トイレつまり 重曹 酢。 トイレつまりを重曹とクエン酸やお酢で解消するコツとは?

トイレの詰まりをお湯と重曹で解消できるって本当?直し方を解説

トイレつまり 重曹 酢

お酢がトイレ掃除に使われる理由3つ トイレ掃除にお酢が適している理由には、お酢の性質が関係しています。 いったいどのような性質を持っているのでしょうか? アルカリ性の汚れを分解する トイレで気になる尿や水垢の汚れ。 なかなか落ちないと放置しているうちに、トイレをつまらせてしまうこともあります。 尿や水垢の汚れはアルカリ性、お酢は酸性であるため、お酢を汚れにかけると中和反応が起きます。 中和して分解された汚れは水に溶けやすくなり、こするだけで簡単に落とせるようになるのです! 菌を減らして繁殖を防ぐ お酢に含まれる酢酸には抗菌・殺菌効果があります。 酢酸は雑菌を減らし、さらなる繁殖を防いでくれるのです。 雑菌が繁殖すると、汚れや臭いの原因となりますから、トイレ掃除にお酢を使うことはトイレを清潔に保つことに繋がります。 臭いを除去する トイレのアンモニア臭もアルカリ性に含まれるので、 汚れと同様に酸性のお酢で中和することができます。 また、臭いの元となる菌の繁殖を防ぐ働きによって、臭いをそもそも発生させにくいトイレにすることも可能です。 臭わないトイレは、お酢の力で実現させることができるのです。 必見! お酢を使った効果的なトイレ掃除の方法 使用するもの バケツか灯油用ポンプ ・スプレーボトル ・ブラシ ・ゴム手袋 ・お酢 ・雑巾 準備 お酢をトイレ掃除に使う際は原液のままでもOKですが、鼻につんとくる独特の臭いが気になることもあるでしょう。 そんな場合は、お酢を同量の水で薄めハッカ油を少量加えると、だいぶ臭いを抑えられます。 薄める方も薄めない方も、お酢を100均などで購入できるスプレーボトルに入れると、使いやすいのでおすすめです。 また、 トイレ掃除の前には便器内の水を少し減らしておくことをおすすめします。 水中にも汚れがある場合、お酢を付着させることが難しく、その箇所がきれいにならない可能性があります。 バケツや灯油用ポンプなどで水位を下げておきましょう。 手順1. 汚れにお酢を染み込ませる ゴム手袋をはめ、汚れの上にトイレットペーパーを汚れの上に被せましょう。 そこへお酢をたっぷりと吹きかけます。 吹きかけた後、そのまま1時間程度置いておきましょう。 こうすることで、汚れにお酢がしっかりと染み込んで中和しやすくなるのです。 手順2. 汚れをブラシで擦る トイレットペーパーをはがし、汚れをブラシで擦りましょう。 この時、強く擦ると便器を傷つけてしまいます。 傷ができると、すき間に汚れが入りこんでしまうので、 柔らかめのブラシで優しく擦るようにしてください。 トイレがつまってしまうほどの尿石やしつこい水垢は一度では除去しきれない場合があります。 そのようなときは、再度手順1を行い、ブラシで擦りましょう。 手順3. 便座にも吹きかけて拭き取る 便座や蓋の表面や裏にお酢を吹きかけ、雑巾で拭き取ります。 お酢の臭いが気になる場合は、濡らした雑巾で拭いた後、乾拭きをすると気にならなくなります。 手順4. 便器以外の掃除も忘れずに 最後に、忘れずにトイレタンクや手洗い器など、便器や便座以外もお酢をスプレーして、雑巾で拭きます。 男性のいる家庭で、立ったまま用を足している場合は、 便器の周りや壁、床にも尿が飛び散っている可能性があります。 同じようにお酢でスプレーしてから雑巾で拭きましょう。 お酢を使ったトイレ掃除の3つの注意点 米酢・穀物酢・ホワイトビネガーを使おう お酢にはいろいろな種類があって、トイレ掃除に不向きなタイプもあるので注意が必要です。 リンゴ酢などの果実酒、すし酢などに使われる調味酢は、みりんや砂糖などほかの調味料が混ざっているため、掃除をした後にベタついてしまいます。 また、 赤ワインビネガーなど色のついたお酢は、色素が沈着してしまう可能性があるため、 使用しないようにしましょう。 トイレ掃除には、調味料が入っておらず色がついていない、米酢などの穀物酢やホワイトビネガーなどが適しています。 塩素系洗剤と一緒に使うのは厳禁 カビ取りなどの用途で使われる 塩素系の洗剤は、 お酢と混ざると有毒なガスを発生させることがあります。 とても危険ですので、お酢と塩素系洗剤は一緒に使わないように、また近くに置いてこぼれて混じることがないように、十分注意してください。 金属や大理石には使用しない お酢には、 鉄などの金属をさびつかせたり、大理石の艶を消し去ったりする性質があります。 トイレの床が大理石なら床にお酢を使うのは控え、金属の物があれば掃除の際にお酢が付着しないように気を付けましょう。 トイレは毎日掃除するのがおすすめ トイレ掃除の1番のコツは、掃除する頻度を上げることです!どの場所にも当てはまりますが、 雑菌や汚れが溜まりやすいトイレは、こまめに掃除するのがおすすめです。 お酢と水を混ぜて作った「酢水スプレー」があれば、毎日のトイレのついでにお掃除ができちゃいます。 水垢はアルカリ性なので酸性の洗剤やクエン酸が効果的。 毎日の掃除は、 酢水スプレーを便器や便座に吹きかけて、拭くだけでOK。 便器の底に近い部分などは、定期的に別にお掃除する必要がありますが、毎日のお掃除で雑菌の増殖を防げば、格段に楽にきれいなトイレを保ち続けることができます。 (まとめ)トイレ掃除でお酢を使えば汚れは落とせる?• お酢は 尿汚れや水垢汚れなどに効果を発揮するとされていて、トイレ掃除、トイレのつまりの解消に使えます。 お酢をトイレ掃除で使うことには、 汚れを中和、菌の繁殖を防ぐ、臭いを除去する3つの理由があります。 お酢をスプレーボトルに詰め替え、 しつこい汚れは浸け置きするのがおすすめ。 お酢をトイレ掃除に使うときは塩素系洗剤と混ぜない、金属と大理石には使用しないようにしましょう。 トイレ掃除はできれば毎日行いましょう。 お酢があれば簡単に続けられます。

次の

トイレつまりを重曹とクエン酸を使って解消する方法。効果がない!?

トイレつまり 重曹 酢

トイレのつまりを解消するには様々な方法がありますが、詰まった物を溶かして解消することもできます。 その代表的な方法が重曹とお酢をお湯で流す方法です! 単純にお湯をバケツで流したり、ラバーカップで解決する方法もありますが、 それでも直らないとき、またはラバーカップがないとき、あるいは最初に重曹とお酢で詰まりを溶かしてから、 仕上げにラバーカップでスッポンすることでより完璧に直すことができます。 あくまでも重曹単体では意味が無いことを最初に覚えておいてください。 もし、おもちゃ・スマホ・おむつなどの水に溶けない固形物を詰まらせてしまった場合は溶かすことができないので、この方法は使えません。 水を流してしまうと排水管の奥に流れて詰まってしまうので、下記ページの針金ハンガーを使った方法で引っ掛けて取り出しましょう。 重曹 150g(計量カップ4分の1程度)• お酢 100ml(計量カップ2分の1程度)• お湯 50度程度で1. 5ml (排水口まで水を抜いた状態で便器の半分ほどの量) 分量の割合は、重曹1に対してお酢2です。 少なすぎると効果がないので、大体の目安で大丈夫なので多めに用意しましょう。 お酢が無いときはクエン酸でも代用できます。 その場合の分量も同じです。 ちなみにクエン酸があるならお酢を使う必要はありません。 効果としてはクエン酸のほうが大きいと思いますので、その理由も後で説明します。 お湯は排水口の水を抜いてから入れますので、50度前後で1~1. 5ml程度の便器の半分程度になる量を用意しておけば大丈夫です。 また接続部のパッキンなどを痛める原因にもなります。 ぬるすぎても効果がないので必ず50度前後のお湯にするように注意してください。 重曹とクエン酸が含まれているベーキングパウダーで代用できるのか? 便器に水が溜まっているならある程度取り除いておきます。 便器内の水の量が多いと重曹とお酢の効果を奥まで浸透させることが難しく、またお湯の温度も下がってしまうため、できるだけ排水口に水がない状態まで汲み取りましょう。 灯油ポンプを使ってバケツに汲み取る、または牛乳パックなどでバケツに汲み取る、ペットボトルを杓子のように加工してバケツに汲み取るようにしましょう。 便器内に溜まった水をできるだけ汲み取る• 最初に重曹をふりかける!(計量カップ4分の1程度)• 次にお酢(クエン酸)をふりかける!(計量カップ2分の1程度)• 炭酸ガスが発生してシュワシュワと泡立つことを確認• 高い位置からお湯を排水口めがけて流す(50度のお湯1~1. 5ml程度、便器の半分の水位)• そのまま便座のフタをして1時間ほど放置• 1時間後、もしラバーカップ(すっぽん)があれば仕上げにおこなう• 詰まりが解消できたかの確認はレバーではなくバケツで流して確認する まずは便器内の水をできるだけ少なくすることが重要です。 次につまりの解消に重曹を使う正しい順番です。 必ず重曹から先にふりかけ、次にお酢(クエン酸)を入れて、最後にお湯を排水口めがけて注ぎましょう。 順番がバラバラだと、発泡する時間が短くなり洗浄効果が落ちてしまいます。 もう一つ重要なポイントは、重曹とお酢で発生した炭酸ガスの泡が詰まりを分解します。 まずはこの泡を十分に発生させてからお湯を流すこと。 そして、この泡をできるだけ排水口の奥に届けること。 バケツ・ヤカン・ペットボトルなどを使って、排水口から40~60センチ程(腰のあたり)のある程度の高さから勢いがつくように流します。 滝のようにお湯をジョロジョロ落として詰まりの原因まで届けるイメージでやってみましょう。 ネットでもよく間違った情報が書かれていますが、勢いよく一気にお湯を流すのではないので注意してください。 お湯を入れすぎると薄まりますので、排水口の穴が浸かる程度にしましょう。 詰まりが解消されたか確認するときは、レバーを引いて水を流すのではなく、バケツなどで少しずつ流して確認することで、便器から水が溢れること防ぎます。 詰まりが解消されない場合は、原因となる箇所に圧をかける、水流をおこす、突っつくなど直接の刺激が必要かもしれません。 下記のページを参考に他の方法を組み合わせてみましょう。 重曹とお酢(クエン酸)は紙類や便など水に溶けやすいつまりに効果的! 重曹とお酢を使って解消できるつまりの原因は、主に トイレットペーパー・テッシュなどの紙類、便や尿石などの汚れ類です。 これらが詰まるのは、何らかの理由で水に溶けにくくなっているため。 それを分解しやすくし、溶けやすくするのが 重曹とお酢からできる炭酸ガスです。 アルカリ性の重曹に酸性のお酢を加えることで炭酸ガス(二酸化炭素)を発生させ詰まりの原因を溶けやすくします。 そこへお湯を流し込むことで熱を加えさらに発泡させて、また流す勢いで詰まりの原因まで浸透させて分解しやすくします。 逆に、おもちゃ・スマホ・おむつなど、水に溶けない固形物にはまったく効果はなく、さらにお湯を流すことで詰まりの原因が奥へと流れてしまい状況を悪化させてしまいます。 アルカリ性:酸性の物質を中和して分解、油汚れ浮き上がらせる• 発泡・膨張作用:酸性と合わせる、熱を加えることで発泡、この泡が汚れを剥離する• 乳化作用:水と油を混ぜ合わせる作用があり、油汚れタンパク質を分解する• 軟水作用:カルシウム、マグネシウムなど金属イオンをなくし汚れを落としやすい軟水にする• 酸性:アルカリ性の物質を中和して分解、水垢や黒ずみなど汚れを浮き上がらせる• 発砲作用:アルカリ性の重曹に合わせること勢いよく発泡する• 溶解作用:カルシウムなど頑固なこびりつきを溶かす• 柔軟作用:洗濯物を柔らかく仕上げる柔軟剤の効果など• 工業用 掃除などに使用するのは工業用。 人間の体内に取り入れても良いものが薬用と食用です。 純度が高いものは薬用と食用で99. 5%など工業用に比べて不純物が少なくなっています。 購入する際は、トイレの詰まりを解消しても余るので、用途に合わせて選びましょう。 お酢とクエン酸があるならクエン酸を選ぶ 自宅にお酢があってクエン酸がない場合は、わざわざ買いに行くほどではありませんが、 もし料理やお掃除などで使うクエン酸があるならお酢ではなくクエン酸を使いましょう。 その理由は、 重曹にクエン酸を入れたときの発泡持続時間がお酢と比べると長いためです。 シュワシュワ、ブクブクと発泡するこの泡(炭酸ガス)が詰まりの原因を分解します。 できるだけ長くたくさん発泡させるためにはクエン酸を使うことがおすすめです。 仕上げにラバーカップでよりスッキリ 洗剤とお湯を流す 重曹やお酢が自宅にない場合は、洗剤を確認してください。 トイレ用・食器用・お風呂用・洗濯洗剤など何でも大丈夫です。 アルカリ性洗剤または塩素系洗剤でお湯に溶けやすい液体タイプが良いです。 また成分に「次亜塩素酸塩」「水酸化ナトリウム」「界面活性剤」などの表示があるものでも良いです。 使い方は、重曹とお酢の代わりに洗剤を入れてお湯を流すだけです。 先に紹介した手順で洗剤を使って試してみてください。 有毒ガスの塩素ガスが発生します。 パイプクリーナーとお湯を流す 排水管洗浄などのパイプクリーナーはどこでも簡単に使えるでしょう。 もともとつまりを分解させる成分で作られている専用の洗浄剤なので、重曹がない場合は十分使えます。 使い方も流すだけなので、非常に簡単。 パイプクリーナーの洗浄効果をより上げるなら、一緒にお湯を流してあげましょう。 軽く水が引くくらいの軽い症状によりますが、塩をかけると猫砂が流れやすくなります。 トイレに流せる猫砂は吸水性があるので、塩でそれを和らげる効果があるのです。 しかし、家庭にあるもので重曹以外でトイレのつまりを溶かせるような道具はおそらくあまりないと思います。 もしパイプクリーナーがあるなら先に使用してみて、効果が無いようなら重曹を使ってみてください。 修理の種類 WEB限定料金 通常料金 トイレの詰まり 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~ トイレの水が溢れる、止まらない 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~ チョロチョロ水が漏れている 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~ タンクに水がたまらない 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~ 異臭、悪臭がする 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~ ウォシュレット、温水便座の水漏れ不具合 故障 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~ ウォシュレット、温水便座の取り付け(交換) 11,880円(税込み)~ 19,440円(税込み)~.

次の

トイレのつまり簡単に直せる6つの方法と13の原因

トイレつまり 重曹 酢

何となく水の流れが悪くなってしまった場合、水の流れを作ってあげることでつまりが解決することも。 タンクの中にある水だけで流れていかないようであれば、バケツやヤカンなどで、少し高い位置から水を便器に流してみましょう。 水の流れが作られて、かたまっていたトイレットペーパーなどが、とけて流れていく場合があります。 ポイントは、流れていく排水口めがけて水を流すこと。 便器の他の部分に水が当たってしまうと、水の勢いが弱まってしまいます。 もしも、排水口がつまっていて、トイレのレバーを引いても便器の水たまりの水位が上昇してきてしまったら、一時的にトイレの水の元栓をしめておきましょう。 水たまりの中の水はバケツなどでくみとっておきます。 なるべく水たまりの水量を減らした後で、高い場所から水を一気に排水口めがけて流すのです。 水たまりの中に汚物や水がたまったまま、高い場所から水を流しても、トイレの床や壁に汚水をはね散らかしてしまいかねません。 できるだけ、水たまりの水の量を少なくしておきましょう。 お風呂よりも、少し熱い位のお湯を用意します。 温度は40度から50度程度が最適です。 4リットルほどあると良いでしょう。 どうせ流すなら熱いほうが良いのではと、熱湯を便器に流してしまうと、便器がピシッと割れてしまう危険性があります。 便器は陶器なので、水には強いのですが、熱湯には大変弱くできているのです。 そのため、お風呂くらいの温度が最適なのです。 最初にトイレの水たまりの中にある水を、バケツなどでなるべく取っておきます。 水たまりの量を少なくしたら、お湯を1リットルほど、便器に流してみましょう。 この後1時間ほど放置します。 放置する時にお湯を入れた便器の水たまりに、お酢と重曹を入れて泡を作り、つまりの原因となる紙などをふやかして流れやすくします。 物理的につまったものをどけて、排水管の中に流れを作り出します。 ワイヤーといっても、トイレのつまり専用のワイヤーを使用します、使用方法にコツが必要なので、つまっていない時に購入して、練習しておくと良いかもしれません。 製品としてはいくつかありますが、どれもワイヤーの先端が便器の排水管の形にあわせて曲がるようになっています。 1つあれば和式の水洗トイレにも、洋式の水洗トイレにも、節水用のトイレにも、どれにも対応できます。 トイレの排水管にワイヤーの先を入れたら、ハンドルを回して奥にワイヤーを入れていきます。 ワイヤーが先に進まなくなったら、つまりの原因に当っています。 これ以上ワイヤーを押すのではなく、ハンドルを回転させてつまりの原因をワイヤーにからめとります。 これによって、水に流せる汚物は流れていきますが、水に流れないペンやキャップ、携帯電話などはワイヤーがキャッチするので引き出すことができるのです。 ラバーカップよりも、さらに強力な吸引力があるのが、真空式のパイプクリーナーです。 ラバーカップは、カップの中の空気の分だけ真空になります。 真空式のパイプクリーナーは、ハンドルを上下させることでカップの中だけでなく、本体の中に強力な真空状態を作り出します。 使用方法は簡単です、真空式パイプクリーナーには、大きな吸引キャップと、小さな吸引キャップがついています。 大きな吸引キャップをトイレに使用します。 小さな吸引キャップは台所や洗面所、お風呂などに使用します。 大きな方の吸引キャップを本体につけたら、排水口の部分にパイプクリーナーをしっかりと固定します。 吸引キャップと、便器の部分がぴったりとくっついていないと真空状態になりません。 数秒間かけて吸引キャップを便器にゆっくりくっつけるつもりでくっつけましょう。 本体を排水口にぴったりとくっつけたら、ハンドルを上下させます。 引き上げたり押し下げたりして、真空状態を作るのです。 引き上げることで強い吸引力がはたらいて、つまりの原因となっているものを引き出します。 そして、押し下げることでトイレットペーパーなどの流すことができる汚物が、水流で粉砕されながら押し流されていくのです。 メーカーにより多少違いはありますが、高さは50センチもしない程度のものなので、1つあるといざという時にあわてずに済みますね。 値段もサイズによって1,000円から4,000円程度です。 トイレがつまる、というと排泄物がつまったと考えがちです。 しかし、つまる原因の多くがトイレットペーパーなのです。 トイレットペーパーが排水管のS字に曲がっている所にたまってしまい、流れなくなってしまうのです。 日本製のトイレットペーパーであれば、普通に水に溶けるのですが、海外の安いトイレットペーパーの中には水に溶けないものもあります。 インターネットやオークションで格安で売られているトイレットペーパーは、もしかしたら水に溶けないものである可能性が高いので気をつけましょう。 水に溶けるトイレットペーパーがトイレにつまってしまった場合は、数時間経てば溶けていきます。 あわてて水を流して、トイレの水たまりをあふれさせてしまうよりも、数時間後に水を流すと案外簡単に流れる場合もあります。 トイレットペーパーの使い方は、人によって家庭によって千差万別です。 通常の使用方法であれば、トイレがつまることもありませんが、一度にたくさんの量のトイレットペーパーを流そうとするとつまってしまいます。 トイレ掃除の時に、トイレットペーパーで便器掃除をしていることもあるでしょう。 その時に、トイレットペーパーを大量に使うと、つまりの原因となってしまいます。 また、子どもがいたずらでトイレットペーパーをたくさん流してしまうこともあります。 いったんは流れていくので、親御さんはわかりませんが、トイレのパイプは奥の方で曲がっているので奥でつまってしまうことがあるのです。 いつもな流れるので、トイレをゴミ箱のように何でも流してしまいがちです。 しかし、トイレの配管も物理的な限度がありますから、何でも全て流せるわけではありません。 トイレがつまる原因を作らないためにも、なるべくゴミは流さずにゴミ箱に捨てましょう。 トイレの掃除は汚物や尿の掃除でもあるので、誰もがしたくないものです。 そんなイヤなトイレ掃除を、簡単で楽にしてくれるのが流せるトイレ用お掃除シートです。 最近のシートは、繊維が改良されて、便器や便座、トイレの床や壁の雑菌までキレイにしてくれます。 ゴシゴシと拭けるように、厚手に作られているものもあります。 そして使用した後は、トイレに流せるので大変便利です。 しかし、流せるトイレ用のお掃除シートも、一度に大量に流してしまうとトイレのつまりの原因になります。 1回の掃除に1枚程度にしておきましょう。 それ以上使用するようであれば、ゴミ箱に捨てるようにしましょう。 流せるトイレ用のお掃除シートは、トイレットペーパーと比較すると厚手にできています。 そのため、水に溶けるまでに時間がかかってしまうのです。 トイレにティッシュペーパーをいつも置いている家庭も多いことでしょう。 トイレで鼻をかんだり、メイクの汚れをなおしたりと、トイレにティッシュペーパーがあると大変便利ですよね。 ティッシュペーパーをトイレットペーパーの代わりに使用している方もいるかもしれません。 しかしティッシュペーパーは、箱の説明書きにかかれているように、トイレに流してはいけないのです。 ティッシュペーパーは、水に溶けにくく作られています。 トイレットペーパーもティッシュペーパーも、見た目は大変似ているので、どちらをトイレで使っても大丈夫と思いがちです。 しかし、ティッシュペーパーを使い続けてしまうと、トイレがつまる原因となってしまいます。 生理用品や、パンティライナー、おむつなどをトイレに流したい気持ちはわかりますが、確実にトイレをつまらせる原因を作ってしまっています。 生理用品やおむつは、給水性能が高いので、水を吸うとパンパンに膨れ上がってしまうのです。 水を吸って外にモレないような仕組みに作られているので、流してしまうと排水管の中でつまってしまうのです。 おむつは大人用のものでも、子ども用もものでも、どちらも同じように水を含めば膨れ上がってしまいます。 おむつが詰まった時には、最悪の場合は床から便器を取り外す工事が必要です。 もし便器を通り越して、配管のほうにオムツが入ってしまっていたら、専用の工具でオムツをすこしずつほぐして吸い取っていくしかありません。 そうなると、工事費も通常料金では住まなくなってしまいます。 一軒家ならまだしも、マンションの場合は大規模な工事にまで発展しかねません。 生理用品やオムツは、トイレに流さずゴミ箱に捨てるか、トイレに専用のゴミ箱を作るようにしましょう。 生理用品などのサニタリーグッズは、シールのような素材が裏に加工されています。 トイレに生理用品などを流すことで、シール素材に他のトイレットペーパーなどがくっついて、大きなかたまりになるケースもあります。 生理用品やおむつをトイレに流しても、今まで流れているから大丈夫と思っていないでしょうか。 トイレのつまりは、ある時、急にやってきます。 流れているように見えて、奥の配管でつまりの原因を作っているかもしれませんよ。 冬場に多いのが、使い捨てカイロによるトイレのつまりです。 使い捨てカイロを貼っていたことも、トイレに落としたことも、わからないまま流してしまって、後になってトイレがつまってしまい、カイロが発見されるといったケースもよく見られます。 トイレに入る前に、腰や足に使い捨てカイロを貼っていたかどうか確かめましょう。 使い捨てカイロを使い続けていると、どこに貼っていたかも忘れてしまいがちなので、トイレに流す前にカイロが落ちていないか便器の中を確認するようにしましょう。 特にお年寄りが使い捨てカイロを腰につけている場合は、まわりの家族が気をつかってトイレに落ちないようにしっかりと腰につけてあげたり、ポケットのついた服を着せてあげるようにすると良いでしょう。 使い捨てカイロの外の包装は、中の活性炭などがこぼれてしまわないように丈夫な不織布で作られています。 トイレに落ちたことで、中身がいきなりこぼれ出ることは無いので、万が一落としてしまったら、ラバーカップで吸い出しましょう。 何をするかわからないのが子どもです。 トイレットペーパーをたくさん流すこともあれば、ちいさなおもちゃをトイレに流してしまうこともあります。 トイレは、流した直後は見えなくなって、すっかり流れたように思えます。 しかし、トイレの配管は中で複雑に曲がっているので、水にとけないおもちゃのようなものは、どこかに止まってしまっているのです。 ラバーカップなどで吸い出してしまわないかぎり、永遠にトイレのつまりの原因となります。 トイレの配管が曲がっているのは1ヶ所ではありません。 奥に行けばいくほど、取り出すのも難しくなってしまいます。 トイレは見えない雑菌が繁殖している場でもあり、子どもが遊ぶと衛生的にも良くありません。 子どもがトイレで遊んだら、トイレは用を足すところで、遊ぶところではないことを教えましょう。 節水するために、トイレのタンクにペットボトルなどを入れている家庭もあるでしょう。 しかし、トイレのタンクに物を入れてしまうと、トイレ本来の機能が発揮できなくなってしまうのです。 例えば、トイレのタンクに物を入れてしまうことで、タンクの中にあるクサリが外れてしまうことがあります。 また、浮きゴムや浮き玉にペットボトルが当たってしまうと、水が止まらなくなってしまうトラブルも。 そして、トイレはタンクの中の水の勢いで流す仕組みになっているので、十分は排水ができずにトイレがつまってしまうのです。 タンクが壊れてしまうと、便器ごと買い換えなくてはいけない場合もあります。 余計な出費が発生しないように、タンクには物を入れずにそのままノーマルな状態で使用してください。 節水のアイデアの1つとして、トイレの元栓を少し閉めて、一回の排水量を減らす方法があります。 しかし、トイレの元栓を閉めすぎて、水の流れが悪くなってしまうと、トイレのつまりの原因になってしまいます。 トイレの元栓は、トイレの中にあって、壁から出ています。 タンクと壁から出ている給水管の間にあって、マイナスドライバーで開閉できるようになっているのです。 トイレの元栓は『ドライバー式』『内ネジ式』『ハンドル式』の3タイプがあります。 右に回すと閉まって水が出にくくなります。 左に回すと開いて、水が出やすくなります。 壁から管が数センチ出ていて、その後元栓がついていて、配管が上か下に伸びているものです。 右に回すと閉まって水が出にくくなります。 左に回すと開いて、水が出やすくなります。 ハンドルを右に回すと閉まって水が出にくくなります。 左に回すと開いて、水が出やすくなります。 あまり開けすぎても、トイレを流すたびに水が床に跳ねてしまいます。 何回かテストして、ちょうど良い量に調節してください。 詰まった物を吸い出すのがラバーカップの正しい使い方です。 奥にあるつまりの原因をラバーカップの力で吸い出して、水の流れを作るのです。 この時に、携帯電話や洗剤のキャップ、使い捨てカイロなどの固形物が出てきたら、すぐに取り出せるように、ゴミ箱とビニール手袋も必要です。 まずラバーカップをゆっくりと便器に押し込みます。 じわりと密着させるつもりで、数秒かけて押し込みましょう。 そして、密着できたと感じたら、一気に引き上げます。 カッポン! と大きな音とともに、中からつまっていたものが出てきます。 固形物がでてきたら、ビニール手袋をした手で取り除きましょう。 この時に再び固形物を流してしまうと、またつまりの原因を作ってしまいます。 今度は流れても、おくのほうで大きなつまりの原因を作ってしまうかもしれません。 今は自分でラバーカップで取り出すことができても、次回はプロの業者に1万円以上出さないとなおせないかもしれません。 最悪、便器の買い替えなんてことにもなりかねません。 同じことをくりかえさないためにも、つまりの原因は出てきた時に取っておきましょう。 和式用と比べると、ラバーカップの先が出っ張っているのが特徴です。 先の出っ張りは、便器の形にあわせてラバーが密着するようになっているためです。 和式用のトイレは、排水口が洋式用のトイレよりも大きいので、ラバーの部分の口も大きく広く開いています。 大きければ洋式用のトイレにも使用できるのではないか? と考えがちですが、ラバーの口が広すぎて便器に密着しないので真空状態が作れないのです。 そのため、これまでの洋式用のラバーカップや和式用ラバーカップでは、便器に密着できないのです。 そのために新しく開発されたのが、節水便器用のラバーカップです。 和式用のラバーカップに、防止のツバのようなものがくっついています。 このツバがあることで、便器にしっかりとフィットして、つまりの原因を吸い出すことができるのです。 もしも、ラバーカップを買う時に、どれを買っていいか迷ったら、この節水便器用の万能ラバーカップを買っておけば間違いないでしょう。 トイレのつまりをプロに頼んだ場合は、平均して5,000円から1万円かかります。 あまり安い値段を宣伝でアピールしている会社は、オプションで色々追加で買わされたりすることがあるので注意しましょう。 注意してほしいのが「トイレクリーニング」ではなく「トイレのつまりを直してほしい」ことを、きちんと伝えることです。 普通にトイレクリーニングで業者にお願いしてしまうと、便器の尿石の汚れやウォシュレットの洗浄、床や壁といった掃除で終わってしまいます。 トイレのつまりは早くなおさないと、あふれてしまって大変なので、ついついパニックになりがちです。 しかし、水があふれて水浸しになってしまうようであれば、水の元栓を閉めれば良いのです。 トイレの水の元栓でも、家全体の水の元栓でもかまいません。 元栓をしめれば、しばらくすれば水は止まります。 最初に見積もりをとらないと、「作業料金のみです」と書いてあるので安心していたら、このままだと大変だと言われて追加料金をとられてしまうかもしれません。 特に「何円から」と書かれているものは、書かれている最低価格が工事費とは限りませんので気をつけましょう。 プロに頼む時は、必ず見積もりを3社以上とるようにしましょう。 同じ掃除内容でも、業者によって値段に開きがああるからです。 そして、見積もりをとったら内容をチェックしましょう。 ある会社には入っていた項目が、他の会社であればオプション料金になって割高になるケースもあります。 プロに頼んだ場合の値段の差は、便器を丸ごと外して洗浄するか、便器はつけたまま掃除するかの差です。 便座だけを取り外してクリーニングする場合もありますが、これは排水管のつまりとは直接関係ないので注意しましょう。 トイレに流せば、全て消えてくれると思いがちですが、便器の向こうには複雑に折れ曲がっている配管があります。 奥に行くほどつまりの原因を取り除くのは難しくなってしまいます。 もし、ペンや使い捨てカイロを便器に落としてしまったら、自分の排泄物がくっついて取り除くのは気が引けてしまいますが、そのまま流さないでティッシュなどに包んでゴミ箱に捨てるようにしてください。 そのまま流すと確実にトイレのつまりの原因になって一大事になってしまいます。 お店のトイレなど、出先で使い捨てカイロや異物を便器に落としてしまった場合、すぐにお店に言わないと後から被害相当額を請求されることがあります。 すぐに言えば、ラバーカップで異物がスポンと取れるかもしれません。 早め早めの対策が必要なので、トイレに異物を落としたらすぐに対処するようにしましょう。

次の