リンデロン vg。 医療用医薬品 : リンデロン (商品詳細情報)

【薬剤師が解説】リンデロンVG軟膏の効果・副作用と使い分け

リンデロン vg

陰部への塗布 リンデロンVG軟膏は陰部へ塗布してもいいのでしょうか? リンデロンVG軟膏は 硫酸ゲンタマイシンという抗生物質です。 炎症を起こしているところが雑菌に感染したりして、悪化するのを抑えるために処方されることもあります。 抗生物質 リンデロンVG軟膏など は乱用しない方がいいといわれます。 それに、普通の市販の薬として売られているものではないので医師に相談した方がいいと思います。 顏や首、陰部などのデリケートな患部では、必要最小量にするなど注意深く使用してください。 かえって症状が悪化したり、治りが悪くなることがありますので注意してください。 リンデロンVG軟膏は、炎症を取るステロイドのベタメタゾンと細菌を抑える抗生物質のゲンタマイシンが配合された軟膏です。 しかし、 疾患によっては陰部などにも使用できます。 陰部への効果 リンデロンVG軟膏は陰部への効果はありますが、強い効果が出てしまうのでおすすめは致しません。 やはり、陰部やデリケートゾーンなどはとても大事な部分となってきます。 リンデロンVG軟膏は効果が強いので 出来るだけ使用しない方がいいでしょう。 スポンサードリンク 使用上の注意点 リンデロンVG軟膏は処方されたとおりにしっかり塗布をするのを心掛けないといけません。 途中でやめたり中途半端なことをしてしまうと、逆にひどくなったり治らなかったりするのでリンデロンVG軟膏は受診でしかもらうことが出来ません。 ですので、その受診の際に言われた通りに 用法・用量を守って塗布することをおすすめいたします。 まとめ とあるサイトでこのような症状がある方が居られました。 陰部の右側におできが出来ており、リンデロンVG軟膏を処方されたそうです。 ですが、症状がひどくなってしまい、ばい菌が入って炎症を起こしてる、との事で、リンデロンVG軟膏のみ処方されました。 1日2-3回塗布してますが、日が経つにつれ、普通にしてても患部のヒリヒリが頻繁に、おできも少し大きく育ち、硬くなり、塗布時もヒリヒリ痛くなってきました。 このような場合、症状が酷くなっていることがすぐにわかりますね。 なので、リンデロンVG軟膏は陰部への塗布は出来るだけ避けましょう。

次の

【薬剤師が解説】リンデロンVG軟膏の効果・副作用と使い分け

リンデロン vg

リンデロンの軟膏には、リンデロンDP・リンデロンV・リンデロンVG・リンデロンAの4種類があります。 リンデロンは種類によって配合されている成分が異なり、それぞれ効果や使用できる部位も異なります。 ここでは、4種類のリンデロンのそれぞれの特徴について解説します。 リンデロンはステロイドと呼ばれる副腎皮質ホルモンが配合された薬で、皮膚症状全般に多く使用されます。 皮膚の炎症によるかゆみや腫れ、痛みなどの症状を速やかにおさえる効果があります。 ステロイドの強さは、抗炎症作用と血管収縮機能の強さによって以下の5段階にわけられています。 ステロイドのランク 特徴 リンデロンDP Very Strong:とても強い 大人は体幹部、子供は腕や足などに多く処方される リンデロンV Strong:強い 大人は全身~体幹部、子供の場合は顔や陰部を除く体幹部に処方されることが多い リンデロンVG Strong:とても強い リンデロンVと同成分で、さらに細菌感染した患部での細菌増殖を防ぐ抗生物質「ゲンタマイシン硫酸塩」を配合 リンデロンA Weakに相当(通常のステロイドとは異なる) 眼や耳などの特別な部位に使用される。 細菌感染した患部での細菌増殖を防ぐ抗生物質「フラジオマイシン硫酸塩」を配合 リンデロンDP ベタメタゾンジプロピオン酸エステルというステロイドを配合した薬です。 Very Strong(非常に強い)」に分類されます。 湿疹・皮膚炎・乾癬(かんせん)などから虫刺されまで幅広い皮膚症状の改善に使用されます。 薬の剤形は軟膏・クリーム・ゾル(液体)があります。 リンデロンV ベタメタゾン吉草酸エステルというステロイドを配合した薬です。 Strong(強い)」に分類されます。 湿疹・皮膚炎・虫刺されから円形脱毛症まで、さまざまな皮膚症状の赤み・はれ・かゆみをおさえる目的で使用されます。 耳の手術後の傷にも使用されることもあります。 薬の剤形は軟膏・クリーム・ローションがあります。 リンデロンVG ベタメタゾン吉草酸エステルというステロイドとゲンタマイシン硫酸塩という抗生物質を配合した薬です。 Strong(強い)」に分類されます。 リンデロンVの成分に抗生物質が配合された薬で、ステロイドの抗炎症作用と抗生物質の抗菌作用で、皮膚のかゆみ・赤み・はれなどをおさえます。 また、外傷ややけどなどの二次感染を防ぎます。 薬の剤形は軟膏・クリーム・ローションがあります。 リンデロンA リンデロンAは目や耳、鼻に用いられる薬です。 ベタメタゾンリン酸エステルナトリウムというステロイドとフラジオマイシン硫酸塩という抗生物質が合成された薬です。 Week(弱い)」に相当すると考えられています。 主に、細菌の感染が疑われる目や耳の周囲にできた皮膚の炎症に使用されます。 また、鼻炎の一種や耳鼻咽喉の手術後にも使用されることがあります。 薬の剤形は、目や耳用の軟膏に加え、点眼や点鼻用の液剤があります。 リンデロン軟膏は炎症を起こしている皮膚症状に高い効果を示すため、さまざまな皮膚症状に使用されています。 ただし、リンデロンの種類によって使用できる症状に違いがある場合があるので注意が必要です。 リンデロンDP・Vは虫刺されに使える リンデロン軟膏の中でも、リンデロンDP・リンデロンVは虫刺されの症状に使用することができます。 虫刺されの症状はアレルギー反応の一種でもある場合があるため、アレルギー反応によるかゆみなどの炎症に、ステロイド薬であるリンデロンDP・リンデロンV優れた効果を発揮します。 ただし、虫刺されの部位や症状によってはリンデロンを使用することが適切ではないこともあるので、自己判断で使用せずに一度病院を受診してリンデロンを使用しても良いかどうかを確認しましょう。 水ぶくれや化膿には使える? 水ぶくれや化膿の症状がある場合、基本的には自己判断でリンデロンを使用せずに一度病院を受診しましょう。 リンデロンは種類や症状によって使用できる部位が少し異なります。 リンデロンは陰部に使える? リンデロンは、陰部の皮膚の炎症に処方されることもあります。 ただし、陰部は皮膚が薄くデリケートな部位なため、ステロイドの副作用が出やすくなっています。 特に、リンデロンDPはステロイドのレベルが高い部類に分類され、副作用が起こりやすい薬なので、自己判断で使用しないでください。 また、リンデロンは妊娠中の方への長期使用や大量使用は推奨されていないため、使用する前に必ず医師に相談してください。 リンデロンは顔に使える? リンデロンは、に使用することもできます。 ただし、陰部と同様にリンデロンDPは副作用が起こりやすいので、自己判断で使用せずに、一度医師に相談してから使用しましょう。 リンデロンは処方薬なので、購入するためには病院を受診して医師の診察を受ける必要があります。 しかし、すぐに病院に行く時間がない場合には、市販薬を活用するのもひとつの手です。 現在、リンデロンとまったく同じ成分をもつ市販薬は販売されていませんが、類似の成分を使用し、似たような効果が期待できる市販薬は販売されています。 リンデロンと似た成分を配合した市販薬について、詳しくはこちらの関連記事をごらんください。

次の

リンデロンvg軟膏は市販されているの?副作用に注意!

リンデロン vg

一方、「リンデロンV」という塗り薬もあります。 「G」が付くやつと付かないものがあるのですが、これは「ゲンタマイシン」という抗生剤を含むか含まないを表しています。 軟膏は、大人も子どもも出されることが多いでしょうが、もちろん皮膚科と内科、小児科がメインだと思います。 私の印象では、全国的に最も処方されている塗り薬ではないかと思っています。 実際に医師から出されたという経験のある患者さんも多いと思います。 今はインフォームドコンセントと言って、患者さんに説明した上で薬を処方しなければいけないのに、「これを塗っておきなさい」なんて軽い感じで処方されているケースも多々あると思います。 ちなみに、この薬はステロイド軟膏です。 ステロイドであることを説明もされずに、処方されているケースが多いのです。 当院はアトピー性皮膚炎の患者さんを多く診ていますが、「ステロイド」という言葉に過敏に反応される親御さんも未だに少なくないと思っています。 アトピー性皮膚炎の場合はステロイドを上手に使って、皮膚症状をコントロールしていく必要があるので、当院ではステロイドに関する不安を取り去る努力をしています。 だからこそ、医師から説明もなく処方されている現状に違和感を覚えています。 さらに、誤使用も結構目立ちます。 先日、ある小児科で風邪と診断されていた患者さんが、熱も下がらず、唇も荒れているということで当院を受診されました。 実は、ぜんそくもあり、前医では見逃されていました。 今回は「咳」ではないのですが、親御さんは、いつも何度通っても良くならないため、いつか医者を代えようと思っていたそうです。 こういう感じで受診される患者さんは、毎日のように受診されており、敢えて言えば前医の先生には、もっと頑張ってもらわないと思っています。 唇の荒れにも、冒頭のリンデロンVG軟膏が出されていました。 私であれば、まだ小さいお子さんの顔にリンデロンという強いステロイドは使いません。 多分、化膿していると思って、その薬が選択されたのだと思います。 これは一般の方でも感じていることでしょうが、口の中に傷ができても化膿することってまずないですよね?。 唇の内側がただれたようになっていましたが、普通は「化膿」しないところです。 にもかかわらず、リンデロンVG軟膏が処方されていました。 確かに、一部の皮疹を除き、大抵の湿疹にステロイドは有効ですから、効く確率は高いはずです。 しかし、全く改善していませんでした。 「これはおかしい」と考えなければなりません。 丁寧に診察するとヒントは、いくらでもあります。 まず唇の病変は、よく観察すると水疱であること、口の中にも水疱はあり、歯茎が赤く腫れあがっています。 小児科医ならば、誰でも経験のある「ヘルペス歯肉口内炎」という病気でした。 診察に時間をかけていないのが原因かもしれません。 ヘルペスウィルスが原因の病気なので、アラセナA軟膏などのヘルペスの増殖を抑える薬を使うべきで、リンデロンVG軟膏は効くはずもないのです。 また、ある小児科で「オムツかぶれ」と診断され、やはりリンデロンVG軟膏が処方されている赤ちゃんが、改善しないと当院を受診されたことがあります。 オムツかぶれも、通常のオムツかぶれとカンジダ性皮膚炎の2種類があると思います。 通常のオムツかぶれは、ステロイドが著効しますので、リンデロンVG軟膏が効かないはずがありません。 そう、この赤ちゃんのオムツかぶれはカビが原因で、逆にステロイドを塗ることで悪化させていたのです。 私も、カビでないオムツかぶれだと分かれば、ステロイドを使うこともありますが、リンデロンVG軟膏ほどの強い薬は必要になったことは個人的にはありません。 分かりにくいこともありますが、よく観察すれば、区別はさほど難しくなかったと思います。 アトピー性皮膚炎の患者さんにも、リンデロンVG軟膏が処方されていることもあります。 アレルギー学会などで第一人者の先生の話を聞くと、リンデロンVG軟膏はあまり使わないことと言われることが多いのです。 何故なら、抗生剤が混ざっているので、菌がいないであろう皮膚に抗生剤を使えば、「耐性菌」が増えてしまうから、むやみに抗生剤を含む軟膏は使わないようにという意味です。 ステロイド軟膏の中でも、リンデロンVG軟膏は結構と気軽に処方されている印象がありますが、今回例を挙げてきたように、必ずしも適正に使われていないケースも目にします。 料理に「包丁」は欠かせませんが、使い方を間違えると指を切ったり、怪我のもとになります。

次の