ライン ミュージック 解約 iphone。 LINE MUSICが解約できない!勝手に課金阻止方法!docomo/au/pcのやり方を解説。

LINE MUSIC無料期間中に退会する・自動購入を解約する方法 | LINEアプリの使い方・疑問解決マニュアル(LINE活用ガイド)

ライン ミュージック 解約 iphone

LINE MUSICのチケットは自動更新となっています。 ご自身でLINE MUSICの 自動更新をキャンセルする処理を行うことで解約・退会することができます。 LINE MUSICのチケットの有効期限が切れる24時間以上前までに解約・退会処理を行わないとそのまま自動更新されてしまいますので、チケットの有効期限に注意してください。 しかし、解約・退会処理を行ってもチケットの有効期限までは継続してLINE MUSICのサービスを利用することができます。 有効期限に注意してチケットを無駄にしないようにしてください。 次章で、 iPhone・android・PCそれぞれの具体的な解約・退会方法を説明させていただきます。 しかし、1点有料サービスでの解約・退会とは異なる点があります。 それは、LINE MUSICのサービスを利用できる期間です。 有料サービスの場合は、チケットの有効期限満了日まで継続してLINE MUSICのサービスを利用することができます。 3ヶ月無料トライアル期間中に解約・退会の手続きをした場合は、3ヶ月間の途中で解約・退会した場合でもきっちり3ヶ月間サービスを利用することができます。 解約・退会した時点でサービスを利用することが出来ないようになるわけではありません。 最初から解約・退会をすることを前提に3ヶ月無料のトライアルを利用している方は、解約・退会の手続きを忘れて自動継続に移行しないよう、予め解約・退会の手続きをしておくと良いと思います。 LINE MUSICを退会すると楽曲をフルサイズで聞くことができなり、サビの付近のみ30秒間のみの再生になります。 しかし、購入して保存した楽曲に関してはこれまで通りフルサイズで再生することが可能です。 また、LINE MUSICの有料サービス利用中は楽曲をダウンロードしてオフラインでも再生することができるため、通信制限を気にすることなくLINE MUSICを利用することができますが、LINE MUSIC退会後はオフライン再生機能を利用することができなくなります。 さらに、LINEの着信音・呼び出し音を好きな楽曲に設定することができなくなり、LINEの既存の着信音・呼び出し音となります。 以上が、LINE MUSICを退会すると利用することができなくなるサービスです。 異なるOSへ機種変更する場合は、予め前機種でLINE MUSICの自動継続を解約してください。 継続してLINE MUSICを利用したい場合は、次の機種で改めてLINE MUSICを契約してください。 しかし、LINE MUSICの自動継続の解約をし忘れてしまった場合や、前機種が手元にない場合でもLINE MUSICの解約・退会の処理を行うことは可能です。 前機種がiPhoneの場合は、PCからLINE MUSICを解約・退会する方法で、前機種がandroidの場合は、スマホからiPhoneに買い替えた時の方法でLINE MUSICを解約・退会することができます。

次の

Apple Music解約後も聞ける?PC(iTunes)のダウンロード曲は消える!

ライン ミュージック 解約 iphone

【こんな あなた におすすめ】• ラインミュージックを利用しなくなったので退会したい• トライアル期間中に忘れないうちに手続きしたい• 自分で探しているけどいまいち分からない iPhoneユーザーのラインミュージックを退会(キャンセル)する方法 ラインミュージックは「退会」や「解約」ではなく、 自動継続機能をキャンセルすることで解約と同じ状態にする事が出来ます。 まずはiPhoneを使っている方がラインミュージックの自動継続機能をキャンセルする方法を解説していきます。 以下の手順でキャンセルができます。 (1)Apple IDを利用して、利用中の課金サービスを表示させる (2)ラインミュージックを選択し、登録をキャンセルする 詳しく解説していきます。 まずはiPhoneのホーム画面から「設定」を開いて「iTunesとApp Store」をタップします。 「Apple ID:」をタップし、「Apple ID」を表示をタップします。 パスワードを入力して認証を解除します。 下の方にある登録をタップすると、利用中のサービスやアプリが出てきます。 「登録をキャンセル」をタップ、トライアル期間中でしたら「トライアルをキャンセルする」をタップ。 解約した後も日付の共にサービスが利用できますと表示される場合があります。 トライアル期間中はキャンセル後も利用出来ます ラインミュージックは3ヶ月のトライアル期間がありますので、 3ヶ月間は自動契約機能をキャンセルしても利用する事が出来ます。 Androidユーザーのラインミュージックを退会(解約)する方法 Androidはラインミュージックの 定期購入を解約する事で、利用を止める事が出来ます。 Androidスマホからのラインミュージック定期購入を解約する方法を解説していきます。 以下の手順でキャンセルができます。 (1)Google Playストアのメニューアイコンから「定期購入」をタップする。 (2)一覧からラインミュージックを見つけ、「定期購入を解約」をタップする。 詳しく解説していきます。 Androidのホーム画面の「Google Playストア」を開きます 2. トップ画面が表示されたらメニューアイコンから「定期購入」をタップします。 定期購入しているアプリなどの中からラインミュージックを見つけ「管理」をタップします。 ラインミュージックの管理画面からポップアップで出てきた「定期購入を解約」をタップして、再度出てきた確認画面の中の「定期購入を解約」をタップし完了します。 トライアル期間中はキャンセル後も利用出来ます iPhoneと同様に3ヶ月のトライアル期間中の方のキャンセルは、 トライアル期間が終了するまでは利用する事が出来ます。 購入してた曲のみフルサイズでの聴くことが可能 キャンセル後は無料プランになりますので、購入した曲の視聴は可能ですが、オンライン再生用に保存した曲のフルサイズ再生は出来なくなります。 パソコンからでもキャンセルは可能です 諸事情でiPhoneやAndroidスマホを利用出来ない場合は、iPhoneはパソコンからiTunesにログインしてキャンセルが可能です。 またAndroidもパソコンからGoogle Playにログインする事で定期購入の解約をする事が出来ます。 難しそうに見えますがすぐにキャンセル・解約は可能です iPhoneでしたら「解約」という言葉ではないので、ややこしそうに見えますが「キャンセル」が「解約」と同じ意味だと分かれば、難しい事ではありません。 多少タップしてページを進めていきますが、単純作業ですので簡単に進められます。 Apple IDとGoogleアカウントやパスワードを忘れないように注意しましょう。 以上、ラインミュージックのキャンセル・解約方法でした。

次の

LINEミュージック解約方法!無料トライアル期間でチケット買わず退会!

ライン ミュージック 解約 iphone

アプリのアンインストールで解約できる? LINE MUSICを利用した多くの人が、アプリのアンインストールによって退会や解約もできていると考えてしまっています。 アンインストールすることで会員情報が消えるアプリもありますが、LINE MUSICはこの限りではありません。 アプリのアンインストールだけでは解約にはならず、一定の手続きを踏んで自動継続契約をストップさせなければなりません。 解約の方法は状況によって異なり、利用している端末のOSや契約内容によって違ってきます。 細かい状況次第で解約方法が変わるからこそ、なかなか手続きができずに困っている人も多いです。 自身の状況の場合は、どの方法に当てはまるのか、正しく理解して解約手続きを進めなければなりません。 チケットを購入しているだけ そもそもLINE MUSICは、数カ月や数年単位でまとまった契約をしているわけではありません。 料金プランは複数ありますが、どれも1カ月単位で適用されるもので、その都度チケットを購入することで適用されます。 つまり チケットの購入をやめると、有効期限超過後は自動で有料サービスの利用が停止となり、いわば解約した状態になります。 チケットの購入を再開すると、これまでと変わらずサービスを利用できるため、明確な入会・退会といった考えが存在しません。 チケットには複数の種類がありますが、最も安くても月額500円がかかります。 何カ月、何年と続くと大きな出費になりかねないため、自動更新の設定の切り忘れには注意が必要です。 無料トライアル期間中も解約は可能 LINE MUSICには3か月間の無料トライアル期間がありますが、無料期間中の解約も可能です。 また、無料期間が終了しても自動的に有料版に移行することはないのでご安心ください。 LINE STOREへアクセス• 3本線マークをタップ• LINE STOREのマイページにログイン• 「プラン管理」をタップ• 「契約プラン」右側のキャンセルをタップ まずはLINE STOREにアクセスして、マイページからプラン管理へと進みます。 プラン管理ではLINE MUSIC以外にも、LINEと連動しているサービスが表示されます。 LINE MUSICを選び、契約プランからキャンセルを終了して、手続きは終了です。 プラン管理にアクセスするには、マイページの購入履歴から進む方法もあります。 iPhoneで解約する方法 iPhoneやiPadといったiOS系の端末を利用している場合、本体の設定アプリから解約が可能です。 「設定」アプリを起動• 「iTunes StoreとApp Store」をタップ• ID名をタップ• 「Apple IDを表示」をタップ• アカウント画面の下の「登録」をタップ 「トライアルをキャンセルする」もしくは「登録をキャンセルする」をタップ 設定からアプリ関連の管理ページに進むと、LINE MUSICの解約ができます。 Apple IDを表示する際には、パスワード認証が必要なため注意が必要です。 アカウント画面から登録内容を確認すると、LINE MUSIC以外の課金サービスも表示されます。 その他課金しているものがない場合は、LINE MUSICのみの表示です。 LINE MUSICには無料お試し期間があり、その期間内なら「トライアルをキャンセルする」が表示されています。 有料会員になっている場合は「登録をキャンセルする」となっているため、表示の違いに注意が必要です。 iTunesを起動• 「アカウント」をクリック• 「マイアカウントを表示」を選択• Apple IDとパスワードでサインイン• 「トライアルをキャンセルする」または「登録をキャンセルする」をクリック iTunesでサインインし、設置画面から操作すると簡単に解約できます。 Apple IDが必要なため、PCで解約手続きをするならiOS系の端末を利用している場合がおすすめです。 iPhone同様に、契約内容によって最後の表記が異なります。 無料お試しでも有料会員でも、間違いなくキャンセルを選択することが大切です。 auやドコモでキャリア決済の注意点 LINE MUSICのチケット購入時の決済方法にも注意が必要で、特にauとドコモキャリアの場合は念入りに確認しなければなりません。 決済方法によって解約の方法は違うため、自身の場合はどの方法で解約が可能か把握しておく必要があります。 Androidであれば登録方法を確認する まずチェックしたいのが、端末のOSです。 iPhoneの場合は特に問題なく解約できますが、Androidの場合は特有の手続きを踏まなければなりません。 Android端末だと、有料アプリの支払いはGoogle Play決済かキャリア決済のどちらかになっている場合が多いです。 端末のOSを確認し、Androidの場合はどちらの決済方法を適用しているか確認が必要です。 Google Play決済の場合 Android端末でGoogle Play決済の場合は、上記のGoogle Playストアアプリから解約と同じ方法で手続きができます。 LINE MUSICを起動• トップ画面右上の「歯車マーク」をタップ• チケット管理から「自動更新 解約」をタップ• 画面左下の「自動更新を解約」をタップ• LINE MUSIC解約後の曲はどうなる? 本当に解約しても後悔はないか考えるためにも、解約後アプリのサービスがどのように変化するのか知っておくことが大切です。 これまで聴けていた音楽がどの範囲まで視聴できるのか、また無料で利用できるサービスはどこまでなのかも知っておく必要があります。 曲が30秒に短くなる LINE MUSICは完全有料のサービスではなく、一部機能は無料も使えます。 無料プランでも音楽の視聴は可能ですが、再生時間が30秒と短くなるため注意が必要です。 あくまで視聴レベルの長さであり、フルで利用したいなら課金プランに変更しなければなりません。 解約すると利用できるサービスが大幅に減少いますが、これまで登録していた「アーティストのフォロー」や「プレイリストのお気に入り」は引き続き使えます。 これらの情報はLINEのアカウントに紐づけされているため、同一アカウントで使い続けるなら、課金の有無に関係なく引き続き利用可能です。 購入すれば全曲聴ける チケットの自動更新を解約すると、曲は30秒までしか再生できませんが購入したものは別です。 LINE MUSICは月額制の聴き放題サービスだけではなく、楽曲単位で有料ダウンロードも可能です。 購入した曲は課金の有無に関係なくフルサイズで聴くことができ、課金プランから無料プランに変更になった場合も変わりません。 聴きたい曲はあるものの、月額で聴き放題ほど大量に必要ないという場合は、個別に購入して使うのもひとつの方法です。 購入した楽曲は同一アカウント内では引き継ぎが可能です。 個別購入では足りない場合は、必要に応じて再度チケットを購入し、課金プランに入り直すという方法もあります。 一度無料プランの期間を挟んでも、もう一度チケットを購入するとこれまでと同様の条件で、引き続き有料サービスが楽しめます。 チケットは機種変更時には引き継ぎが可能ですが、iOSからAndroidといったOSの変更では引き継ぎができないため注意が必要です。 解約後に使えなくなる機能は? LINEMUSICを解約した場合、様々な機能が使えなくなってしまいます。 以下にLINE MUSICの会員と非会員の機能で使える機能の差をまとめてみました。 無料体験期間もあるので、ぜひ色々な音楽アプリを試してみてください。 Apple Music Appleが提供している定額制の音楽アプリで、iPhoneにデフォルトで入っているアプリになります。 iPhoneやAndroidだけでなく、WindowsやMacのPCでも使えるのが魅力です。 ちなみに、6人まで使えるファミリープランは、家族以外の友達や恋人と使うこともできます。 Apple Musicで使いたいおすすめの機能は、「Beats1」「ステーション」の2つです。 「Beats1」は、アメリカの著名なDJ3人がパーソナリティをつとめるラジオ番組が聴けます。 ラジオといっても音楽に関係のないトークは少なく、あくまで音楽中心なので、気分転換や最新の音楽情報を知るためにも使えます。 「ステーション」は、再生中の曲に似た曲を表示してくれる機能です。 ゆったりした音楽が聴きたい、気分が上がるアップテンポの曲が聴きたいというときに、似た曲を探す手間が省けます。 また、洋楽・邦楽ともにかなり豊富なアーティスト・楽曲をカバーしているのもApple Musicの特徴です。 洋楽が多そうなイメージですが邦楽にもとても強いので、自分の好きなアルバムが入っているか、3ヶ月のお試し期間中に探してみてもいいですね。 Amazon Prime Music・Amazon Music Unlimited 出典: 大手通販サイトAmazonからは、「Amazon Prime Music」と「Amazon Music Unlimited」という2つの音楽アプリが出ています。 Amazon Prime Musicは、数あるAmazonプライム会員特典の1つとして提供されているサービスです。 100万曲と楽曲数は少ないですが、お急ぎ便無料や映画見放題のプライム・ビデオが使える等、月額400円とは思えないサービスが利用できます。 学生は月額たったの200円なので、安く音楽を聴きたい方や、普段からAmazonを利用する方は積極的に使ってみましょう。 Amazon Prime Musicだと自分の好きな曲が配信されていないという方は、音楽アプリに特化した「Amazon Music Unlimited」はいかがでしょうか。 約6500万曲以上という圧倒的な楽曲配信数を誇り、邦楽や洋楽はもちろん、洋画のサウンドトラック等も充実しています。 また、Amazonの優れたレコメンド機能を使って、自分好みの曲やアーティストを提案してくれるのも魅力です。 さらに、Amazon Echo購入者であれば、 月額380円で約6500万曲以上の曲が聴き放題になります。 music. jp music. jpは、ルナルナ等のアプリで知られる株式会社エムティーアイが提供しているサービスです。 音楽以外にも、動画や電子書籍が楽しめるのが特徴となっています。 music. jpにも無料会員はありますが、無料で会員登録をして曲を購入するという仕組みのため、有料アプリでご紹介しました。 有料会員では、毎月付与されるポイントを使って音楽・動画・電子書籍を購入します。 music. jpの有料会員である「プレミアムコース」には、「500コース」「1000コース」「テレビ1780コース」の3つがあります。 サービス概要 music. 1,922ポイント+毎月1,000円分の動画ポイント• 約18万本の映画・ドラマ・アニメと3つの専門チャンネルが視聴可能 3つのコースの中では、1,080円で1,330ポイント付与される「1000コース」が最もポイント還元率が高く、おすすめです。 「500コース」でも640ポイント付与されますが、約18万本ある動画 映画・ドラマ・アニメ の内約3万本の視聴に限られています。 また、「テレビ1780コース」は月額料金ぴったりのポイントになるので、専門チャンネルが見たい方以外は「1000コース」がお得です。 音楽以外のサービスも楽しみたい方や、最新音楽をいち早く聴きたい方はmusic. jpの無料体験から使ってみましょう。 dヒッツ dヒッツは、dグルメやdTVといった数あるdocomoサービスの内の1つです。 人気アーティスト数No. プログラムとは、様々な切り口で曲を集めたプレイリストのようなものです。 シャッフル再生と違い、プログラム内では順番に曲が再生されます。 500円プランはラジオ式の再生ですが、300円プランはシャッフル再生のみでMyヒッツ お気に入り登録 が利用できないため、500円のプランの方が使い勝手がよさそうです。 紅白出場等の人気アーティストといった邦楽の配信が強く、邦楽をメインで聴きたい方におすすめできます。 過去には期間限定でジャニーズの楽曲が配信されたり、aikoや加藤ミリヤ等の最新曲が先行配信されたりすることもありました。 好きな曲を1曲づつ聴きたいという方には少し不便かもしれませんが、月々500円で邦楽ほぼ全てを聴けるなら、安いものではないでしょうか。

次の