ユーラヴェン。 YouTubeで配信中の最新シリーズから、新主人公機「ユーラヴェンガンダム」がキット化

ユーラ. ヴェンツピルス, ラトビア

ユーラヴェン

プレゼントBOXないの金BOXや銀BOXを漁る、漁る、漁る… なんと! なんと! なんと! この日に限ってBOXないからダイヤ13コも出てきたではないか!!! この調子でガシャを引けば!!! サラァ!!!!!! サラじゃなくてコーラでもなくユーラでした!! コレはうれしい!! 誰も祝ってくれないけどうれしい!! 無意味にブログの機能を使って丸くしてみる 笑 ユーラヴェンガンダムとEXpt1200ptをGET!! 相変わらずポイントが少ないですが勝利を収めました!! 戦いはサラだよ兄貴! 念願のサラもGET! ACE必殺技?通常で十分でしょ!! コレでタネさんは10年戦える!! 人気の記事(過去7日間)• 87件のビュー• 22件のビュー• 17件のビュー• 16件のビュー• 16件のビュー• 15件のビュー• 14件のビュー• 14件のビュー• 13件のビュー• 13件のビュー 人気の記事(総閲覧数)• 8k件のビュー• 7k件のビュー• 1k件のビュー• 8k件のビュー• 7k件のビュー• 6k件のビュー• 6k件のビュー• 6k件のビュー• 4k件のビュー• 4k件のビュー 最近のコメント• に タネ魔鬼 より• に タネ魔鬼 より• に のんピッピ より• に ベルノ より• に タネ魔鬼 より• に タネ魔鬼 より• に クレイジー より• に 生つ より 最近の投稿• 2020年7月16日• 2020年7月16日• 2020年7月15日• 2020年7月9日• 2020年7月3日• 2020年7月2日• 2020年6月29日 LINEガンダムウォーズ• メタ情報•

次の

HGBD:R 1/144 ユーラヴェンガンダム|バンダイ ホビーサイト

ユーラヴェン

HGBD:R ユーラヴェンガンダム 高精度の狙撃を可能にするコンセプトで作られた、長距離狙撃仕様のユーラヴェンガンダム。 今回はコアガンダムではなく、外装が新規の コアガンダムIIが同梱するのが特徴です。 組み立て書にはヒロトが記載。 ホイルシールの量は少なく、ツインアイや各センサー類の色を補うもののみ付属。 色分けはメチャメチャ優秀です。 内容物がこちら。 平手は左のみです。 従来の手首パーツは武器を持たせると外れる事が多々ありましたが、1パーツになった事で武器が持たせやすくなりました。 ただ、人指し指を突き出したタイプのライフル持ち手は付属しません。 コアガンダムII まずは コアガンダムIIから見ていきます。 コアスプレーガンや関節(濃いグレーのパーツ)にコアガンダムのランナーが使われていますが、一部の関節は新規造形だったりします。 外装は全て新規です。 フェイスマスクのへの字スリットが無くなり、胸部・肩・脚部などの外装が大きく変化しています。 また、 コアドッキングカスタムに対応する 既存のアーマー(アースアーマーなど) と互換性があるのが特徴です。 可動域はコアガンダムと同じく、手足が大きく広がり 肘関節は180度近く曲がり、ヒザ関節も90度以上曲がります。 シャープなシルエットに変化しました。 フレームの共通部分は多いですが、外装のほかコアサーベルの柄も新規造形になっています。 頭部・胸部を比較。 フェイスマスクのへの字スリットが無くなり、アンテナ中央もクリアパーツに変化しました。 胸部のクリアパーツ量も増えています。 腕を比較。 肩が尖ったデザインになり、二の腕の形が変わっているのと新たに手首パーツが追加されているのも特徴です。 脚部を比較。 頭部をアップで。 ツインアイとトサカ前後のセンサーはシールです。 赤いパーツは別パーツで色分けされています。 横、後ろから。 アンテナ先端には安全フラッグ有り。 胴体をアップで。 胸部のクリアパーツが増えました。 色分けが優秀で、合わせ目も出ません。 背中のコアサーベルは上下に可動。 肩はボールジョイント接続で、前後に動きます。 コアディフェンサーはバックパックのハードポイントに接続します。 その重さからか、動かしていて何度か外れる事があったので気になるモデラーさんはコアディフェンサー側の凸軸を太らす等の加工をした方がいいかもしれません。 腕に合わせ目は出ません。 関節以外はコアガンダムから変化しています。 下半身の合わせ目は足裏程度。 (コアガンダムと同じ) 股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴が空いています。 コアスプレーガンは、コアガンダムと同じものが付属します。 コアサーベルを抜刀! ビームエフェクトパーツは、コアガンダムと同じ長短のビーム刃が2本ずつ付属します。 二刀流で。 コアディフェンサーは手に持たせる事で、シールドとして機能します。 コアガンダムIIに持たせる場合はグリップを握るだけでOKです。 アクション! 指が分離しない手首パーツの恩恵で、重みのあるコアディフェンサーを持たせても安定して保持できます。 各部動かし、コアディフェンサーにコアスプレーガンを接続して本体に取り付けるだけでOKです。 ランナーレススタンドも同梱するので、本キットだけで浮かせて飾る事ができます。 アースリィやジュピターヴに同梱するアーマーのように骨格に外装パーツを取り付けるのですが、今回は 骨格部分が新規造形になっています。 上から。 索敵能力に優れた3基の センサービットが特徴です。 アースリィやジュピターヴガンダムなどに同梱する骨格部分(左)と比較。 完全に新規造形になっており、 ミニ台座も厚みのある形になり、機能もパワーアップしています。 内部に使っていない手首パーツを収納できるようになりました。 (4つまで収納可能) コアガンダムIIを乗せ、ツーショットで。 ユーラヴェンガンダム コアガンダムIIとウラヌスアーマーがドッキングした ユーラヴェンガンダムがこちら。 ちなみに、従来のアースリィなどとほとんど同じドッキング構造でした。 慣れているモデラーさんはすぐに切り替えできると思います。 こちらの状態でも、背部のコアディフェンサーが外れやすい感じでした。 上半身をアップで。 下半身。 足裏に肉抜きがありますが、 接地性はめちゃめちゃ優秀です。 ビームシュートライフルU7のバレルは伸縮し、引き出した状態にすれば スナイパーライフルモードに変化します。 背中の センサービットを外し、ライフル側面の小型シールドに取り付ける事ができます。 肩のセンサービットは前方へ可動。 3基のセンサービットは全て着脱可能で、アクションベース5に同梱する筒型のパーツを使えば単体で展示する事ができます。 センサービットを展開! それでは アクションポーズいってみます! ビームシュートライフルU7で攻撃! バレルを収納した状態は通常のビームライフルモードとなります。 ユーラヴェンガンダム状態でも、コアディフェンサーをシールドとして持たせる事ができます。 ジャキッ……。 ビームサーベル展開! 二刀流で。 他キットとの組み合わせ SDBD:Rヴァルキランダーに同梱する「 GNガンソード」「 GNガンシールド」を使い、 プチ劇中再現いってみます! メイと共闘するコアガンダムII! CS-1202サークルシールドをぶん投げるメイ。 連携攻撃! ビームシュートライフルU7のフォアグリップは可動し、両手で構える事ができます。 ちなみに、フォアグリップは両側についています。 スナイパーライフルモードで攻撃! センサービットを取り付ければ、強化照準器になるとの事です。 アルスアースリィガンダムを狙い撃つヒロト! コアドッキングカスタムの組み合わせ例 それではここから、 コアドッキングカスタムに対応する他ガンプラとの組み合わせ例をガガーっといってみます。 コアガンダムII+アースアーマー状態がこちら。 アースアーマーは に同梱します。 コアガンダムII+マーズアーマーで。 マーズアーマーを再現するには「 」に加え、「 」も必要です。 ヴィーナスアーマーの再現には「 」と「 」が必要です。 コアガンダムII+マーキュリーアーマーで。 こちらは「 」に加え、「 」が必要です。 コアガンダムII+ジュピターアーマー。 ジュピターアーマーは「 」単体で手に入るので、アースリィと同様に入手しやすいです。 サターンユニットを装着。 サターンユニットの再現には「 」と「 」が必要です。 コアガンダムII+アルスアースアーマーがこちら。 アルスアースアーマーは に同梱します。 逆に、 本キットに同梱するウラヌスアーマーをアルスコアガンダムに取り付ける事も可能です。 こちらは IIではないコアガンダムにウラヌスアーマーをドッキングさせてみた状態です。 コアガンダムIIとアルスコアガンダムだけではなく、初代コアガンダムとも互換性があるのがスゴイです。 スリット有り・無しで結構イメージ変わりますね。 足アーマーの接続など、シンデレラフィットです。 こっちもかっこいいな……。 HGBD:Rアースリィガンダムと比較。 ユーラヴェンガンダムに戻して。 今回色々なパターンを試したのでかなりの長文になってしまいましたw 完結にまとめると、色分け良好で合わせ目が少なく可動域が広い、2020年製の主役ガンプラにふさわしいクオリティで立体化されています。 動かしていると背中のコアディフェンサーが外れる事が多々あったので、気になるモデラーさんは軸を太らすなどの加工はした方がいいかなといった感じ。 アースアーマーなどの従来キットとの互換性が完璧なので、遊びの幅がめちゃめちゃ広いガンプラだと思います。 かなりオススメ!! 以上、「HG ユーラヴェンガンダム」のガンプラレビューでした!.

次の

HGBD:R ユーラヴェンガンダム レビュー

ユーラヴェン

こんばんは。 今日何の記事書こうか考えてた時に突然バンダイからの新商品発表がありまして、魅力的なものや気になるものがありましたので私自身の情報の整理という意味でもこの新情報を見ていこうと思います。 全体的にかなりかっこよくなってますね。 特にシールドが大型化していて特徴的です。 その理由がこちら。 はい、私の大好きな変形のためです。 この形態はコアフライヤーと言うそう。 これは嬉しい情報!この時点で買いです。 後で紹介する合体形態の名前から察するにおそらく「ウラヌスアーマー」です。 ジュピター以前のアーマーとパーツの位置が異なり、飛行メカ感が増しました。 今まで上に乗っていたコアガンダムが自力で飛べるようになったからでしょうか。 そして本題の合体形態「ユーラヴェンガンダム」です。 ただただかっこいい!アースリィとは違ってあえて暗いカラーリングなのがまたグッドです。 さらに地味に私が注目したのが左手です。 そう、武器持ち手ではなく平手になってます。 コアの手はアーマーからパーツを取り付ける関係上他から平手を拝借することができなかったので、これはありがたいです。 さらに名称不明ですがもうひとつ新しいアーマーも発表されました。 土星か海王星のどちらかとなるわけですが、これで太陽系惑星の数まで残りひとつとなりました。 これは制作側が太陽系惑星分全部出すと考えてよさそうです。 合体形態がこちら。 ひたすらごついです。 近接戦闘型なんでしょうけど、マーズフォーと差別化されてるのがまた良いです。 ひとつネックなのが腕に装備したアームズとアーマーが別売りなこと、そしてコアガンダムはついてこないことです。 ユーラヴェンを多々買うしかないのでしょうか…。 既に発表されている敵側のコアにも違うアーマーが。 敵側はこういったパターンで攻めてくるみたいですね。 こちらもアーマーとアームズが別売りなのがネックですが。 忘れ去られていたと思われていたウォドムポッドも発売月がようやく決定しました。 値段的にさすがにメイさんは入れないと思いますが、ちゃんとキット化されるようでよかったです。 モルジアーナことヴァルキランダーもパワーアップして「エクスヴァルキランダー」となるようです。 カラーリング的にアストレアタイプFからノーマルのアストレアに戻ったという感じでしょうか。 神々しさがあります。 最後は私が今回の発表の中で一番気になった機体の「ガンダムTRYAGEマグナム」です。 出ました、AGEの全要素結集ガンダム!!AGE好きの私にはたまらないガンプラです。 これだけでも嬉しい発表ですが、カラーリングと「マグナム」の名前からどう考えてもクジョウさん チャンピオン が乗りますよねこれ。 GP-羅刹天もひかえており、これはRe-RISE 二期での無印ビルドダイバーズ登場キャラ追加参戦が益々期待できます。 あわよくばダブルオースカイの発展機も出てほしいですね。 今回は以上です。 一つ一つが興奮ものの発表で、驚くものばかりでした。 発売を心待ちにしてます。

次の