岩本 和子。 岩本和子|復帰!熱海事件のその後…。彼とは?高校大学が判明。

岩本和子、グラビア再起を前に明かす「刃傷事件と拘置所生活」

岩本 和子

絵を描くことが好きだった少女は地元画壇の指導者でもあった水彩画家・三橋兄弟治 みつはし・いとじ 1911-96 などに指導をうけたのち東京芸術大学 美術学部絵画科油画専攻 を卒業、1970年以降は中央の美術団体に属さず、個展をおもな作品発表の場としています。 公募展と決別した年の暮れ、岩本は祖父が客死したタイを訪れます。 祖父ゆかりの土地を巡る旅は岩本にとっては祖父・岩本左武郎 1872-1923 を弔う旅でもありました。 同時にこの国で彼女は厳しい生きた仏教の世界を知り、深い感動を覚えます。 この旅で得たモチーフなどによる1971年の個展の折、美術評論家の植村鷹千代 1911-98 から朱色の世界への希求を指摘され、インドにゆくことをすすめられます。 岩本がインドの地を踏むのは1972年12月。 そこは強烈な熱気と臭気に満ち、異質な色彩の氾濫と喧騒にうちひしがれたうえに、タイで目のあたりにした生きた仏教がもはや存在しないことに衝撃をうけます。 しかし岩本は聖地で祈る人々の姿に、博物館で出会った遺物に、この国で何世紀ものあいだ連綿と続いている信仰 祈り の深さを体感し〈インドの空間〉のテーマを獲得します。 〈インドの空間〉というテーマを追究するなか、岩本は具体的なインドの事物を描いてゆくことだけが必ずしも祈りの世界を描くことではないと考えます。 形をはなれることによって表現の可能性は無限にひろがる、と。 そしてここで創造されたのが現在も続く〈冥漠〉のシリーズでした。 さらにモチーフはインドにとどまらず、仏陀の教えがひろめ伝えられたシルクロードにもおよんでいます。

次の

《独占直撃》美魔女モデル 岩本和子が“熱海刃傷”不起訴で新生活スタート「入院して心のケアを受けていました」

岩本 和子

今回、VRの世界で貴方といっしょにいてくれるのは岩本和子さんです。 ファンタスティカの「白日夢」という新しいシリーズの作品で、2020年4月3日にリリースされました。 現在44歳の和子さんは、39歳の時にデビューしたという異色の経歴の持ち主です。 エロい美魔女としてのポテンシャルが高いからこそ成しえる業ですね。 この作品では和子さんは、貴方の妻を演じているそうです。 メーカーによるとこのような作品なんだそうですよ。 話題の美熟女「岩本和子」がファンタスティカに再降臨。 妖艶な肉体を惜しげもなく披露し、あなたを魅了する!仕事を終え帰宅した自分を出迎えてくれる和子。 「あなたのこと、ずっと待ってた」と笑顔で抱き着き喜びを表現する。 和子のスキンシップは激しく、はだけた浴衣からは火照った胸元が見えていた。 風呂場で汗を流した後は、寝室へ移動し重なり合う二人。 和子はランジェリー姿になり、成熟した身体をふんだんに見せつけ誘惑してくる…。 この甘美な空間は、果たして夢か現実か…FANTASTICAが送る新レーベル「白昼夢」の世界を存分にお愉しみください。 そんな岩本和子さんの熟れきったカラダが見られるサンプル動画は、下の画像をクリック/タップしていただくと、サンプル動画があるページに飛ぶことができますので、そちらでご覧いただけます。

次の

《独占直撃》美魔女モデル 岩本和子が“熱海刃傷”不起訴で新生活スタート「入院して心のケアを受けていました」

岩本 和子

2019年5月18日、グラビアタレント・岩本和子は、交際していた男性をカッターナイフで切りつける、刃傷事件を起こした。 彼女は入院療養を経て、いまでは社会生活に復帰するに至った。 「あのころ私は、彼が既婚者と知り、『堕ろせ』と言われ続けたことで現実がつらくなり、睡眠薬を飲んでいました」 当時の彼女は、家庭を持つ男性と知らずに関係を持ち、妊娠。 「堕胎手術の同意書にサインをしてほしい」と、男性を熱海に呼び出したのだった。 「本当は、すでに手術後でした。 噓をついて申し訳なかったと思いますが、この世から消えた娘と、その子を失った私に、『ごめん』と、ひと言謝ってほしかったのです」 逮捕から4カ月間、拘置所で懺悔の日々を過ごした。 「3畳の部屋から一歩も外に出ることなく、過ごしていました。 事件直後、冷静になったときに、『信じられないことをしてしまった』と、ものすごく後悔しました」 2019年9月、不起訴処分となった岩本。 本誌では2020年1月に、完全予約制のメンズエステでエステティシャンとして働く彼女を取材していた。 「あのときは、ありがとうございました。 『FLASH』という誌名がまた聞けただけで、励みになりました。 エステは続けたかったのですが、大阪在住になりましたので、いまはやっておりません」 事件を起こすまでは、数々の雑誌の誌面を飾り、ドラマ・映画にも出演した岩本。 その心底には、グラビアへの強い憧憬がある。 「グラビアは、私が人生で見つけた、いちばんやりたいことでした。 ですが、これからというときに事件を起こし、世の中から消えてしまいました。 志半ばでしたので、もし許されるのであれば、また頑張りたいと思っていました」 折しもあれ、岩本に復帰作となる写真集のオファーがあった。 出演を決意した理由は何か。 「事件について、私は一生忘れない思いを抱えて生きてまいります。 それでも、『おかえりなさい』と言ってくださるファンの皆様の応援のお声があったからこそ、頑張りたいと思いました。 2019年は番号で呼ばれていたので、いまは『岩本さん、和子さん、かずちゃん』と呼ばれることが、とても幸せに感じます。 皆様の声が、私の心の支えなのです」 いわもとかずこ 44歳 1976年2月1日生まれ 鳥取県出身 美容モデルとして活躍したのちに、39歳でグラビアデビュー。 その後、数々の雑誌でグラビアを飾り、ドラマ、映画などに出演。 2019年、知名度が高まっているさなかに、熱海で刃傷事件を起こし、逮捕。 その後、不起訴となる。 このたび、芸能界復帰を目指して写真集を刊行。

次の