我妻 善 逸 夢 小説。 【鬼滅の刃】我妻善逸に学ぶ一点集中の強みと最強の戦術たるゆえん

【鬼滅の刃】我妻善逸に学ぶ一点集中の強みと最強の戦術たるゆえん

我妻 善 逸 夢 小説

お仕置き• 善逸side え... 今こいつお仕置きって言った... ? 『いやっ... 何言ってんのお前... 』 「いいから早く脱げよ」 炭治郎は今まで見た事のないような冷たい目で俺を睨んできた 『ッ!!』 俺は服を脱ぐと炭治郎はいきなり居なくなり何かの箱を漁りだした ガサッ 「あったあった... 」 『なにが... 』 「大人のおもちゃだよ」 『??』 大人なのにおもちゃ使うのか... ?? 「まぁ使えばわかるよ」 そう言って炭治郎は俺の中に指を入れてきた ズプズプッ 『ぁ... っ』 時間をかけて慣らすと炭治郎は俺の中におもちゃを入れてきた 「これリモコンで動くやつなんだ」 炭治郎は嬉しそうにリモコンを調整していた ブルブルッ 『あっ!!!!!んっ... 炭治郎のがッいいっ... 』 「だめだ... これはお仕置きなんだから」 こんなのじゃ足りない... 炭治郎のじゃなきゃ... 『反省してるからっ... !お願いっ!!たんじろ... っ』 「全く伊之助にもそうやって同じように強請ったのか?」 『ちがっ... !!』 炭治郎はおもちゃを抜きまた別のおもちゃを入れだした 『いた... ッ!!!!!』 炭治郎のと同じくらいの大きさのものを突然入れられたから痛くて驚いた 炭治郎がおもちゃの電源をオンにすると おもちゃはブルブルと震えだした 『... きもちぃ... ? 『あ、うん... 』 身体を洗い風呂から上がった俺は我慢できずに一人で自分の中に指を入れた グチュッ 『ふぁっ... !』 グチュッズチュ 『んんっ!!きもちっ... ッ!』 「おもちゃと俺のどっちが気持ちいい?」 『たんじろっ... のッ!』 ズプズプッ 『ゃだっ... ッ!』 「こら善逸。 やだじゃないだろ??」 『ッ... もっと...

次の

『鬼滅の刃』我妻善逸、一つの技しか使えない剣士の強み 「霹靂一閃」に魅了されるワケ|Real Sound|リアルサウンド ブック

我妻 善 逸 夢 小説

お仕置き• 善逸side え... 今こいつお仕置きって言った... ? 『いやっ... 何言ってんのお前... 』 「いいから早く脱げよ」 炭治郎は今まで見た事のないような冷たい目で俺を睨んできた 『ッ!!』 俺は服を脱ぐと炭治郎はいきなり居なくなり何かの箱を漁りだした ガサッ 「あったあった... 」 『なにが... 』 「大人のおもちゃだよ」 『??』 大人なのにおもちゃ使うのか... ?? 「まぁ使えばわかるよ」 そう言って炭治郎は俺の中に指を入れてきた ズプズプッ 『ぁ... っ』 時間をかけて慣らすと炭治郎は俺の中におもちゃを入れてきた 「これリモコンで動くやつなんだ」 炭治郎は嬉しそうにリモコンを調整していた ブルブルッ 『あっ!!!!!んっ... 炭治郎のがッいいっ... 』 「だめだ... これはお仕置きなんだから」 こんなのじゃ足りない... 炭治郎のじゃなきゃ... 『反省してるからっ... !お願いっ!!たんじろ... っ』 「全く伊之助にもそうやって同じように強請ったのか?」 『ちがっ... !!』 炭治郎はおもちゃを抜きまた別のおもちゃを入れだした 『いた... ッ!!!!!』 炭治郎のと同じくらいの大きさのものを突然入れられたから痛くて驚いた 炭治郎がおもちゃの電源をオンにすると おもちゃはブルブルと震えだした 『... きもちぃ... ? 『あ、うん... 』 身体を洗い風呂から上がった俺は我慢できずに一人で自分の中に指を入れた グチュッ 『ふぁっ... !』 グチュッズチュ 『んんっ!!きもちっ... ッ!』 「おもちゃと俺のどっちが気持ちいい?」 『たんじろっ... のッ!』 ズプズプッ 『ゃだっ... ッ!』 「こら善逸。 やだじゃないだろ??」 『ッ... もっと...

次の

鬼滅の刃 (炭善)(善逸受け)

我妻 善 逸 夢 小説

炭治郎さん、善逸さん、伊之助さんのトリオが、またこの蝶屋敷に運ばれて来た。 私の担当は善逸さんという事なのだけど… あの人、怪我人の癖に騒がしいんだよなぁ。 「少し大人しくしててくれませんか?手当てしづらいんですけど?」 そう言うと大人しくしてくれたので、私は黙々と手当てする。 最後に、 「このほっぺの腫れは?」 と尋ねると、代わりに炭治郎さんが答えてくれた。 「それは、女性隊士に言い寄ってビンタされた腫れだ。 善逸、しつこかったもんな。 」 「あなたも懲りない人ですねー」 善逸さんの女好きは知っている。 ほんと懲りない人だなぁ。 以前この蝶屋敷の中でも、あーだこーだと女の子に言い寄っていた。 もちろん玉砕していたけど…さっき炭治郎さんが言ったように、善逸さんはしつこいのだ。 「前から思ってましたけど、善逸さんは女の子に幻想を抱き過ぎなんじゃないんですか?一見大人しそうでふんわりした女の子でも、けっこう強かだったりしますよ?適当に利用されて捨てられる事だってあるんですから。 」 「…え?…何で知ってるの…?」 途端に表情が暗くなる善逸さん。 炭治郎さんが、私にそっと耳打ちしてくれる。 人を疑う事を知らないの?この人は。 善逸さんの過去を知り、少し気の毒になる。 7回も女に捨てられたっていうのに、女好きが治らないなんて、やはり懲りないにも程がある。 ため息をひとつ吐き、私は病室から出て行こうとする。 「ちょっと待って!行かないで! 名前ちゃーん!!泣」 「炭治郎さん…すみませんが、あとの事はよろしくお願いします…」 つい責任感の強い炭治郎さん(長男)に頼んでしまった。 はぁ…疲れたなぁ… 詰所へ戻ると、 「随分と我妻善逸に気に入られてしまっているようですね。 」 と、気の毒そうにアオイに話しかけられた。 「気に入られている、というか、あの人女子に対して、基本あんな感じじゃない?」 「まあ、そうかもしれませんが…この蝶屋敷の中では、今は 名前さんだけですよ。 我妻善逸があんな調子なのは。 」 アオイの言う事が本当だとしたら、確かに私は気に入られてしまったのかもしれない。 でも、蝶屋敷以外では他の女の子に言い寄っているのだから…私への彼の言葉は本気だと思えないし、気に入らないのだ。

次の