ゆうちょ 銀行 振込。 三菱東京UFJ銀行に振込(ゆうちょATM振込操作方法解説)

ゆうちょ口座と他の金融機関口座間の送金-ゆうちょ銀行

ゆうちょ 銀行 振込

ゆうちょ銀行同士の振込みのやり方を解説します。 まずは基礎知識から説明をし、その後に手順をくわしくご説明します。 またゆうちょで ゆうちょの口座から相手のの口座にお金を送ることを 「振込」ではなく「振替(ふりかえ)」といいますが、 ここでは一般の銀行でも使い慣れた「振込」という言葉で統一します。 体験談も解説します。 スポンサーリンク 手順 ゆうちょ銀行ATMからの振替 まずは郵便局の入り口付近などにある、ゆうちょ銀行のATMに行きます。 そしてATMの画面を見ると、どの取引をしたいかの画面が出ます。 「ご送金」というボタンを押します。 次に自分のゆうちょの口座から、相手のゆうちょの口座に振り込みたいので、 「ゆうちょ口座へのご送金」というボタンを押します その次に、「振込詐欺に注意」という内容の画面と、 振替をした際に、依頼人名を知らせるというお知らせの画面が出てくるので それぞれを「確認」というボタンを押します。 そうすると 「カード」もしくは「通帳」を入れてください、という画面が出ます。 暗証番号を入れてください、と入力画面が出ます。 暗証番号を入れ終わったら、次に相手の「記号番号」か「店名」を入れる画面が出ます。 記号か店名どちらかの情報を入れて進めていきます。 僕は「記号番号」を入力しました。 記号を入力します。 確認のボタンを押します。 もし間違えたら「訂正」のボタンを押すと、やり直しになります。 終わると、続いて「番号」の入力画面に変わります。 そして、相手に送りたいお金の金額です。 終わって確認ボタンを押すと、「金額は合っていますか」と確認画面が出ます。 次に、お金を送った後に、相手に知らされる「依頼人名はこのままでいいですか?」 と出ます。 自分の名前が出てきますが、特に変更がなければ、そのままさらに「確認」を押して進めます。 最後に、振り込みする相手の名前や金額の確認画面が出てきますので、問題がなければこのまま「確認」を押します。 これで終わりです。 最後にカードを受け取ってください、と出ます。 カードと取引明細を受け取ったら、終わりになります。 普通の銀行同士の振込だと、相手の銀行の「支店名+口座番号」となりますが、 ちょっとややこしいですが、ゆうちょ同士での振り込みの場合は 「店名もしくは記号」という番号の他に 相手の番号(口座番号)の2つがいります。 参考までに、カードと通帳のどこにこれらが書いてあるかといえば、 「ゆうちょ銀のキャッシュカード」ならカードの表の部分に記号と番号が書いてあります。 通帳では、どこに書いてあるかといえば 1ページめくったところに書いてあります。 振込先の相手が知らせてきた番号が 3桁なら「店名」という番号 で 5桁なら「記号」 になります。 ATMを操作していて、「あれ5桁の番号を入れないといけないのに、知らせてきた番号は3桁だ」などと 勘違いをしないようにしたいです。 もし3桁の番号なら、「店名」なので の箇所を入力します。 また店名を、記号番号に変換できるページもゆうちょで用意されています もし迷いそうなら、あらかじめ変換してメモをしておくといいかもしれません。 ATMからは月に1回までは無料、それ以降は125円かかります。 手数料がかかっても、普通の銀行の、振込手数料よりは割安ですから、もし銀行を選べるなら、ゆうちょ技能を選択してみるのも1つかもしれません。 振込はすぐに反映される 通常、三菱UFJやみずほ銀行などの普通の銀行同士の振込みだと、営業時間外だと、夜や土日に振込をすると 振込の反映が「翌営業日」などとズレることもあります。 でも、ゆうちょ同士の振込みである場合、システムメンテナンス中などでなければ、通常は振込後にすぐに相手にお金が届くようになっています。 ゆうちょ銀行の窓口が休みになっている 営業時間外や土曜日・日曜日・祝日などでもです。 ゆうちょ同士だと、同じゆうちょ銀行のシステムを使うことになるので、その関係で早い、とも言われています。 祝日もすぐに反映されるようです。 口座の残高が振り込むお金より足りなければ、最初に「預け入れ」をする 上の手順では省略しましたが、もし振り込みたいお金がまだゆうちょの口座に入っていない場合は まず入金 「預け入れ」 をしましょう。 しかし、小さめな郵便局だと、土日にATMが閉まる時間もあるので、心配なら事前に営業時間を確認しておいた方がいいです。 参考 例えば、滋賀県の彦根須越郵便局 は ATMが 土曜日は、9時~12時半まで 日曜日は、休み となっています。 ATMの営業時間は郵便局によって違うので心配なら念のため調べてから行くと良いです。 なお、ゆうちょのネットバンク 「ゆうちょダイレクト」なら、ATMの営業時間に関係なく、振り込みが可能です。 このうち セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート(イーネットATM) から出来ません。 主要どころのコンビニではできないのが残念です。 ファミリーマートのうち であれば出来ます。 これには条件があって、 キャッシュカードと暗証番号の設定 をした口座になります。 振込がすぐに反映されていない。 もし相手が振込先の情報で、このように知らせてきた場合は、記号と番号の情報の可能性が高いです。

次の

ゆうちょ銀行はATMで現金振込できる?1から始まる口座?手数料は?

ゆうちょ 銀行 振込

ゆうちょ銀行の振込手数料 ー 料金(振込手数料)は1件あたりで消費税込。 ゆうちょ銀行のサイトをもとにガイドが作成。 ゆうちょ銀行は、銀行の他、信用金庫、農協などとも相互振込可 ゆうちょ銀行と他の金融機関でお互いに振込ができるようになったのは、全国銀行データ通信システムにつながったからです。 全国銀行データ通信システムには、 都市銀行、地方銀行、信託銀行、第二地銀協加盟銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協など、全国の約1400の金融機関が加盟しています。 つまり、銀行に加えて全国の信用金庫などともお互いに振込ができるようになったということです。 ゆうちょ銀行から他行への振込は、窓口・ATM・ネットから ゆうちょ銀行から他行への振込には現金は使えず、口座のお金を、ゆうちょ銀行や郵便局の窓口(簡易郵便局の窓口では取り扱わず)、ゆうちょ銀行ATM、ゆうちょダイレクトから振り込みます。 ゆうちょ銀行では「送金」という言葉を使うため、ATM画面では「 他行口座への送金」ボタンを押して行います。 ATMでは一日あたりの振込限度額があり原則として50万円までとなっています。 ゆうちょダイレクトを使うには、事前に申し込みが必要です。 パソコンやスマートフォンで振込ができます。 わざわざATMまで足を運ばなくても、自宅のパソコンや、外出先ではスマートフォンで振込できるので便利ですね。 ちなみに、ゆうちょ銀行からは、インターネット専業銀行にも振込ができます。 ネット銀行の場合、通常の銀行口座のように「新宿支店」などの地名がついた支店名がなく、独自の支店名をつけていたりします。 ネット銀行に振り込む際は、あらかじめ店番だけではなく店名を確認しておきましょう。 実はややこしいのが、他の金融機関から、ゆうちょ銀行への振込です。 他行からゆうちょ銀行への振込には、専用の店名と口座番号が必要 他の金融機関からゆうちょ銀行へ振り込む際、注意点があります。 それは、ゆうちょ銀行の記号・番号では振り込まれないことです。 一般の銀行とゆうちょ銀行では、口座番号の桁数などが違うため、振込専用の店名や口座番号を使う必要があるのです。 ゆうちょダイレクトを使えば、わざわざ窓口やATMまで足を運ばなくても振込ができる ゆうちょ銀行の口座に振り込む際には、振込専用の店名・口座番号であることを確認しましょう。 自分のゆうちょ銀行の口座に振り込んでもらうこともあるでしょう。 振込専用の店名・口座番号をご存知でしょうか? 最近ゆうちょ銀行に口座を作った人や、新しい通帳に繰り越した人は、振込用の店名や口座番号が通帳に記載されているはずですから、確認しましょう。 しかし、かなり前に口座を作った人は通帳に記載されていないと思われるので、次の方法で確認してください。 ゆうちょ銀行・郵便局の貯金窓口で通帳に記載してもらう• ゆうちょ振込お問合せセンター0120-253811に電話して確認する• ゆうちょ銀行サイト内にある「」のページで記号・番号を入力して確認する ゆうちょ銀行には民営化前から支店はありませんでした。 どこの郵便局でも口座を作ることができ、一度作った口座でどこの郵便局でも出し入れや解約ができるのが郵便貯金の特徴でした。 民営化後も、この仕組みは変わっていません。 ゆうちょ銀行になった後も残る、他の銀行との大きな違いです。 ところが、全国銀行データ通信システムに接続しての振込には支店名が必要であるため、記号・番号をもとに、振込専用の店名・口座番号が設定されました。 店名は、例えば「〇〇八」などで、「ゼロゼロハチ」と読み、銀行ATMで振り込む際は、店名の最初の1文字は「セ」を選択します。 ゆうちょ銀行に口座を持っているなら、振り込んでもらう予定がすぐにはなくても、一度ゆうちょ銀行の窓口に行って、通帳に、振込用の口座番号を記載してもらっておくことをおすすめします。 ゆうちょ銀行の口座に振り込む、あるいは振り込んでもらう際に、特に注意したいのは、店名、口座番号のふたつ。 振込手数料は、振込を行う金融機関により異なります。 【関連記事】•

次の

ゆうちょでの「振込」と「送金」の違い

ゆうちょ 銀行 振込

ゆうちょ銀行のATMから現金振込できるのか? 先日、知人からゆうちょ銀行のATMから現金振込したいといわれ、口座番号を訊ねられました。 その後、0から始まる口座か1から始まる口座か電話で訊ねられたのですが即座に答えられず相手が怒りだし険悪な雰囲気になりました。 そこでゆうちょ銀行のATMから現金振込できるのか?0や1から始まる口座とは?手数料はいくらなのか?調べてみました。 ゆうちょ銀行のATMから現金振込できるのか? 相手の口座情報の違いで現金ではATMの機械で支払う事が出来たり、出来なかったりします。 まず、ゆうちょ銀行の口座は大きく2つにわかれます。 「総合口座」と「振替口座」です。 1から始まる口座と0から始まる口座の違いとは? 1から始まる口座記号 通帳の左上に記載してある数字 下の画像で説明すると 11960(記号)-1234561(番号) この最初の5桁の数字、1から始まる場合のことをいいます。 記号の先頭が【1】から始まればATMの機械でのお取り扱いは現金では出来ません。 0から始まる口座記号 この口座の存在は知らない方の方が多いそうです。 代金の受け取りに特化している口座です。 通常は、ネットバンキングに登録している方や法人の受取口座として開設されているようです。 他には、通販代金、雑誌定期購読料、ファンクラブ会費などの集金でも使われています。 01960-2-(記号)123456(番号) この最初の5桁の数字、0から始まる場合のことをいいます。 記号の先頭が【0】から始まればATMの機械で払込取扱票に記入して現金振込が出来ます。 ちなみにこちらは、通帳やキャッシュカードもございません。 一般的の方は、1から始まる口座記号の通帳を持っている方が多いようですね。 この場合は、電信払込みになります。 払込金額5万円未満=540円 払込金額5万円以上=756円 但し、あなたがご自分の通帳やキャッシュカードをお持ちであれば、ATMからの電信振替の利用で、送金手数料は無料になります。 ) つまり現金で支払うのではなく、一旦あなたの通帳にお金を入金して、そこから支払というかたちです。 ATM扱い 払込金額5万円未満=80円 払込金額5万円以上=290円 窓口扱い 払込金額5万円未満=130円 払込金額5万円以上=340円 ちなみに営業時間は、平日の16時までです。 ゆうちょ銀行の現金振込は、ややこしいというか分かりずらいですね。 はぁ~このことを知っていたら知人と険悪な感じにはならなかったのに…。 まぁ、相手の方は怒りっぽい人なので仕方ないですが、これで次回からはきちんと対応できます。 >>> まとめ ゆうちょ銀行のATMから現金振込できるのは、 ゆうちょ銀行の一般振替口座(口座の記号が0から始まる5桁)だけです。 例:01960-2-(記号)123456(番号) 現金を入れる場合は払込取扱票に記入して通常払込することで可能です。 (3万円未満80円、3万円以上290円) ゆうちょ銀行の総合口座(口座の記号が1から始まる5桁) 例:11960(記号)-1234561(番号) ATMでのお取り扱いは現金では出来ないので、窓口で送金します。 (5万円未満540円、5万円以上756円) 参考になりましたでしょうか? ゆうちょ銀行の現金振込は知っておくと慌てずに便利かと思います。 ななこ様、こんばんは コメントありがとうございます。 ゆうちょ銀行のATMから現金で振り込む場合のことで宜しいでしょうか。 ATMで現金振込の場合は、「総合口座」では振り込めません。 ATMから現金振込される場合は、「一般振替口座」が必要になります。 一般振替口座は、送金を多く扱う、プロ向けの口座で、通帳やキャッシュカードもございません。 口座番号が「0」から始まるのが特徴です。 ななこ様が、ATMで現金振込をされるのであれば、「一般振替口座」が必要となります。 こちらの回答がご質問の趣旨に合っていますでしょうか? 私が勘違いしてお答えしてしまいましたら申し訳ございません。 回答の内容が違っていたり、なにか御座いましたら、再度ご連絡戴けたら幸いです。 吸血鬼様、こんばんは コメントありがとうございます。 >カードを持ってる場合は、ATMでも振込は出来るのでしょうか? 現金で振込というカタチではなく、口座から振り替える送金方法なら出来ます。 つまり現金で支払うのではなく、吸血鬼様の預金から支払われるということになります。 >ちなみに送る相手の方は総合口座です。 お相手の方は、ゆうちょ銀行の総合口座をお持ちなんですね。 その場合、ATMで吸血鬼様の口座から相手の口座に電信振替を利用できます。 ちなみに送金手数料は無料になります。 こちらの回答が、ご質問の主旨に合っていますでしょうか? 私が勘違いしておりましたら申し訳ございません。 回答の内容が違っていたり、なにか御座いましたら、再度ご連絡戴けたら幸いです。 あら不思議様、こんばんは コメントありがとうございます。 返信が遅くなりすみません。 >知人に現金を振込みたいのですが、通帳を持っていません。 この場合は、ATMでは振り込みができません。 窓口で振込をするようになります。 あら不思議さんと知人の方が通帳を持っている場合は ゆうちょ同士なら無料で送金できます。 あら不思議さんが通帳をお持ちでない場合は 窓口で振込するようになります。 その場合、手数料として 払込金額5万円未満=540円 払込金額5万円以上=756円 かかります。 電信払込み(ゆうちょ銀行公式サイト) 回答の内容が違っていたり、 なにか御座いましたら、再度ご連絡戴けたら幸いです。 みなむ様、こんにちは コメントありがとうございます。 文章がわかりずらくてすみません。 ATMの取引は、カードと通帳、どちらか1つあれば大丈夫です。 窓口の取引は、通帳が必要となります。 お互いにゆうちょ銀行の通帳をお持ちでしたら ATMでの送金が楽かと思います。 理解できない部分やわからないことなど 何か御座いましたらご連絡戴けたら幸いです。 魔女さまのこちらのサイトを見つけて読んで、 とてもためになりました。 数年前ですが、なんの支払だったかも忘れましたが、 相手の記号番号と現金だけを持って行って郵便局から送金するときに 「通帳もカードもないと現金の送金はできません」と窓口で言われて、 てっきり 「郵便局は通帳・カード無しの現金送金ができないもの」とばかり思っていました。 「なんて不便な。。 」と憤慨した記憶があります。 今週はじめ、旅先で、子供の渡航費の送金期日が翌日までというラインが入って 相手先の郵便局の口座へ送金するのに 通帳もゆうちょのカードも持っていなかったので その地域の郵便局の電話番号を検索して電話をして ゆうちょの記号番号をゆうちょ銀行の口座番号に変換してもらって セブンイレブンで別の銀行口座から出金し、 その後無事に近隣の銀行から送金しました。 そのときの口座は 相手先が子供の友人なので記号番号は、はじまりは1だったです。 知っていれば郵便局からできたんですね。 知らなかったばっかりに旅先で朝からたいへんな思いをしました。 1が普通の個人が多く持つ総合口座だとか 0が送金に特化した口座だとか、こちらでおしえていただいて 目の前の霧がぱぁっと晴れた気分です。 しかし、そうすると 以前の送金先のあの口座は1でも0でもなかったんですよね。 窓口でびっくりして、もう少し冷静になって詳しく聞けばよかった。 多分いったん帰ったのだと思うんですが、。。 きちんと把握してないとまた同じ目に合うかも、ですね。。。 魔女さま、ありがとうございました。 by ミスズ• 私は、送金先が「1」から始まる口座で、現金で送金しようとゆうちょ銀行のATMへ行き、送金方法の画面で、現金の選択がなく、払込書がないと送金できないと初めてわかり、記入して再度操作したら、「窓口へ行ってください」とのアナウンスしかされず、 原因がわからず、記入やらで時間を使ったのにイライラしてしまいました。 こちらのでわかり、すっきりしました。 「1」の口座はATMでできないとはっきり記載してくれればいいのに…と、思いました。 by 匿名•

次の