喉 の 違和感。 喉の奥に違和感。げっぷも増えた 疑われる2つの病気とは

喉がイガイガする違和感の原因は?自分でできる対処法は?

喉 の 違和感

喉に違和感があるのだけれど 風邪のような症状ではなくて・・もしかすると甲状腺かな? なんて思うのですが、甲状腺って 一体、なんですか? 甲状腺が・・・という話題を最近、よく耳にするようになりました。 ですが、どのような場所にあり 身体の中でどのような役割があるのか? 普通に生活していると、全くといって気になる器官ではありませんよね。 風邪じゃないし・・甲状腺かも? 喉の下あたりにあるのが甲状腺で、人間の体が正常に機能するために 必要なホルモンを分泌している大切な器官です。 普段意識することの少ない器官ではありますが さまざまな病気を起こす可能性を持っている場所でもあるのです。 特に女性は、ここの異常が起こりやすいとされています。 Sponsored Links 甲状腺に起こりやすい病気とは? 腫瘤もここにできやすい病気の一つです。 良性、悪性とがあり、 悪性のものは一般的に言われる『がん』となります。 ただし、甲状腺のがんは進行性のものは少ないため 早期発見により適切な治療を行えば完治することも可能と言われています。 自覚症状がない場合もありますが、 代表的な症状としては 喉の違和感や異物感、声のかすれ、喉や首元のしこりや腫れですね。 このような症状がみられるときは、病院で検査を受けるようにしましょう。 どのような検査が行われるの? 血液検査や超音波検査、細胞診 頸部レントゲンなどによって検査を進めていきます。 甲状腺の病気、治療は? 良性である場合は、投薬治療が一般的で 濾胞腺腫と腺腫様甲状腺腫という二つに分類されます。 腫れや腫瘤の大きさによっては、小さくするための手術が行われることもあります。 悪性の場合は、投薬もしくは外科的治療で腫瘍部分を摘出する もしくは、アイソトープを投与や放射線によって腫瘍を破壊して治療が行われます。 乳頭癌や濾胞癌、髄様癌、未分化癌、悪性リンパ腫の五つに分類されます。 いかがでしょうか? 自分ではわりにくい甲状腺の存在、役割や異変 知っておくと、何かあったときにどのようなことが起こっているのか という目安になると思います。 特に異常が無い、という方も 私たちが正常に活動するための大事な器官ですので 覚えておいて、損は無いですよ! Sponsored Links.

次の

喉の違和感と痰が絡む感じやつまる感じが続くときの対処法や病気の可能性は?

喉 の 違和感

「喉がすっきりしない」「イガイガする」「違和感がある」などに代表される喉の異物感をこれまでに経験したことがある人は少なくないだろう。 一度気になりだすと仕事がおぼつかなくなるようなケースもあるかもしれないが、実はこれらの症状の背後にはさまざまな疾患が潜んでいる可能性がある。 そこで今回は喉の病気の種類や原因、症状などについて日本耳鼻咽喉科学会認定専門医の宮崎裕子医師にうかがった。 喉に異物感を覚える原因や治療法を専門医が解説 喉に異物感を覚える原因と治療法 宮崎医師によると、喉に異物感を覚える場合、ウイルスや細菌などの感染による喉の炎症や胃酸の逆流による逆流性食道炎といった病気が考えられるという。 「心身症が原因の咽喉頭異常感症と呼ばれる病気もありますし、アレルギーによって喉がイガイガすることもあります。 また、可能性は低いですが、喉のガンも否定できません。 2週間ほど経過して改善しなければ、一度は耳鼻咽喉科で診察を受けられることをお勧めします」 喉の異物感の原因として考えられる主だったものは以下の通り。 1 ウイルスや細菌による感染、炎症 風邪やのウイルス、細菌に感染すると、喉の奥が炎症を起こして腫れ、異物感を覚えることがある。 また、食道の粘膜がウイルスやカビなどに感染すると、喉のつかえ感や胸やけなどが現れる。 疲れが溜まっていたり、体力が低下していたりするときなどに感染しやすくなる。 炎症の程度によるが、軽ければ市販薬で対応が可能。 改善がなければ耳鼻咽喉科を受診し、投薬してもらおう。 2 咽頭ガン・喉頭ガン 主に喫煙とアルコールが原因となるケースが多い。 ガンのできる場所や進行度によって症状が異なる。 初期の咽頭ガンでは、異物感があったり食べ物がしみたりするなどの症状が見られ、進行してくると「飲みこみにくい」「引っかかる」といった症状が現れる。 喉頭ガンは上部では異物感、声帯付近だと声がれ 嗄声 が見られる。 喫煙者やアルコールを摂取する人は、耳鼻咽喉科で診察を受けよう。 喉の観察は、鼻の穴から細長い内視鏡を挿入し、喉 食道の入り口まで をよく観察する経鼻内視鏡検査が最も有用だ。 形態的な異常があれば、小さな病変でも発見することが可能。 「『ガンが心配』という理由で受診される方も多いですが、この検査で異常が見られなければ、少なくとも喉のレベルでガンはないと思っていただいて結構です。 検査費用は保険3割負担で、1,800円程度になります」 3 逆流性食道炎 は近年、増加傾向にある。 食事、生活習慣が欧米化していることから、胃酸の逆流を防ぐ食道下部の筋肉がゆるみやすくなり、胃酸が逆流しやすくなっているという。 胃酸は強い酸性を保っているため、逆流すると食道だけではなく、喉の粘膜に炎症が起き、自覚症状として喉のつかえを感じるようになる。 患者が症状を訴えたり、耳鼻科で経鼻内視鏡検査をしたりして判明するケースも少なくない。 逆流性食道炎と診断された場合は、食事療法 高脂肪食や刺激物を避ける、食べ過ぎない や就寝時に上半身を持ち上げることが大切だ。 また、胃酸を抑える薬物治療もある。 4 アレルギーによる気管の炎症 喉の異物感はアレルギーによる気管の炎症によっても現れることがある。 気管の炎症の原因の大半はハウスダストだ。 中でもダニに対するアレルギーが特に多く、その他にスギ花粉や卵、牛乳、そばなどの食べ物がアレルギーの原因となる場合もある。 喉のイガイガに加えて咳を伴うことが多く、アレルギーのある時期に発症しやすい。 アレルギーがある人は、抗アレルギー薬を服用すると改善する。 咽喉頭異常感症の原因と症状 これらの原因以外に喉の異物感を招くものとして「咽喉頭異常感症 いんこうとういじょうかんしょう 」がある。 口から入った物は食道のぜん動運動によって胃に送り込まれるが、心身のストレスがあると自律神経のバランスが崩れて喉や食道の動きが悪くなり、喉のつかえ感を引き起こすケースがある。 これを「咽喉頭異常感症」と呼び、心身症の一種と考えられている。 「ストレスを発散することが苦手な人」に起きやすく、比較的女性に多く見られる症状だという。 「咽喉頭異常感症の主な原因はストレスと言われています。 更年期障害や自律神経失調症、うつ病など精神的症状の目立つ病気に見られることが多く、心理的に大きなストレスがかかった場合に、喉の違和感が悪化する傾向にあります。 不安や緊張や精神的なショックは、ストレスとして私たちの体に負荷をかけます。 ストレスを受けると、体の自律神経のバランスが崩れて、交感神経が優位になります。 すると食道付近の筋肉が過剰に収縮し、食道の内腔が細く締め付けられてしまいます。 この結果、喉の異物感や圧迫感、嚥下時の不快感などをきたすと考えられています」 咽喉頭異常感症の対処法 体に異常がないにもかかわらず喉の違和感を覚えるようならば、心療内科の受診を検討するといいだろう。 かかりつけの病院で心療内科を紹介してもらうケースもある。 心療内科では精神的な要因を探り、原因となるストレスなどの軽減方法を患者に合わせて考えていく。 「漢方治療が有効であり、『気』の巡りを良くして、喉のつかえ感や違和感を改善する『半夏厚朴湯 はんげこうぼくとう 』や『柴朴湯 さいぼくとう 』も喉のつかえ感に効果的とされています。 ストレスで停滞した気の巡りを良くする働きが期待できます」 咽喉頭異常感症の予防法 咽喉頭異常感症にならないようにするには、ストレスをためないことが大切だ。 ゆっくり休息する時間を取り、十分な睡眠を取る。 そして、自分に合った趣味を見つけるなどの工夫をして、ストレスと上手に付き合っていこう。 「ウイルスや細菌に負けない抵抗力をつけるためにも、日頃からバランスの良い食事と適度な運動を心がけてください。 また、強いストレスを感じたときは、自然と呼吸が浅くなって喉の違和感がひどくなるため、深呼吸もお勧めです」 日頃から食事や運動などに気をつけ、冬場は乾燥も喉に大敵なので、マスクをつけて手洗いもしっかりしよう。 耳鼻咽喉科を受診しても喉の異物感が続く場合は、内科で検査 内視鏡検査や血液検査、CT検査など を受け、医師に身体疾患の有無を調べてもらうといいだろう。

次の

喉の違和感、異物感は甲状腺に異常?

喉 の 違和感

喉の違和感や異物感がある時は何科を受診するべき? ここでは、症状別にお伝えしたいと思います。 目安として参考にしていただけたらと思います。 声が枯れてしまった時 寝不足や仕事や学校など声の使い過ぎで声が枯れてしまうことはよくある事です。 一過性であれば、安静にしていれば治っていきますが、なかなか治らない場合や気になる場合は、喉の奥や声帯を診察してくれる 「耳鼻咽喉科」を受診しましょう。 水やお茶など飲み物が飲めない位に喉が痛い時 水やお茶など飲み物が飲めない程に痛い場合は、喉の奥に水泡が出来るヘルパンギーナや扁桃が赤く腫れる咽頭結膜炎の可能性があります。 ですので、その場合は 「内科或いは小児科」か 「耳鼻咽喉科」を受診しましょう。 喉を押すとしこりのようなものがあり痛い時 喉を押してしこりのようなものを感じる時は、付け根の甲状腺付近であれば、亜急性甲状腺炎の可能性があります。 もし身体がだるい、動悸がするなど甲状腺炎の症状がある場合は、 を受診しましょう。 喉のしこりがリンパ節の腫れの場合もあります。 風邪等で炎症が起きている場合は、風邪が収まると同時に治るケースが多いようですが、リンパ腫やがんの可能性もあります。 長引くようであれば、 「内科」あるいは 「耳鼻咽喉科」を受診しましょう。 他にも歯肉炎や虫歯が原因の場合もあります。 その場合は 「口腔科」或いは 「歯科」を受診しましょう。 うまく飲み込めず、つかえがある時 喉がつかえている時は、喉や甲状腺の腫れか、或いは自律神経の乱れやストレスの影響の可能性が考えられます。 ですので、 「耳鼻咽喉科」を受診して何も問題がないようであれば 「心療内科」の受診をすすめられるケースもあるようです。 イガイガして咳が出る時 喉がイガイガする、そんな症状がある時はアレルギーの影響がある場合があいます。 咳喘息やアトピー性咳嗽(がいそう)の場合は 「アレルギー科」や 「呼吸器科」を受診しましょう。 女性に多いストレス性の喉の痛みや咳がある場合 喉の辺りに何か引っ掛かっている感じが続くと、多くの方が不安になります。 「もしや何か悪い病気では?」と心配になりますよね。 こういった症状や不安を訴える方は30代~50代の女性に増えているようで 「咽喉頭異常感症」とも呼ばれています。 具体的には• 喉がイガイガする• 喉に圧迫感がある• 喉に引っ掛かりや絡んだような感じがする といった症状があります。 そういった場合、先程お伝えした病気である可能性ももちろんあるのですが、明らかな病気だと認めないものが大半のようです。 このようなケースを 「咽喉頭異常感症」と言い、心理的要因が多いと言われています。 いわゆる 「ストレス性疾患」です。 更年期障害や甲状腺疾患との関連がある為、30代から50代の女性に多く、最近増加傾向にあります。 仕事を持つ女性が増え、また年齢を重ねることによる身体の変化が影響していると言われています。 こういった場合は、特に治療は行われませんが、検査をして異常がないことを何度か確認されると、精神的に落ち着き症状も緩和されることも多いようです。 ストレス性疾患は長引くケースもあるようですが、かといって何もせず放置していると不安が増幅されてしまいます。 ですので、信頼できる医師やカウンセラー等に胸の内を相談することは、大きな解放に繋がります。 一人で悩まないようにして下さいね。 自分でできる対処方法とは? 病院での治療ももちろん大切ですが、自分でもケアすることで、治りが早くなることができます。 むしろそちらの方が重要だと言われる医師もいらっしゃいますよね。 喉に違和感や異物感があった際は• 声を出すのを控え、喉を休ませる• うがいをする• 水分を多めに取る• 加湿器やマスクをつけて、喉が乾燥しないようにする ことが大切です。 またタバコやお酒などの刺激物は、喉の粘膜を傷つけ、炎症を引き起こしやすくなります。 食べ物も「辛いもの」や「冷たすぎるもの」は刺激が強いですので、控えるようにしましょう。 とは言え、すべてを排他的にしていまうことで、大きなストレスになる方もいらっしゃるようです。 その場合は無理のない範囲で、少しずつ行うようにしましょう。 これから乾燥が気になる季節になります。 喉のケアは早めにしておきましょう。

次の