ヘンリー 王子 スキャンダル。 ヘンリー(ハリー)王子の子供時代のスキャンダル動画!父親とそっくり写真も!

ヘンリー王子の引退理由!なぜ王室離脱したのかも分かりやすく解説!

ヘンリー 王子 スキャンダル

ヘンリー王子:「皆さんは私のことを長い間、気に掛けてくれました。 しかし、メディアの力は強大でした。 私たちだけではどうにもなりません。 皆ではね返すことができる日を願っています」 王室からの助成金がないことが理由だと語っていますが、経緯を考えると売り言葉に買い言葉とも思えなくもありませんが…このての話は結論がでることがないとも思いますね。 それにしても 「つらい経験」とはいったい何だったのでしょうか? 妻のメーガン妃のことなのか、 王室との乖離なのか、それとも イギリス国民との隔たりなのか、日本の専門家の方々の見方も様々ですが、いずれにしても「つらい経験」という言葉が引退まで心に残っていたに違いありません。 ヘンリー王子の王室引退はなぜ?理由は夫婦の自立? 結婚して時間が経たないうちに、ヘンリー王子夫妻はアメリカに 「MWX Trading」という会社を立ち上げており、経済的に自立することも 王室引退の理由の一つとなっております。 ところが、商売の準備をしていた行為が、イ ギリス国民からは良く思われていないと分析する専門家もいます。 ヘンリー王子の王族剥奪はなぜ?引退理由はメーガンを守るためか そもそも、イ ギリス人ってアメリカ人に対して好意的ではないとも言われていますので、こうした背景から メーガン妃を守りたいという考えもあるのかも知れません。 それから、ここまで王室と亀裂が大きくなってしまった理由に 離脱宣言をするタイミングが悪い。 とも言われています。 理由は、女王様の夫の90代になる フィリップ殿下が、昨年から体調が悪くて入退院をしている最中に体況に悪影響をになるからです。 さらに、 チャールズ皇太子の弟のアンドリュー王子がスキャンダルを起こして王室を辞めさせられており、いまだに騒ぎが沈静化していない時期に、 なぜこのタイミングで離脱宣言?という怒りも引退に拍車をかけた理由のひとつでもあります。 ヘンリー王子王室引退後は英国とカナダの2重生活でメーガン妃を守れるの? ヘンリー王子とメーガン妃は英国とカナダの2重生活をする計画です。 しかし、待ち受けていたのはメーガン妃の警備費の負担によるカナダ国民の不安です。 理由は、 警備の費用に年間1000万ドル(約11億円)もかかると言われているからです。 約年間の半数をカナダで過ごすとなると、相当な金額になると予想されています。 ちなみに、現在はカナダのバンクーバー島で滞在していますが、メーガン妃の周囲には常に複数の護衛が付き添っていて、その他にも、海上には軍艦などの警備費もかかっているそうです。 カナダのトルドー首相あげて、お二人を歓迎しているものの、 「彼らを歓迎するが、解決しなければならない問題がある」と発言していますが、これは国民の声を聞いたことからの発言だったのだと思います。 カナダ国民も歓迎しているものの、 実際には73%の国民がメーガン妃への警備費用の負担に反対しています。 また、警備費や諸費用を 全額負担してでもカナダに移住してほしいと思っている人たちは、わずか3%なのだそうです。 そもそも、カナダの人たちは金銭に関してはシビアですからね。 皇室を離脱したのでしたら一般人でないのか?なぜ警護する必要があるのだろう。 と思ったりもしますが… 自分の意見は、ハッキリと主張する国でもあるので、今後の調整が待たれるところですが引退後の安息は見えておらず、問題が山積み状態です。 ヘンリー王子はエリザベス女王に嫌われて王族の称号を剥奪? ヘンリー王子は王族の称号を剥奪された!との事実上の引退報道もありましたが、正確には、 ロイヤルハイネスの称号は剥奪されていません。 使用は控えるのが望ましいというのがエリザベス女王のお考えとのことです。 いっぽうで、この引退表明に至る王室離脱にかんして、英王室作家のナイジェル・カウソーンさんがこのように発言しています。 「2人は何も悪いことをしていないのにひどすぎる!」と。 「2人から称号を取り上げるという英王室の決定は、いじめ以外の何ものでもない。 そんな犯罪者扱いを受けるいわれはない。 彼らは、もう少し、公金も王室の縛りもないプライベートな生活がしたいと言っただけだ!」 とイギリス・エクスプレス紙で完全擁護の立場で語っています。 この言葉が現在のお二人の心境を最も表しているものだと思いますが、王室がヘンリー王子の商売を嫌っていることも、引退理由の原因と考えることもできます。 今後の心配として各メディアの報道姿勢があげられます。 ヘンリー王子の母親のダイアナ妃はパパラッチの追跡で酷いことになっていますので、メーガン妃の今後の王室離脱における執拗な報道姿勢に繰り返されるのでは…と私でも、ふと思ってしまうのでヘンリー王子は相当心配なこともあるのではないでしょうか。 2020年2月19日ヘンリー王子ご夫婦が正式に王室引退を発 ヘンリー王子ご夫婦の報道官により、ヘンリー王子は3月31日に王室の公務から正式に引退することが明らかになりました。 引退することで、バッキンガム宮殿での執務室の業務も引退の見通しで、各側近の人達も引退解雇となります。 引退発表も突然だったために、今後の王室との確執も心配されるところですが、王室では1年後をめどに、ヘンリー夫妻の役割を見直す方針と思われます。 こうして考えると妻のメーガン妃を守りながら引退を準備していたようにも思えますね。 当面のヘンリー夫妻は引退表明後に、カナダを拠点にしながら英国に帰国して、いくつかの行事に参加する予定です。

次の

ヘンリー (サセックス公)

ヘンリー 王子 スキャンダル

イギリスの ウィリアム王子の弟君、 ヘンリー王子(30)が水パイプをふかして(下の写真)、楽しげなご様子でご登場 日本では ヘンリー王子と呼ばれているみたいですね。 よくいえばやんちゃ、悪く言えばスキャンダラスなんですが、まあ真っ赤なほっぺでいつもニコニコしてて憎めないっちゃ憎めないし、性格も言動もおちゃめなので、海外では人気です。 そんな ハリー王子ですが、23日にUAE(アラブ首長国連邦)のアブダビで行われた、 F1アブダビGPを観戦(1番上の写真)。 2度めの優勝となった、 ルイス・ハミルトンの勇姿を見届けたあとの、F1の後夜祭 の船上(ヨットだけど)パーティーで、水パイプを喫煙している姿をパシャリと撮られた ハリー王子 持ってるのはマイクじゃなくて、水パイプでっせ。 美女もいっぱいいるで ちなみにハリー王子がご喫煙されている水パイプは、合法ですのでご安心を。 でもですな、英国王室なわけですから、水パイプとか吸ってる写真を撮られちゃいかんのです、世間体的に。 イメージもよくないでそ それに『またパーティーか』とか、『仕事もせずに遊んでばっかりやないか』などといった、冷ややかなコメントも数多く寄せられてしまったわけです。 エリザベス女王もさぞご立腹でしょう ピッパミドルトンと ハリー王子に熱愛発覚?初キスの場所とは ということで本日の英単語は水パイプ a waterpipeがいちばん一般的ですが、ほかにペルシャ語の hookah(発音はふーか)も、水パイプを指す英語として使われてます。 他には shisha(しーしゃ)も英語圏で通じます。 hookahと同じ水パイプという意味の他に、パイプ管だけじゃなくて、煙草の葉っぱのほうを指すことも。 糖蜜タバコとか 水タバコのことですね、日本語で言う。 ちなみに水タバコの発祥の地はペルシャらしいです。 水パイプのデザインってペルシャっぽいぽい 水パイプ・水タバコなら普通のタバコより、体に害がないんじゃない なんて思ってる人もいるかも知れませんが、最近の研究では、水タバコによっては白血病の発症率を高めるものもあるそうなので、ブクブク楽しいから なんて呑気なことを言ってちゃ、いかんのです。 ピッパミドルトンと ハリー王子に熱愛発覚?初キスの場所とは キャサリン妃 のお疲れ白髪姿は キャサリン妃 にご法度おさわりをしちゃったレブロンジェームスは ピッパミドルトン、破局原因は女の誤算からは ヘンリー王子と エマワトソンの熱愛報道は キャサリン妃妹ピッパミドルトン、結婚間近の彼氏ニコとツーショは スウェーデンのイケメン、 フィリップ王子が タトゥー入り水着モデルと結婚.

次の

アンドリュー英王子「公務控える」 スキャンダル受け発表

ヘンリー 王子 スキャンダル

ロイヤル・ファミリーにはかなりのスキャンダルがある。 タブロイド紙の一面や画期的なTVインタビューのお陰で誰もが知るところとなった有名なスキャンダルもあれば、逃れられない噂もたくさんある。 けれど、中には、あまり知られていない軽率な行動や不法行為のスキャンダルもあるようだ…。 Translation: Mitsuko Kanno From View Gallery 9 Photos 1982年、ある男がバッキンガム宮殿によじ登り、女王の寝室に忍び込むという王室のセキュリティーを破る究極の事件が起こった。 いったい何故こんなことが起こったか誰にも確かなことはわからないが、7月のある朝7時15分頃、マイケル・フェイガンが壁をよじ登り、寝室にたどり着いた。 事件当時、彼は女王と10分ほど話をしたと報道されていたが、2012年に彼が『The Independent on Sunday』紙に、「女王は小さな足で室内を横切り、部屋から脱出した」と語った。 また、彼自身も何故、不法侵入などしようという気になったのかわからず、たぶん5ヶ月ほど前にスープに入れて食べたマジックマッシュルームのせいかもしれないとも語っている。 伝統と昔風の価値にどっぷりと浸ったロイヤルファミリーが、今という時代とますます自由になる社会的価値と調和することは難しいようだ。 たとえば、10代の少年がマリファナを吸引することにはさほど驚かない人もいるだろう。 けれど、それが世界でもっとも有名な10代だとしたら、そうはいかない。 16歳のハリー王子がハイグローブ(チャールズ皇太子の私邸)の敷地内でマリファナを吸っているのが発覚し、今は廃刊になった『News of the World』紙の一面に掲載された。 忘れられがちなことだが、罰と学びのための経験として、チャールズ皇太子は彼を、1日だけだが更生施設に送った。 ロンドン南部にあるその施設で、ハリー王子は治療中のヘロインやコカイン中毒患者と会ったと、当時BBCは報道した。 1992年、『The Daily Mirror』紙は、ヨーク公夫人セーラ・ファーガソンがテキサスのお金持ちジョン・ブライアンと恥ずかしい(そして、かなりマズイ)状況にいる写真を掲載した。 ヨーク公夫人はこの時点でアンドリュー王子(チャールズ皇太子の弟)とすでに離婚していたため、その点は大きな問題ではなかった。 ポイントは、ブライアンがセーラの足指をなめていたことだった。 彼は『The Daily Mail』紙の王室記者リチャード・ケイに、彼女の足指にキスはしていたが、なめてはいなかったと語ったという。 彼女のプライバシーが犯されたのは間違いないが、この指なめ事件はロイヤル・ファミリーにとって大きな恥となった。

次の