クロスカブ 50。 【CROSS CUB50試乗記事】楽しさをいっぱいに詰め込んだクロスカブ初の50ccモデル 試乗インプレ・レビュー

【クロスカブ50(2018) 試乗インプレ】遊べるクロスカブ50はかっこかわいい相棒!

クロスカブ 50

honda. 旧型よりもアクティブな仕上がりになりました。 新しいクロスカブには2種類の排気量が設定されています。 よく見るとそれぞれに専用装備があるようです。 まずはそれぞれのスペックと特徴をリサーチしてみたいと思います。 0ps 最大トルク 0. 87kgf 燃料タンク容量 4. 二人乗りに対応したタンデムステップを採用• 可倒式ステップを装着することで、オフロードイメージを演出• アクティブな仕上がりのリヤマッドガード• 優れた耐久性を誇る、ワンサイズ大きなドライブチェーン• マットブラックに塗装されたリム、17インチのブロックタイヤを標準装備• 肉厚なオフロードライクなシートを採用 まるでオフロード走行を楽しむために製作されたような装備でパッケージング。 セカンドバイクとしてのイメージが強いですが、クロスカブ 110には中長距離ツーリングを意識して購入するライダーも多い特徴があります。 7ps 最大トルク 0. 39kgf 燃料タンク容量 4. 仕上がりの美しい14インチのリムを採用• 優れた足つき性を実現したシートを装着 110ccと比較すると、車体サイズのスペックがコンパクトに。 大きな影響があるのが、14インチのコンパクトなリムの採用にあります。 悪路での優れた走行性能を重視したのが110ccならば、足つき性の良さや扱いやすさを重視したのが50ccといった印象です。 クロスカブシリーズに共通しているのは、フロント周りのアクティブなキャリアの採用。 さらにコンパクトなLEDヘッドライトの組み合わせがポイントです。 ハンターカブを想起させるデザインは、新型バイクながら変な新しさを感じさせないノスタルジックな仕上がりが魅力的です。 2018年モデル 新型 クロスカブの最高速度などのインプレ クロスカブ110 最高出力8. クロスカブに搭載されているエンジンは、新たにオイルフィルターを装着するなどブラッシュアップ。 旧型よりも低フリクション・耐久性が向上することで、最高速度までに到達するまでの力強いトルク感が魅力の一つに。 17インチのホイールサイズとエンジン仕様の組み合わせは、ツーリングやフラットダートに出かけたくなるようなアクティブな要素が強いです。 「実用的なバイクで遊ぶ」というコンセプトを叶えたバイクは意外と少ないです。 通勤や街乗りにも使えてダートも走ってみたくなる、それがクロスカブ110の醍醐味のようです。 アクティブな印象があるクロスカブ110に比べて、クロスカブ50は扱いやすさを重視した街乗りに特化した仕様に。 女性の方でも気軽に乗れることが最大のメリットです。 排気量は違いますが、110ccと共通のエンジン仕様を採用。 クロスカブの優れた燃費性能や耐久性が優れたコスパを実現しています。 110ccよりも常用するエンジン回転数が高くなりますが、マイルドでスムーズな走行性能を堪能することができます。 2018年モデル 新型 クロスカブの二人乗りの快適性 クロスカブ110は、新たにタンデムステップを装着することで、二人乗りが可能に。 街乗りやツーリングでの楽しみも幅が広がりそうですが、二人乗りの快適性はどうなのでしょうか。 大型バイクのようにゆとりのあるボディサイズでないことから、優れた快適性を実現しているとは言えません。 大柄な方は特に窮屈に感じてしまう一面も。 しかし肉厚なシートと17インチのホイールサイズを採用。 それによりギャップを超える際にも短距離であれば疲れにくい乗り心地が印象的です。 ツーリングには不向きな印象ですが、人を迎えに行く時などには利便性を発揮するでしょう。 社外やオプションのタンデム対応シートを装着するだけで、二人乗りをすることが可能です。 2018年モデル 新型 クロスカブのカラーリング 旧型のクロスカブよりもアクティブな仕上がりになったことで、ポップなカラーリングをそれぞれにラインナップ。 ライダーの個性を彩るカラーリングをチェックしていきましょう。 クロスカブ110 パールシャイニングイエロー カムフラージュグリーン マグナレッド クロスカブ50 クラシカルホワイト マグナレッド 2018年モデル 新型 クロスカブの最新動画 新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは? 「このバイク、予算オーバーだ…」 「値引き交渉したいけど苦手で…」 「ディーラーを回るのが面倒だ…」 「新車を最安値で手に入れたい…」 「車種を比較する時間ないな…」 「ディーラーの売り込みがイヤ…」 など、新車の購入を 検討しているけど悩みが尽きない… と悩んでいる方は 非常に多くいらっしゃいます。 家族や友人に相談したところで まともに聞いてもらえず また聞いてもらったところで 欲しいバイクに手が届かない。 そんな方に オススメの裏ワザを ご紹介します。 バイクを売却して購入資金をゲット! やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。 管理人一押しの下取り業者は" バイク王"です。 業界No.

次の

クロスカブ50を買いました

クロスカブ 50

ホンダ [クロスカブ50] AA06型 49cc [3. 39kgm] 純正ギヤの繋がりイメージ ギヤ ギヤ比 Shift-up 回転数 100kmh 回転数 7500rpm での速度 [速度差] 1速 3. 181 [42. 689] - 43890 17. 1 [ - ] 2速 1. 705 [22. 881] 4020 23530 31. 8] 3速 1. 190 [15. 970] 5240 16420 45. 8] 4速 0. 916 [12. 293] 5780 12640 59. 6] Fin 13. 420 タイヤ外径516mm レシオカバレッジ3. 473 さて、AA06型クロスカブ50の変速機にはレシオカバレッジ3. 473という、ロングレシオで最高速の伸びと巡航回転数の低さ、燃費の良さを重視した4ATが採用されています。 これを速度の面から見てみると、1速ギヤ(3. 181)の最高速17. 916)の最高速59. 一覧表のギヤ比欄の下にある[]で囲まれた数値は、それぞれのギヤ比と一次減速比4. 058および二次減速比3. 307を掛けた総減速比を表記しています。 また「Shift-up回転数」は、たとえば1速ギヤで7500rpmまで回して2速ギヤにシフトアップした際に、1速ギヤと2速ギヤのステップ比(0. 536)から考えると7500rpmから4020rpmまで落ちますよ、というものです。 ステップ比が大きくてシフトアップ後に回転が落ちすぎてしまい、パワーバンドを大きく外すような場合には、7500rpmより上まで回したほうが加速の雰囲気が良くなるでしょうし、逆の場合は早め早めのシフトアップが結果的に功を奏す、かもしれません。 最高出力が発生する7500rpmにおいて、最も高い4速ギヤのギヤ比0. 916での速度は59. また、最高出力が発生する回転数よりも時速100kmが出せる回転数のほうが高いので、残念ながら時速100kmへの到達は厳しい、もしくは出せてもエンジンが唸りを上げているものと思われます。 レブリミットと最高速|7500rpm以降の速度 5500 rpm 7500 rpm 8300 rpm 9000 rpm 9800 rpm 1速 12. 5 17. 1 18. 9 20. 5 22. 3 2速 23. 4 31. 9 35. 3 38. 3 41. 7 3速 33. 5 45. 7 50. 6 54. 8 59. 7 4速 43. 5 59. 3 65. 7 71. 2 77. 5 PS 8. 1 11. 0 12. 2 13. 2 14. 最高速度に大きく関係するのは最高出力ですが、ギヤ比とタイヤ径、そしてエンジン回転数を抜きにして語ることはできません。 エンジンのレブリミット(何回転まで回るのか)については、エンジンの仕様や制御方法によりけりで多種多様すぎますので、ここでは単純に最高出力が発生する7500rpmを基準として、1割増の8300rpm、2割増の9000rpm、3割増の9800rpmまで回ったとしたら、このくらいの速度になりますよ、という一覧表を作ってみました。 実際の最高速は走行抵抗と出力が釣り合った時点の速度になります。 オレンジ色に着色してある欄には、それぞれの回転数での平均ピストン速度を記してあります。 この速度はエンジンの回転数上限を左右する要素のひとつとされ、7500rpmでの11. 巡航時によくある速度での回転数 ギヤ 30kmh 45kmh 60kmh 80kmh 100kmh 1速 13170 19750 26330 35110 43890 2速 7060 10590 14120 18820 23530 3速 4930 7390 9850 13140 16420 4速 3790 5690 7580 10110 12640 ここでは1速から4速までのそれぞれのギヤごとに、それぞれの速度でどのくらいエンジンが回っているのかを調べてみます。 5500rpmと7500rpmの駆動力とトルクウェイトレシオ 最大トルク0. 39kgm|車両重量100kg ギヤ 5500rpm 駆動力とTWR 7500rpm 駆動力とTWR 差分 1速 64. 5kgm [1. 9kgm [1. 18] 2速 34. 6kgm [2. 0kgm [3. 34] 3速 24. 1kgm [4. 7kgm [4. 46] 4速 18. 6kgm [5. 7kgm [5. 61] PWR 33. エンジンから発生する最大トルク0. 39kgmは、ギヤを介して減速する(回転数を落とす)ことで、まるで倍々ゲームのごとく増大して最終的には元の何十倍、何百倍にもなります。 たとえば1速ギヤの場合、エンジンの軸トルク0. 39kgmが1速ギヤを介して3. 181倍に、さらに一次減速比と二次減速比で13. 420倍に、そしてこれをタイヤの半径で割ると最終的な駆動力は64. 5kgmになるという寸法です。 このエンジンは7500rpmで3. 7PSを発生しますから、その時点での軸トルクは0. 35kgm、同じ要領で計算すると最終的には57. 9kgmになります。 基本的にはこの数値が大きいほど地面を蹴って進もうとする力が強く、5500rpmと7500rpmとの落差が小さいほど高回転域でのトルクの低下が少ない、つまり加速感が持続すると言えるかもしれません。 []内の数値は、最大トルク発生時(0. この1. ちなみに、で集計した1速ギヤTWRの平均が1. 前後スプロケットと加速力および最高速の熱烈な関係 ここからは部品があるかどうか、装着できるかどうかは度外視して、前後のスプロケットの歯数(丁数とも)を変更することで時速100kmでの回転数や、最も高いギヤ比における7500rpmでの速度、1速ギヤでの最大駆動力がどのように変化するかを調べてみます。 6 83. 9 11丁 14940 50. 2 76. 3 12丁 13690 54. 8 69. 9 13丁 12640 59. 3 64. 5 14丁 11740 63. 9 59. 9 15丁 10960 68. 4 55. 9 16丁 10270 73. 0 52. 5 前スプロケ歯数と各ギヤの最高速度 ギヤ 12丁 13丁 14丁 15丁 1速 15. 8 17. 1 18. 4 19. 7 2速 29. 4 31. 9 34. 3 36. 8 3速 42. 2 45. 7 49. 2 52. 7 4速 54. 8 59. 3 63. 9 68. 4 AA06型クロスカブ50のフロントスプロケットは13丁ですので、これを3丁少ない10丁から3丁多い16丁まで変化させてみました。 ノーマルの13丁では時速100kmでの回転数が12640rpm、7500rpmでの速度が59. 5kgmとなっています。 そこから10丁に減らすとギヤ比は低くなる方向に傾き、回転数が16430rpmまで上昇、速度は45. 9kgmに向上し、最高速と引き換えに加速力を手に入れる格好になります。 3丁増やすとギヤ比は高くなる方向に傾き、回転数は10270rpmに低下、速度は73. 5kgmに下落し、今度は加速力と引き換えに最高速を手に入れる格好になります。 この場合、巡航回転数が下がり、最高速も大きくなり、燃費も向上しそうな点がいかにも魅力的ではありますが、うっかりエンジン特性や出力に見合わぬ高いギヤ比に設定してしまうと、特にゼロ発進時においてウンともスンとも言わない激烈な鈍足マシンに豹変しかねません。 8 60. 0 41丁 12050 62. 2 61. 5 42丁 12350 60. 7 63. 0 43丁 12640 59. 3 64. 5 44丁 12940 58. 0 66. 1 45丁 13230 56. 7 67. 6 46丁 13520 55. 5 69. 0 後スプロケ歯数と各ギヤの最高速度 ギヤ 41丁 42丁 43丁 44丁 45丁 1速 17. 9 17. 5 17. 1 16. 7 16. 3 2速 33. 4 32. 6 31. 9 31. 1 30. 5 3速 47. 9 46. 8 45. 7 44. 6 43. 6 4速 62. 2 60. 7 59. 3 58. 0 56. 7 続いてリヤスプロケットの歯数を純正の43丁から変更した場合を見てみます。 リヤはフロントとは逆で、歯数を減らすことでギヤ比が高くなって最高速が伸び、増やすことでギヤ比が低くなって加速力が増していきます。 また、リヤはもともとの歯数が多いのでフロントの1丁ほどのインパクトはなく、1丁減らしたから、増やしたからといってもびっくりするほどには変わりません。 フロントを12丁にして加速重視か、14丁にして最高速重視かの大まかな方向性を決め、リヤの増減で微調整をする、あるいはフロントは13丁のままリヤの増減で味付けを変えるなど、スプロケット選びは考えるだけでもワクワクしてきて希望いっぱい夢いっぱいです。 車検が必要ないからとお調子に乗って弄繰り回しておりますと、メーター誤差が原因でスピード違反切符を下賜されたり、思わぬ事故にも繋がりかねませんのでご注意ください。

次の

クロスカブ50

クロスカブ 50

通勤&休みの日のツーリング用に購入してから今日1ヶ月点検に行ったのでレビュー。 写真は点検の帰りに撮ったもの。 一ヶ月乗って340km走った。 多いような少ないような・・・。 僕は普通オートマ限定(笑)免許のみだから二輪は50ccまで。 なのでクロスカブ50を買いました。 車体写真 納車してすぐにぐるっと全体を撮ったもの。 色はクラシカルホワイト。 CT110ライクなオタクレッドもあったけれどこいつが店頭にあって即納だったのでお兄さんに下さいした。 色はクラシカルってだけあって若干アイボリーっぽい色合い。 クロスカブ110と比べるとエンジンはやや小ぶり。 50と110の主な違いはタイヤサイズが50は14インチで110は17インチ。 あとタイヤはチューブタイヤなのでパンクすると自転車と同じでプシューッと空気が抜けてしまうのが難点。 カラーバリエーションの違いが主で細々したところ見るとウィンカースイッチが左右逆だったり110とサイズ違ったり・・・まあこのへんはベースのと同じだと思う。 キャリアは大きい。 箱つけてもよし。 荷物ぐるぐる巻きにしてもよし。 僕はとっかえたけれど・・・。 シート下は・・・ではなく燃料タンク。 容量4. ここはベースと共通のせいかのまま。 あと納車時の説明で気づいたんだけれどシートが吸盤でくっついてるのね。 イグニッションはオンオフとハンドルロックがついてる。 ハンドルロックはハンドルを左右どちらかに切った状態でキーを押しながら回すとかかる。 基本仕様 単気筒のOHCエンジンは7,500rpmで3. 7ps、5500rpmで0. 39kgf・mと可愛らしいパワーで100kgの車体+僕を引っ張ってくれる。 慣らし中なので全開走行はまだしてないけれど、アクセル半開で4速のままだとそこそこの坂を登るとどんどん減速してく。 慣らし中なのにボアアップを検討してしまう。 全開にしたらどんなもんかな~。 300kmちょい乗った印象 コトコトと小気味よく振動しながら走る単気筒エンジンは田んぼ道をちんたら流して走るととても気持ちいい。 酷暑のこの夏でも、5時過ぎに走ると青々と稲が育つ真ん中を流してると心が洗われる。 高校生の頃えっちらおっちら毎日田んぼの中を自転車で走った思い出が蘇る。 50ccスクーターと比べてあまり早いとは言えないが、カブ特有のゆったりしたキャターがちょっとした移動を楽しくしてくれる。 100kgの車重のおかげか、走る・曲がるは。 ただ発進と停止前の低速で若干ふらつくことがあるけれど、これは慣れるしかない。 ミッションはノーのシーソーペダルで停止時はロータリーの走行時はリターン式4速で操作なしでガチャガチャできる。 乗りはじめの頃にこれで信号待ちでめちゃくちゃ慌てたけれど、こういうときは車体を前後に動かしたり空ぶかしすると「カチャコン」と鳴ってギアが入る。 あとこのなしの弊害で、昨日久しぶりに軽トラ動かしたらバックしたあとローに入れるとき、切り忘れてエンストしました😅 気になったところ 110でも言われてるけれど、フロントのブレーキの効きが悪い。 クッと握るとあれ?となって力を入れて握ると「ブレーキかけてますよ」って感じでいくらかか減速する。 リアは問題ないので、とりあえずフロントのアジャスタを調整。 遊びを減らしてみたらいくらかか効きが良くなった感じがする・・・。 「あたり」が付けば多少改善されるかな? 盗難対策 カブといえば盗難だけれど、向かいの家のお父さんを参考にしてカバーとワイヤーを使って自転車と仲良しこよししてる。 ワイヤーはこれのオレンジ色のやつをショップで買った。 キャリア交換とシートカバー装着 このクロスカブは通勤とツーリングメインで荷物もあまり積まないのでキャリアを交換してみた。 取り付けたのはキタコのカブ用ファッションキャリア。 取り付け手順 まずは標準のキャリアを外す。 外し方は簡単で上に見えてる2つのボルトを外してリアサスペンションのナットを緩めるとキャリアが外れる。 雑な説明だがやればわかるよ。 カブって設計した人が頭いいから触るといじり方がすぐ分かる。 すごい。 外したキャリア。 結構大きい。 こいつは大事に保管しておく。 キタコのキャリアと比較。 一回りくらい小さくて塗装がつや消しになってる 取付完了したところ。 いきなり取り付け完了だけれど、途中加工が面倒で取り忘れた。 ここの部分の加工が甘いというか微妙に歪んでてうまく入らなくて野郎二人でひん曲げた。 のレビューにも書いてあるけれど、まさにこの通りだった。 まあ簡単な加工で付けられたので良しとしましょう。 ただ開梱したときに錆び??がキャリアについてたのはマイナス。 品質管理しっかりしてほしい!! 見た目もスッキリして満足。 もし荷物積む必要性が出たら簡単に交換できるから便利。 シートカバーはこれの黒いやつを装着。

次の