語ではない 「ご相談させていただく」は二重敬語だという意見があります。 ただし答えは「二重敬語ではない」です。 二重敬語とは「ひとつの語におなじ敬語を二回つかうこと」であり敬語のマナー違反です。 たとえば「お伺いいたします」「お伺いする」などが二重敬語の例。 「行く」というもとの単語の謙譲語「伺う」をつかっているのに、さらに「お〜いたす」「お〜する」という謙譲語をつかっているためです。 「相談」「させてもらう」にそれぞれ謙譲語を適用しているため、正しい敬語です。 二重敬語ではありません。 よくよく考えてみると… 「ご相談させていただく」が二重敬語になるのでしたら、ビジネスメールの結びで必ずといっていいほど使う「お願いいたします」も二重敬語になるはずですよね。 「ご相談させていただく」は日本語としておかしい? これまでの解説から「ご相談させていただく」は敬語としては正しいということが分かりました。 ところが敬語うんぬんの前に… 「ご相談させていただく」が正しいかどうかをみるためには、そもそも日本語としておかしい表現じゃないの?というポイントに注意する必要があります。 日本語としても正しい「ご相談させてもらう」 結論としては「ご相談させていただく」は日本語として正しいです。 なぜこう考えるのかというと… 元の形「相談させてもらう」で考えてみると分かりやすいです。 「させてもらう」の意味は辞書によると「相手方の許しを求めて行動する意をこめ、相手への敬意を表す」です。 つまり、 許しが必要なときにつかう言葉です。 で、 「ご相談させてもらう」だと「相談するために相手からの許しを得たい」という感じのニュアンスになります。 ビジネスシーンで相手に相談するとき、はたして相手からの許しが必要でしょうか? 答えは「Yes、必要です」 したがって例えば「一度、ご相談させていただきたく存じます」というようなフレーズは正しいということになりますね。 ただしこれは受け手の感情次第であるため、なにが正解とは言えません… 「ご相談させていただく」がふさわしいビジネスシーン とくに目上・年配の方は「ご相談させていただく」というフレーズをよく使いますね。 ビジネスシーンでは何かお願い・依頼をするときに「恐れ多くもご相談させてもらうよ、許してね」というニュアンスだと考えればまぁ自然な流れです。 具体的にはたとえば、 ビジネスシーンで仕事の相談をしたいとき。 「近々、商品Aの価格改定を考えております。 (中略)つきまして一度、ご相談させていただきたく存じます」 「顧客Aにたいする営業方針につき、ご相談させて頂きます」 かしこまったシーンで「ご相談する」ようなときには「恐れ多くもご相談させてもらう」みたいなニュアンスで「ご相談させていただく」を使うと丁寧です。 「ご相談させていただく」が不要なビジネスシーン それでは逆に、 こんなときには「ご相談させていただく」を使う必要はないというシーンを紹介。 たとえば社内で上司に仕事の相談をしたいとき。 「ご相談いたしたく存じます」で十分に丁寧なお願いフレーズになります。 これは相手の性格によりますけど、わたしは社内の相手にそこまで大げさな敬語フレーズを使うのはおかしいと考えます。 ただし何度もしつこいですが上司によります(笑)すご〜く丁寧な対応を心がけたいのでしたら「ご相談させていただく」としてもよいでしょう。 ご相談させていただく の使い方・例文 つづいて「ご相談させていただく」の使い方について。 使い方は「ビジネスシーンにおける何かしらの相談」 使い方は文字どおり、 上司や取引先に何かしらの相談をしたいとき「相談させてもらう」という意味で使います。 たとえば仕事の相談、納期の相談、打ち合わせ日程の調整などいろいろなビジネスシーンで活躍する敬語フレーズです。 「ご相談させていただく」のビジネスメール例文 例文をみたほうが分かりやすいのでビジネスメールやその他のシーンで使える「ご相談させていただく」の例文をご紹介。 (現在形)• (過去形)• (願望)• (願望)• (催促)• 正しい使い方にはたとえば、• 例文「ご一緒させていただきます」• 例文「出席させていただきます」• 例文「コメントは差し控えさせていただきます」 などがあります。 これらはよくビジネスメールに使われる表現。 相手の許しがなければ「ご一緒させてもらう=同行させてもらう、仕事を一緒にさせてもらう」あるいは「出席する」ことはできないため、正しいと言えます。 例文「本日は休業とさせていただきます」 原文「休業させてもらう」• 例文「誠に勝手を申し上げますが、製品を10%値上げさせていただきます」 原文「値上げさせてもらう」• 例文「弊社の新商品を紹介させていただきます」 原文「紹介させてもらう」• 例文「貴社の求人に応募させていただきます」 原文「応募させてもらう」• 例文「誠に勝手を申し上げますが、製品を10%値上げさせていただきます」は値上げするには相手の許可がいるわけで、これもまぁOKな使い方といえます。 例文「本日は新商品を紹介させていただきます」も、いちおうは相手の許可がいるわけですからまぁOKな使い方。 例文「貴社の求人に応募させていただきます」も、いちおうは相手の許可がいるわけですからまぁOKな使い方。 ただ、 おっさん営業である私はどれも決して使いません。 必要以上にかしこまるのが嫌いだからです。 客は神でもなんでもなくってただのヒトなのですから。 ここからは、 「ご相談させていただく」のほかにも使える言い換え敬語を紹介します。 さきに答えですが「相談いたします」「相談いたしたく存じます」「以前にご相談いたしました~」とすればよいだけ。 それぞれの敬語の補足• (ご)相談いたします もとになる単語「相談」に謙譲語の「ご」、 さらに「する」の謙譲語「いたす」を使い、 丁寧語「ます」をくっつけた敬語• (ご)相談いたしたく存じます もとになる単語「相談」に謙譲語の「ご」、 さらに「する」の謙譲語「いたす」を使い、 願望の「〜したい」で「〜いたしたく」とし、 「思う」の謙譲語「存じる」に丁寧語「ます」をくっつけた敬語• たとえば、 「ご連絡する」「 ご 連絡いたす」 「ご報告する」「 ご 報告いたす」 「ご相談する」「 ご 相談いたす」 「お願いする」「お願いいたす」 こんな感じでつかう敬語です。 ちなみに丁寧語「ます」をくっつけて「(お・ご)〜します」「(お・ご)〜いたします」とするのが一般的。 目上の方や取引先に対して使える文章にしていますので、ご参にどうぞ。 さて、私事で大変恐縮ではございますが、一身上の都合により退職することといたしました。 突然のご報告となりましたこと深くお詫び申し上げます。 これまで公私にわたり本当にたくさんのご指導とお力添えいただき、心より感謝いたしております。 ご指導いただいたことを胸に、精進を重ねてまいる所存でございます。 このたびのこと心苦しい限りではございますが、どうかご了承いただければ幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 私事にて恐縮ですが~ は「自分のことで恐れ入りますが、申し訳ありませんが、」の意味• ご容赦 は「許すこと」の意味• ご了承 は「了解し、承諾すること」の意味• いただければ幸いです は「~してもらえたら嬉しいなぁ」の意味の敬語• いたしたく存じます は「~したいと思う」の謙譲語に丁寧語「ます」をくっつけた敬語• いただく は「もらう」の謙譲語• お力添え は「手伝うこと、手助け」の意味• お手すきの際に は「手が空いているときに」の意味• 公私にわたり は「仕事とプライベートの両方で」の意味• 存じる は「思う」の謙譲語。 丁寧語「ます」をくっつけて「存じます」として使う• おります は「いる」の謙譲語に丁寧語「ます」をくっつけた敬語• いたします は「する」の謙譲語「いたす」に丁寧語「ます」をくっつけた敬語• お(ご)~いたす は謙譲語の基本となる形。 さて、私ごとにて大変恐縮ではございますが、家庭の事情により現行の部署での業務に支障をきたす恐れがあり、今後のキャリアや配置転換につき相談いたしたく、連絡いたしました。 具体的には以下のような問題を抱えております。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、何卒よろしくお願いいたします。

次の

「ご相談」の使い方と例文集 ビジネスメールでの相談の仕方テンプレート

ご 相談 させ て いただき たい

上司や取引先の方に相談がある場合 相談の相手が職場の上司や社外の人物であれば、正しい敬語を使わなければなりません。 「ご相談」という言葉自体は正しい敬語です。 さらに、相手の時間を割いてもらうことへの感謝と敬意を表す意味でも、 冒頭に「お忙しいところ、すみません。 」などと切り出すとよいでしょう。 また、相談を持ちかける際に、いきなり本題を切り出すのは相手に迷惑をかけてしまう場合があります、 謙虚に「少しお時間を頂いてよろしいでしょうか。 」のようないい回しでお伺いを立てることも大切です。 また、社外の方の場合は日程調整やアポイントでの相談が主となるでしょう。 以下の記事では企業や取引先相手にメールを送る際のポイントと例文を解説しています。 ビジネスでの印象をよくするためにも重要なコツは押さえておきましょう。 「課長、以前お話しした案件について、改めてご相談させていただきます。 」 「させていただく」は、相手が了解を与えたことを行うという意味合いが含まれる、 使役表現といわれるものです。 「させていただく」は英語でいうとYou make me happy. (あなたは私を幸せにする)と同じ表現で、あなたが私にそうさせているという意味です。 これは、相手の存在が意識される表現であるため、「御好意に甘えて、ご相談させていただきます」というように、事前に相手から了解を得ているという共通意識がある場合は、全く問題ありません。 しかし、いきなり「ご相談させて頂きます」といって本題に入ってしまうと、相手が与えてもいない許可があるかのようなニュアンスになり、偉そうに感じさせてしまう可能性があります。 あらかじめ相談する許可を得ている場合に使うようにしましょう。 「ご相談」の後に続く適切な言葉 「ご相談」の後に続く言葉としておすすめなのが、「ご相談させてください」といういいまわしです。 こちらは、敬語として正しく、簡潔で無駄がないため、相手や状況を選ばずに使いやすい表現です。 次に「ご相談」の後に続く言葉で、不適切な表現は以下の通りです。 ・ご相談に乗って下さい ・ご相談がある この表現が間違っている原因は、敬語の種類と関係にあります。 前述で、「ご相談」に付いている「ご」は、「相談」の謙譲語であると紹介しました。 しかし、 「ご相談に乗って下さい」という表現では、「ご」が、謙譲語から尊敬語の意味が変わってしまいます。 そのため、自分から相手にする相談という行為に、尊敬の「ご」を付けている形になってしまい、 自分が相手より立場が上となる言葉に変換されるため、間違いです。 次に、「ご相談がある」という表現は、謙譲語の「ご」が「相談」についた形です。 そのため、「ご相談」という表現は間違っていません。 しかし、謙譲語になっている「ご相談」に対して、 後に続いている動詞の「あります」が、謙譲語になっていないため間違いとなります。

次の