ポケモンガブリアス育成論。 【サンムーン】ガブリアスのおすすめ育成論と厳選方法を紹介!【ポケモンSM】

ガブリアス育成論

ポケモンガブリアス育成論

サン・ムーンでは、野生のポケモンが「助けを呼ぶ」で別のポケモンを呼び出すこと... ガブリアスおすすめ育成 特性 「 」・・・直接攻撃を受けると、相手の最大HPの8分の1のダメージを与える。 もうひとつの「すながくれ」と比べると、明らかに使い道があります。 ただし、さめはだは夢特性で入手が難しいのが難点。 仲間を呼ぶで呼び出されるポケモンは回数が増えるほど夢特性の確率も上がりますので、狙ってみましょう。 性格 攻撃の高さに特徴のあるポケモンですので、特攻を下げる方向で。 そこから、さらに攻撃を上げるか素早さを上げるかはお好みで。 「いじっぱり」(攻撃UP、特攻DOWN) 「ようき」(素早さUP、特攻DOWN) 努力値・個体値 努力値は攻撃、素早さに全振りするのが無難。 残りは特防あたり。 個体値は最低でも攻撃、素早さのVは狙いたいところです。 技 :タイプ一致で高威力な物理じめん攻撃技。 :タイプ一致で高威力な物理ドラゴン攻撃技。 2,3ターン攻撃したのちこんらん状態になる点は注意。 、 などからタマゴ技として遺伝。 そのほか、4倍の弱点となるこおり対策に物理いわ攻撃の「 」や「 」が考えられます。 あとは、攻撃力を上げる「 」、交代するたびにダメージを与える「 」などもよいでしょう。 アイテム :HPが満タンの時、一撃でひんしになるダメージを受けたときに一回だけ耐えることができる :素早さが1. 5倍になる代わりに、最初に出した技と同じ技しか出せない。 4倍弱点のこおり攻撃でうっかり一発で落とされることがないようにきあいのタスキ。 先手を取りやすくするためにこだわりスカーフ。 関連ポケモン.

次の

ポケモン育成論 〜ガブリアス〜

ポケモンガブリアス育成論

容姿・強さ・人気のどれを取っても1線級であり、ポケモン対戦における「主人公」と呼ばれているほどの知名度・人気さも誇ります。 種族値を見てもバランスも取れた優秀なステータスを持ち、 Aが130と十分な火力を持ち、 Sも102族と絶妙な速さで100族までの激戦区を抜くことができます。 速い物理アタッカーながらHPが高く、Bは高めでDも並以上と、隙がはぼないため初めて登場したDP世代から現在までずっと環境トップとして活躍しており、誰が使ってもどんなパーティでも非常に強いポケモンでしょう。 今回採用した型は、つるぎのまいによって全抜き性能をさらに高められる物理アタッカー型になります。 ガブリアスはタイプ上 でんじはが無効であり、耐久も高いところから相性は良く、安定して積めやすいためエースとして活躍が期待できます。 性格はようき確定です。 激戦区であり、100族は抜きたいです。 その圧倒的なステータスの高さから火力不足だと感じる点も少なく、つるぎのまいを積むと等倍でもほぼ止められないですが、積まなくても大抵は2発で沈むので、タイマンでもかなりの強さが分かります。 更にクレセリア程度でしたら不一致4倍弱点は耐えられ、等倍でも高火力系は大体は1発耐える事ができます。 ただ、マンムーやパルシェン等のタイプ一致こおりのつぶてはほぼ耐えられないのでさすがに注意が必要です。 高火力、高いSを持ちながら耐久も高い、DP世代から大人気のエースで初心者でも使いやすいのでおすすめのこのガブリアス、1度使ってみてはいかかでしょうか。 ガブリアス:マッハポケモン 努力値について 努力値は最高火力と最速の素早さを得る前提での型になるので Aに252全振り、 Sも252全振りして残りは Hに4振りでOKです。 今回の技構成 タイプ 技名 威力 命中率 ドラゴン げきりん 120 100 ノーマル つるぎのまい ー ー じめん じしん 100 100 いわ ステルスロック ー ー げきりん 物理ドラゴンタイプお馴染み。 デメリットありながらも必須レベルでしょう。 6世代ではフェアリーの登場により止まりやすくはなってしまいましたがそれでも火力は素晴らしいです。 選出時には気を付けましょう。 じしん 命中・威力安定の地面メインウエポン。 でんき・はがねタイプへの役割遂行、非接触技なのでゴツゴツメット持ちへの有効打点としてこれも確定レベルです。 げきりん読みで出てくるヒードラン等に刺さります。 つるぎのまい ガブリアスとの相性は抜群の積み技。 全抜き性能を高められ、1度積めればほぼ止められない程の火力を得られます。 1度積めればげきりんが効かないマリルリを1発で倒せたりと便利でありながら、高耐久やでんじは無効からも安定して積める事ができます。 ステルスロック エース性能とは別であり、きあいのたすきを持たせる際に補助技として入ることが多いです。 これが入ることによって全抜き性能に加えてサポート・先発もこなすことができるため万能な役割を持てます。 相手のきあいのたすきやファイアローへの対策となるため、あると非常に便利でしょう。 パーティとの相談、お好みでいいでしょう。 その他の選択技 がんせきふうじ これもサポートの役割を持つことができながら打点を持てます。 死に際に打って相手のSを下げつつ退場ができるため腐りにくくなり、岩技なのでファイアロー等の地震が無効の飛行タイプへの打点になるので範囲も広くなるでしょう。 しかし、火力は期待はできません。 だいもんじ 特殊技であり、ガブリアスストッパーとして昔から有名なエアームドへの役割破壊。 ピンポイントなのでエアームド等が苦手なら採用の余地はあるでしょう。 ダメージ参考 与ダメ げきりん 無振りカイリューマルチスケイル込み 確定2発 剣舞1積みで確定1発 無振りウォッシュロトム 確定2発 剣舞1積みで確定1発 無振りメガガルーラ つるぎのまい1積みで確定1発 じしん H振りギルガルド(シールドフォルム)確定2発 H振りマリルリ つるぎのまい1積みで高乱数1発 無振りメガライボルトいかく込み低乱数1発 無振りメガリザードンX 確定1発 がんせきふうじ HB特化ファイアロー 確定2発 無振り化身ボルトロス 確定2発 だいもんじ H振りエアームド 超高乱数2発 H振りナットレイ 確定2発 被ダメ 無振りクレセリアれいとうビーム 確定1耐え A特化メガガルーラ親子愛込みおんがえし 確定1耐え A特化ファイアロー鉢巻ブレイブバード 確定1耐え C特化ウォッシュロトムハイドロポンプ 確定1耐え C特化ギルガルド シャドーボール 確定1耐え.

次の

ガブリアス育成論

ポケモンガブリアス育成論

シロナのガブリアス 受け取り方法 受け取り条件 2016年7月22日(金)9:00から開催される『シンオウダービー』で勝敗のつく対戦を3戦する。 配布期間 8月2日(火)~ 9月30日(金) 8:59 まで レベル 66 親 シロナ IDNo 07226 ボール プレシャスボール リボン クラシックリボン 説明文 ポケモンリーグで Lv. 66のときに 運命的な 出会いをした ようだ。 『すなあらし』のダメージも受けない) 技 ドラゴンダイブ じしん かわらわり ギガインパクト 持ち物 オボンのみ 個体値 3V固定 種族値 HP 108 こうげき 130 ぼうぎょ 95 とくこう 80 とくぼう 85 すばやさ 102 Lv. 66の実数値(ようき) HP 239 こうげき 197 ぼうぎょ 150 とくこう 117 とくぼう 137 すばやさ 176 Lv. 66の実数値(いじっぱり) HP 239 こうげき 216 ぼうぎょ 150 とくこう 117 とくぼう 137 すばやさ 160 スポンサーリンク シロナのガブリアスの厳選 ガブリアスは野生に出てくるポケモンですが、ジムリーダーやチャンピオンの所持するポケモンの場合は3V固定(ステータスの3つがMAX)です。 厳選は可能なので、積極的に理想個体を狙っていきましょう。 覚える技 01 ほのおのパンチ 01 たいあたり 01 すなかけ 01 りゅうのいかり 01 すなあらし 03 すなかけ 07 りゅうのいかり 15 とっしん 19 すなじごく 24 ダブルチョップ 28 きりさく 33 ドラゴンクロー 40 あなをほる 48 かみくだく 55 ドラゴンダイブ わざマシン、ひでんマシン(ORAS) 01 つめとぎ 02 ドラゴンクロー 05 ほえる 06 どくどく 10 めざめるパワー 11 にほんばれ 15 はかいこうせん 17 まもる 18 あまごい 21 やつあたり 26 じしん 27 おんがえし 28 あなをほる 31 かわらわり 32 かげぶんしん 35 かえんほうしゃ 37 すなあらし 38 だいもんじ 39 がんせきふうじ 40 つばめがえし 42 からげんき 44 ねむる 45 メロメロ 48 りんしょう 54 みねうち 56 なげつける 59 やきつくす 65 シャドークロー 68 ギガインパクト 71 ストーンエッジ 75 つるぎのまい 78 じならし 80 いわなだれ 82 ドラゴンテール 84 どくづき 87 いばる 88 ねごと 90 みがわり 94 ひみつのちから 100 ないしょばなし 01 いあいぎり 03 なみのり 04 かいりき 06 いわくだき タマゴ技 ダブルチョップ アイアンヘッド だいちのちから アクアテール りゅうのはどう アイアンテール いびき げきりん ステルスロック りゅうせいぐん 覚える技を見れば一目瞭然ですが、ガブリアスは多種多様な物理技を覚えることができます。 種族値も『こうげき』が高いので、やはり物理アタッカーの採用が望ましいでしょう。 性格は『いじっぱり』『ようき』 物理アタッカーの定番ですが、やはり『いじっぱり』と『ようき』の2択になるでしょう。 とはいえ、ガブリアスは『すばやさ』の種族値が102ですので『ようき』の採用がメジャーです。 ガブリアスは人気の高いポケモンですので、被ることが多々あります。 その時、速さで負けることを避けるためにも『ようき』で『すばやさ』を増強しておくべきでしょう。 特性が『すながくれ』の場合 ガブリアスでもっとも採用されている特性は『さめはだ』ですが、『すながくれ』でも運用に支障はありません。 ダブルバトルでバンギラスと一緒に出せば、初回から『すながくれ』の恩恵を受けながら戦うことが可能です。 技の構成は千差万別 定番なのは、タイプ一致の『ドラゴンクロー』『げきりん』『じしん』です。 しかし、ガブリアスは多くの物理技を覚えてくれるので、バリエーション豊富な技構成が可能です。 自分のパーティ構成を見ながら、ガブリアスの役割を考えていきましょう。 シングルで強いのが『つるぎのまい』です。 これで、一気に『こうげき』を上げます。 ダブルでは『いわなだれ』が猛威を振るいます。 『ひるみ』が何より嬉しいです。 フェアリーが来ても、『どくづき』や『アイアンヘッド』を覚えることが可能ですので、返り討ちにすることができます。 トレーナーによっては『ステルスロック』を撒き始めるガブリアスもおり、変化技特化だと相手の意表を突けて面白いかもしれません。 スポンサーリンク.

次の