鬼 まんじゅう レシピ 人気。 鬼まんじゅう

手作り鬼まんじゅうでダイエット!レシピと痩せる食べ方【作り置きOK】

鬼 まんじゅう レシピ 人気

「鬼まんじゅう」というワードを初めて知ったという方もいるかもしれません。 というのも、鬼まんじゅうは東海地方でよく食されているお菓子のことなんです。 名古屋には鬼まんじゅうが有名な梅花堂というお店もあるほど。 銘菓という言うと高級な感じがしますが、お店で買っても150円程度もしくはもっとお安く手に入る庶民の味のお菓子。 鬼まんじゅうはおうちで簡単に作れるので東海地方以外のみなさんも、東海地方で人気の鬼まんじゅうをおうちおやつに手作りしてはみませんか? 基本の材料はさつまいも・小麦粉・砂糖の3つ 使用する基本の材料はとてもシンプル。 さつまいも・小麦粉・砂糖の3つだけです。 レシピによって塩やベーキングパウダーを使う場合もあるようです。 さつまいもの皮を剥くかどうかで仕上がりの色合いも変わってくるので、仕上がりのイメージに合わせてみて下さい。 特徴はもっちりした食感とごつごつした見た目 鬼まんじゅうの特徴はおまんじゅうのもっちり食感とさつまいもの角切りのごつごつした見た目です。 もっちり食感を出すためにはホットケーキミックスで代用せず小麦粉を使うのがよいそうなので、食感にこだわりたい場合は小麦粉で作ってみるのがおすすめです。 鬼まんじゅうを手作りしてみよう 基本の材料+塩だけ。 ほどんどおうちにあるようなものでOK 1. サツマイモは両端を切り、皮を剥いて1センチ角に切る 2. 海水程度の塩水を作り、切ったサツマイモを2時間くらい漬けておく(アク抜きと甘さをひきだすため) 3. サツマイモをザルにあげ、1時間くらい水切りをする 4. サツマイモをボウルに入れ、砂糖を加え、全体になじませて、1時間くらい放置し水分を出す 5. 小麦粉を加え(ダマにならないようふるったほうが良い)粉っぽさがなくなるまでよく混ぜる 6. 蒸し器にクッキングペーパーを敷き、その上にスプーンで形を整えながら5の生地を乗せ、12分蒸す 鬼まんじゅうはさつまいもの美味しさが味のポイントになるので、さつまいもの下ごしらえは無視せずしっかり踏んでおきたい工程ですね。 あく抜きと水きりに時間がかかりますが、前日のうちに下ごしらえを終わらせておくなど工夫しておくといいかもしれません。 また、蒸し器がない!蒸し器を使うのが面倒!という場合はオーブンのスチーム調理を利用したり、フライパンに水を張って蓋をして蒸す環境を作ってみて下さい。 フライパンで蒸す場合はシリコンカップなどにタネを乗せれば水にタネが浸ることなく火を通せます。 さつまいもの種類にこだわってみるのもおすすめ.

次の

手作り鬼まんじゅうでダイエット!レシピと痩せる食べ方【作り置きOK】

鬼 まんじゅう レシピ 人気

サツマイモの切り方 鬼まんじゅうに使う材料は4つ。 『さつまいも、小麦粉、砂糖、塩』です。 砂糖と塩を加えるタイミングが同じなので、塩の入れ忘れがないようにはじめにAを容器に合わせておいてもいいと思います。 サツマイモは両端を少し切って、皮をむきます。 サツマイモは最終的に8㎜角ほどの大きさに切ります。 このくらいの大きさが食べやすく、芋にも甘みがしみ込みやすいと思います。 はじめに縦に8㎜幅に切り、続いて棒状に切ります。 それから角度を変えて、サツマイモを角切りにします。 水にさらすさらさないに関わらず、両端などの変色しやすいところは少し黒っぽい仕上がりになってしまいますが、味に影響は少ないので、私はいつも水にさらさずやっています。 切っておいたクッキングシートに、スプーンなどで少し山ができるように塊にしておきます(私はいつもアイスクリームディッシャーを使っています)。 最後にボウルに生地だけが残るのですが、これもゴムベラなどで集め、蒸し器に広げた鬼まんじゅうの上から均等にかけてあげてください。 できれば蒸し器にセットして蒸し始めます。 蒸し器はしっかり沸騰を保ち(火加減は中〜強火)、 17〜20分ほど蒸します。

次の

鬼まんじゅう(芋の蒸しまんじゅう)のレシピ/作り方:白ごはん.com

鬼 まんじゅう レシピ 人気

「鬼まんじゅう」というワードを初めて知ったという方もいるかもしれません。 というのも、鬼まんじゅうは東海地方でよく食されているお菓子のことなんです。 名古屋には鬼まんじゅうが有名な梅花堂というお店もあるほど。 銘菓という言うと高級な感じがしますが、お店で買っても150円程度もしくはもっとお安く手に入る庶民の味のお菓子。 鬼まんじゅうはおうちで簡単に作れるので東海地方以外のみなさんも、東海地方で人気の鬼まんじゅうをおうちおやつに手作りしてはみませんか? 基本の材料はさつまいも・小麦粉・砂糖の3つ 使用する基本の材料はとてもシンプル。 さつまいも・小麦粉・砂糖の3つだけです。 レシピによって塩やベーキングパウダーを使う場合もあるようです。 さつまいもの皮を剥くかどうかで仕上がりの色合いも変わってくるので、仕上がりのイメージに合わせてみて下さい。 特徴はもっちりした食感とごつごつした見た目 鬼まんじゅうの特徴はおまんじゅうのもっちり食感とさつまいもの角切りのごつごつした見た目です。 もっちり食感を出すためにはホットケーキミックスで代用せず小麦粉を使うのがよいそうなので、食感にこだわりたい場合は小麦粉で作ってみるのがおすすめです。 鬼まんじゅうを手作りしてみよう 基本の材料+塩だけ。 ほどんどおうちにあるようなものでOK 1. サツマイモは両端を切り、皮を剥いて1センチ角に切る 2. 海水程度の塩水を作り、切ったサツマイモを2時間くらい漬けておく(アク抜きと甘さをひきだすため) 3. サツマイモをザルにあげ、1時間くらい水切りをする 4. サツマイモをボウルに入れ、砂糖を加え、全体になじませて、1時間くらい放置し水分を出す 5. 小麦粉を加え(ダマにならないようふるったほうが良い)粉っぽさがなくなるまでよく混ぜる 6. 蒸し器にクッキングペーパーを敷き、その上にスプーンで形を整えながら5の生地を乗せ、12分蒸す 鬼まんじゅうはさつまいもの美味しさが味のポイントになるので、さつまいもの下ごしらえは無視せずしっかり踏んでおきたい工程ですね。 あく抜きと水きりに時間がかかりますが、前日のうちに下ごしらえを終わらせておくなど工夫しておくといいかもしれません。 また、蒸し器がない!蒸し器を使うのが面倒!という場合はオーブンのスチーム調理を利用したり、フライパンに水を張って蓋をして蒸す環境を作ってみて下さい。 フライパンで蒸す場合はシリコンカップなどにタネを乗せれば水にタネが浸ることなく火を通せます。 さつまいもの種類にこだわってみるのもおすすめ.

次の