東京 23 区 浸水 危険 度 マップ。 【台風】東京23区浸水危険度マップ 水に関係する地名にも注意

【東京23区】浸水・倒壊・火災・液状化のハザードマップと広域避難所をまとめました。

東京 23 区 浸水 危険 度 マップ

toshiseibi. metro. tokyo. htm 東京都都市整備局が発表した「」によって、都内の市街化区域の5,177町丁目について、各地域における地震に関する危険性を、建物倒壊危険度、火災危険度に加えて、前回から測定を始めた災害時活動困難度を加味し、総合危険度について測定しています。 危険度の判定には次のような要素を元にしていて、町丁目ごとの危険性の度合いを5つのランクに分けて、以下ように相対的に評価しています。 gsi. 平成30年6月8日にリリースされたばかりの新しいサイトで、スマホにも対応しています。 東京都内には特に山もないから土砂災害なんかないんじゃないか?と思いがちですが、意外と坂や傾斜はあるものです。 画像の紫色の箇所が急傾斜地崩壊危険箇所とよばれる地域で、都内中心部から各所に渡って広がっています。 高台になっていて線路が走っている箇所についてはJRが土砂崩れや耐震のために工事をしていますが、手つかずのところもあるのではないでしょうか。 お子さまの通学路や避難ルートが急傾斜地崩壊危険箇所になっていないか確認しておきたいものです。 toshiseibi. metro. tokyo. htm 上記ではハザードマップばかりでしたので、今度は東京都都市整備局が発表した「避難場所等の概要」でご紹介されている比較的安全な場所マップです。 まず「避難場所」ですが、東京都区部の避難場所は地震火災から住民の生命を守るため、火災が鎮火するまで待つ場所として213カ所を指定しています。 次に「地区内残留地区」とは、地区の不燃化が進んでおり、万が一火災が発生しても、地区内に大規模な延焼火災のおそれがなく、広域的な避難を要しない区域として、37箇所、約11,100haを指定しています。 千代田区を中心に東京湾沿いが多く指定されていますね。 サイトでは23区別の詳しい避難場所等指定図も観ることが出来ます。 まとめ 今回調べてみて、普段行くところが意外とヤバいことを痛感しました。。。 危険な場所や安全な場所について、ご自宅だけでなく通勤通学経路、よく遊びに行く場所も含めて事前の確認が非常に大切だと思います。 もちろんご家族の分すべて調べておくと安心ですね。

次の

浸水危険度マップ

東京 23 区 浸水 危険 度 マップ

冠水したJR武蔵小杉駅前(時事通信フォト)• ある専業主婦(40才)は、一夜の出来事に肩を落とした。 坪単価420万円のマンションを買ったのに、駅前の道路が冠水するなんて。 駅のブランドが下がればリセールバリューも落ちちゃうし、心配で仕方ありません」 ニコタマとは、東京・世田谷区の多摩川のほとりに位置する「二子玉川」の通称で、セレブが集うエリアとして知られている。 富裕層が多く住む大田区田園調布でも被害が多数報告された。 多摩川の対岸に位置し、タワーマンションが林立する神奈川県の人気エリアの武蔵小杉(川崎市)でも下水が逆流して浸水の被害が発生。 住居のトイレ使用を当面禁止するタワーマンションもあり、共同トイレの使用を強いられている住民もいる。 埼玉県の都幾川では2か所の堤防が決壊し、都幾川と合流して下流を流れる越辺川でも2か所が決壊。 多くの住宅や特別養護老人ホームなどが水につかる被害が出ている。 また、水が堤防を越える「越水」はのべ181の河川で確認され、東京・八王子市では南浅川が氾濫して高尾駅周辺が冠水した。 そのほか、都内を流れる荒川や綾瀬川などでは、氾濫発生直前の危険レベルを示す「氾濫危険情報」が出ている。 東京都職員として江戸川区土木部長などを歴任し、水害対策に詳しい土屋信行さんが解説する。 「工業用水として地下水をくみ上げたことで地盤沈下し、土地の高さが海面以下になった場所は『ゼロメートル地帯』と呼ばれています。 東京でいえば江戸川区、墨田区、江東区、足立区、葛飾区の5区に広がっている。 荒川や綾瀬川は、このゼロメートル地帯付近を流れており、氾濫が発生すれば、未曽有の事態に陥っていたことは想像に難くないでしょう」 荒川下流に位置する江戸川区の一部では、20万世帯以上に避難勧告が出された。 幸いなことに堤防の決壊や氾濫はなく、最悪の事態は免れた。 とはいっても、川沿いでなければ安心とも言い切れない。 今年6月、東京大学と早稲田大学は共同研究として「東京23区浸水危険度マップ」(表参照)を発表した。 約3000戸が浸水被害を被った2005年9月の「杉並豪雨」を想定し、1時間に50mmを超える雨が2時間半にわたって降った場合、浸水が1mを超える地点を示したものだ。 「強い勢力を持った今回の台風19号は、上陸前の段階では東京都心を含む首都圏で1時間に80mmを超える猛烈な雨が降ると予想されていました。 実際には50mm以内の雨量に留まったことで被害エリアが限定されましたが、もし予想通りの雨量だったら、この危険度マップで示されている以上に多くの場所で浸水被害が発生したはずです」(防災アドバイザー) 危険エリアは「地名」からも判断できるという。 「水に関係する地名には気を付けた方がいい。 たとえば『渋谷』。 スクランブル交差点から周囲を見回すと、宮益坂や道玄坂など四方を上り坂に囲まれていて、どの方向からも水が流れ込む。 まさに『谷』なわけです」(土屋さん) 東京には、ほかにも四ツ谷や日比谷、市ヶ谷、茗荷谷など谷がつく地名が多いが、いずれも低地であり、浸水被害が懸念されるエリアとされている。 今回の台風で、「氾濫危険情報」が出た河川や「危険度マップ」も参考に、近隣に住む人は防災の意識を高めたい。

次の

東京23区のハザードマップ

東京 23 区 浸水 危険 度 マップ

床上浸水 被害総数 (棟) 面積 (km 2) 床上浸水 被害数 (1km 2あたり) 中央区 0 10. 2 0 葛飾区 7 34. 8 0. 2 足立区 14 53. 3 0. 3 港区 7 20. 4 0. 3 江東区 15 40. 2 0. 4 墨田区 7 13. 8 0. 5 台東区 11 10. 1 1. 1 荒川区 12 10. 2 1. 2 千代田区 15 11. 7 1. 3 江戸川区 77 49. 9 1. 5 大田区 168 60. 7 2. 8 練馬区 149 48. 1 3. 1 世田谷区 219 58. 1 3. 8 品川区 106 22. 8 4. 6 中野区 83 15. 6 5. 3 杉並区 215 34. 1 6. 3 渋谷区 119 15. 1 7. 9 板橋区 257 32. 2 8. 0 新宿区 154 18. 2 8. 5 目黒区 202 14. 7 13. 8 文京区 164 11. 3 14. 5 豊島区 201 13. 0 15. 4 北区 319 20. 6 15. 5 出典: (2008~2017年) 作成:マンションくらし研究所 東京23区で水害リスクが1番少ないのは中央区です。 10年間で起きた床上浸水は、23区のなかで唯一ゼロです。 隅田川がそばを通り、勝どき・晴海などベイエリアがある中央区ですが、台風や集中豪雨が起きても水害が起きにくいのです。 地域によって面積は違います。 面積が大きい地域は、住宅が多かったり河川の数が多かったりするので浸水の数が多く見えてしまいます。 しかしあなたが知るべきなのは地域全体ではなく あなたの住まいが浸水してしまうリスクです。 平等に比べるため、1km 2あたりの床上浸水 被害数でランキングしています。 2番目に少ないのは葛飾区です。 10年間で起きた床上浸水は7棟です。 葛飾区は34. 8km 2と23区の中では比較的広い区です。 その中で7棟しか床上浸水の被害にあっていないので、水害リスクが低い地域といえます。 市町村部 続いて市町村部です。 床上浸水 被害総数 (棟) 面積 (km 2) 床上浸水 被害数 (1km 2あたり) 奥多摩町 0 225. 5 0 檜原村 0 105. 4 0 あきる野市 0 73. 5 0 府中市 0 29. 4 0 日の出町 0 28. 1 0 多摩市 0 21. 0 0 東久留米市 0 12. 9 0 国分寺市 0 11. 5 0 小金井市 0 11. 3 0 福生市 0 10. 2 0 羽村市 0 9. 9 0 国立市 0 8. 2 0 調布市 2 21. 6 0. 1 八王子市 41 186. 4 0. 2 日野市 6 27. 6 0. 2 昭島市 4 17. 3 0. 2 町田市 25 71. 8 0. 3 稲城市 5 18. 0 0. 3 西東京市 4 15. 8 0. 3 武蔵村山市 4 15. 3 0. 3 瑞穂町 6 16. 9 0. 4 清瀬市 4 10. 2 0. 4 小平市 11 20. 5 0. 5 立川市 17 24. 4 0. 7 青梅市 87 103. 3 0. 8 東大和市 11 13. 4 0. 8 狛江市 7 6. 4 1. 1 東村山市 57 17. 1 3. 3 三鷹市 81 16. 4 4. 9 武蔵野市 58 11. 0 5. 3 出典: (2008~2017年) 作成:マンションくらし研究所 床上浸水の被害が多い地域をみると、必ずしも大きな河川のそばだけで無いことが分かります。 豊島区・文京区・目黒区・新宿区・渋谷区には、隅田川や荒川のような大きな河川は流れてはいません。 しかし水害リスクが高くなっています。 水害が起きる要因は河川の氾濫だけではありません。 その地域の排水能力や地中への水の浸透性にもよります。 河川の近くは水害リスクが高くなりますが、それだけが全てでは無いことを覚えておきましょう。 東京の河川流域別の水害リスク 河川の近くは水害リスクが高くなる。 出典: (2008~2017年) 作成:マンションくらし研究所 河川流域別にみると、過去10年間で床上浸水の被害が1番多いのは石神井川です。 石神井川は小平市・小金井市・西東京市から練馬区・板橋区・北区へと流れて隅田川に合流する川です。 本川と呼ばれる大きな川と比べると、支川と呼ばれる河川は氾濫対策が追いついていないのかもしれません。 どの地域で水害が多く起きているのか事実を正しく知り、あなたと家族が安心して暮らせる場所を見つけましょう。 月別の水害リスク 水害が発生する主な原因は台風と集中豪雨です。 多いのは何月なのでしょうか? リスクが高い時期を正しく知れば、その時期に向けて備えることができます。 出典: (2008~2017年) 作成:マンションくらし研究所 水害リスクが高いのは6~10月、なかでも飛びぬけて高いのは7月と8月です。 10年間の累計で1000棟、毎年平均100棟が床上浸水しています。 大事な家財が被害にあって台無しにならないように日頃から備えておきましょう。 ネット上には地域ごとの特徴を詳しく紹介しているサイトがあります。 学区ごとの年収平均が載っているので、小学校ごとの学力の高さを推測できます。 2位以降のデータを見るには会員登録が必要です。 名前・メールアドレス・住所などの入力が必要ですが、1分程度で完了します。 登録は無料です。 会員登録するとさらに「東京23区 駅ごと 認可保育園の待機児童が少ない駅ランキング」も見れるようになります。 お子さんの将来のため、今ひと手間かけてみてはいかがでしょうか? まとめ 東京で水害のリスクが高いのはどこか、過去10年間の床上浸水被害をもとに紹介しました。 水害はその土地の地形や海抜と大きな関係があります。 東京の地域ごとの地形や海抜を知りたい人は東京23区の地形・海抜マップもご覧ください。 どんな地形をしているのか、水害リスクが高い地域はどこかリアルにイメージすることができます。

次の