エクセル 行列 の 入れ替え。 Excelで、各セルの値の行列(縦横)入れ替えを、コピペや数式で行う方法

セルの上下の入れ替え・左右の入れ替え【Excel・エクセル】

エクセル 行列 の 入れ替え

「エクセルのデータを順番に並べ替えたい!」 「1対1で入れ替えるのではく、並んでる順番を逆にしたい」 「いつもコピペでちまちまやってるけど、なんとかしたい」 ということはありませんか? この記事では、企業でパソコン講師を務めた私が、エクセルのデータを並び替える3つの方法をお伝えします。 今すぐに並び替える方法から、 自動で行う方法・ 並び替えのコツまでお伝えしていきます。 ぜひ読んで、実践してみてください。 ショートカットキーはエクセルを含めたパソコン作業の基本! ショートカットキーは地味に見えますが、あらゆる作業を早めるベースになります。 実際、マウスを使っていると、ショートカットキーを使うと、作業が2,3倍に早くなります。 マウスに慣れていると、あまり実感がないかもしれませんが、エクセルを含めたパソコン作業には、マウスはオススメしません。 マウスで作業を進めると、ファイルやフォルダを探すのに時間がかかります。 それだけではありません。 肩こりや目の疲れにもつながり、仕事への集中力がどんどん落ちてしまいます。 結果、作業がはかどりません。 ショートカットキーについては、こちらの記事で紹介していますので、あわせて読んでみてくださいね。 ショートカットキーを含め、エクセル操作には正しい操作方法や使い方があります。 これを習得すれば、あらゆる仕事で重宝します。 もし、あなたがエクセル操作のスキルを学びたいなら、の無料動画で学ぶことをオススメします。 本に載っていない情報も公開されていますので、ぜひ学んでみてくださいね。 エクセルの行と列を入れ替える|「簡単な方法」と「連動させる方法」 エクセルと行と列を入れ替えたいときってありますよね! そんなときの方法を2つ紹介します。 手作業でカンタンに行う方法と、値を連動させる方法です。 何度も並び替えするのはイヤ!|マクロで自動化する いつもの仕事で「並び替え」をしないといけない場合は、マクロで自動化しましょう!仕事がグッとラクになりますよ。 並び替えしたい範囲を選択 2. Address ActiveSheet. Sort. SortFields. Clear ActiveSheet. Sort. SortFields. Sort. SetRange Range rg. Apply End With End Sub 注意点 ・選択している範囲で もっとも左にある列を 昇順で並び替えるコードです。 ですので、必要に応じて、ご自身で、アレンジして使ってみてください。 もし、マクロの設定方法が分からない…という場合には、 こちらの記事で、「マクロの設定方法」と「マクロをショートカットキーに組み込む」を合わせて紹介しています。 マクロをショートカットキーに組み込むことで、一瞬で並び替えを実行できるようになります。 ぜひ試してみてください。 行や列を並び替えするときの3つのコツ 並び替えをするときに、コツを紹介します。 これを覚えておくと、並び替えの操作がグンとラクになります。 並び替え前の状態に戻せるようにしておく いろいろな条件で何度も並び替えを行うと、最初の状態に戻すのが難しくなることがあります。 ですので、並び替え前に、数字の連番をつけておきましょう。 これをしておくと、連番をつけた列で「並び替え」て、すぐにもとの状態に戻れます。 セルの結合はしないこと 並び替えの対象となる範囲に、結合したセルが含まれていると この操作を行うには、すべての結合セルを同じサイズにする必要があります。 とエラーが出る場合があります。 この場合、結合したセルを解除すれば、エラーなしで、並び替えができるようになります。 「並び替え」の範囲に空白セルをいれない 並び替えの範囲に空白セルがあると、正常に並び替えが実行されない場合はあるので、注意しましょう。 エクセル仕事を効率よく進めたいなら いかがだったでしょうか? データの並び替えをスムーズにやることができれば、仕事が一気にラクになります。 「並び替え」作業が多い場合は、エクセルマクロでの自動化をオススメします。 ぜひ調べて試してくださいね。 もし、エクセル作業を効率よく進めたいなら、正しい方法で学ぶことが大切です。 本などでも勉強できますが、もっともオススメなのは無料で学べる動画です。 もし、エクセルのスキルを学ぶならの動画で学んでみてください。 あなたがエクセルマクロについて、もっと知りたいのであれば、コチラの記事がオススメです。 ぜひあわせて読んでみてください。 エクセル関数については以下の記事で学ぶことができます。 パソコン仕事を今より早くしたいのであれば、コチラの記事がオススメです。 gene320.

次の

Excelの行と列を入れ替える方法

エクセル 行列 の 入れ替え

「エクセルのデータを順番に並べ替えたい!」 「1対1で入れ替えるのではく、並んでる順番を逆にしたい」 「いつもコピペでちまちまやってるけど、なんとかしたい」 ということはありませんか? この記事では、企業でパソコン講師を務めた私が、エクセルのデータを並び替える3つの方法をお伝えします。 今すぐに並び替える方法から、 自動で行う方法・ 並び替えのコツまでお伝えしていきます。 ぜひ読んで、実践してみてください。 ショートカットキーはエクセルを含めたパソコン作業の基本! ショートカットキーは地味に見えますが、あらゆる作業を早めるベースになります。 実際、マウスを使っていると、ショートカットキーを使うと、作業が2,3倍に早くなります。 マウスに慣れていると、あまり実感がないかもしれませんが、エクセルを含めたパソコン作業には、マウスはオススメしません。 マウスで作業を進めると、ファイルやフォルダを探すのに時間がかかります。 それだけではありません。 肩こりや目の疲れにもつながり、仕事への集中力がどんどん落ちてしまいます。 結果、作業がはかどりません。 ショートカットキーについては、こちらの記事で紹介していますので、あわせて読んでみてくださいね。 ショートカットキーを含め、エクセル操作には正しい操作方法や使い方があります。 これを習得すれば、あらゆる仕事で重宝します。 もし、あなたがエクセル操作のスキルを学びたいなら、の無料動画で学ぶことをオススメします。 本に載っていない情報も公開されていますので、ぜひ学んでみてくださいね。 エクセルの行と列を入れ替える|「簡単な方法」と「連動させる方法」 エクセルと行と列を入れ替えたいときってありますよね! そんなときの方法を2つ紹介します。 手作業でカンタンに行う方法と、値を連動させる方法です。 何度も並び替えするのはイヤ!|マクロで自動化する いつもの仕事で「並び替え」をしないといけない場合は、マクロで自動化しましょう!仕事がグッとラクになりますよ。 並び替えしたい範囲を選択 2. Address ActiveSheet. Sort. SortFields. Clear ActiveSheet. Sort. SortFields. Sort. SetRange Range rg. Apply End With End Sub 注意点 ・選択している範囲で もっとも左にある列を 昇順で並び替えるコードです。 ですので、必要に応じて、ご自身で、アレンジして使ってみてください。 もし、マクロの設定方法が分からない…という場合には、 こちらの記事で、「マクロの設定方法」と「マクロをショートカットキーに組み込む」を合わせて紹介しています。 マクロをショートカットキーに組み込むことで、一瞬で並び替えを実行できるようになります。 ぜひ試してみてください。 行や列を並び替えするときの3つのコツ 並び替えをするときに、コツを紹介します。 これを覚えておくと、並び替えの操作がグンとラクになります。 並び替え前の状態に戻せるようにしておく いろいろな条件で何度も並び替えを行うと、最初の状態に戻すのが難しくなることがあります。 ですので、並び替え前に、数字の連番をつけておきましょう。 これをしておくと、連番をつけた列で「並び替え」て、すぐにもとの状態に戻れます。 セルの結合はしないこと 並び替えの対象となる範囲に、結合したセルが含まれていると この操作を行うには、すべての結合セルを同じサイズにする必要があります。 とエラーが出る場合があります。 この場合、結合したセルを解除すれば、エラーなしで、並び替えができるようになります。 「並び替え」の範囲に空白セルをいれない 並び替えの範囲に空白セルがあると、正常に並び替えが実行されない場合はあるので、注意しましょう。 エクセル仕事を効率よく進めたいなら いかがだったでしょうか? データの並び替えをスムーズにやることができれば、仕事が一気にラクになります。 「並び替え」作業が多い場合は、エクセルマクロでの自動化をオススメします。 ぜひ調べて試してくださいね。 もし、エクセル作業を効率よく進めたいなら、正しい方法で学ぶことが大切です。 本などでも勉強できますが、もっともオススメなのは無料で学べる動画です。 もし、エクセルのスキルを学ぶならの動画で学んでみてください。 あなたがエクセルマクロについて、もっと知りたいのであれば、コチラの記事がオススメです。 ぜひあわせて読んでみてください。 エクセル関数については以下の記事で学ぶことができます。 パソコン仕事を今より早くしたいのであれば、コチラの記事がオススメです。 gene320.

次の

Excel2010

エクセル 行列 の 入れ替え

コピー貼り付けを利用して行列を入れ替える方法 表をある程度作成した後に、「行列を逆にした方が適切だった・・・」と気付く時があります。 そんな時に使って欲しいのがこちらのやり方。 例として、下の表の行列を逆にしてみます。 次に、 貼り付けたい場所をクリック。 今回は隣のワークシートの「A1」にしました。 先ほどのコピーの隣、 [貼り付け]と書かれた場所をクリックします。 一覧から、1番下の [形式を選択して貼り付け]を選びます。 [形式を選択して貼り付け]ダイアログボックスが表示されるので、 [行列を入れ替える]にチェックを入れて[OK]をクリックします。 すると、行列が入れ替わった状態で貼り付きます。 あとは、列幅を調整すればOKですね。 関数を利用して行列を入れ替える方法 状況によっては、元の表と同時に行列を入れ替えたものを用意して、 それぞれのデータが連動する必要があるかもしれません。 その場合はTRANSPOSE関数を使用します。 TRANSPOSE関数・・・縦方向のセルと横方向のセルを逆に変換する。 TRANSPOSE(配列)• 配列・・・変換する範囲を指定 下の表の行列を入れ替えたものを、作ってみます。 まず、 行列を入れ替えた後の場所を正確に選択しておく必要があります。 表の行列の数を数えましょう。 今回の場合は「行が6」「列が3」ですね。 ということは、その行列を入れ替えるので、「行が3」「列が6」。 その 範囲を選択します。 今回は、元の表の下を選択しました。 [関数の挿入]ボタンをクリックして、 [関数の挿入]ダイアログボックスを表示します。 [関数の分類]を [すべて表示]に変更し、TRANSPOSE関数を選んで[OK]。 表示された[関数の引数]画面では、 元の表範囲をドラッグして選択します。 ここからが、大切なポイント。 通常は、引数が完成したら[OK]で完了しますが、今回は 押してはいけません。 配列を使用するので 「Ctrl」キーと「Shift」キーを押しっぱなしにして、「Enter」キーを押して確定します。 すると行列が入れ替わった表が作成されます。 色などの書式は元に戻ってしまうので設定のやり直しが必要です。 数式バーをみてみると、中括弧「{}」が使われ、配列になっているのが分かります。 この関数を使用した方法の特徴は、データが連動するところ。 試してみましょう。 元の表の「50」のデータを「40」に入力し直します。 すると、下の表の場所も自動で「40」に変更されます。 配列という難しい機能を使用しますが、この連動が便利な場面もありそうですね。 まとめ 行列を入れ替える2つの方法を紹介しました。 大抵の場合は、コピー貼り付けの方法で対処できると思います。 手作業で表を作り直すと時間がかかりますが、この方法を覚えていればあっという間に修正できますね。

次の