センシング サイネージ。 サーモセンサーサイネージ

サーモセンサーサイネージ

センシング サイネージ

デジタルサイネージとは デジタルサイネージ Digital signage とは、店頭、交通機関、公共施設内等のあらゆる場所でディスプレイ等の電子表示機器を使って情報を発信するものの総称をいいます。 ディスプレイ自体の低価格化や配信コンテンツの多様化によって施設の利用者や往来者に向けてさらに最適化された情報発信ツールとして市場が拡大している最中です。 特に2020年開催の東京五輪を見据えて、新設・追加・リプレースが増加するとともに、機能面でも多言語化・高解像度化が進み、インタラクティブコンテンツとしての活用事例も増えてきました。 出典:より引用 デジタルサイネージの仕組み デジタルサイネージは基本的に「ディスプレイ」と「コントローラー」のセットで使用されます。 コントローラーとはディスプレイにコンテンツを配信するための機器やソフトウェアのことを指します。 ディスプレイに対してDVD再生機器やUSB・PC、またはSTBと呼ばれる配信機器等のコントローラーを接続することで初めてコンテンツ配信が可能になります。 STBとは Set Top Box(セットトップボックス)の略です。 コンテンツを配信する際にディスプレイに接続する電子機器の一つで、コンテンツを放映することに特化した専用品として デジタルサイネージ用途に最適です。 処理性能ではPCに適いませんが、造りが簡素なため価格が安く筐体サイズも小さくて設置場所を選ばない等の理由で、サイネージ分野では多く使用されているコントローラー機器になります。 デジタルサイネージの種類 デジタルサイネージは、導入シーンや用途、コストによってさまざまな導入パターンがあります。 スタンドアローン型デジタルサイネージ スタンドアローン型とはインターネットに接続せずに、ローカル環境で運用する デジタルサイネージのことを指します。 コンテンツの配信は基本的にUSBやSDカードで行います。 インターネット通信環境を必要としないため比較的ローコストで運用できますが、コンテンツの更新に手間がかかるため複数台での運用には適していません。 ネットワーク型デジタルサイネージ ネットワーク型とはインターネットに接続し、サーバーやクラウド上に保存されているコンテンツ情報をダウンロードして放映する デジタルサイネージのことを指します。 放映スケジュールやコンテンツの差し替え等もインターネットを通じて行うためスタンドアローン型と比べ複数台の運用に適しています。 インターネット上のコンテンツを参照してリアルタイム情報を表示したり、サーバーから映像を任意のタイミングで切り替える等、自由度も高く多くのシーンで利用されています。 弊社の 自由放題サイネージのSTBはネットワーク型での運用がメインですが、スタンドアローン型としての機能も兼ね備えており、お客様のニーズに合わせた運用が可能です。 デジタルサイネージの効果 デジタルサイネージを導入することによって、以下のような効果が期待されます。 動きのある映像で顧客をひきつけ、店内に誘導する• 店舗で実際に販売されている商品の質感や色みを鮮明に伝えられる• 多数の広告配信を一括管理すれば、運用コスト削減できる• イメージの向上につながる空間演出• 空間としての価値を高めることによる集客増• 1つの枠を複数の商材の広告に使えるので、多くの情報を発信• 交通情報・天気予報などタイムリーな情報が流せる• 顧客の必要とする情報を的確なタイミング・場所で提供できる• 案内対応の人件費を削減できる• 印刷物の貼り替え業務を減らすことができ、業務負担を軽減できる デジタルサイネージの導入について デジタルサイネージを導入したはいいものの十分な効果が出ず、放置または撤去されてしまうといった事例は残念ながら多くあります。 その原因の多くは以下の3つに集約されます。 想定していたニーズに導入機器が合わない• コンテンツが不足しており、伝えたい情報を配信できない• そもそも設置場所の条件が悪く、誰にも見てもらえない これらの原因はサイネージ導入時のプランニングが十分でなかった際に発生します。 そのためプランニング時に特に注意していただきたい点をご紹介します。 目的を明確にする。 いつ、誰に、どのようなメッセージを伝えるのか、それが不透明な状態で導入を検討しないよう事前に十分な検討を行ってください。 通常は、告知(商品、店舗やキャンペーン等)・認知度向上を目的とすることが多いですが、 デジタルサイネージに誘客効果を求める場合には、トラッキングシステムを活用した効果測定システムを併用しての運用を弊社ではお勧めしています。 目的にあった情報を取捨選択し運用する こちらが伝えたい情報をただ配信するのではなく、ユーザーにとって有益な情報を提供しないと関心を持ってもらうことはできません。 ユーザーの求めるコンテンツをいち早く準備し、制作するための運用態勢の確立が重要となります。 弊社ではマーケッターの目線からユーザーのニーズを分析し、それを元にディレクションから作成まですべて一貫して自社でコンテンツの作成を行っています。 設置場所の環境、設置条件を明確にする 天井から吊るす、壁に設置する、固定する、設置場所が屋外なのか、それとも屋内なのか等設置場所は多様です。 更に設置する際には、電気の配線、設置場所となる天井の強度や床荷重など事前の調査が必要になります。 人数、属性等も含めた人の流れや視認性も事前に把握し、最適な設置場所の検討を行います。 システム構成、機器選定を明確にする デジタルサイネージを実際に設置してみると、更新作業が思いの外面倒、ディスプレイのサイズが合わなかった、輝度不足で映像が見えないなどの想定外のことも起こります。 システム構成や機器選定についてもコスト面だけではなくソフトウェアやハードウェアの特性を比較したうえで決定を行ってください。 自由放題サイネージとは オプティマイザーが提供する 自由放題サイネージは、自由放題サイネージ専用STBをディスプレイに接続するだけで運用可能なサイネージ配信システムです。 専用サーバーも面倒な初期設定も必要ありません。 専用STBをレンタルでご提供し月額1,980円からサイネージ運用が可能なうえ、コンテンツの運用費用は基本無料。 毎月のランニングコストを最小限に抑えることが可能です。

次の

明京電機、サイネージの異常検知からリブートまでを自動で行う「サイネージリブーター」

センシング サイネージ

看板通販サイト『サインシティ』です。 今回は 『OOH広告』 について少しまとめてみたいと思います。 サインシティでは街でよく見る様々な看板から、 アルミ複合版やスチレンボード、 マグネットシートやインクジェットメディアと、 看板の材料となる素材も多く通販させて頂いております。 ということで、大変有難いことに お店のオーナー様も看板会社様も多数ご購入頂けているサインシティですが、 取扱商品の中でも、 年々デジタルサイネージの通販が多くの引き合いを頂いております。 デジタルサイネージの市場拡大の理由の一つには 『OOH広告』 と呼ばれる成長市場も要因としてあるかと思います。 そこら辺をご紹介させて頂きたいと思います! 『OOH広告』とは?どんな広告を指すのか? 『OOH広告』という言葉は例えば、 『Web広告』『雑誌広告』 といった言葉と比べますと、 一般的にはあまり耳にされたことはないかと思います。 ただ、大半の方が目にされたことがある広告となります。 ということで、まずは軽く『OOH広告』とは? といったことから書いていきたいと思います。 『OOH広告』について 『OOH広告』の『OOH』というのは 「Out of Home」 のそれぞれの先頭で作った略語です。 どういった広告かというと、 『家庭以外の場所で接触する広告メディアの総称』 を指します。 家庭以外の場所で・・・ ということで、『OOH広告』とはとても広義な意味での広告ということとなります。 『OOH広告』の広告の種類 家庭外でということで、 まさにサインシティが通販させて頂いている看板全般は『OOH広告』の媒体となります。 また、アルミ複合版やインクジェットメディアといった看板の材料は、 『OOH広告』を表現する材料となります。 代表的な『OOH広告』をあげると 【交通広告】 駅のホームや電車やバスの中などの広告全般を指します。 【屋外ビジョン】 サインシティは名古屋の会社となりますので、 名古屋駅や栄駅といった主要な駅周辺にも大型の屋外ビジョンがございます。 有名なものでいうと『笑っていいとも!』で有名な新宿アルタの大型ビジョンなどがあります。 【看板全般】 サインシティで通販しておりますスタンド看板から、 アルミ複合版で作られたお店の壁面看板など看板全般を指します。 【宣伝トラック アドトラック・ラッピングカー 】 繁華街などでたまに見かけるトラックなどの車全面に広告を貼ったものを指します。 人気アーティストのセールスプロモーションから、 夜の商売の求人など幅広いアドトラックが走っておりますので、 一度は見かけたこともあるかと思います。 他にも、 たまに主要な駅や商業施設などで行われております 『サンプリング配布イベント』 もOOH広告に分類されます。 よく見るものでいうと、 レッドブルを配布していたりするあのプロモーションは ・ラッピングカー ・サンプリング配布イベント とOOH広告を存分に使って行われております。 OOHがなぜ日本でこれから数年間成長増が見込まれるのか? 上にあげましたようなOOH以外にも、 昔からあるような野立て広告もOOH広告に分類されます。 では野立て広告が急成長しているのか? というとそうではなく、 特に市場を牽引しているのは 『デジタルサイネージ』 の広告手法です。 デジタルサイネージとは一言で言えば、 『電気で動く看板』 ということで、 今までの看板の静止画から、 動きのある表現で宣伝する看板・デジタルサイネージへ、 今後変化が急拡大されていくと期待されております。 仕組み的にはタバコの煙をセンサーで察知して、 咳をする男性の映像を流すというシンプルな仕組みですが、 『体に毒ですから禁煙しましょう!』 というこれまでの啓蒙ポスター的な静止画の看板よりも、 注目度は非常に高いと思いますし、 何より咳き込んでいる映像を実際に見ることで、 禁煙への意識もより高まりそうな効果的な看板となると思います。 日本でも今後広まるのか? 人工知能型のOOH広告 こちらは日本の活用事例です。 目の前を通る方の性別やディスプレイを視認したことを察知して、 その視線に合わせて広告が展開されるなど、 今までとは大きく違ったディスプレイ看板となります。 まとめ ということで、 OOH広告が今後急速に成長をしていく要素として、 デジタルサイネージの進化が牽引役として期待をされております。 実際に上の動画であげましたような例はまだまだごく一部でしか見られません。 主要な駅の看板も多くは静止画の看板ですし、 お店の看板も多くはデジタルサイネージではなく、 一般的な従来の看板です。 デジタルサイネージもそうした大きな価格破壊は必ず起こると思いますので、 街中でもたくさん見かけるようになっていくかもしれません。 ぜひよろしくお願いいたします!.

次の

デジタルサイネージで映画を上映できますか?

センシング サイネージ

看板通販サイト『サインシティ』です。 今回は 『OOH広告』 について少しまとめてみたいと思います。 サインシティでは街でよく見る様々な看板から、 アルミ複合版やスチレンボード、 マグネットシートやインクジェットメディアと、 看板の材料となる素材も多く通販させて頂いております。 ということで、大変有難いことに お店のオーナー様も看板会社様も多数ご購入頂けているサインシティですが、 取扱商品の中でも、 年々デジタルサイネージの通販が多くの引き合いを頂いております。 デジタルサイネージの市場拡大の理由の一つには 『OOH広告』 と呼ばれる成長市場も要因としてあるかと思います。 そこら辺をご紹介させて頂きたいと思います! 『OOH広告』とは?どんな広告を指すのか? 『OOH広告』という言葉は例えば、 『Web広告』『雑誌広告』 といった言葉と比べますと、 一般的にはあまり耳にされたことはないかと思います。 ただ、大半の方が目にされたことがある広告となります。 ということで、まずは軽く『OOH広告』とは? といったことから書いていきたいと思います。 『OOH広告』について 『OOH広告』の『OOH』というのは 「Out of Home」 のそれぞれの先頭で作った略語です。 どういった広告かというと、 『家庭以外の場所で接触する広告メディアの総称』 を指します。 家庭以外の場所で・・・ ということで、『OOH広告』とはとても広義な意味での広告ということとなります。 『OOH広告』の広告の種類 家庭外でということで、 まさにサインシティが通販させて頂いている看板全般は『OOH広告』の媒体となります。 また、アルミ複合版やインクジェットメディアといった看板の材料は、 『OOH広告』を表現する材料となります。 代表的な『OOH広告』をあげると 【交通広告】 駅のホームや電車やバスの中などの広告全般を指します。 【屋外ビジョン】 サインシティは名古屋の会社となりますので、 名古屋駅や栄駅といった主要な駅周辺にも大型の屋外ビジョンがございます。 有名なものでいうと『笑っていいとも!』で有名な新宿アルタの大型ビジョンなどがあります。 【看板全般】 サインシティで通販しておりますスタンド看板から、 アルミ複合版で作られたお店の壁面看板など看板全般を指します。 【宣伝トラック アドトラック・ラッピングカー 】 繁華街などでたまに見かけるトラックなどの車全面に広告を貼ったものを指します。 人気アーティストのセールスプロモーションから、 夜の商売の求人など幅広いアドトラックが走っておりますので、 一度は見かけたこともあるかと思います。 他にも、 たまに主要な駅や商業施設などで行われております 『サンプリング配布イベント』 もOOH広告に分類されます。 よく見るものでいうと、 レッドブルを配布していたりするあのプロモーションは ・ラッピングカー ・サンプリング配布イベント とOOH広告を存分に使って行われております。 OOHがなぜ日本でこれから数年間成長増が見込まれるのか? 上にあげましたようなOOH以外にも、 昔からあるような野立て広告もOOH広告に分類されます。 では野立て広告が急成長しているのか? というとそうではなく、 特に市場を牽引しているのは 『デジタルサイネージ』 の広告手法です。 デジタルサイネージとは一言で言えば、 『電気で動く看板』 ということで、 今までの看板の静止画から、 動きのある表現で宣伝する看板・デジタルサイネージへ、 今後変化が急拡大されていくと期待されております。 仕組み的にはタバコの煙をセンサーで察知して、 咳をする男性の映像を流すというシンプルな仕組みですが、 『体に毒ですから禁煙しましょう!』 というこれまでの啓蒙ポスター的な静止画の看板よりも、 注目度は非常に高いと思いますし、 何より咳き込んでいる映像を実際に見ることで、 禁煙への意識もより高まりそうな効果的な看板となると思います。 日本でも今後広まるのか? 人工知能型のOOH広告 こちらは日本の活用事例です。 目の前を通る方の性別やディスプレイを視認したことを察知して、 その視線に合わせて広告が展開されるなど、 今までとは大きく違ったディスプレイ看板となります。 まとめ ということで、 OOH広告が今後急速に成長をしていく要素として、 デジタルサイネージの進化が牽引役として期待をされております。 実際に上の動画であげましたような例はまだまだごく一部でしか見られません。 主要な駅の看板も多くは静止画の看板ですし、 お店の看板も多くはデジタルサイネージではなく、 一般的な従来の看板です。 デジタルサイネージもそうした大きな価格破壊は必ず起こると思いますので、 街中でもたくさん見かけるようになっていくかもしれません。 ぜひよろしくお願いいたします!.

次の