トランプ 大統領 声明。 トランプ大統領「全て順調、明朝に声明を出す」 ミサイル攻撃受けTweet

「イスラム国」指導者殺害か トランプ氏が声明発表へ (写真=ロイター) :日本経済新聞

トランプ 大統領 声明

トランプ大統領が米国1月8日の13時から今回のイラン司令官殺害以降の一連の事件に関して声明を発表しました。 この声明の内容を受けて米国株価は急上昇しています。 一連の流れを簡単におさらいすると共に今回の声明内容もまとめています。 ・1月3日金曜日にイランのソレイマニ司令官がアメリカの空爆によって殺害された ・昨日イランからイラクのアメリカ軍基地にロケット弾10数発発射 ・アメリカ軍に死傷者などなし報道(人的被害なし) ・本日トランプ大統領から声明 投資家はどう行動するべきか、また注目銘柄なども簡単に分析してみました。 そして今後の自分としての投資方針も参考程度に記載しています。 あくまで素人考えなのでご了承ください。 では米国株投資家もみあげの「トランプ声明で米国株価上昇!声明まとめと今後の投資注意点」をお楽しみください! *投資判断はあくまで自己責任で• トランプ声明 トランプ大統領の声明は本当に力強かったです。 是非とも英語わからなくても動画だけでもみてみてください。 登場シーンもさることながら、ゆっくり力強く話してるのがわかると思います。 LIVE: President Addresses the Nation — The White House WhiteHouse 内容要約 「各国はイランの行動を長い間容認してきた。 その日々は終わった。 」 「米国は中東の石油を必要としない」 「イランは核兵器を所有するという野望を捨てなければならない」 「イランの繁栄を可能にするには新たな取引が必要」 「イランが核兵器を取得することは決して許さない」 「イランにさらなる制裁を課す」 自分が他に注目してる点は、アメリカ国民を私がいる限りは絶対に不安にさせないといった強い意志を感じる発言の数々です。 テロリストを絶対に許さない。 今まで我々を苦しめてきたテロリストを一切排除する。 アメリカ国民にとってはこれ以上ないリーダーシップを示した声明だったんじゃないでしょうか。 日本国民のもみあげだとしても感じる所がある声明でした。 今後の支持率が気になる方は是非下記サイトでチェックしてみてくださいね。 注目ポイント ・2019年12月ISM製造業景況指数 47. 2 前月比-0. 9 予想平均を下回る。 ・2019年12月ISM非製造業景況指数 結果:55. 0 予想:54. 5 予想よりは上昇しているが、楽観的な数字ではないという事。 慎重な判断が必要。 【BA】ボーイングは何度かお伝えしてますけど、民需も入ってますので注意です。 事実ウクライナで737が墜落してしまっています。 ボーイングは本当にピンチな気がします。 軍需関係は今回投資した方は上下があったとしても、投資してすぐ売るのはやめた方がいいと思います。 そもそも軍需関係は地政学的に考えると米中貿易問題が発生した時からもし地政学的に有利だと思うなら投資しておくべき銘柄です。 今回アメリカとイランの関係悪化で中東情勢の不安で一時的に爆上げになっていますが、そこから落ちたとしても不用意に手放すべきではない気もします。 米中問題・中東問題という二つの問題が存在する限りは、米国が軍事費を削減することは考えずらいからです。 軍事費が何故必要か、アメリカが他の国とのパワーバランスを保つために軍備が必要だということから逆算していって、軍需関係は投資した方がいいと思います。 ヘルスケア ヘルスケアはトランプ大統領の支持率が高まれば高まるほど、株価は上昇していくと思います。 事実最近の動きを見ていると、保険関係の【UNH】ユナイテッドヘルスは好調です。 アナリストからもアップグレードを受けています。 【JNJ】ジョンソンエンドジョンソンも実はベビーパウダー問題で発ガン性とは関係ないという立証がまた発表されています。 アメリカ政府が支援してる期間において25万人の女性を対象に行われたとの事。 もみあげはとにかくマイクロソフトをイチ押ししています。 上昇も下落も自分の投資方針に合っていて、心地いい程度に収まってくれるので心理的なストレスが少ないんですよね。 1月8日時点で、マイクロソフト・アップル・グーグルが上場来最高値を更新しています。 高値ともいわれていますが、冷静にみてポテンシャル的には衰えを見せてない気がします。 タバコ タバコ銘柄が上昇しているのは、嗜好品は政情不安に関係ないということから手堅く買われてる気がします。 それと10年債の利率が1. 8%という低い利率で推移しています。 そうなると債券のリターンに比べれば高配当で政情不安に関係ないタバコ銘柄に人気が出ている気がします。 タバコ以外でも10年債の利率が低い状態だと、高配当銘柄で財務が硬い銘柄は比較的人気が出るかもしれないですね。 ただ逆に割高でつかんでしまう可能性もあるので、その点は注意です。 投資タイミング 2020年始まってすぐに様々なイベントが発生していて、投資家の皆さんは混乱すると思うのですが、やはり一番わすれちゃいけないのは今年は大統領選挙だという事だと思います。 トランプ大統領がどのような行動をとったとしても支持率がどうなるかがとにかく大事です。 そのポイントだけは忘れないようにした方がいいと思います。 となると株価が大きく下がる方向への舵取りは避けたいはずです。 FRBはリセッションを絶対に起こさせないために、越年資金53兆円、更に追加資金まで中東情勢不安に備えて投入しています。 この流れだけはメインに据えておくべきかと。 となると1月15日が一つのキーポイントになると思っています。 1月15日が米中第一フェーズの合意署名をトランプ大統領が予告してるからです。 投資家としては波に乗り遅れたくない、逆にのんびりしてていいのかと焦るかもしれないですが、1年は始まったばっかりですし、長期投資家からしたら本当に最終的には誤差だと思っています。 焦りだけは禁物だと思います。 わからないときは信じてる銘柄(エース銘柄)に追加投資、更にわからないときはETFに投資というシンプルな投資です。 まとめ では「トランプ声明で米国株価上昇!声明内容まとめと今後の投資注意点」をまとめていきますね! トランプ大統領の声明は本当にアメリカという超大国の大統領として強いリーダーシップを示した素晴らしい内容だったと思います。 あれを聞いて気持ちが上がらない国民ってなかなかいないんじゃないかと。 テロは絶対に許さないという意志も感じました。 投資家としてはこの上昇で一喜一憂するのではなく、長期投資ならしっかり軸の銘柄やセクター・ETFを定めて投資した方がいいと考えています。 また一気に集中投資をしてもいいですが、今後まだまだ重要なイベントも控えてるので、スケジュールを頭に入れて投資してもいいかと思います。 もみあげの中では1月15日が一つのキーポイントだと考えてるのでそこまでは様子を見ながら投資を継続していきます。 ではみなさんの米国株投資による幸せな資産運用を祈って! *投資判断はあくまで自己責任で Keep your finger's crossed! YouTube動画でも資産運用に関して発信しています。 是非高評価・チャンネル登録お願いいたします! stepping.

次の

ドナルド・トランプ

トランプ 大統領 声明

トランプ大統領がイランに関して声明を発表しており、「イランには経済上の追加制裁を発動」としたものの、「米国人は全く傷つかなかった。 イランは攻撃後に行動を抑制しているもよう」と述べていた。 本格的な軍事衝突に発展すれば、原油が急騰し、世界経済への悪影響も懸念される中、大統領は今回は軍事的な反撃はしないことを示唆したことから、市場には安心感が広がっている模様。 トランプ大統領の声明発表直後に買い戻しが強まり、ダウ平均は一時226ドル高まで上昇した。 ダウ採用銘柄ではユナイテッド・ヘルス、アメックス、ビザが上昇しているほか、ゴールドマン、トラベラーズ、3Mも堅調。 ウォルグリーンが決算を受け大きく下落しているほか、ボーイングも下げている。 ウォルグリーンがは9-11月期決算を発表しており、米小売り薬局部門の既存店売上高が予想を下回ったほか、1株利益、売上高も予想を下回った。 ディスカウントストアやアマゾンのようなeコマースの台頭で、競争が激化しており、家庭用品や美容用品の売上を圧迫。 ボーイングはイランできのう、「737-800」型機の墜落事故が発生したことが嫌気されている。 ナスダックも上昇。 テスラ、マイクロソフト、アルファベットが上昇しているほか、フェイスブック、ネットフリックスも堅調。 一方、AMDが利益確定売りに押されているほか、マイクロン、ロクも下落している。 ネットワーク機器のA10ネットワークスが上昇。 10-12月期の暫定決算を公表しており、売上高が5900万ドル~6000万ドルと従来から見通しを上方修正した。 住宅建設のレナーが上昇。 9-11月期の決算を発表しており、1株利益、売上高とも予想を上回った。 光ネットワーク機器のシエナが上昇。 アナリストが投資判断を「買い」に引き上げ、目標株価を50ドルに引き上げた。 A10ネットワークス 7. 56(-7. 30 -0. 65(-0. 33 -0. 20(-4. 08 -1. 61(-3. 66 -6. 58(-0. 71 -1. 52(-0. 54 -0. 67(-0. 03 -0. 27(-0. 29 -0. 81(-0. 12 -0. 70(-0. 50 -0. 38(-0. 11 -0. また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。 ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

トランプ大統領、共和党員は盤石 それ以外には支持広がらず

トランプ 大統領 声明

聯合ニュース ホワイトハウス「トランプ大統領、今日重大発表」・・・韓国時間夜10時 ドナルド・トランプ米国大統領が27日(現地時間)、「重大発表」をするとホワイトハウスが発表した。 ホーガン・ギドリーホワイトハウス副報道官は26日夜、「(トランプ)大統領が明日の午前9時(韓国時間午後10時)重大な声明を発表する」と語ったとAFP・ロイターなどが報じた。 ギドリー副報道官は追加の説明をしておらず、トランプ大統領の重大発表がどういった分野に関するものか不透明だとロイター通信は伝えた。 トランプ大統領は、ホワイトハウスによる発表の1時間ほど前に自身のTwitterアカウントに「非常に大きなことが起きた!」と書いたが、具体的な内容については言及しなかった。 ロイター通信は、現在トランプ大統領がウクライナ疑惑をめぐる弾劾調査とシリア駐留米軍撤退で政治的苦境に立たされていると伝ええた。 トランプ大統領は民主党の大統領候補ジョー・バイデン前副大統領に対して捜査外圧を行使したという「ウクライナスキャンダル」に巻き込まれ、米下院の弾劾調査に直面している。 また、シリア北東部に駐留している米軍の撤収を命じてイスラム国(IS)撃退戦で米国の同盟軍として戦ったクルド人に対するトルコの侵攻を黙認したという批判も受けている。 もしくは北朝鮮への経済制裁を解くか。 それでこそ重大発表と言える。 共感875非共感142 トランプ、ユン・ソンヨル解任を発表。 チョ・グクとともに検察改革の両輪 トランプ、改名して花札になることを発表。 キム・ジョンウンと結婚?笑 共感55非共感10 トランプは世界で最も大きな力を持つギャングだ! 義理や正義などは捨てて金になる仕事だけをする奴! 共感28非共感5 米中貿易交渉の合意だろう。 共感11非共感0 北朝鮮問題は米国にとって重大なことではない。 共感6非共感1 重大発表!韓国に続き、米国もハンバーガーが4ドルに。 共感4非共感0 もしかしたら辞任発表ではないか。 弾劾されるよりも自ら引く方が良いだろ? 共感4非共感0 アルカイダの構成員を射殺したと自慢するつもりだ。 共感4非共感0 「ジョンウンは私を失望させた。 北朝鮮を爆撃する」 共感7非共感1 そんなことよりムン・ジェインはいつ下野するんだ? 共感5非共感39.

次の