コロナ ウイルス 栃木 県。 栃木県/栃木県における新型コロナウイルス感染症の発生状況および検査状況について

栃木県/新型コロナウイルス感染症 学校における対策マニュアル

コロナ ウイルス 栃木 県

スマートフォンにインストールしておくと、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について通知を受けることができるアプリです。 アプリの利用者のスマートフォンが互いに無線通信でやりとりして接触履歴を記録します。 情報を匿名化するなどプライバシーに配慮した仕組みとされ、6月19日に運用が始まりました。 - 厚生労働省 アプリの概要説明やインストール方法、利用者向けQ&Aなど• - Apple iOS13. 5以降のiPhoneに対応。 App Storeへのリンク• - Google Play Android 6. 0以上の端末に対応。 Google Playへのリンク• オンライン診療に対応している医療機関• - Yahoo! 地図 診療については電話または医療機関のウェブサイトからお問い合わせください。 - 栃木県 自治体からの情報 地域 選択.

次の

栃木県/栃木県新型コロナウイルス感染症防止チェックリストの作成について

コロナ ウイルス 栃木 県

新型コロナウイルスの感染拡大にともなう政府の緊急事態宣言が県内で解除されたことを受け、県は15日、休業要請していた全業種の営業再開を容認する決定をした。 県内の感染拡大の度合いを3段階で示す独自の指標をつくり、現状は最も警戒度が低い「感染観察」段階にあるとの判断を示した。 ただ、この日も宇都宮市内で2人の感染を確認。 福田富一知事は「第2波、第3波に備えなければならない」と呼びかけた。 県は15日、有識者会議と対策本部会議を相次いで開き、今後の感染防止に向けた基本方針を決定した。 16日から全業種で休業要請を解除する一方、県外への移動は31日まで自粛するよう求めた。 6月1日以降の外出自粛の対象地域について、特定警戒都道府県に限るか、ほかの県も含むかは今後検討する。 5月15日までに県内で判明した感染者は60人。 福田知事は「県内では感染が抑えられているが、新型コロナと共存する時代。 新しい生活様式の定着などによって県民一丸で乗り越えたい」と述べた。 県が4月18日から続けてきた休業要請は5月11日に大半の業種が解除されたが、接客をともなう飲食店やカラオケ店、ライブハウス、スポーツジムについては、全国でクラスター(感染者集団)が発生したとして休業要請が堅持された。 県は今後も、事業者が業種ごとのガイドラインなどを参考にして感染拡大の防止に努めるよう求めていく。 県は、心配される感染の再拡大を見すえて、県内の感染拡大状況を判断する県独自の指標を策定した。 指標などの総合判断によって「特定警戒」「感染拡大注意」「感染観察」の3段階で行動基準を設定。 現時点の状況について、警戒度が最低ランクの感染観察段階と判断した。 特定警戒や感染拡大注意の段階では、特措法に基づいた休業や休校、外出自粛などが検討される。 行動基準のランクは、新規感染者数や病床稼働率など4項目の数値に加えて、近隣都県の感染状況や、感染経路がわからない症例の割合を踏まえて判断するとした。 指標の数値は県ホームページで毎日更新する。 県は総額122億円の6月補正予算案を編成し、新型コロナ関連で71億円を盛り込む。 市町立の学校についても、基本的には県に準じた対応をお願いしたいとしている。 緊急事態宣言の解除などを踏まえて見直した。 25日から31日までは引き続き分散登校を実施する。 現在の状況が続けば、6月1日から通常登校にする。 部活動は通常登校から再開する。 狭い空間での活動や生徒が近距離で組み合ったり接触したりする活動などはしない。 全国高校総体など運動部の大会が中止になったことに関して、荒川政利教育長は「コロナが一段落し、例えば県内での大会などについて要望があれば、高体連、中体連と相談しながら考えていきたい」と述べた。 夏休みについては各校の実情に合わせて短縮を判断する。 今後は警戒度が「感染観察」である場合は通常登校を続けるが、「感染拡大注意」などに状況が変わった場合、分散登校や休業の可能性もあるとする対応基準も示した。 (津布楽洋一) 「感染観察」段階での県民への基本的要請 ・特定警戒都道府県への移動自粛 ・クラスター発生場所や「3密」の場所を避ける ・施設の使用制限(休業など)の要請はしない ・一般感染対策や「3密」回避の徹底 ・全国的かつ大規模イベントで、リスクへの対応が伴わない場合は中止・延期など慎重に対応する ・学校は通常登校.

次の

栃木県/新型コロナウイルス感染症 学校における対策マニュアル

コロナ ウイルス 栃木 県

新型コロナウイルスの感染拡大にともなう政府の緊急事態宣言が県内で解除されたことを受け、県は15日、休業要請していた全業種の営業再開を容認する決定をした。 県内の感染拡大の度合いを3段階で示す独自の指標をつくり、現状は最も警戒度が低い「感染観察」段階にあるとの判断を示した。 ただ、この日も宇都宮市内で2人の感染を確認。 福田富一知事は「第2波、第3波に備えなければならない」と呼びかけた。 県は15日、有識者会議と対策本部会議を相次いで開き、今後の感染防止に向けた基本方針を決定した。 16日から全業種で休業要請を解除する一方、県外への移動は31日まで自粛するよう求めた。 6月1日以降の外出自粛の対象地域について、特定警戒都道府県に限るか、ほかの県も含むかは今後検討する。 5月15日までに県内で判明した感染者は60人。 福田知事は「県内では感染が抑えられているが、新型コロナと共存する時代。 新しい生活様式の定着などによって県民一丸で乗り越えたい」と述べた。 県が4月18日から続けてきた休業要請は5月11日に大半の業種が解除されたが、接客をともなう飲食店やカラオケ店、ライブハウス、スポーツジムについては、全国でクラスター(感染者集団)が発生したとして休業要請が堅持された。 県は今後も、事業者が業種ごとのガイドラインなどを参考にして感染拡大の防止に努めるよう求めていく。 県は、心配される感染の再拡大を見すえて、県内の感染拡大状況を判断する県独自の指標を策定した。 指標などの総合判断によって「特定警戒」「感染拡大注意」「感染観察」の3段階で行動基準を設定。 現時点の状況について、警戒度が最低ランクの感染観察段階と判断した。 特定警戒や感染拡大注意の段階では、特措法に基づいた休業や休校、外出自粛などが検討される。 行動基準のランクは、新規感染者数や病床稼働率など4項目の数値に加えて、近隣都県の感染状況や、感染経路がわからない症例の割合を踏まえて判断するとした。 指標の数値は県ホームページで毎日更新する。 県は総額122億円の6月補正予算案を編成し、新型コロナ関連で71億円を盛り込む。 市町立の学校についても、基本的には県に準じた対応をお願いしたいとしている。 緊急事態宣言の解除などを踏まえて見直した。 25日から31日までは引き続き分散登校を実施する。 現在の状況が続けば、6月1日から通常登校にする。 部活動は通常登校から再開する。 狭い空間での活動や生徒が近距離で組み合ったり接触したりする活動などはしない。 全国高校総体など運動部の大会が中止になったことに関して、荒川政利教育長は「コロナが一段落し、例えば県内での大会などについて要望があれば、高体連、中体連と相談しながら考えていきたい」と述べた。 夏休みについては各校の実情に合わせて短縮を判断する。 今後は警戒度が「感染観察」である場合は通常登校を続けるが、「感染拡大注意」などに状況が変わった場合、分散登校や休業の可能性もあるとする対応基準も示した。 (津布楽洋一) 「感染観察」段階での県民への基本的要請 ・特定警戒都道府県への移動自粛 ・クラスター発生場所や「3密」の場所を避ける ・施設の使用制限(休業など)の要請はしない ・一般感染対策や「3密」回避の徹底 ・全国的かつ大規模イベントで、リスクへの対応が伴わない場合は中止・延期など慎重に対応する ・学校は通常登校.

次の