ご 提示 いただい た 日程。 その日程で大丈夫!と取引先に返事したい

【面接日程調整メール】状況別の返信例4つと返信する際の注意点5つ

ご 提示 いただい た 日程

「ご提示」という言葉の意味は「特定の成果物を差し出して見せること」を言い、主にその成果物を特定の部署へ差し出すまでの期間が決められた中で、その納期にしたがって提出することを意味します。 宿題やレポート提出などが課された場合に「その成果物の提出」によっても、特定の相手にその成果物を見せることを提示と言い、その際でも「ご提示ください」という先方からの指示にしたがって提出するという、あらかじめ決められた約束が成り立っています。 また単純に「特定の物を相手に見せること」も「提示」と言い、その字が示すとおりに「提出して相手にそれを示す」という「見せること」だけを目的とする提出もあります。 「身分証明書をご提示ください」や「免許証をご提示ください」などと言われた場合にも、この「ご提示」の意味合いが使われます。 メール 電子メールで何らかの報告を相手に差し出すことも「ご提示」の意味合いに含められ、電子上のやり取りにおいては特に「文語表記による情報」を相手とのやり取りするため、「情報をご提示ください」という形になります。 「ご提示」を使った例文 1つ1つの言葉を覚える際には、その言葉を実際に例文などに当てはめ、実践的に言葉の意味・活用を覚える姿勢で学ぶことが大切です。 そうすることによって、1つの言葉の意味合いや用法について多角的に理解することができ、「自分の言葉・表現」として使いこなすことができるようになるでしょう。 ・身分証明書のご提示をお願いします。 ・必要な情報のご提示をお願い申し上げます。 ・必要書類をご提示ください。 ・ご契約された取り決め内容をご提示ください。 ・今年度の経常収支をご提示ください。 ・どうかここでアイデアをご提示ください。 実にさまざまな場面で使われる「ご提示」の用法がありますが、どの場合も「特定の情報を相手に差し出す・見せること」を念頭に置いた形となります。 ご提示ください 「ご提示」という言葉を使う上で最も多く使われる表現がこの「ご提示ください」でしょうか。 「ご提示ください」という表現は「御(ご)」と「ください」という、尊敬語と丁寧語をミックスした用法となるため、日常生活でも普通に多くの場面で使われる日常用語としても認められます。 ・車の車種を明記した書類をご提示ください。 ・銀行のキャッシュカードをご提示ください。 ・マイナンバーの番号をご提示ください。 ・メンテナンスに際しまして、これまでの修理明細をご提示ください。 ・ご購入されたパソコンの機種・メーカーの情報をご提示ください。 ・ご希望をご提示ください。 主に「ご提示ください」と言われた場合は「形のあるもの」と「形のないもの」の2種類の「提示物」があり、どちらの場合でも一般的に「ご提示ください」という表現で「相手に差し出すこと」が求められます。 ご提示いたします 「ご提示いたします」という表現は文字どおりに「話者が特定の相手に情報を差し出す場合」のことを言い、「ご提示ください」と相手に言われた後に情報を差し出す、「情報を提出する側の表現・動作」となります。 ・先日に言われました情報をご提示いたします。 ・必要書類をご提示させていただきます。 ・車種情報をご提示いたします。 ・自転車の見積価格をご提示いたします。 ・今回の合否の発表はWEB上でご提示いたします。 このように、「ご提示いたします」と言う場合にも多くの場面がうかがえますが、どの場合でも「特定の情報を要求された相手にそのまま差し出すこと」を意味します。 ご提示いただいた日程 これは主に面接試験までの取り決めや、またレジャーなどで日時の予約をするとき、飛行機や新幹線などの公共機関の搭乗券・切符を購入する際にも示される、「予約日の日程」を取り決める際にも使われる表現となります。 主に「プラン立て」をする際に取り決められる日程情報として表現されます。 ・ご提示いただきました日程をもちまして、この度の新幹線予約をさせていただきます。 ・ご提示いただきました日程では、少々面接日といたしましてはご都合が悪いかと。 ・ご提示いただきました日程にしたがいまして、この度のご旅行のプランを組ませていただきます。 ・ご都合のよい面接日の日程をご提示ください。 ・遊園地で遊ばれる日程をご提示ください。 ご提示いただいた金額 「金額を相手に指し示す場合」でも「ご提示」という言葉が使われ、これは主に買い物をするときや、銀行に預金する際などに使われる表現となるでしょう。 ・預金される金額をご提示いただきたいです。 ・それではご提示いただいた金額を預金させていただきます。 ・ご提示いただいた金額でよろしいでしょうか。 ヤフオクなどでも「商品の売買取引」の際に、この「金額をご提示ください」という言葉が飛び交うほどで、主に金融機関で金額を提示するときや、何か商品を買う際などに「ご提示いただきたい」という言葉が交わされます。 「ご提示」の類義語 日本語に限らず各国の言葉や表現を覚える際には、その言葉の関連語をワンセットで覚えることが実に効果的です。 その関連語には類義語と対義語があり、これらの関連語を一緒に覚えることによって、さらにそれぞれの言葉の意味や用法を多角的に理解することができるようになります。 ・見せる ・提出する ・差し出す ・むき出す ・見せ付ける ・贈呈 ・出品する ・誇示する ・出展する ・展覧する ・展示する ・露出する ・ディスプレイ(display:表示、展示、陳列、誇示) ・陳列 ・供覧(きょうらん:多勢にそれが見えるようにすること) ・ひけらかす ・表す(あらわす:形があるなしに関わらず指し示すこと) ・現す(あらわす:主に姿を見せること) ・顕す(あらわす:一般市民に公示すること) ・示す ・出品する 「ご提示」は正しい敬語なのか 「ご提示」という言葉は「御(ご)」という尊敬語を示す接頭辞がまずあり、この「ご提示」に「ください」などの丁寧語表現を加えることによって、一般的にビジネス用語としても使われる敬語表現として認められます。 「提示してください」という表現は敬語表現としては「丁寧語表現」のみとなるため、敬語の度合いとしては一般的に広く使われる表現となります。 特にビジネス上のやり取りでは「もう少し敬語の度合いを上げた方がよい」と言われるレベルでしょう。 「ご提示いただきました」という表現は「御(ご)」という尊敬語を示す接頭辞を付けながらも「いただいた」という謙譲語表現が加わるため、これはビジネス用語としても立派な敬語表現として認められます。 間違えてはいけないのが敬語表現の誤用で、たとえば「ご提示してくださった」などの表現は「して」という言葉が入るため、正しい敬語にはなりません。 「ご提示」と「提示」の違い 先述でご紹介しましたように、「ご提示」という言葉には「御(ご)」という尊敬語表現が付くことにより、主にビジネス用語として一般的に「目上の人に対して使われる尊敬の念を込めた敬語表現」として認められます。 「提示してください」という表現は「ください」という丁寧語表現が加わりますが、「提示」という言葉そのまま残るため、相手にとっては「提示してくれ」と命令調のニュアンスを受け取らされてしまう場合があります。 敬語表現で特に注意する点は「接頭辞の上手い使い方」で、「御(お、ご)」という言葉を用いることによって相手に敬意を示すという、一般的な言葉の形容が大切になります。 たとえば「提示してくださいました」という表現は「くださった」という尊敬語表現があるので尊敬語に含まれますが、敬語の度合いとしては弱くなります。 「ご提示」と「ご紹介」の意味 「紹介」という言葉の意味は主に「人間同士の仲を取り持つこと」や「仲立ち・仲介によって人と人との関係を円滑に整えること」などを言いますが、この意味合いの他に「まだ知られていない情報を世間に広く知らせること」も「紹介」の意味として認められます。 後者の意味合いに配慮する場合、「ご紹介」と「ご提示」の意味は用法として同じ働きをすることになり、「ご提示ください」という表現と「ご紹介いただいてもよろしいですか」という表現は「情報をご提示ください・見せてください・知らせてください」という意味合いを相手に伝えることになります。 ・それでは、あなただけがご存知の情報をご紹介(ご提示)ください。 ・あなたが発見された情報をご紹介(ご提示)ください。 ・あなたの身の周りで起きたできごとをご紹介(ご提示)ください。 「ご提示」の英語表記と意味 先でご紹介しました「ご提示」の英語表記を参考にして、「ご提示」の意味合いを含めた英語の例文をいくつかご紹介します。 ・Please show the amount of money. 「どうぞ金額をご提示ください。 」 ・Please highlight the information you found. 「あなたの発見した情報をご提示ください。 」 ・Please announce the purpose of the paper. 「論文の趣旨をご提示ください。 」 ・Please give me your identity card. 「身分証明書をご提示ください。 」 「ご提示」の英語表現と意味(2) 先述しました「ご提示」の英語表現に引き続き、さらに具体的な「ご提示」の例文をご紹介します。 ・When you purchase this product, please show your profile information. 「この商品をご購入される際に、どうぞあなたのプロフィール情報をご提示ください。 」 ・You can not cross this gate without presenting your identity card. 「このゲートは身分証明書のご提示がなければ渡ることはできません。 」 ・Then, please briefly show the attention point of the report contents. 「それではレポート内容の注目点を簡潔にご提示ください。 」 「ご提示」の英語表現と意味(3) 先述しました具体的な「ご提示」の英語表現に引き続き、今度はいろいろな「ご提示」の例文をご紹介します。 ・The meaning and usage of the words "presenting" and "making it stand out" differ slightly in grammar. 「提示」と「目立たせる」という言葉の意味と用法は、文法上では微妙に違います。 」 ・Regarding the presentation of necessary documents, I would like to ask you well in the welfare section. 「必要書類のご提示につきましては、福祉課にてよろしくお願いいたします。 」 いかがでしたか。 今回は「ご提示」の意味と使い方・例文・類語・正しい敬語なのかと題して、「ご提示」という言葉の正しい意味合いと用法、またさまざまな分野で扱われる「ご提示」の用例についてご紹介しました。 「ご提示」という言葉は「紹介」や「提出」、また「陳列」や「公示」などという言葉と同じく、「相手に必要な情報を差し出すこと」を主に言い、ビジネス上のやり取りでもプライベート(日常生活)でも、非常に多くの場面で使われている敬語表現・日常用語として認められます。 そのように非常に多くの場面で使われている言葉だからこそ、その言葉の意味合いや用法について正確に理解することが大切で、いつ・どんな場面においても「正しい用法・敬語表現」を使いこなせるように学んでおきましょう。

次の

(至急)この敬語(文章)が適切か教えてください

ご 提示 いただい た 日程

コンテンツ目次• ビジネスシーンでは話し方に関するマナーが問われますが、メールのマナーも見られることをご存じでしょうか。 就活中はメールのやり取りが合否に影響する可能性もあるため、ポイントを押さえた返信を心掛けることが大切です。 【指定された日程で調整するのがベター】 面接の案内が届いたら、企業から提示された日程のなかで調整するのが望ましいといえます。 採用枠が少ない募集や、二次面接・最終面接の際には特に注意が必要。 日程調整に時間を取られ、ほかの応募者に決まってしまったという事態にならないように気をつけましょう。 面接日時の調整はできるだけ早い段階で行い、企業から指定された日程の中から決めるのが賢明だといえます。 【メールのマナーを守ろう】 ビジネスシーンにおけるメールのマナーは、以下のとおりです。 ・シンプルで分かりやすい文章を心掛ける ・できるだけ早く返信する ・誤字脱字や敬語の使い方に注意する ・引用返信をする メールは簡潔明瞭で読みやすい文章にくわえ、受信から24時間以内の返信を心掛けます。 要件に対して的確に返信することはもちろん、淡白な印象にならないように丁寧さも重視すると良いでしょう。 誤字脱字をすぐさま修正できるのもメールの利点。 見直しを念入りに行い、誤字脱字のないきれいな文章でメールを返信します。 敬語の使い方にも注意を払い、間違った使い方をしていないかチェックを徹底しましょう。 受信メールに返信する際、本文中に引用元の文章が表示されます。 これまでのやり取りが確認できるように、引用を削除せずに返信することもマナーの1つです。 件名に表示される「Re:」もそのままでやり取りすると、どの要件に対するメールなのかひと目で分かります。 【アドレス】 アドレスにおける注意点は、「To」と「Cc」を使い分けることです。 「To」にはメインの送信先を入れ、「Cc」には該当のメール内容を共有したい複数人のアドレスを追加します。 採用担当者が「Cc」を使用するのは、上司にも情報を共有しておきたい場合が多いでしょう。 受信したメールの「Cc」欄をチェックして、全員に返信する必要があります。 【宛名】 本文の冒頭では、必ず宛名を明記します。 会社名や部署名は略さずに、正式名称を用いるのがポイントです。 受信メールの本文の署名欄を確認して、返信時の宛名欄に引用すると良いでしょう。 【本文】 冒頭で宛名を記したあと、挨拶文を述べてから本題に入ります。 提示された面接日時や場所を復唱する形で記載し、漏れなく確認したことを伝えましょう。 【署名】 本文の最後には、署名の記入が必須です。 自身の大学・学部名、氏名、日中に連絡が取れる電話番号を記載します。 送信者の詳細を明記することも、ビジネスマナーの1つ。 メールは直接顔を見合わせるやり取りではないため、名刺代わりの役割も果たしているといえます。 メールのやり取りをする際に、避けるべき表現についても把握しておく必要があります。 ・了解しました ・とりあえず ・大丈夫です ・御社 このような表現は、ビジネスシーンに不適切です。 「了解しました」という言葉は目上の人には使用せず、「承知しました」「かしこまりました」と表現しましょう。 「とりあえず」は「取り急ぎ」が正しい表現で、「大丈夫です」は「可能です」に言い換えて使用します。 御社の使い方ついても陥りがちな例。 御社は対話の際に用いる言葉のため、メールや書面では貴社と表現するのが適切です。 就活では御社と貴社の使い分けが必要になることも多いため、しっかりと知識を得ておきましょう。 【提示された日程で問題ない場合】 〇〇株式会社 人事部 〇〇様 いつもお世話になっております。 〇〇大学〇〇学部 〇〇と申します。 このたびは、選考結果のご連絡をいただき、誠にありがとうございます。 二次面接の機会を設けていただけるとのこと、本当にうれしく思っております。 日程に関してですが、ご提示いただいた日時〇月〇日〇時にお伺いさせていただきます。 当日は何卒よろしくお願い申し上げます。 (署名) 返信する際には、受信メールにある日程を引用することをおすすめします。 提示した日程に触れず「承知しました」という文のみを返信すると、しっかり伝わったのか疑問を持たれる可能性もあるためです。 ビジネスシーンにおいて、復唱は不可欠。 メールの送信者と受診者の双方が、重要事項を再確認できるというメリットもあります。 【候補日を挙げてほしいと言われた場合】 〇〇株式会社 人事部 〇〇様 いつもお世話になっております。 〇〇大学〇〇学部 〇〇と申します。 このたびは、次回の面接のご連絡をいただき、誠にありがとうございます。 面接の日程につきましては、下記の日程でお伺いすることが可能です。 もし、ご調整が難しい際には、日程を再度提示いたしますので、ご連絡いただけますと幸いです。 何卒よろしくお願いいたします。 (署名) 希望の日程を提示するように言われたときは、複数の候補日を提案します。 日時の提示が企業側からの要望だとしても、スムーズに進む対策を取ることが肝心です。 候補に挙げた日程がどれも難しい場合の提案も用意しておくと、配慮できる人だという印象を持ってもらえるでしょう。 【日程調整する場合】 〇〇株式会社 人事部 〇〇様 いつもお世話になっております。 〇〇大学〇〇学部 〇〇と申します。 このたびは、選考結果のご連絡をいただき、誠にありがとうございます。 二次面接の機会を設けていただけるとのこと、本当にうれしく思っております。 ご提示いただいた日程に関して、大変申し訳ないのですが参加が困難な状況です。 お手数ですが、下記の日程の中から、再度日程をご調整いただけないでしょうか。 (署名) 提示された日程に参加できない旨を伝えたうえで、参加可能な日程を自身から提案することが円滑に進むポイントです。 【候補日を挙げてほしいと言われた場合】と同様に、日程はいくつかの候補を挙げるようにします。 メールのマナーを含め、就活全般を円滑に進めたい方は、プロのサポートを受けてみてはどうでしょうか。 ハタラクティブでは、若年層に特化した就職支援サービスを行っています。 一次面接を通過し、二次面接に向けて対策を取っておきたい方もぜひご相談ください。

次の

これで完璧!面接の日程連絡メールの返信の書き方

ご 提示 いただい た 日程

面接日程のご連絡をいただき、誠にありがとうございます。 では、下記日時に貴社にうかがわせていただきます。 恐れ入りますが、当日は何卒よろしくお願い申し上げます。 jp ——————————— 解説 面接日程のご連絡をいただき、誠にありがとうございます。 ご希望に沿えず、誠に申し訳ございません。 こちらの都合で申し訳ございませんが、 以下の日時であれば貴社にうかがえます。 お手数、ご迷惑をおかけいたしますが、 ご検討いただければ幸いです。 何卒よろしくお願いいたします。 こちらから候補日を示さずに「ご希望に沿えず、誠に申し訳ございません」とだけ返してしまうと、再び相手から日程が送られてきて……再び予定が合わずお詫びをして——という非効率・不毛なやり取りが続きかねません。 提示された日程がNGのときは、こちらから複数の日程候補をメールしましょう。 面接日程のご連絡をいただき、誠にありがとうございます。 面接日程ですが、下記の日時でお願いできますでしょうか。 jp ——————————— このように、提示された日程候補から選んだ日時を伝えましょう。 もしも候補日の中に都合がつく日程がない場合には、1で書いたように、面接日程の候補日をこちらからいくつか示すとよいでしょう。 ご連絡いただき、ありがとうございます。 僭越ながら、面接の希望日程をお送りさせていただきます。 手前勝手で申し訳ございませんが、ご検討いただければ幸いです。 お忙しいところ誠に恐れ入りますが、何卒よろしくお願い申し上げます。 jp ——————————— 複数の日程候補を挙げるときは、例文のように、箇条書きを利用します。 「6月17日〜21日(17日と18日は終日、19〜21日は13時〜17時)のいずれかでお願いできれば幸いです」のような書き方は、読みにくく誤解を招きかねません。 なお、「13時〜17時」という書き方だと、17時からの面接もOKなのか、17時までに終わらせたほうがいいのかがわかりません。 誤解されないよう「13時〜17時(17時には面接終了希望)」などと書いておくといいでしょう。 また、日程を伝えるときに「日にち」だけでは誤解が生じやすくなります。 「日にち」とあわせて、必ず「曜日」も伝えるようにしましょう。 (記事作成日:2017年8月31日).

次の