アウディ a3 スポーツ バック。 【型式別】アウディ・A3スポーツバックの維持費と中古車価格帯

新型アウディA3と新型VWゴルフ8を比べたら、どっちが大きい? どっちのスタイルが好み? 現行モデルと比べたら?|ハッチバック|MotorFan[モーターファン]

アウディ a3 スポーツ バック

モデル概要 アウディの5ドアハッチバック。 市街地でも扱いやすいサイズに、広い乗車スペースと荷室を持つ。 ボディはアウディらしい洗練されたデザインで、高精度のプレス技術によって実現した彫りの深い造形が存在感を際立たせる。 内装もメタルパーツや樹脂を巧みにあしらい、高いデザイン性と使いやすさを両立。 FFのほか、四輪駆動システム「クワトロ」搭載グレードも設定。 派生車種 グレード別の新車・中古車価格 モデル概要 アウディの5ドアハッチバック。 市街地でも扱いやすいサイズに、広い乗車スペースと荷室を持つ。 ボディはアウディらしい洗練されたデザインで、高精度のプレス技術によって実現した彫りの深い造形が存在感を際立たせる。 内装もメタルパーツや樹脂を巧みにあしらい、高いデザイン性と使いやすさを両立。 FFのほか、四輪駆動システム「クワトロ」搭載グレードも設定。 派生車種  発売日 2019年10月01日 2019年10月01日 2019年10月01日 2019年10月01日 2019年10月01日 2019年10月01日 2019年11月01日 排気量 1,394 cc 1,394 cc 1,394 cc 1,984 cc 1,984 cc 1,984 cc 1,394 cc エンジン区分 ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン 燃費 19. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5. 1 m 5.

次の

A3(アウディ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット中古車】

アウディ a3 スポーツ バック

アウディが、コンパクトカー「A3」のフルモデルチェンジを発表しました。 新世代となったアウディ新型A3について、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。 アウディA3は、ブランドの主力コンパクトカーとしてラインナップされ、その取り回しのしやすさと軽快な走りが人気になっています。 フルモデルチェンジしたアウディ新型A3は、3ドアモデルを廃止しましたが、最新パワートレインや技術を採用することで魅力をアップしています。 最新のエクステリア、インテリアデザインを採用• 3ドアモデルを廃止• リアシートスペース、ラゲッジスペースを拡大• インテリアに最新の「Audi Virtual Cockpit」を採用• 1Lから2Lの最新パワートレインを搭載• 最新の「クワトロ」4WDシステムを採用し、トルクコントロールを「アウディドライブセレクト」に組み込むことで、運転スタイルにあわせ効率を最適化• 「ホイールセレクティブトルクコントロール」により、コーナー内側2輪にブレーキをかけることにより、コーナリング性能を向上• ESCに「オン」「スポーツ」「オフ」の3モードを設定し、スポーツモードでは雪などの摩擦係数の低い路面において、安全にドリフトが可能に• 3モードを備える「アダプティブサスペンション」を採用することにより、路面状況にあわせた最適な乗り心地を提供• フロントは大型のフレームグリルとハニカムメッシュで迫力ある表情とされ、内部デザインを新しくしたヘッドライトを装備。 オプションとして「マトリックスLEDヘッドライト」も設定されています。 リアには新設計されたテールライトを採用し、リアウインドウの傾斜を大きくすることでよりスポーティなデザインとされ、Cd値(空気抗力係数)は0. 28までダウン。 ベースモデルには16インチのホイールが装備されますが、オプションで最大19インチのホイールを選択することができるようになっています。 これによりCd値は0. 25までダウンされ、空力性能に優れたモデルとなっています。 ホイールベース:2635mm• ボディタイプは3ドアモデルが廃止され、5ドアハッチバックとセダンが用意されます。 最新装備!アウディ新型A3の内装(インテリア)デザインは? アウディ新型A3の内装には、人気になっている「バーチャルコクピット」の最新バージョンなど、最新の装備が採用されています。 デジタルメーター「バーチャルコクピット」は、ベースモデルで10. 25インチとされてますが、オプションで12. 3インチも設定。 組み合わせられるインフォテインメントシステムは10. 1インチディスプレイとされ、他モデルと違いセンターコンソール内にシンプルに収められています。 室内空間は拡大され後席の足元に余裕をプラスし、ラゲッジ容量はA3スポーツバックで通常時380L、後席を収納することで最大1,200L、A3セダンでは425Lを使用することができるようになっています。 アウディ新型RS3は、ベースモデルからくるスタイルや走行性能の高さを、専用のエアロや走行システムによりアップ。 エンジンスペックも前世代から強化することで、ライバルとなるコンパクトハイパフォーマンスカーと競うモデルになります。 直列3気筒1Lガソリンターボ 最高出力:110ps• 直列4気筒1. 直列4気筒2Lディーゼルターボ 最高出力(2種):116ps or 150ps• 【A3 e-tron】 直列4気筒1. 【S3】 直列4気筒2Lガソリンターボ 最高出力:310ps• 【RS3】 直列5気筒2. 5Lガソリンターボ 最高出力:420ps• トランスミッション:7速デュアルクラッチ or 6速MT• 駆動方式:FF or 4WD「Quattro」 アウディ新型A3のパワートレインには、ベースモデルに1Lから2Lの最新パワートレインが設定されています。 5Lエンジンはこれまで搭載されていた1. 4Lエンジンと置き換えられ、排気量を縮小する「ダウンサイジング」から、100cc排気量をプラスし適正化する「ライトサイジング」に設計コンセプトを変更。 48Vの最新マイルドハイブリッドシステムを組み合わせることで、走りと高い環境性能が両立されています。 新型A3には今後、高環境性能を持つモデルとして、プラグインハイブリッドの新型A3e-tronも用意され、EV航続距離を60kmほどまで伸ばすことで実用性を向上。 ハイスペックモデルの「S3」は、前モデルの290psから310psまで出力をアップすることで、さらなる速さが追求されます。 また「RS3」は最上位モデルとして、これまで400psだった出力を420psにまで向上します。 走りと乗り心地両立!アウディ新型A3の走行システムは? アウディ新型A3には、最新の「クワトロ」4WDシステムが採用されています。 新型クワトロ4WDシステムは設計を見直すことで駆動効率を高めるとともに、トルクコントロールを「アウディドライブセレクト」に組み込むことで運転スタイルにあわせシステムを最適化。 あわせて、コーナー内側2輪にブレーキをかける「ホイールセレクティブトルクコントロール」により、コーナリング性能が引き上げられています。 また、新型A3ではESCに「オン」「スポーツ」「オフ」の3モードを設定し、スポーツモードでは雪などの摩擦係数の低い路面において、安全にドリフト走行も可能に。 3モードを備える「アダプティブサスペンション」も採用することにより、シーンにあわせた最適な乗り心地が提供されます。 加えて、新型A3では「電気機械式プログレッシブステアリング」を装備し、ステアリング角度を可変することにより、ハンドリング特性が向上しています。 前モデルは1. 4Lターボエンジンで19. 4Lターボエンジン:19. バックカメラやパーキングセンサー、自動駐車機能なども標準装備することで、安全性能をアップしています。 350万円~ アウディ新型A3の価格は、装備の充実によりスタート価格がアップします。 前モデルの日本価格は5ドアハッチバックが296万円から、セダンが314万円からに設定されていましたが、ハッチバックの価格を350万円ほどにあげることで下位モデルとのバランスがとられます。 A3スポーツバック:296万円~• A3セダン:314万円~ いつ?アウディ新型A3の発売日は? フルモデルチェンジしたアウディ新型A3は、スポーツバックが2020年3月3日、セダンが4月21日に発表、2020年中頃の欧州発売が予定されています。 日本でも人気モデルになっていることから導入が急がれますが、日本発売日は2020年後半になるとみられています。 アウディは主力モデルを新世代とすることで、ブランドイメージをアップしていきたい考えです。 「小さな高級車」がコンセプトとされ、デビュー当時はアウディのエントリーモデルとされ、その後さらにコンパクトな「A1」が登場しました。 翌年の1997年に登場するフォルクスワーゲン・ゴルフIVと基礎を共有したことから、縦置きエンジンとFFというアウディ独自のレイアウトではなく、一般的な横置きエンジンFF車とされました。 ボディタイプは初代から3ドアと5ドアのハッチバックが用意されていましたが、日本では2006年に3ドアモデルが廃止されました。 前モデルの3代目は2012年に発表され、ホイールベースを60mm延長することで室内空間を大型化。 全長はオーバーハングを切り詰めたことで35mmの拡大に抑えられました。 2013年に新しいボディタイプとしてA3セダンが設定され、日本ラインナップは5ドアハッチバックのA3スポーツバックとA3セダンの2種類になっています。 新型アウディA3については今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の

A3(アウディ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット中古車】

アウディ a3 スポーツ バック

209の追記です。 昨日退院しました。 梅雨次期に雨の降っている間にディーラーに入院して、雨から守ってもらいまして、さらに納車前洗車してもらった満足です! ・・・本題の故障と修理についてですが、結果的にシフトセレクターアッシー交換となりました。 セレクターのポジションセンサーのみの不具合でしたが、その部分だけ交換できないのでアッシー交換だそうです。 認定中古車保証内なので無料でしたが、念のため聞いてみたら、 部品 シフトセレクタアッシー 約11万円 工賃 約4万円 だそうです。 んー結構高い。 工賃4万円は、車内からの作業だけではなく、車外下からマフラーを一部外しての交換になるので、時間とお金がかかる作業との事。 昨日は納車後しばらくウロウロしてみましたが、不具合前のギギッという違和感も無くなって、機嫌よく動いてます。 ディーラーの対応については、入院して3日後にこちらから電話するまで状況が分からなかった(怒)事を除き、ほぼ満足できる説明と修理でした。 納車日や時間、場所も調整に応じてくれ、営業の人の納車時の説明や対応もかなり満足できる内容でした。 (口臭きつかったけど。 ) いいディーラーとお付き合いできて幸せです。 05年式 A3 3. 2Q 走行36000kmの中古にて先週納車。 認定中古車です。 ちなみに外車暦はこの車の前にアメ車に2年程乗った以前はずっと国産車です。 昨日出た不調ですが、信号待ちで停車した際に突然オンボードCPのシフトのモニタが全部点滅してDレンジに入らなくなりました。 さらに一度エンジンを切るとかからない! どうやらレバーはPレンジだが、車側はNとかDとかに入っていると認識している様子? そのまま交差点でハザートつけてしばらく立ち往生。 ちょっと焦りましたね・・・(笑) 結局、シフトレバーをガチャガチャしてたらキチンとPレンジに入ったので、エンジンかけてすぐに路肩に退避! アウディのサービスに連絡して、現在最寄のディーラーへ入院中です。 不具合が出る当日の朝、DSGのマニュアルモードに倒したときに「ギギッ・・・」と変な音が一瞬したので、あれが原因かなぁ~。 対応とか原因またレポートさせていただきますー。 私の車は2003年式1. 8T(初代A3の最終イヤーモデル)です。 新車で購入して7年強乗っていますが、結構トラブルは経験しています。 最も多いのがドアガラスの動作不良。 運転席3回、助手席2回、運転席の後ろ1回それぞれ基盤交換しました。 でも、3年の保証が切れる頃からぱたりと止んで、それ以降は経験していませんね。 次にエンスト。 オートマ ティプトロニック 車なのに、エンストします。 特に夏場のエンジン始動時はアイドルが安定せず、1分ほど待ってからでないとエンストします。 これはクセを分かっているので、大して気にはしていません。 最後に坂道での黒煙噴き。 山道によくある登坂車線を一気に駆け上がろうとアクセルを元気に踏むと突然後方車両に迷惑なくらいの黒煙が出て、パワーダウンします。 エンジン停止まではしませんが、しばらくはおとなしく運転してると黒煙はおさまり、また元気に走ります。 この春に乗り換えも検討しましたが、7年半でまだ6万キロしか走っておらず、まだまだ元気に走るので、当面(あと数年)乗ろうと思っています。 なんだかんだ言っても好きなんで。 2006年式3. 2です。 DSGが変速不可のため(3速でストップ)DSGのコントロールセンサーを交換しました。 私も症状が高速走行中に出て100kmぐらいから急に失速し恐ろしい目に合いました。 保障も切れているため全額自己負担で直しましたが上記の方々の内容からも同様の故障は結構多いのではと推測しています。 その他の故障としてラジエターファンのセンサー故障によりファンユニット交換です。 他の方もこの症状がでていましたね。 Audijapanはほとんど同様の症状(ディラー車)を把握しているはずですから何らかの対策をしてほしいものです。 これぐらいではリコールにならないのでしょうか。 とりあえず私自身は国土交通省の不具合情報に投稿します。 文面からすると、私と同じようなトラブルです。 DSGの「ギアー抜け」と呼ばれる症状のようです。 (ですから、異常の原因は全く痕跡が残りません。 ) 固まってしまったPCを強制終了させ、再起動すると何ごともないように起動するのと同じような現象だったと思います。 いまの自動車は、アクセルもギアーも(カローラで問題なっているハンドルも)、機械が動いて操作するのものではなく、全て電子信号により、PCが制御して車を動かすシステムになっているそうです。 トヨタ問題を見ていると、私のA3失速トラブルは、暴走するのか、失速するのかの違いだけであり、PC制御の誤作動のように感じています。 トヨタ問題は、対岸の火事に過ぎないのか、PCがコントロールする現在の車造りの構造的な問題なのか、A3失速トラブルを3回味わった私には気になる問題となっています。

次の